小式部内侍が大江山の歌の事口語訳。 古今著聞集の口語訳について!

十訓抄「大江山」原文と現代語訳・解説・問題|鎌倉時代の説話集

小式部内侍が大江山の歌の事口語訳

」と声をかけて、局の前を通り過ぎなさったところ、小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山・・・大江山、生野という所を通って行く、丹後への道が遠いの で、まだ天橋立を訪れたことはございません。 そのように、母のいる丹 後は遠いので、まだ便りもございません。 とよみかけた。 思いがけないことであきれて、「これはどういうこと。 」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。 小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 別の本によれば(「和歌威徳物語」)当時「小式部が歌のよきは、母の和泉式部によませて、ぬしになる」(小式部の歌の傑作は、母の和泉式部に作らせて、自身の歌としたものだ)という噂が広まっており、小式部は悔しい思いをしていたのです。 そこに中納言が噂を真に受けて「小式部は自分でろくに歌が詠めないし母親の代作を頼もうにも遠い丹後にいるので代作が間に合わないだろうと気が気でないだろう」と邪推してからかったのです。 >これはどういうことといったのは誰なんですか?あ>と袖を振り切ったのは誰ですか? 原文をきちんと読んで下さい。 中納言が「つぼねの前を過ぎられけるを」とあり、さらに「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはあるとばかりいひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられにけり」とあります。 つまりこの文中に尊敬の助動詞「らる」が使われているのは中納言のみ。 従って、「これはどうしたことだ、こんなことがあるものか」とうろたえたのも、逃げたのも中納言です。 >なぜ逃げたのですか? 原文に「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはある」とあります。 つまり小式部が即座に見事な自作の歌を詠んで返したことがあまりに意外だったので驚きあきれていたたまれなくなったということでしょう。 >最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか? その通りです。 これは有名なエピソードですね。 つまり中納言は、小式部内侍は実は歌など詠めず、内侍の作としてある歌はみんな母の和泉式部の代作であろうと勘ぐって「一人で歌合に出るなど心細いことでしょう。 母親を呼ぶ使いを丹後に遣ってその使いは帰ってきましたか?母上に急を告げる手紙の返事は届きましたか?(つまり歌合わせに出す母上の代作の歌は間に合いますか?ということ)」と謎をかけからかったのです。 ところがその場で内侍が即座に見事な歌を詠み、母の代作の疑惑を晴らし、中納言は二の句が告げられなかった、という痛快なエピソードです。 他に「大江山」は「生野」の枕詞。 「生野」は地名と「幾野(幾つもの野を越えて)」の掛詞、「ふみ」は「文」と「踏み」の掛詞も注意して下さいね。 」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。 小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 これはどういうことといったのは誰なんですか?あと袖を振り切ったのは誰ですか?なぜ逃げたのですか?最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか?.

次の

十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

小式部内侍が大江山の歌の事口語訳

」と声をかけて、局の前を通り過ぎなさったところ、小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山・・・大江山、生野という所を通って行く、丹後への道が遠いの で、まだ天橋立を訪れたことはございません。 そのように、母のいる丹 後は遠いので、まだ便りもございません。 とよみかけた。 思いがけないことであきれて、「これはどういうこと。 」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。 小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 別の本によれば(「和歌威徳物語」)当時「小式部が歌のよきは、母の和泉式部によませて、ぬしになる」(小式部の歌の傑作は、母の和泉式部に作らせて、自身の歌としたものだ)という噂が広まっており、小式部は悔しい思いをしていたのです。 そこに中納言が噂を真に受けて「小式部は自分でろくに歌が詠めないし母親の代作を頼もうにも遠い丹後にいるので代作が間に合わないだろうと気が気でないだろう」と邪推してからかったのです。 >これはどういうことといったのは誰なんですか?あ>と袖を振り切ったのは誰ですか? 原文をきちんと読んで下さい。 中納言が「つぼねの前を過ぎられけるを」とあり、さらに「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはあるとばかりいひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられにけり」とあります。 つまりこの文中に尊敬の助動詞「らる」が使われているのは中納言のみ。 従って、「これはどうしたことだ、こんなことがあるものか」とうろたえたのも、逃げたのも中納言です。 >なぜ逃げたのですか? 原文に「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはある」とあります。 つまり小式部が即座に見事な自作の歌を詠んで返したことがあまりに意外だったので驚きあきれていたたまれなくなったということでしょう。 >最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか? その通りです。 これは有名なエピソードですね。 つまり中納言は、小式部内侍は実は歌など詠めず、内侍の作としてある歌はみんな母の和泉式部の代作であろうと勘ぐって「一人で歌合に出るなど心細いことでしょう。 母親を呼ぶ使いを丹後に遣ってその使いは帰ってきましたか?母上に急を告げる手紙の返事は届きましたか?(つまり歌合わせに出す母上の代作の歌は間に合いますか?ということ)」と謎をかけからかったのです。 ところがその場で内侍が即座に見事な歌を詠み、母の代作の疑惑を晴らし、中納言は二の句が告げられなかった、という痛快なエピソードです。 他に「大江山」は「生野」の枕詞。 「生野」は地名と「幾野(幾つもの野を越えて)」の掛詞、「ふみ」は「文」と「踏み」の掛詞も注意して下さいね。 」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。 小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 これはどういうことといったのは誰なんですか?あと袖を振り切ったのは誰ですか?なぜ逃げたのですか?最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか?.

次の

十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

小式部内侍が大江山の歌の事口語訳

このお話のあらすじ 和泉式部は才能にあふれた歌人として知られていました。 この話が起こった当時、和泉式部は夫の転勤で丹後に引っ越しており、京都には娘の小式部内侍だけが残されていました。 ある日、小式部内侍は、歌詠みの大会(歌合)によばれました。 歌合とは即興で詠んだ和歌の優劣を競い合う文学的な遊びのことです。 有名な歌人を母にもつ小式部内侍には、周囲からの期待がかかります。 そのような状況下で小式部内侍は、定頼の中納言に「歌の名人であるお母さんに、代わりに歌を詠んでもらうために遣わした者は帰ってきましたか。 」とからかわれてしまいます。 からかわれた小式部内侍は、すばらしい歌でこれに答えます。 その時に詠まれた歌がこの「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立」です。 あまりのすばらしさに返す言葉もなくなった定の頼中納言は逃げてしまいました。 そんな、すかっとするようなお話です。

次の