ゴールデンカムイ 240。 【最新話】ゴールデンカムイ 第240話ネタバレ!『菊田特務曽長』|漫画ネタバレ|漫画晴れ

ゴールデンカムイ245話ネタバレ考察!外道!vs柔道!からの杉元vs土方! | 8ラボ(はちらぼ)

ゴールデンカムイ 240

道中何やら色々あったようですが、多少の路銀と馬をゲットし奔走中のようです。 しかし谷垣は、自分が杉元を殺せるような冷血漢ではないと分かっていました。 北海道から樺太まで長い時間を過ごしましてきましたから、元々優しい谷垣にはどう考えても厳しいミッション。 失意で抜け殻のようになった孫娘を返してフチは喜ぶだろうか…と思い悩む谷垣。 鶴見の性格を考えれば、自分の行動がアシリパを不幸にさせることになるのです。 争奪戦が終わるまでアシリパを探すフリだけしていることもできますが、果たして何年かかるかもわかりません。 インカラマッにも生まれてくる子にも会えないかもしれないという不安でいっぱいになります。 本当はケガした状態で別れたインカラマッに一刻も早く会いたいし、しかも子供を授かっていると知り居ても立っても居られないはず。 谷垣はどうすればいいのでしょうか。 スポンサーリンク 家永の求める美 野田サトル「ゴールデンカムイ」229話より引用 家永に診てもらっているインカラマッ。 大きなお腹はもう9ヵ月だそうです。 妊娠から9ヵ月?…樺太であんなに色々あったのに、時期にすると意外と短いんですね。 家永はお腹の膨らんだインカラマッに母の美しさを重ねていました。 家永の容姿は母に似せていたことが判明。 その母が妊娠していた姿は完璧で、赤ん坊を抱いた姿も聖母のように完璧になるのだろうと期待を膨らませていました。 しかし母は階段で足を滑らせ流産してしまったそうです。 だからその先の完璧を見るため、家永はインカラマッに希望しました。 「わたし…インカラマッさんが産むのを手伝いたい!」 家永の願いをインカラマッも快諾。 「じゃあ胎盤はちょうだいね」と家永らしい要望も加わりながら、天才医師のもとインカラマッの出産の日が着々と近づいていくのでした。 野田サトル「ゴールデンカムイ」229話より引用 インカラマッの入院先が分からない谷垣は、まず最初に入院していた網走の病院の近くをウロつきます。 するとひとりの女性がイケマの根を食べながら近づいてきました。 イケマの根とは、インカラマッが白石や鯉登に売りつけていたアレ。 女性は「病院のまわりをウロウロとしてうかがう…お尻とオッパイがムッチムチで毛深い熊ちゃんみたいなスケベな男…」と谷垣を窺いながら、「谷垣さんね?」と声を掛けました。 父の見舞いで病院に出入りしている女性は、インカラマッからその「スケベ熊ちゃん」に1枚の絵葉書を渡すよう頼まれていたそうです。 すごく分かりやすいですが、なんという伝え方でしょうか 笑 野田サトル「ゴールデンカムイ」229話より引用 絵葉書に描かれていたのは港の風景。 そこには『小樽港全景(北海道)』と書かれていました。 そうしてインカラマッの残していた手がかりを元に谷垣はこの小樽の病院へとやってきたのでした。 アシリパをフチの元へ帰す役目は失敗…役に立たない俺は逃げる道しかないのだと谷垣は考え、そしてこう結論付けたのです。 「でもせめて、お前と生まれてくるそばにいたかった」 それは谷垣だけでなくインカラマッにとっても危険が伴う行為ですが、インカラマッはそれも承知で絵葉書を送ったので「覚悟は出来てます」と笑顔で応えました。 月島が風呂へ行っている今のうちに2人は急いで脱走の支度を始めます。 月島は長風呂ですからね。 スポンサーリンク いきなり訪れた危機がエグイ 野田サトル「ゴールデンカムイ」229話より引用 支度を進める2人でしたが、廊下にカチャカチャと軍靴の音が聞こえてきたため息を潜めます。 その音はどんどん近づき、なんと2人がいる部屋の前で止まりました…。 