天草 覚醒剤。 覚醒剤所持など疑い、11人逮捕 末端価格で数百億円か:朝日新聞デジタル

熊本県天草市の港で漁船からおよそ600キロ、末端価格で360億円相当の覚醒剤が押収された事件であらたに男2人を逮捕。

天草 覚醒剤

熊本県内の漁港で覚醒剤数百キロを持っていたとして、福岡県警や海保、税関などの合同捜査本部は、ともに台湾人の漁業洪福財(68)、無職陳瑞榮(68)の両容疑者と広島市の無職少年(19)の3人を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで現行犯逮捕し、12日に発表した。 福岡県警によると、3人は共謀し、11日、熊本県天草市魚貫(おにき)町の漁港に係留中の船内で覚醒剤数百キロを持っていた疑いがある。 末端価格で数百億円に上る可能性がある。 日本船籍で、同日午後に入港。 県警は、外国から覚醒剤を密輸しようとしていたとみている。 さらに11、12の両日、別の台湾人2人と東京都北区の会社員五十嵐大(54)ら日本人6人の計8容疑者を同法違反(営利目的輸入予備)の疑いで逮捕。 所持容疑の3人と共謀し、覚醒剤の密輸を企て、船の手配などをして準備した疑いがある。 県警は11容疑者の認否を明らかにしていない。 県警などは密輸に関する情報を得て、捜査を開始。 国際的な密輸グループが関与し、海上で別の船から移し替える「瀬取り」を使った可能性もあるとみて、詳しい密輸ルートなどについて捜査を進めている。 天草市の現場では、12日も数人の捜査員が船内を入念に調べていた。 周辺住民によると、11日午後1時ごろ、サイレンが響き渡ったという。 主婦(22)は「こんな事件が地元で起きるとは思ってもいなかったので、びっくりした」。 船内からの押収品が大量だったことにも驚いた様子だった。 (横山翼、大矢雅弘).

次の

覚醒剤600キロ押収、きっかけは「燃料切れ」 所持容疑などで11人逮捕|【西日本新聞ニュース】

天草 覚醒剤

熊本県天草市の港で漁船からおよそ600キロ、末端価格で360億円相当の覚醒剤が押収された事件です。 きょう警察は、密輸の準備に関わったとしてあらたに男2人を逮捕しました。 今月11日、福岡県警などは熊本県天草市の港で漁船から重さ600キロ、末端価格で360億円相当の覚醒剤を押収しました。 覚醒剤は、海上で別の船から受け取る「瀬取り」と呼ばれる手口で 海外から密輸されたとみられています。 この事件ではこれまでに台湾人を含む男女11人が逮捕されています。 きょう、警察は、密輸の準備に関わった疑いで東京都港区の飲食店経営 斉賀啓明容疑者(33)と東京都江戸川区の無職 草野司容疑者(65)をあらたに逮捕しました。 2人は、すでに逮捕されている容疑者の供述などから関与が判明し 逮捕されたということで、この密輸事件の逮捕者はあわせて13人となりました。 警察は、役割分担など密輸グループの全容解明を目指し捜査を進める方針です。 2019. 17 19:15 日テレNEWS24 漁船から覚醒剤約600キロ押収 12月12日 18時56分 熊本県天草市の漁港で、漁船から覚醒剤およそ600キロ、末端の密売価格で360億円相当が押収され、警察などは海外から密輸しようとしたなどとして、台湾出身の男など11人を逮捕しました。 11日午後、熊本県天草市の魚貫港に停泊していた漁船を、警察や海上保安部などが調べたところ、船内から袋に入れられた大量の覚醒剤が見つかりました。 押収された覚醒剤はおよそ600キロ、末端の密売価格にして360億円にのぼり、財務省によりますと、国内で1度に押収された覚醒剤としては、過去2番目に多いとみられるということです。 警察は営利目的で覚醒剤を所持したなどとして、漁船に乗っていた台湾出身の洪福財容疑者(68)ら3人を逮捕したほか、密輸しようと準備をしたとして、東京都北区の会社員、五十嵐大容疑者(54)ら8人の、あわせて11人を逮捕しました。 警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。 警察などは「覚醒剤の密輸がある」という情報提供を受けて、港の周辺を警戒していたということです。 逮捕された中には、漁船の提供などを行っていた男もいるということで、警察は国際的な密売グループが関わっているとみて捜査しています。

次の

[B! 台湾] 漁船から覚醒剤600キロ押収 360億円相当 熊本 天草

天草 覚醒剤

熊本県天草市の港で漁船からおよそ600キロ、末端価格で360億円相当の覚醒剤が押収された事件です。 きょう警察は、密輸の準備に関わったとしてあらたに男2人を逮捕しました。 今月11日、福岡県警などは熊本県天草市の港で漁船から重さ600キロ、末端価格で360億円相当の覚醒剤を押収しました。 覚醒剤は、海上で別の船から受け取る「瀬取り」と呼ばれる手口で 海外から密輸されたとみられています。 この事件ではこれまでに台湾人を含む男女11人が逮捕されています。 きょう、警察は、密輸の準備に関わった疑いで東京都港区の飲食店経営 斉賀啓明容疑者(33)と東京都江戸川区の無職 草野司容疑者(65)をあらたに逮捕しました。 2人は、すでに逮捕されている容疑者の供述などから関与が判明し 逮捕されたということで、この密輸事件の逮捕者はあわせて13人となりました。 警察は、役割分担など密輸グループの全容解明を目指し捜査を進める方針です。 2019. 17 19:15 日テレNEWS24 漁船から覚醒剤約600キロ押収 12月12日 18時56分 熊本県天草市の漁港で、漁船から覚醒剤およそ600キロ、末端の密売価格で360億円相当が押収され、警察などは海外から密輸しようとしたなどとして、台湾出身の男など11人を逮捕しました。 11日午後、熊本県天草市の魚貫港に停泊していた漁船を、警察や海上保安部などが調べたところ、船内から袋に入れられた大量の覚醒剤が見つかりました。 押収された覚醒剤はおよそ600キロ、末端の密売価格にして360億円にのぼり、財務省によりますと、国内で1度に押収された覚醒剤としては、過去2番目に多いとみられるということです。 警察は営利目的で覚醒剤を所持したなどとして、漁船に乗っていた台湾出身の洪福財容疑者(68)ら3人を逮捕したほか、密輸しようと準備をしたとして、東京都北区の会社員、五十嵐大容疑者(54)ら8人の、あわせて11人を逮捕しました。 警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。 警察などは「覚醒剤の密輸がある」という情報提供を受けて、港の周辺を警戒していたということです。 逮捕された中には、漁船の提供などを行っていた男もいるということで、警察は国際的な密売グループが関わっているとみて捜査しています。

次の