コロナ 飲ん では いけない 薬 バファリン。 フランスが警告「新型コロナに使うと悪化する解熱薬」とは?

コロナウイルスにかかったら、飲んではいけない風邪薬

コロナ 飲ん では いけない 薬 バファリン

フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。 イブプロフェンとは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)に属する。 これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。 しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。 (筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている) 厚生大臣は、自身のツイッターで、「コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用することは、感染を悪化させる要因になる可能性があります。 発熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。 複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないのにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。 このためフランスでは、非ステロイド性抗炎症薬は、「薬と健康製品の安全性に関する国家機関(ANSM)」からの警告の後、1月15日以降は薬局では自由に買うことができなくなっている。 同じことは、パラセタモールを含む医薬品にも当てはまる。 パラセタモールはあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねないという。 でも、フランスの厚生大臣がツイッターで直接発信しているし、記事はAFP通信発でル・モンドに掲載されていて、信用できる媒体であると判断した。 日本では病気の対処に関して、具体的に何も指示や情報が出ないので(何をやっているのだろうか???)、少しでも役に立てばと思い紹介することにした。 誰だって、咳や熱が続いたら「ただの風邪? 普通のインフルエンザ? ひどい花粉症? それともコロナ?」と心配になるが、まずは手近な市販の薬を飲むと思うからだ。 でも、筆者もそうなのだが、「風邪薬」「解熱剤」と普通に売られているそれぞれの薬が、実は成分や種類が違うとは、詳しくは知らないものだ。 フランス厚生大臣の発言は、その市販薬にも警鐘を鳴らしていると思う。 一般的には、医者の処方箋がなくても買える薬には、強いものはないと言われる。 でも、なにもわざわざ、この状況で、警鐘を鳴らされている成分の薬を進んで飲む必要はないのではないか、他の薬があるのだから、と個人的には思っている。 「イブプロフェン/アセトアミノフェン 市販薬」などで検索すると、具体的な製品名が出てくるはずである。 ちなみに、原文フランス語の記事には、イブプロフェンやアセトアミノフェン(パラセタモール)を使っている、具体的な市販薬の名前が掲載されていた。 フランスでなら誰もが知っていて、家に一つや二つはある市販薬だった。 日本とは違うので省略した。 最終的な判断は、読者の信頼する医師にゆだねることにする。 43 前スレ.

次の

新型コロナで飲んでも大丈夫な鎮痛剤(痛み止め)は?風邪薬は?市販薬のバファリンは大丈夫?

