私がみたい。 「私も撮りたい、貸して!」父からカメラ奪う“小1娘”の腕前に反響、写真が繋ぐ親子の絆

「私も撮りたい、貸して!」父からカメラ奪う“小1娘”の腕前に反響、写真が繋ぐ親子の絆

私がみたい

私の夫、赤木俊夫は決裁文書を改ざんしたことを悔やみ、自ら人生の終止符を打ちました。 2018年3月7日のことです。 夫は震える手で遺書や手記を残してくれました。 私は夫の死後2年経過した2020年3月18日、やっと遺書や手記を公表しました。 そして、同じ日に、夫が自ら命を絶った原因と経緯を明らかにし、夫と同じように国家公務員が死に追い詰められることがないようにするため、そして、事実を公的な場所で説明したかったという夫の遺志を継ぐため、国と佐川さんを訴えるところまで進みました。 以下、この訴訟に対する私の思いを陳述させて頂きます。 夫は、亡くなるおよそ1年前である2017年2月26日(日曜日)、私と神戸市内の梅林公園にいた時、近畿財務局の上司である池田靖さんに呼び出され、森友学園への国有地払い下げに関する決裁文書を改ざんしました。 決裁文書を書き換えることは犯罪です。 夫は「私の雇い主は日本国民。 国民のために仕事ができる国家公務員に誇りを持っています」と生前知人に話していた程国家公務員の仕事に誇りを持っていました。 そのような夫が決裁文書の書き換えという犯罪を強制されたのです。 夫の残した手記によると、夫は改ざんを指示された際に「抵抗した」とあります。 また、私は、夫の死後、池田さんからも、夫は改ざんに最初から反対していたと聞きました。 夫が決裁文書の改ざんによって受けた心の痛みはどれだけのものだったでしょうか。 国家公務員としての誇りを失ったでしょうし、強い自責の念に襲われたと思います。 夫は手記や遺書に「この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。 事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。 今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。 (55才の春を迎えることができない儚さと怖さ)」、「現場として相当抵抗し、最終的には小西次長が修正に応じ、修正前の調書に合わせて自ら、チェックマークを入れてを整えました。 事実を知っている者として責任を取ります。 」と書いています。 夫は改ざんしたことを犯罪を犯したのだと受け止め、国民の皆さんに死んでお詫びすることにしたんだと思います。 夫の残した手記は日本国民の皆さんに残した謝罪文だと思います。

次の

「私も、夢のために頑張るのが辛い時期が…」。「プリキュア」の夢を叶えた成瀬瑛美さんが、女の子に伝えたいこと。

私がみたい

一番くじ「艦これ」-私、プールではしゃぎたい!! なくなり次第終了となります。 2020年5月25日更新 「一番くじ「艦これ」-私、プールではしゃぎたい!! -」を2020年06月19日 金 より順次発売予定と記載しておりましたが、新型コロナウイルス COVID-19 の影響により、発売日を「2020年07月17日 金 より順次発売予定」に変更させていただきました。 楽しみに商品をお待ちいただいているお客様におかれましては、多大なるご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。 ,LTD. , Ltd. All Rights Reserved. , Ltd. All rights reserved. , Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved. , Ltd. Entertainment Inc. All Rights Reserved. , LTD. , LTD. APPROVAL NO. , INC. ALL RIGHTS RESERVED. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. BRICKSTUDIO. All rights reserved. , LTD. ,Ltd. Ltd. All Rights Reserved. ,LTD. Entertainment Inc. All Rights Reserved. , LTD. APPROVAL NO. All rights reserved. Rabbids, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U. , LTD. APPROVAL NO. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

次の

【悩み】私「旦那が挨拶したいから会いたいって言ってる」兄「あんなのが義弟になるなんて生理的に無理」→ 頑なに嫌がってる。困った...

私がみたい

2019年に発生した「タピオカ騒動」で芸能活動を休止してきたタレントの木下優樹菜さん(32)が、20年7月1日夕方に活動再開を発表した。 木下さんの所属事務所「プラチナムプロダクション」のウェブサイトに掲載された声明を見てみると、「弊社、木下優樹菜とも、復帰について厳しいご意見があることは真摯に受け止めており、」としつつ、「失われた信頼の回復のため、全力で努力して参ります」と復帰について説明。 また、声明の中で木下さんは、 「芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました。 今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」 と、反省の弁を述べている。 「私らしくやってたら問題になったんだから」 「タピオカ騒動」とは、木下さんをめぐって2019年10月に発生したトラブルのこと。 木下さんの実姉が勤務していたタピオカ店の店主に対し、木下さんがSNS上で恫喝を行っていたとする画像がネット上に拡散。 これに対し、木下さんは事実関係を認めて謝罪し、11月18日に活動休止を発表した。 それから約7カ月半となる20年7月1日に発表された木下さんの活動再開だが、事務所の声明にもある通り、木下さんへの風当たりは非常に強い。 ネット上ではツイッター上を中心に木下さんの復帰を良しとしない声が続々と上がっているが、その中でも多いのが、木下さんのコメントを引用しつつ、活動再開に反対する声だ。 あるツイッターアカウントは「『私らしく頑張っていきたい』 そこやそこ。 ぜんぜん反省してないやん」と、木下さんのコメントに含まれていた一節を指摘しつつ、反省が足りないと指摘。 また、別のアカウントも「私らしくやってたら問題になったんだから変えなきゃダメだろ」と、やはり、同じ箇所を挙げつつ、そこが非常に良くないと指摘している。 「私らしくじゃなくて心を入れ替えてだろよ」 木下さんについては、騒動の際に流出したSNSの画像の中で、タピオカ店の店主に対して「いい年こいたばばあ」「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから」「事務所総出でやりますね」といった強烈な言葉遣いのメッセージを送っていたことが判明。 そのため、これらのメッセージが、それ以前に木下さんがテレビ出演の際に見せていたガサツなキャラクター通りであるとの反応が視聴者の間に広がり、「木下優樹菜、やっぱりイメージ通りだな」といったツイートがあふれるなどした。 このため、活動再開の発表に対しては上記のもの以外にも、「私らしくって、これからも恫喝を続けるとの意思表示か?」「私らしく(頑張っていきたいと思っています)じゃなくて心を入れ替えてだろよ」といった、木下さんの本心があらわになっているのではないかとする声が噴出。 他にも、「私らしい恐喝するの... ?」「またなんか勘に触れたら事務所総出で出るとこ出るとか言いそうだし、恐怖でしかない」と、木下さんへの嫌悪感をあらわにする声が多数上がる事態となっている。 もちろん、その一方で、「まあ厳しいと思うけど頑張れ」「皆さん、悪く言い過ぎだよ 木下優樹菜頑張れ」といった、活動再開を支持するとの声も上がっているのも事実。 大嵐の中での活動再開となった木下さんに対しては、今後はこのような声を少しづつでも増やしていくための不断の努力が必要になるだろう。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の