冷凍 マグロ 解凍 方法。 本マグロの食べ方(解凍方法)

失敗しないための解凍方法『真空パック包装のまま解凍するとマグロが真っ黒に!?』

冷凍 マグロ 解凍 方法

冷凍マグロを解凍する際に、絶対に気を付けてほしいこと注意する点を知っておこう。 必ず避けていただきた解凍方法 【常温解凍】急激な温度変化により、ドリップ(旨味成分)が流出してしまうため、 マグロの旨味が薄く殺菌が繁殖する原因にもなります。 【流水解凍】短時間で解凍できますが、急激に温度が上がってしまうので、ドリップ(旨味成分)が流出してしまい旨味が逃げてしまいます。 【電子レンジ解凍】急激な温度変化により、マグロが焼けてしまったり、ムラができてしまいます。 真空袋のまま解凍するのは避けてください 最近では真空パックで売られているもが多くあります。 その食材によって解凍の方法はさまざま。 真空パックのまま解凍しても大丈夫と思っている方も多いかと思いますが、実は冷凍のマグロに関しては、直接酸素に触れさせることが重要になります。 それは、マグロ細胞内に酸素が行き渡らず褐色してしまうからです。 解凍直後から時間の経過で変化してく様子をこれからご紹介します。 解凍直後の状態 真空パックのまま6時間解凍後の状態.

次の

世界一受けたい授業の冷凍マグロをおいしく解凍するコツ!氷水でじっくり

冷凍 マグロ 解凍 方法

とろけるような脂の甘みが特徴的なまぐろは、刺身、鮨ネタ、しょうゆ漬け、ねぎ汁、オイル煮、唐揚げとして楽しめます。 そんなまぐろを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。 まぐろの基本 まぐろは赤身魚で、とろけるような脂の甘みが特徴的です。 国内で食用とされるまぐろは、めばちまぐろ、きはだまぐろ、びんながまぐろ、みなみまぐろ、こしながまぐろ、くろまぐろの6種です。 中でもくろまぐろは最上級であり、本まぐろとも呼ばれます。 まぐろは世界中の熱帯、温帯海域に広く分布しており、日本近海でも数多く漁獲されています。 静岡県が全国トップの漁獲量でシェアは16. 養殖も年々増加しており、くろまぐろが長崎県や鹿児島県、高知県で多く水揚げされています。 刺身や鮨ネタにはまぐろはなくてはならない存在です。 そのほか、しょうゆ漬けやねぎま汁、オイル煮、唐揚げなどでも食べられています。 まぐろの旬は漁獲された地域や種類によって違いますが、国内で最も多く消費されているめばちまぐろの旬は秋から冬にかけてです。 産卵前のこの時期が最も脂が乗っています。 ただし、世界中から冷凍された旬のまぐろが輸入されていたり、養殖物も出回っていたりするため、市場にはいつでも旬のまぐろが流通しています。 冷凍を行う場合は、酸化しやすい不飽和脂肪酸を多く含む赤身魚ですので、賞味期限を短めに設定しておくか、酸化防止のために空気に触れさせないように下処理や包装を行うとよいでしょう。 高温で保管した場合、身に含まれるミオグロビンが酸化してメトミオグロビンになり、色合いが黒ずんでしまいます。 マグロを使った食品の冷凍方法 まぐろを丸ごと 内臓やえらの処理をしていないまぐろを急速冷凍する。 調理法は、凍ったままさくなどに切り分けて販売する。 さくを解凍する場合は氷水解凍。 まぐろのフィレ、さく 袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)か、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。 冷凍してから脱気包装をしたり、ラップ等で包んだりしてもよい。 解凍する場合は、氷水解凍。 まぐろのしょうゆ漬け しょうゆ漬けは袋に入れて脱気包装をして冷凍する。 解凍する場合は流水解凍もしくは氷水解凍。 まぐろのねぎ汁、オイル煮、唐揚げ ねぎ汁、オイル煮は、袋に入れて脱気包装する。 唐揚げは加熱後の食感が失われる場合があるので、脱気包装はせずラップ等で隙間なく包んで冷凍する。 冷凍後に包装を行ってもよい。 解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。 魚の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには? 肉と比べると組織が弱く、冷凍に注意が必要な魚を、美味しく冷凍するポイントを紹介。 フィレやむき身、干物、下味がついたものなど、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。 コンサルティング・商品開発のご相談は お気軽にこちらからどうぞ•

次の

世界一受けたい授業の冷凍マグロをおいしく解凍するコツ!氷水でじっくり

冷凍 マグロ 解凍 方法

スポンサードリンク 冷凍マグロ(まぐろ)を正しく解凍して、美味しく食べたいですよね! 冷凍マグロ(まぐろ)は自然解凍すると ドリップが出て美味しさが落ちてしまいます。 簡単で美味しく冷凍マグロを解凍できる方法をご紹介します。 給湯器で温度設定ができれば、 40度セットして出てきたお湯を使えばOK 給湯器に温度設定ができない時は、 お風呂の温度を参考に感覚でやってみてください。 手を入れて、少し温めのお湯で40度くらいでしょうか。 2.) 「温塩水」を作ります。 40度のお湯に塩を入れます。 分量はお湯1Lに対し、塩30gの割合。 舐めてみて、海水くらいしょっぱい濃度です。 3.) 温塩水に冷凍マグロを浸けます 漬ける時間はマグロの目方によって違います。 100gのサクで約1分 500gのブロックで5分くらい漬けてください。 4.) お湯から取り出してよく拭く 時間が来たら温塩水からマグロを取り出します。 固く絞ったきれいなフキンでマグロについている水分をきれいに拭き取ります。 5.) マグロをフキンで包む フキンを水ですすぎ、再び固く絞って下さい。 固く絞ったフキンでマグロを包みます。 6.) 冷蔵庫の下の段など、冷蔵庫のあまり冷えすぎない所に入れます。 200gくらいのサクなら約2時間くらいで解凍できます。 もっと早く解凍したい時は、冬なら暖房が効いていない部屋 夏ならクーラーがかかっている部屋に置いておけばいいでしょう。 ただし、長い時間放置したら痛みますので、 お刺身で食べられなくなります。 ご注意ください。 冷凍マグロは上手に解凍して、美味しいく召し上がってください!.

次の