窓から逃げるにもここは2階、身重のインカラマッを考えると不可能な選択です。 覚悟を決める男谷垣。 銃をドアに向け構え様子を窺います。 早くも訪れた危険…静まり返った部屋で高鳴る心臓だけが動いています。 しかししばらくすると、部屋に入ることなく軍靴の音は遠ざかっていきました。 良かったですね、3人の命がかかってますから。 危機は無事に去ったのか、谷垣は改めて様子を窺いながら静かにドアノブに手を掛けます。 どうやら先ほどの人物が、遠ざかったと思わせたうえで軍靴を脱ぎ、裸足で静かにここへ戻ってきたようです。 勢いよく倒された谷垣はそのまま銃も蹴飛ばされてしまいます。 相手は丸腰となった谷垣に銃を向けこう言いました。 「お前がここへ来たということは鶴見中尉の命令を反故にするということだよな?」 その人物は、な…なんと月島! 瞳に底知れぬ闇を宿したあの闇月島です。 スポンサーリンク 強い女たち 野田サトル「ゴールデンカムイ」229話より引用 絶体絶命の谷垣の前に、インカラマッが身を乗り出しました。 「これが月島ニシパの正義なら私から殺しなさい」 そう強い眼差しで言い放つインカラマッに一瞬躊躇した様子の月島。 「逃げて」 妊婦に対する、母に対する想いが家永を突き動かしたのでしょう。 家永はこの隙に2人を逃がそうとしました。 野田サトル「ゴールデンカムイ」229話より引用 が、首を押さえながら放った月島の銃弾が家永を貫き…胸を2発撃たれてしまう家永。 谷垣が急いで月島を止めますが、果たしてこの衝撃展開の結末はどうなるのか!? スポンサーリンク 『 ゴールデンカムイ』ネタバレ229-230話のまとめ 野田サトル「ゴールデンカムイ」229話より引用 感動と衝撃で今回も感情が忙しくて疲れました…。 まず谷垣とインカラマッの愛の強さが美しいですね。 谷垣の状況はわりと詰んでいたので、インカラマッに会うという選択は最良だったのではないでしょうか。 作品の『LOVE』の部分を純粋に描いてくれている2人なので幸せになって欲しいと願います。 谷垣を身を挺して守るインカラマッもカッコ良かったですが、その前に谷垣が銃を構えたシーンも好きですね。 「殺人への抵抗を乗り越えられる原動力は愛」と鶴見が言っていましたが、まさに谷垣がインカラマッと子のために覚悟を決め、冷静な表情で立ち向かおうとしたのが印象的でした。 野田サトル「ゴールデンカムイ」229話より引用 そして相手が月島。 彼は以前杉元にも銃を向けていましたが、私情を消し任務を全うする冷静な姿がカッコいいです。 恐らく杉元が「俺は不死身の杉元だ!」とウパシちゃんを食らったように、月島も軍人として鶴見の部下としての冷徹なスイッチができているのでしょう。 恐らく彼もまた揺れ動いているのだと感じますが、月島の「愛」がどこにあるのか、「愛」というものを取り戻せるかに彼の今後の動きがかかってきそうです。 「今後」と書きましたが、月島はたぶん無事でしょう。 家永は馬を発見した月島の動きを見てから動いていますし、恐らく事態を考えた上で麻酔薬を準備して乗り込んできたのだと思います。 あくまで希望ですが。 問題は家永。 殺人鬼とはいえ愛され変態キャラのひとりですから、亡くなってしまったら寂しいですね。 医療的にも惜しいですし。 彼女(彼)はある意味チートキャラですので次回しれっと生きている可能性もありますが、物語は着々と終わりに向かっていますので半々ですかね。 現在小樽ですのでフチの所で出産という希望もありますが、フチの所も鶴見の手の内にあるので危ないですかね。 あ…あるいはここで早くも破水!? 色んなところで色んなことが起こっているため次回どこの描写となるか予想がつきませんが何にせよ次回も覚悟しましょう。 ちなみに扉絵に書かれていますが、単行本21巻が3月19日に発売予定。 樺太編の帰り道を軸に、杉元・アシリパの意思やアシリパ母など今回も重要ポイントがたくさん詰まっていますので是非楽しみに待ちましょう!.