コロナ 飲ん では いけない 薬 バファリン

こんにちは、のもゆです。 今日は朝からあいにくの雨、登校時間にどしゃ降りになってしまったので長男を学校に送ってきました。 先日、長男は頭が重くてだるいと言い出したので、学校をお休みしていました。 幸い、熱はでなくて咳もなかったのでお家で療養して復活。 この時勢、熱がでると大変なので、ちょっとでも調子が悪いときはお休みさせるようにしています。 無事に息子たちが登校できたと安心していたのですが、なんだか今度は私が調子が悪く、朝から喉が痛い・・。 常備している漢方を飲んで今日はゆっくりしていようと思います。 コロナ以降 風邪をひいても病院で受診できない 今はかなり状況は落ち着いていますが コロナで自粛していた期間、一番不安だったのは体調を崩してしまった場合に 医療機関での受診ができないことだったと思います。 近所の個人病院では、熱が出ている人は受診ができず、お薬の処方のみだったそう。 子供のかかりつ病院も電話診療を始めていました。 風邪をひいても基本的には自宅療養するほかない状況になってしまい、不安しかなかったのは私だけではないはず。 コロナ以降の我が家の常備薬 コロナ以前から我が家の常備薬にはいわゆる総合感冒風邪薬はありません。 市販の風邪薬は無駄にいろんな薬が一緒に入っているのでなんとなく嫌なんですよね。 例えば、咳がでるときに風邪薬を飲むと、鼻水を止める成分とかも無駄に入っていたりするし、ほとんどの風邪薬には鎮痛剤が含まれるので、頭痛も熱もないのに鎮痛剤を服用することになってしまいます。 なので風邪ひきそう、とか喉が痛い場合は基本的に市販の漢方薬を飲みます。 さらに、頭痛や熱があるときだけ鎮痛剤を飲むようにしています。 風邪の漢方と言えば葛根湯が有名ですが、我が家で常備している漢方はこちら。 麻黄湯はインフルエンザのときに処方されることが多い漢方です。 体質によるとは思いますが、私と旦那にはかなり効果あり。 風邪のひきはじめにはかならずこれを飲むんですが、むしろちょっと元気になるくらい。 すごく体が楽になります。 鎮痛剤は、お医者さんで処方されたカロナールを常備していたのですが、病院に気軽に行けない状況なので、市販のものを購入しました。 カロナールと同成分といえばこちらなのですが、コロナの影響で売り切れてて買えませんでした。 詳しい理由はわかりませんが、アセトアミノフェンの鎮痛剤はほとんど売っていなかったです。 なんとか探して購入できたアセトアミノフェンの処方の鎮痛剤がこちら。 現在はどうかわかりませんが、当時アセトアミノフェン系はこれしか売ってませんでした。 我が家には小さい子供がいるので、子供も飲める鎮痛剤でむしろよかったかなと思います。 小児用ですが、大人が飲んではダメってことはないでしょうし。 そして、これは主に自分用なのですが、お腹の調子を崩しやすいので必須です。 ビオフェルミンと同じような処方では、こちらのアマゾンのものが最安ではないかと思います。 お腹のためにほぼ毎日飲んでます。 ここまで3つはコロナ以前から常備していたお薬たちです。 コロナ以降に追加したお薬は次から。 念のため葛根湯を購入しました。 風邪のひきはじめには麻黄湯を飲むので、必要ないかなと思ったのですが、予防の役割としてあってもいいかなと。 ちょっと冷え込む日とか、冷房で体が冷えたかな、くらいのタイミングで飲むようにしてます。 アマゾンで買うと安い。 これも自分用で婦人科系の漢方です。 生理痛や生理不順に処方されるもので、婦人科にもなかなか行きづらいので買っておきました。 若い頃から生理不順と生理痛で婦人科に通っていますが、特に自分に合っていると感じた漢方です。 継続して飲むと生理痛はほんとに軽くなる。 でも異常に食欲が増して太ります・・。 なので調子が悪いときだけ飲んでます。 以上が、コロナ以降に購入したお薬たちです。 意外と少なかった常備薬 絆創膏や塗り薬等を除くと、意外と飲み薬は常備している種類は少なかったです。 もちろん、これ以外にも封の空いた飲み薬は色々とあるんですが(咳止めや鼻炎薬など)絶対に必要なものでもないので、期限が切れたら処分していくことになりそうです。 会社員時代には手放せなかったイブプロフェン処方の鎮痛剤も、今では使っていません。 生理痛や頭痛のときイブプロフェンはすぐに効いてなぜか元気がでるので、頻繁に飲んでましたが、今はそんなに無理する必要もないですし・・。 ただ、現在の常備薬のデメリットと言えば、子供が飲みにくいものばかり、という点ですね。 どう工夫してみても、漢方薬を子供に飲ませるのは至難のわざです。 ちょっと改良の余地があるかなと思います。 それでは今回は以上です。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

「イブプロフェンで新型コロナが悪化する?」臨床医に聞いて分かった“飲んではいけない薬”の真偽

コロナ 飲ん では いけない 薬 バファリン

厚生労働省によると、1月7日~1月13日までの1週間で、全国約5000か所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1医療機関当たり。 その前週の16. 30人と比べ、2倍以上に増えている。 インフルエンザか判断がつかないが、高熱が出て苦しいときに手を出したくなるのが解熱剤。 だが、厚労省は2000年からジクロフェナクナトリウム(市販名:ボルタレンなど)を含む解熱剤を飲んでしまうと、インフルエンザ脳症を悪化させ、死亡率を上げてしまう可能性があると警告している。 同年に発表された厚労省の研究班のデータでは、インフルエンザ脳炎・脳症の患者の中で、ジクロフェナクナトリウムを使用していた患者は、12例中7例が死亡。 一方、別の解熱剤を使っていた患者の死亡者数は38例中5例だった。 また研究班のからは、ボルタレンだけでなく、アスピリンを含むもの(市販名:バファリンなど)、メフェナム酸を含むもの(市販名:ポンタールなど)など「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」という分類の解熱鎮痛剤は、インフルエンザ脳症の発症リスクを高めたり、重症化を招く恐れがあると確認されている。 ほとんどの市販の解熱鎮痛剤は、インフルエンザでは使うと危険であり、どうしても必要な場合は、アセトアミノフェン(市販名:カロナールなど)が。 ただ、素人判断で命を危険にさらさないよう、インフルエンザが疑われる高熱が出たら、医療機関で相談し、対策を取るのが適切だ。

次の