マホイップ 種族値。 マホイップ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

マホイップ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

マホイップ 種族値

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 Sは4振り65族抜き調整 努力値振りは、HDをベースにSに20振った調整。 こうすることでS4振りブラッキーなどの、65族を抜くことができる。 特殊アタッカーを起点に要塞化 高い特防種族値とめいそうを活かし、堅牢な特殊受けとして運用する。 同じタイプかつ似た種族値にニンフィアがいるが、じこさいせいと特性が差別化ポイント。 安定感のある受けが可能だ。 縛り技で止まらない 特性「アロマベール」によって、 アンコールやちょうはつが効かない。 通常の積み耐久ポケモンと違って縛り技で機能停止しないので、安心してめいそうやじこさいせいを選択できる。 急所のリスクは覚悟する マホイップはその戦法上、敵のわざを受ける回数が多くなりがち。 ゲーム単位で見ると急所に当てられる可能性が高いということは頭に入れておこう。 とけるを採用した耐久型も存在するが、弱点には変わりない。 鋼タイプや高火力の物理アタッカーであれば受けを許さず突破可能。 攻撃性能の低さを利用する 似た種族値のニンフィアと比較すると、攻撃性能は驚異ではない。 特攻の種族値は高いが後出し不可能なほどの火力はないので、フェアリー半減タイプなら容易に後出しできる。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】マホイップの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

マホイップ 種族値

目次 マホイップの進化条件と種類一覧• マホイップの進化方法 マホイップは、マホミルに「アメざいく」を持たせた状態で手持ちに加え、フィールドで主人公をクルクル回転させることで進化します。 持たせるアメざいくの種類によってマホイップの目・頭のトッピングが変わり、回す場所・時間・回転数などでマホイップの姿が変化します。 組み合わせで数十種類に姿が変化するため、過去作のアンノーンのようなコレクション要素が含まれているポケモンです。 また、色違いのマホイップにも種類が存在するとさらにバリエーションが増えると思われます。 マホイップの姿が変わる条件 マホイップの姿が変化する条件は大きく2つに分かれています。 アメざいくの種類でトッピングが変化 マホミルに持たせるアメざいくの種類によってマホイップの目の色と頭のトッピングが変化します。 アメざいくは全部で7種類あり、種類に合わせて目の色・トッピングも変化します。 時間 回転数 回す方向 色 昼 短 時計回り ミルキィバニラ 反時計回り ミルキィルビー 長 時計回り キャラメルミックス 反時計回り ルビーミックス 19時台 長 どちらでも トリプルミックス 夜 短 時計回り ミルキィまっちゃ 反時計回り ミルキィソルト 長 時計回り ミルキィレモン 反時計回り ミルキィミント アメざいくの入手方法 マホミルのレイドイベントで入手 1月31日 金 ~2月17日 日 8:59まで開催されているマホミルのマックスレイドイベント期間中に、特別なマホミルを倒すことであめざいくを入手することができます。 通常のあめざいくだけでなく、今まで解禁されていなかった「スターのあめざいく」と「リボンのあめざいく」も入手することが可能です。 特別個体はキョダイマックスが可能なので、まだ持っていない方はこの機会に確保しておきましょう バトルカフェで入手 マホイップ の進化に必要な『アメざいく』は、エンジンシティ・ナックルシティ・シュートシティにある「バトルカフェ」のマスターに勝利することでランダム報酬として入手できます。 バトルカフェは現実の日付変更で回数がリセットされるので、毎日欠かさず3箇所回ることで集めやすくなります。 アメざいくの他にもお菓子系アイテムが報酬になっており、アメざいくだったとしても種類もランダムのため、狙った物を入手するのは難しいです。 プレイヤーによってはマホイップ全種類集めないという方もいるので、そういったプレイヤーと交渉して交換してもらうことでも集められます。 マホイップの全種類一覧 マホイップ色違いを含めて全68種類を掲載。 スタートッピング.

次の

【マホイップ】入手方法・育成論・技弱点対策【ポケモンソードシールド初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

マホイップ 種族値

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 Sは4振り65族抜き調整 努力値振りは、HDをベースにSに20振った調整。 こうすることでS4振りブラッキーなどの、65族を抜くことができる。 特殊アタッカーを起点に要塞化 高い特防種族値とめいそうを活かし、堅牢な特殊受けとして運用する。 同じタイプかつ似た種族値にニンフィアがいるが、じこさいせいと特性が差別化ポイント。 安定感のある受けが可能だ。 縛り技で止まらない 特性「アロマベール」によって、 アンコールやちょうはつが効かない。 通常の積み耐久ポケモンと違って縛り技で機能停止しないので、安心してめいそうやじこさいせいを選択できる。 急所のリスクは覚悟する マホイップはその戦法上、敵のわざを受ける回数が多くなりがち。 ゲーム単位で見ると急所に当てられる可能性が高いということは頭に入れておこう。 とけるを採用した耐久型も存在するが、弱点には変わりない。 鋼タイプや高火力の物理アタッカーであれば受けを許さず突破可能。 攻撃性能の低さを利用する 似た種族値のニンフィアと比較すると、攻撃性能は驚異ではない。 特攻の種族値は高いが後出し不可能なほどの火力はないので、フェアリー半減タイプなら容易に後出しできる。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の