宝塚 みく さん 合格。 宝塚音楽学校 第107期生8名様が合格。

108期生元気かな?『沸騰ワード10』

宝塚 みく さん 合格

さて、今回は、沸騰ワードの番組の中でも特に注目を浴びていた「みくさん」のについて迫りたいと思います。 これから宝塚の舞台できらりと光るトップスターへの階段にかけのぼるまでに原石に注目することもタカラジェンヌファンとしての楽しみでもありますね。 みくさんは今年で高校3年生で、宝塚受験が最後のチャンスでした。 過去にも何度か挑戦したものの、1次試験合格、2次試験合格、3次試験合格と途中までは上手くいくものの最後のステップで難しい結果でした。 他の受験者の方もとても素敵でしたが、その中でもみくさんはショートカットで髪をきちっとセットしていて姿勢や佇まいのかっこよさが際立っていました。 みくさんは元タカラジェンヌの初嶺麿代先生が代表されている受験学校の生徒でした。 プロから教えてもらえる環境で努力し続けるみくさんはとても芯があって素敵です。 その場に立っているだけで、花のある雰囲気、性格の諦めなささや目標に向かって頑張っていく姿勢がカッコよかったです。 レッスンでダンスやバレエ、歌の練習と幅広く、本番のために出来るだけの対応や生徒さんの能力を高めるために厳しいレッスンの下でみくさんは受験学校内でも上位だったようです。 受験学校では、レッスンを難なくこなしていて他の受験生からも人目置かれている存在。 1次試験の合格発表では、家で結果を確認するために髪型をオールバックにセットしていることに意気込みを感じられました。 ご家族とも仲が良いので、温かい家族の中で育ったので品格ににじみ出ています。 本当にお父さん、お母さんの愛と応援がいっぱいで素敵な家族でしたね。 すごく頑張っているお嬢さんに対して「いったい、これ以上のどんな努力をしたら、宝塚は合格できるんだろう・・・」とおっしゃっていたお父さんが印象的でした。 1次試験は、受験番号や名前を発言するというシンプルな方法ですが、宝塚で本番のステージに立った時の存在感やこれから育っていく卵としての素質を見るのには大事の受験内容です。 みくさんは受験するまでは緊張した面持ちでしたが、実際に試験を受けた後は少し安心した様子でした。 2次試験、3次試験ではコートをさらっと着こなしていて、試験が始まる前から男前なオーラが漂っていました。 最終試験では、今までは何度も試験を受けてきて今回が最後ということに対して質問されたそうで、どんな質問にも落ち着いて回答できたと言っていました。 宝塚での本番のステージでは、男役が花形ですが何キロもある衣装をまとって派手な衣装を着た他の役者に負けない演技を物怖じせずに堂々とこなす器が必要です。 宝塚のトップステージの階段を駆け上がる段階のスターの卵としてみくさんは輝ける素質が認められたのですね。 みくさんが他の受験者と話している姿や受験学校の先生との話し方は18歳とは思えない大人っぽさも魅力の1つです。 目鼻立ちがはっきりとしているので男装メイクをしてもとても映える顔立ちです。 宝塚に入りたいと思ったきっかけは幼少期にみた宝塚での公演だったそうで、14年越しの夢を自己実現できたみくさんの努力を考えるとすごいです。 みくさんには妹さんがいるので、長女として大事に育てられたので余計にしっかりとした自我を持っています。 自分の目標に対して真摯に向き合う姿は、本番の宝塚の公演でも存分に発揮されるでしょう。 宝塚で男役を勝ち取ったトップスターは芸能界でも多く活躍しています。 宝塚に入って注目されることは必然ですが、デビュー前の原石の輝きを見つけることもファンとしてはうれしいです。 無事合格発表がされ、即座にインタビューを受けている姿も大人っぽくこれから宝塚の本番のステージで演技をするみくさんに期待していきたいと思います。

次の

みくさんの宝塚養成学校の合格結果!沸騰ワードで話題!入学式の様子は?