次の

【ゴールデンカムイ】240話ネタバレ!菊田の正体は中央政府のスパイだった

ゴールデンカムイ 240

スポンサーリンク 菊田の正体 菊田に見つかった有古は、「いつも誰かが近くにいるので」と札幌滞在について鶴見に報告していなかった理由を説明しました。 「こんなところを見られたら大変だ」 汗をかく有古は、そのまま震える声でこんなことを呟くのです。 「土方歳三たちは俺を疑っている…鶴見中尉殿だって…。 誰も俺のことは信用しないでしょう」 か、可哀想!!! すると菊田はこんな言葉をかけました。 「じゃあ俺につけよ」 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 菊田は「お前を信じているのは俺だけだ」と言います。 2人は奉天会戦の際、爆撃された塹壕の中で生存確認のために声を掛け合いながら一晩過ごした間柄。 共に同じ月を眺めた仲。 説得力がありますね。 菊田は、アイヌの父親の遺志も鶴見に脅された親戚たちの子とも忘れろと言います。 土方と鶴見の間で翻弄されている有古に、「どちらについていっても破滅しか無えぞ」と忠告。 わかってはいるけど有古にはもうどうにもできないんですよね…。 すると菊田は静かにこんなことを言ったのです。 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 「あんた…中央政府のスパイか!!」 スポンサーリンク 尾形の皮肉がエグい 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 昨夜宇佐美とパオパオした犯人と思われる人影は、現在札幌教会付近にいる様子。 札幌の街は活気に溢れ、新聞売子や金魚売りが…て、あれ!!?? なんと金魚売りは土方です! よく見れば新聞売り子は夏太郎ですね。 そして向こうからやたらガタイの良い虚無僧が…と思ったらやはり牛山でした。 都丹もいます。 そして「牛山さんの虚無僧は異様に強そうで目立ちますね」と言う夏太郎の横で、「確かにかえって目立つ格好は良くないな」と口を挟んだのは門倉。 「門倉のは何のつもりなんだよ」とツッコまれていますが、どうやら高野行人(諸国を行脚しながら銭を乞う僧)というもののようです。 土方一派が次々に変装姿を披露する中、そういえば尾形も今土方のところにいるんだよなあなんて考えていると… やはり変装していました。 が、笑うしかありません 笑 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 親孝行(人形を孝行息子のように見せて銭を乞う芸)というものの変装らしいのですが、花沢中将に似た顔を含め、皮肉が利きすぎていて色々シュールすぎます。 キラウシに「確かにちょっと目立ち過ぎだ」と引かれていますね。 ちなみにキラウシはいつも通り。 そこへ乞食のようなボロボロの姿の永倉、有古そして啄木が土方の元へやってきました。 「事件に進展があったようです」 スポンサーリンク 犯人像 啄木が言うには、新聞社に犯人から小包が届いたのだそうです。 その中身は人間の腎臓。 四人目の犠牲者は右の腎臓を持ち去られていたという情報も加えました。 小包には汚い字で「ジゴクより」と書かれた手紙が添えられており、文の内容はめちゃくちゃでほとんど読めなかったと言いますが、「また殺してやる」という犯罪予告だったそう。 そこで啄木はようやく気付いたのだと言います。 啄木はこの事件がイギリス中に轟いた要素を説明します。 まずは「新聞社に手紙を送りつけ警察を挑発する犯行予告をした」ということ。 これが今の状況に似ていますね。 札幌の犯人は、殺し方だけでなく殺人の周期までロンドンの事件と一緒なので、モノマネではなく信奉者ではないかと啄木は考えています。 そしてイギリスの事件が有名になったもう一つの要素は、「犯人が捕まらずにプッツリと消えてしまった」ということ。 切り裂きジャックが行った最後の殺人は、4人目から40日後。 