リカ ちゃん 怖い 話。 三本足のリカちゃん人形~オムニバス渋谷怪談

怖い話で「リカちゃんからの電話」などという話を聞いたのですが、それ...

リカ ちゃん 怖い 話

看護士をやっている友達から泣ける話を聞いたので、投下。 友達は小児病棟で働いているんだけど、そこにいた5歳の女の子。 生まれながらに重い病気持ちで、ほとんど病院から出た事も無いような子だったそうだ。 その子はリカちゃんが大好きで、お遊戯室的な所にある共有のリカちゃんを、それはそれは可愛がっていた。 「将来はリカちゃんを作る人になりたい」なんて夢を話してくれたそうだけど…そこまでは生きられない子だった。 で、その子は先日とうとう亡くなったんだけど… 容態が悪化する数日前から、「リカちゃんが、お星様に乗ってお空に飛んで行くのが見える」って言いはじめたんだって。 はじめてそれを聞いた時、友達はすごくイヤな予感がしたけど、「うんうん」って聞いてあげていた。 その子はそれからも時々星に乗ったリカちゃんの話をして、時々「リカちゃんじゃないけど、リカちゃんがいたよ!」とか、「今日はリカちゃんのお友達もいたよ!」と報告してくれて、その頃にはその子の余命を聞いていた友達は、切なくて泣きそうになってしまった。 そして数日後、ご両親に見守られながらその子は旅立った。 本当はそういう事はしてはいけないんだけど、友達はお遊戯室のリカちゃんをご両親に差し上げたそうだ。 お気に入りだったから、一緒にいさせてあげてくださいって。 ご両親もそのリカちゃんの事は知っていたから、とても感謝してくれたそうだ。 その日の夜。 見回りの時に女の子がいた病室に入った所、片付けられたベッドの上に、ご両親に上げたはずのリカちゃんが。 やっぱり思い出してしまうからご両親が置いて行ったのかな?と、リカちゃんを回収しようとベッドに近づいたら、どこからとも無くクスクスと笑い声が。 え?と思った瞬間、金縛りに。 友人の見ている目の前で、ベッドの上のリカちゃんが立ち上がって、そのままフワ~っと浮き上がったかと思うと、天井をすり抜けて消えてしまった。 リカちゃんが消えた瞬間、クスクス笑いが「やったぁ!」っていう亡くなった女の子の声になって消えた。 金縛りも消えた。 目の前で怪奇現象が起きたけど、友達は全く恐怖は感じなかったと。 後日、女の子のご両親が、もらったリカちゃんの代わりにと新品のリカちゃんを持って来たので、それとなく聞いてみたけれど、ご両親に上げたリカちゃんはお仏壇にいるそうだ。 友達は、女の子がリカちゃんと一緒に昇って行けたんだなぁ…と実感したそうだ。 これを聞いて、やっぱり『リカちゃん』って、もうある種の守り神的な力を持ってるんじゃないかと思ったよ。

次の

ニセモノはると【怖い話】 リカちゃんをあの世に連れてこうとする... 本物との違いは!?

リカ ちゃん 怖い 話

やがて新しい家や学校にも慣れた。 ある日の夕方、電話のベルが鳴り、女の子が電話に出た。 女の子の両親は共働きで、家には女の子しかいなかった。 「私、リカちゃん。 いま神奈川にいるの。 これからあなたのところに帰るわ」 電話の相手はまるでロボットのような声をしていた。 神奈川とは女の子が引っ越す前に住んでいた場所である。 それからしばらくたつとまた電話が鳴った。 「私、リカちゃん。 いま大船にいるの。 」 大船とは女の子が現在住んでいる家の最寄り駅である。 女の子は怖くなって電話を切ったが、すぐまた電話が鳴った。 「私、リカちゃん。 いまあなたの家の前にいるの」 「あなた誰なの?」 女の子がそう言うと、電話は切れた。 両親はまだ帰ってこない。 女の子は怯えながらカーテンを少し開いて外を見た。 人影はなくホッと安心した途端、また電話が鳴った。 「私、リカちゃん。 今あなたのうしろにいるの」.

次の

電話を通してやってくる少女の霊!【怖い話。】

リカ ちゃん 怖い 話

ここでは、三本足のリカちゃん人形に関する怖い話系の都市伝説。 {パターン1} 一人の女性がトイレに入ると、その個室にはリカちゃん人形が落ちていた。 「なにこれ?」 何気なく拾ってみると、そのリカちゃん人形には足が3本もあった。 一瞬で不気味さを感じた女性。 すると、人形は喋りだした。 「私リカちゃん。 呪われてるの」 女性は、恐怖に駆られ人形を放り投げると、一目散にトイレから逃げ出した。 でも、先ほどの人形の声が頭から離れない。 離れない・・・・ 呪われてるの 呪われてるの 呪われてるの 遂には、女性は気が触れて自殺してしまったという・・・・ {パターン2} 女の子は、親の仕事の関係で引っ越しをすることに。 「もう、子供じゃないんだから、お人形遊びは卒業しようね。 」 ママに言われた女の子は、ずっと大切にしていたリカちゃん人形を引っ越しを機に捨てることを決意。 それからしばらくしたある日のこと、女の子のもとに電話がかかってきた。 「もしもし、私リカちゃん。 今、ゴミ捨て場にいるの。 」 不審に思たものの、いたずら電話だと思い切ってしまう女の子。 すると、数分後にまたもや電話が。 「もしもし、私リカちゃん。 今あなたの住む街にいるの。 」 ここに来て怖くなった女の子は、電話を切る。 すると、また数分後に電話が。 「もしもし、私リカちゃん。 今、あなたの家の前にいるの。 」 恐怖に顔をひきつらせながら、電話を切る女の子。 すると、直後にまた電話が鳴った。 出たくない! でも、手が受話器を勝手にとってしまった。 「もしもし、私リカちゃん。 今、あなたの後ろにいるの・・・・」 {パターン3} その女の子は、学校でいじめられていた。 女の子の友達は、リカちゃん人形だけだったのだ。 ある日、クラスのいじめっ子が女の子の大切にするリカちゃん人形をバラバラにしてしまった。 女の子は泣き叫び、人形を取り返そうとしたのだが、取り戻せた人形は足が1本だけだった。 人形の足を1本持ち、泣き崩れる女の子は、帰り道で車にはねられて亡くなってしまった。 女の子の棺桶には、大切にしていたリカちゃん人形の足が1本だけ納められたという。 それからしばらく経ったある日の夜・・・ 女の子をいじめていた子の家に、一体のリカちゃん人形が現れた。 その人形には、なぜか足が3本あった。 そして、人形がしゃべりだす。 「友達の身体が見つからないの・・・・友達の身体が見つからないの・・・・」 人形は毎夜、いじめっ子のもとに現れた。 仕舞いには、いじめっ子は気がおかしくなってしまったという・・・・ さて。 どれもこれも、怪談系の都市伝説。 パターン2に関しては、と、内容が酷似している。 昔から、人型の物には魂が宿りやすいというが、この都市伝説もそういった魂が関係しているのかもしれない。

次の