サザンドラ 育成。 【ポケモンサンムーン】サザンドラ(モノズ・ジヘッド)の最強育成論!厳選・入手・対策方法まとめ│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

サザンドラの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

サザンドラ 育成

ページ:• 投稿者:Raru• コメント 58 みんなの評価 :• 投稿者:Raru• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:わに• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:わに• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:ないとめあ• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:大天使 ポケモン復帰• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:桟敷の上の桟敷• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:モソソクルッペ• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:りんご• コメント 37 みんなの評価 :• 投稿者:アセロ• コメント 15 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:orca• コメント 32 みんなの評価 :• 投稿者:ピュア• コメント 42 みんなの評価 :• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:けーき• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:エグゾディア• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:Raru• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:クロート• コメント 31 みんなの評価 :• 投稿者:タカフミ• コメント 24 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:ぬかみそ• コメント 159 みんなの評価 :• 投稿者:風の谷の名無しさん• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:むすたんぐ• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:Lorelei• コメント 47 みんなの評価 :• 投稿者:鯱• コメント 33 みんなの評価 :• 投稿者:ななめ• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:せーじ• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:酢漬けが台無し• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:mofumofu• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:MA• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:ぬ• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:あやキシ• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:小刃さん• コメント 17 みんなの評価 :.

次の

【ポケモン剣盾】サザンドラ(モノズ)の入手方法【ポケモンソードシールド】

サザンドラ 育成

【良いところ】• 特攻が高く、タイプ一致の「りゅうせいぐん」を使えるため特殊エースとして期待できます。 ドラゴン技は鋼タイプに半減されてしまいますが、「だいもんじ」「きあいだま」を覚えることができるので相手の鋼を寄せつけません。 悪タイプのためソーナンスの「ミラーコート」が無効となります。 これまでにソーナンスは、ラティオス・ボーマンダ・スターミーなどの特殊エースを逃がさずに狩るために使われてきました。 サザンドラは「ミラーコート」無効により、特殊エースでありながらソーナンスに狩られることがありません。 ゴースト複合タイプのロトム フォルムチェンジ やシャンデラに強いです。 受けにくいタイプ構成であるロトムや火力が高いシャンデラの流しを担当できます。 サザンドラは彼らのメインウェポンに限らず、「シャドーボール」にも耐性があります。 よってこれらのゴーストへの繰り出しは、ゴースト技で弱点を突かれるラティオスよりも安定しています。 悪タイプであり、エスパー技に対して無償降臨ができます。 アグノムの「とんぼがえり」には注意です。 特殊エースであるフーディンには、「きあいだま」を先制で撃たれてしまうため繰り出しにくいです。 特性「ふゆう」を生かし、地面技読みでの無償降臨ができます。 マンムーやラグラージの「じしん」読みで繰り出します。 【悪いところ】• 「りゅうせいぐん」を主軸としたドラゴンエースにはラティオスが挙げられます。 ラティオスは特攻・素早さがサザンドラよりも高く、序盤の「りゅうせいぐん」で負荷をかけるだけでなく終盤の抜き性能にも期待できるポケモンです。 またラティオスは素早さがあるため、火力が高い他のドラゴンに死に出しされない点も評価できます。 サザンドラは素早さが微妙なところなので他のドラゴンとのタイマンに弱く、繰り出されてしまったら逃げるしかありません。 サザンドラが苦手とする相手は味方のポケモンでしっかり対策しておく必要があります。 ラティオスは特殊耐久が高めである点も評価できます。 タイプ耐性を生かして水・電気相手の特殊技に繰り出す際のダメージを抑えることができます。 「りゅうせいぐん」を主軸にしたエースとしては、他にボーマンダが挙げられます。 サザンドラはボーマンダと異なり氷技で4倍弱点を突かれることがありません。 しかしボーマンダは飛行タイプを生かし、格闘や虫技を起点にヘラクロス・ハッサムなどに交代出しができます。 サザンドラはこれらの相手には繰り出せません。 水・電気といったタイプに耐性を持ちます。 これらの技読みで繰り出すことができますが、水タイプは「れいとうビーム」・電気タイプは「めざめるパワー氷」の所持率が高いため、繰り出し際に大ダメージを受ける危険があります。 またサンダースやライコウなど、先制で「めざめるパワー氷」を使ってくる素早さの高い電気タイプは得意ではありません。 このようにタイプ耐性の数の割には、安定して交代出しができる範囲が狭いです。 素早さを重視するなら性能が似ているラティオスを使った方が良くなってしまうので、サザンドラの個性を出すならHPに振りたいところです。 HPに振ることで、ラティオスよりも高い物理耐久を生かしやすくなります。 素早さに振るとしても調整程度です。 仮想敵であるシャンデラ・ギャラドス・ロトム抜き辺りが調整先となります。 素早さは激戦区であり、単体で見れば素早さを重視した方が有利なのが難しいところです。 りゅうのプレート : 体力を削らずに「りゅうせいぐん」の火力を上げる無難アイテムです。 いのちのたま : 「だいもんじ」も合わせて強化できる点が魅力ですが、サザンドラの強みである物理耐久を削ってしまいます。 ドラゴンジュエル : 「りゅうせいぐん」を撃てる回数はそれほど多くないので、一発限りのアイテムも候補に入ります。 こだわりメガネ : 火力は魅力ですが、技のピンポイント読みで流されやすくなることがデメリットです。 りゅうせいぐん : メインウェポンです。 だいもんじ : 「りゅうせいぐん」に耐性がある鋼タイプへの牽制です。 メタグロスやドータクンなどの弱点を突くことができます。 きあいだま : 他の技では対処しにくいエンペルトやヒードランの弱点を突くことができます。 苦手なバンギラスの4倍弱点も突けます。 命中率が悪いので、交代読みで当ててしまいたいところです。 あくのはどう : タイプ一致技です。 「りゅうせいぐん」と異なり、特攻を下げずに攻撃ができます。 シャンデラやロトムへのとしても使えます。 みがわり : 交代読みで使います。 交代先の相手を見てから攻撃技の選択ができます。 リフレクター : 交代読みで使います。 特殊エースのサザンドラが補助技だけ使ってバトルから引いてしまうのは微妙なので、優先度は低いです。 「でんじは」などのサポート技も同じ扱いとなります。 役割関係.

