鳥 もも肉 ソテー。 【保存版】鶏もも肉レシピ人気簡単15選!つくれぽ1000の鶏肉料理おすすめ!鳥もも肉のおかずに

ガッテン流チキンソテーの焼き方!時間とコツは?皮パリパリの味は?

鳥 もも肉 ソテー

「人がおいしいと感じる塩分濃度は0. 最近、科学的理論を用いて料理をおいしくする手法に関心が集まっています。 実際、書店には「科学」という文字をタイトルに掲げる料理本も多数。 テレビ番組でも科学の理にかなった調理方法で、家庭の料理をお店の味に変えてしまうスゴワザが紹介されるまでに。 プロだけでなく、一般の人もこれまで以上に、料理と科学の関係の深さに気づくようになりました。 水島弘史シェフも、そんな調理法で今、注目を集める料理人のひとり。 今回は科学的に正しい、肉を焼く火加減について水島シェフに話を伺ってみました。 ほったらかしでOKのラクうま火加減 調理科学のプロが教える、ほったらかしでOKのラクうま火加減とは? 肉を焼いたり、野菜を炒めたりするとき、だれもが正しい方法と思ってきたのが「強火でうま味を閉じ込める」こと。 ところが、これは大きな間違いだと水島さんは指摘します。 「強火で急激に加熱すると、素材の細胞がギュッと収縮して壊れ、うま味とともに水分が一気に出てしまいます。 肉が縮んでかたくパサパサになったり、野菜炒めがべちゃべちゃになったりするのは、すべて強火のせい。 素材のうま味を引き出して水分を保持するには、弱火~フライパンの底に火がギリギリ当たらない中弱火をキープしてゆっくり調理するのが鉄則。 このワザなら、焦げつくことなく、ほったらかしで簡単においしく仕上がります」 ちなみにこの手法、モヤシ炒めで試してみると、時間がたってもシャキシャキでいただけます。 水島シェフの弱火ワザ、ぜひマスターしてみては。 科学的に正しいチキンソテーの焼き方。 その火加減を解説! 冷たいフライパンにサラダ油と素材を入れ、弱火で焼き上げればOKです。 肉の皮はパリパリ、中はふっくらジューシーな仕上がりになります。 (1)フライパンにサラダ油大さじ3を入れ、鶏肉300gを入れて上からサラダ油大さじ1を回しかける。 油を全体にしっかりからめることで、臭みのもとになる肉の脂を外に引き出す。 ちなみに、この時点ではまだ火をつけていない 火はつけない(2)フライパンを中弱火にかける。 フライパンの底に火がぎりぎり当たらない程度が目安。 そのまま動かさずに焼き、泡と音が大きくなり、水分がフライパンの外にはじけてきたら弱火にする 弱火に!(3)出てきた水分は臭みのもとなので、ペーパータオルできちんとふき取り、弱火のまま焼く 匠!火加減の必要なし!(4)肉の表面にふつふつと水分が出てきて厚み半分強まで白くなったら、裏返す。 2~3分焼き、ややピンク色でも、箸で押してみて弾力があれば火がとおったサイン。 全体に塩小さじ1/2をふって火を止め、粗びきコショウ(黒)少しをふる ふつふつと水分が出てきて厚み半分強まで白くなったら、裏返す <ほかにも応用できます!> ・焼き魚も! 弱火~中弱火で調理すると、皮が焼き縮むことなく、臭みとアクはしっかり抜けてふっくら ・カレーやシチューも! 肉と野菜は煮る前に、中弱火で焼いて中まで火をとおせば、煮込み時間は5分でOK。 コトコト煮込む必要も、煮くずれやパサつきもなし <監修/水島弘史さん 取材・文/ESSE編集部>.

次の

【フレンチシェフのレシピ】鶏もも肉で作るプロの「チキンソテー」の作り方

鳥 もも肉 ソテー

ためしてガッテンのチキンソテーの焼き方 鶏肉は安くてボリュームがあるのが魅力。 そんなチャーミングな鶏肉を、美味しくガッツリいただけるのがチキンソテー。 作り方はめっちゃ簡単なので、 一度作ればマスターできます。 香ばしくて、肉汁ブシャーのチキンソテー。 それじゃ、あ始めます。 鶏もも肉 (焼く前に常温に戻しておく)• フライパン• 塩コショウ• お好みで…ニンニク少々 たぶん、鶏もも肉以外は 全部お家にあると思います。 もしかして、もも肉も冷凍庫に入ってるかも? 焼き方• ひっくり返して、 両面 に火 が通ったら 10分くらい) 出来上がり ね、簡単でしょ? 塩コショウした鶏もも肉を、フライパンで焼くだけですから。 で、一応 注意点としては・・・• フライパンには、鶏もも肉を乗っけてから火を入れる• フライパンには蓋をしない• 脂が出てきたら、脂を取り除く(脂が多いと皮がカリカリにならないから)• ひっくり返すの一回だけ あとは、チキンソテーって焼きあがるとにちょっと時間かかります。 その時間は付け合わせのサラダを作ったり、食卓の準備などして活用してください。 実食・本当に美味しい? さて、焼きあがったチキンソテー実食するわけなんですが・・・ これは、食べる前から美味しいのが分かります。 めちゃくちゃいい匂いがするので! もも肉の香ばしく焼けた匂いが、超食欲をそそります。 おそらく、実際にチキンソテーを作った人は、同じような印象を持つんじゃないでしょうか。 そして、食べた瞬間「我ながらうまい」って感動しちゃうかも? (っていうか、調理がシンプルなので失敗する方が難しい)• 鶏の 香ばしい香り• プリンっとした弾力のある 歯ごたえ• カリッと焼けた鶏皮の食感• ローストチキンとは違った ジューシーさ• 程よい脂っこさと、パンチのある コク 焼きたてのチキンソテーなら、ここ一発の勝負料理として使えると思います。 (彼氏を自宅でご馳走するとか、お誕生日会のメイン料理など) ま、 本格的な鳥屋さんには、ちょっと負けるかもしれませんが… イージーな居酒屋さんの料理だったら圧勝できますよ。 チキンソテーは、鶏肉の味がもろに出る。 だから、国産の鶏肉を使うともっと美味しくなるし、ブランドの鶏肉だったら尚更です。 僕は、いつも100g39円の鶏肉を使うんですが…たまに150円位の鶏肉をソテーすると、しみじみ「うまいなあ」と思います。

次の

【みんなが作ってる】 鶏もも肉 ソテーのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

鳥 もも肉 ソテー

作り方• 鶏もも肉は味が染み込みやすくなるように、フォークで数回刺します。 バットに入れ、下味の材料を入れて手でよく揉みこんで、ラップをかけて15分程置きます。 大葉は軸を取り、千切りにします。 ミョウガは千切りにします。 ボウルに和風ソースの材料を入れて、よく混ぜ合わせます。 1の水気をふき取り、片栗粉を全体にまぶします。 中火に熱したフライパンにごま油をひき、4を皮目から入れて中火で10分程、途中で返しながら焼きます。 中まで火が通ったら取り出します。 同じフライパンに3を入れ、ソースの汁気が少なくなるまで3分程弱火で煮詰めます。 5を2cm幅に切って器に盛りつけ、上から6をかけ、2をのせて出来上がりです。

次の