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 つまり今回の犯人も『40日以内に捕まえなければ犯人はどこかへ消えてしまう可能性がある』ということです。 啄木は犯人に対し怒っていました。 お気に入りの遊女が事件を怖がって東京へ逃げてしまったからです。 「クソの塊みたいな野郎だな」と相変わらず啄木に厳しい永倉。 「ところで…全くの別件で気になる事件があるんです」と啄木はおもむろに話を切り出しました。 スポンサーリンク やっぱり囚人だった! 「おい杉元この記事見たか?」 新聞を読んでいた白石が杉元に声を掛けました。 背後には山本理髪店があるので、どうやら現在彼らは少し南下して茨戸にいる様子。 理髪店の店主も健在です。 さて、白石が伝えたかったのは札幌連続娼婦殺害事件の話ではありませんでした。 「あちこちで子供が消えてるって事件さ…」 最近だと、彼らが通った江別で3人が行方不明になっているそうなのです。 すると話を聞いていた房太郎が口を開きました。 「子供の誘拐犯…アイツかも」 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 房太郎が思い出したのは、網走囚人の『上エ地(ウエジ)圭二』。 顔にいたずら書きみたいな刺青…そう! 「飴売りだ!!」 そして房太郎はもうひとつ重要な情報を口にしました。 「上エ地圭二はもちろん、網走脱獄囚24人のひとりだ」 スポンサーリンク 飴売りの動向 「鶴見中尉殿から電報が来ましたよ!」 ウキウキで菊田の元に走ってくる宇佐美。 どうやら鶴見が札幌に向かっている旨の知らせがさっそく届いたようです。 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 「札幌に向かっているそうですよぉぉ!ふぁう!」 愛ですね。 場面は変わり、土方側でも啄木が子供誘拐事件について説明しています。 それは杉元一行が移動してきた場所と一致しています。 「あの飴売り、私たちと同じ方向に向かっていたのか」 杉元たちもその動きに気づきました。 それはつまりどんどん札幌に向かっているということ。 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 「札幌で何が起きようとしているんだ?」 死刑囚、札幌、第七師団…何も起きないはずがなく…。 スポンサーリンク 『 ゴールデンカムイ』ネタバレ240-241話のまとめ 菊田は中央寄りの人間でした。 菊田は尾形・月島とともに長いこと鶴見の元にいるようでしたが、しかし刺青人皮についてあまり知らされていなかったことを思い出すともしかしたら鶴見は気づいているのかもしれませんよね。 しかし客観的に見ると勝ち目がなさそうに見えますが…鶴見には考えがあるのか、現在命運が中央・鶴見どちらの手に握られているのか気になるところ。 それよりも気になるのは、もし鶴見がGOサイン出したら宇佐美が菊田に襲い掛かるのではないかということですよね。 菊田はとても良いキャラなので死なないで欲しい。 有古も幸せになって欲しいですね。 野田サトル「ゴールデンカムイ」240話より引用 そして上エ地圭二。 以前飴売りについてジョン・ゲイシーかな?なんて話をしましたが、今回の話と名前からしてその認識で良さそうですね。 「自分の中に4人のジャックがいる」と多重人格を主張した殺人鬼です。 関係あるのかはわかりませんが、少なくとも彼も札幌へ向かっているということ。 アシリパを追ってるとかだったら怖いですけど、歌志内の時点で先にいそうだったので違いそう…となると何故札幌に向かっているのか。 アシリパの言っていた通り「札幌で何が起きようとしているんだ?」という気持ちしかないですね。 切り裂きジャックの顔もそろそろ描かれるでしょうか。 これだけ集結しようとしていると物語が終わりに向かっていると感じて少し寂しい気もしますが、かなりワクワクしてきました。 もはや札幌は特異点…何が起きるかわかりません! ここからはさらに衝撃展開が続きそうですので、皆さんシートベルトを着用して備えておきましょう!.