次の

【ポケモン ソード&シールド】サザンドラの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

サザンドラ 育成

準固有の複合タイプによる良耐性• フェアリーへの弱さ• 準固有の複合タイプによる良耐性 💦 「 悪・ 龍」という準固有の複合タイプを持っており、 2つの無効と 6つの半減耐性を持つ。 サイクル参加させやすく、FCなどの受けにくいにも繰り出すことができる。 高 一般の中で8匹いる600族の中の1匹で、合計が高い。 スペックが高く、 行動保障や 汎用性を得やすい。 耐性を活かしたサイクル参加もしやすく、 器用に何でもこなせる。 フェアリータイプが多い現環境ではやや向かい風。 採用価値のある積み技を覚えるわけでもないので、アイテム以外での火力やS操作ができず 中途半端な性能になりがち。 高速勢へのタイマン性能• 立ち回りの窮屈さ• 高速AT勢に対して強いほか、一貫性の高い悪打点で負荷をかけていきやすい。 初手から奇襲をかけることもできるし、終盤、一貫性の高い打点を武器に詰め筋としても機能させることもできる。 火力がほしいのであれば控えめ。 コケコやHSメガゲンは控えめでないと良い乱数で落ちないので、控えめ推奨。 炎技準確定。 残り1は仮想的に合わせて。 以下、調整案。 一貫性の高い悪打点で負荷をかけていきやく、有利対面からの制圧力が高い。 火力がほしいのであれば控えめ。 環境には控えめが多い。 炎技準確定。 残り1は仮想的に合わせて。 炎弱点の鋼タイプなどには後退されたりメガネ悪波で押せたりするので、スカーフよりは炎技の優先度は高くない。 以下、調整案。 ラキムドーやドヒドグライ、ゲンガーカグヤなど幅広い受けサイクルを破壊でき、崩しとしての性能が高い。 持ち物は、殴り合いにも強く誤魔化しがきく悪Zが多い。 ウェポンは悪波1ウェポンがほとんどであるが、悪波の通りの良さやZの火力補助でそれほど苦にはならない。 とはいえ、他の型に比べると対面性能は落ちるので、主に崩しとしての役割を持たせたい場合に採用したい型。 火力がほしいのであれば控えめ。 環境には控えめが多い。 @1はグライのギロチンをかわせるみがわりが多い。 以下、調整案。 ガルランルドやガルクレセドラン、ゲンガーポリ2のような並びに強い。 火力がほしいのであれば控えめ。 環境には控えめが多い。 @2は、展開阻止や崩しもできる挑発、グライやZ透かしに抗えるみがわり、龍タイプに打てる龍技などが多い。 以下、調整案。 しかし、毒Zを透かされたとたん何もできなくなるので、打つタイミングが重要。 確実に役割先に毒Zを打ち込むため、身代わりを採用している個体が多い。 火力がほしいのであれば控えめ。 耐久レは控えめでないと確定が取れない。 @2は仮想敵に合わせて。 以下、調整案。

次の