次の

ゴールデンカムイ最新第240話菊田特務曹長ネタバレ含む感想と考察。第239話あらすじ。中央の影響下にあったあの人。

ゴールデンカムイ 240

金貨の刻印の意味は? カリンパニ【エゾヤマザクラ(桜)】の花が咲いているのを見たアシリパは、鹿の毛が生え変わり、肉も美味しくなる知らせだと言い、杉元は、それは良い知らせだねと答えます。 桜の樹皮は弓に巻いて折れないように強くしたり、マキリや矢筒に巻いて使ったり、イタオマチプ(丸木舟)の板を綴(と)じ付ける時にも使うとアシリパは説明し、狩りの道具に欠かせない木だと感心する杉元。 さらにアシリパは、オンコ(イチイ)の木を指差し、クネニとも呼ばれ、意味は「弓の木」 クネニではない木で作った弓は、糸をずっと張っておくと曲がってしまうとアシリパは言い、弾力のある木なのねと杉元は答えます。 アシリパは他にも様々な木を杉元に説明します。 海賊房太郎(かいぞくぼうたろう)は二人の様子を見ながら、杉元はいつもアシリパちゃんから離れないと白石に言い、アシリパは狩りがうまいから重宝してるよと白石は答えます。 房太郎は、白石がなぜ杉元達とつるんで埋蔵金探しをしているのかわからないと言います。 第七師団や土方歳三のような危険な連中と渡り合おうなんて、分が悪ければ早々に逃げる男だろ?と白石に聞きます。 白石は、成り行きだと答えます。 賭ける人数が少いほうが配当も多いと白石は言いますが、よほど勝算があるってことじゃないのか?と房太郎。 房太郎は白石に顔を近づけ、アシリパがのっぺら坊と同じ深い青い目をしているよな?と迫り、白石は、ロシアの血が混ざったアイヌは珍しくないそうだとはぐらかします。 信用できないのはお互い様だとした上で、手を組むなら情報は何でも共有しないと、命をはれないと房太郎は言います。 それを聞いた白石は、杉元との会話を思い出します。 白石は杉元に、自分の勘ではアシリパは暗号を解く方法を既に知っている気がすると言い、何か教えてもらったか?と聞きますが、杉元は「いや・・・」と答えます。 樺太(からふと)でのことが無駄じゃなかったらいいけどなと白石は言います。 そのこともあり、白石は房太郎に、自分だってそこまで信用されているわけではないと言います。 ここで房太郎は白石に刻印が入った金貨を見せます。 支笏湖(しこつこ)で砂金と一緒に沈んでいたもので、この刻印が自分達の入れ墨に似ていないか?と房太郎は言います。 暗号を解く鍵「ホロケウオシコニ」 エゾモモンガを発見したアシリパは、アッカムイだと言います。 まんまる頭でカワイイ!と笑う杉元に、捕まえて杉元の手袋にしようか?とアシリパ。 それを聞いた杉元は、いらない!いらない!と断ります。 アシリパはアッカムイのことを説明します。 アッカムイは人を助けるカムイ(神)で、夫婦仲を壊そうと邪魔する悪い蛇のカムイから守ってくれる話がある。 人を助けるカムイといえば、ホロケウカムイ(狼)もそうだ。 昔話には人間の味方になって戦う話がいくつもある。 子供だったエゾオオカミのレタラを見つけたのはこのへんの森だった。 ここでアシリパは、子供の頃にアチャ(父親)に星座を教えてもらった日のことを思い出します。 ホロケウはどんなカムイかを聞くアシリパに、「消えてしまったカムイ」とアチャは答えます。 しかしその後、アシリパはこの森でレタラに出会い、これから生まれてくる子供達にもホロケウカムイがどんな姿か見られるといいなとアシリパは言います。 アチャがアイヌの妻(アシリパの母)から貰った名前、ホロケウオシコニ。 この名前が暗号を解く鍵で間違いないと確信しているアシリパ。 アシリパは考えます。 アチャは母がつけたアイヌの名前をわざわざ暗号に入れたが、そんなひとがアイヌを沢山殺して金塊を奪うなんて、だからキロランケはアチャを殺したの? どうして二人は死ななければならなかったのか。 埋蔵金にたどり着けば答えがわかるかもしれないが、埋蔵金がアチャとキロランケ、他の皆の運命を狂わせた。 本当に金塊は見つかったほうが良いのだろうか。 杉元に暗号解読の鍵を教えなければ、杉元は私から離れない。 私が杉元の弾除けとなれる。 教えずに、いっそこのままずっと・・・。 アシリパは杉元が好き? アシリパは杉元に聞きます。 もし金塊を見つけられたらどうするんだ? 故郷に戻って好きだった人と暮らすのか? アシリパは、埋蔵金が見つかったら杉元は自分の元から・・・と考えます。 アシリパは、今すぐここから離れたほうが良いと言いますが、次の瞬間、次々と木が倒れてきます。 それを見た杉元は、森が倒れてくる!と叫びます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ゴールデンカムイ241話の感想 金塊が見つかると杉元が自分の元から離れてしまうのではと考えるアシリパ。 アシリパは以前、海賊房太郎から杉元とのことを言われ耳を真っ赤にしてましたよね。 杉元が故郷の想い人、梅子のことを今も好きなのか気になるところです。 そしてアチャのアイヌの名前、ホロケウオシコニ。 これは183話の最後でアシリパが思い出したアチャの名前です。 アチャの名前ウイルクは、ポーランド語で「オオカミ」という意味。 それを聞いたアシリパの母は「ホロケウオシコニ」というアイヌの名前をつけました。 意味は「オオカミに追いつく」 この名前を知っているのはアチャと母親とアシリパだけです。 「ホロケウオシコニ」と24枚の刺青人皮がどう関係してくるのか、今後の展開と謎解きが楽しみですね。 ゴールデンカムイ242話のネタバレはコチラになります。

次の