宝塚 みく さん 合格

申し訳ございませんでした。 2020年(108期)の受験者数は852名と報道されていましたので、競争倍率は21. 3倍です。 最終試験の第3次合格発表は40名分の受験番号のみとなっているため名前は正式には公開されていません。 【追記】 東京の目黒区にある初嶺スタジオから、高校2年生のゆうさん、ちはるさん、中学3年生のけいかさん、そして高校3年生のみくさんの密着取材となりました。 宝塚音楽学校の合格者! 1003・1012・1018・1028 1059・1064・1065・1075 1082・1083・1087・1092 1132・1167・1197・1237 2022・2025・2038・2042 2046・2048・2076・2111 2125・2151・3013・3037 3083・3112・4007・4019 4041・4052・4055・4075 4095・4102・4168・4182 — Ballet info Balletinfo100 2020年の宝塚音楽学校に合格した人の名前を調べたところによりますと、• 岡原ゆづきさん(姉に花組第102期生の鈴美椰なつ紀さん)• 伊勢谷和香さん(秋田県由利本荘市・聖霊高2年)• 島見茜さん(京都市右京区・中学3年)• 望月璃々子さん(甲府市・高校1年)• 梶原捺(なつめ)さん(北海道・16歳)• 東郷早紀さん(宮崎市 日向学院高・18歳) などが合格者として報道されていました。 テレビの放送では合格した方が中心となって密着取材を受けているかと思いますが、放送前の段階では密着した人の名前は公表されていません。 2020年を含む過去の宝塚音楽学校の倍率の推移まとめはこちら 2020年宝塚受験の合格までの密着テレビの放送内容は? 発表の場面はドキドキしながら観ました! — Ballet info Balletinfo100 タカラジェンヌになりたいという想いから、厳しいレッスンも乗り越えてきた受験生たちですから、涙なしには見られないですね。 詳しい内容についても予告では公開されていませんので、放送を見逃さずにチェックしてみてください! 【放送が始まって】 4人の未来のタカラジェンヌの密着でした。 リーゼントが似合うみくさんは18歳の高校3年生。 今回が4回目で最後の挑戦です。 所属しているのは初嶺 麿代(はつね まよ)さん率いる初嶺スタジオ。 初嶺 麿代さんは1994年に第80期生として宝塚歌劇団に入団し、2007年まで活動していました。 1次試験では総受験者数859人中279人が突破、初嶺スタジオからも60人が挑戦して27人が1次試験に合格しています。 2次試験では• ダンス• バレエ• 新曲視唱(初めての楽譜を見て覚えて歌う)• 面接 です。 終わってみくさんは「ダンスがぐらついてしまった」と不安な様子。 翌日の2次試験の合格では見事合格していました! ここで279人から100人に絞られます。 2次試験に合格したのは初嶺スタジオでは12名。 そして最終の3次試験。 ここでもみくさんは見事合格し、宝塚音楽学校への入学が決まりました。 初嶺スタジオからは最終的に5名が合格しています。 スタジオから60人中5人の合格者が出たというのも快挙ですね! 2年後のみくさんの男役の姿も今から楽しみです。 合格した皆さんも、残念ながら落ちてしまったけど挑戦された皆さんも、頑張る姿を見せてもらえて熱い気持ちになりました…! 初嶺スタジオの場所やアクセスは ダンス&フィットネススタジオ「HatsuNe」 〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-20-18 久留美ビル2F 東急東横線 「学芸大学駅」東口徒歩1分 03-6303-3301 受付時間10時~17時(木曜除く).

次の

宝塚育成学校とは?沸騰ワードでみくさんが話題に!合格率、倍率は?

宝塚 みく さん 合格

タカラジェンヌを育てる学校、宝塚音楽学校。 秋になると、阪急沿線の駅や電車の中に宝塚音楽学校の入学募集の広告が貼られて、あ、今年もこの時期になったのね。 とまるで、宝塚周辺の秋の風物詩になっている宝塚音楽学校のポスター。 貼られたポスターを眺めて「いったいどんな子どもたちがこの狭き門に挑戦して、どんな子どもたちが突破できるんだろ・・・」そんなことを考えて電車のポスターを眺める。 もし私が、今、挑戦できる立場だったとしたら、「この狭き門に挑戦するぞ〜!」って気持ちになって、体がそこに向かって動いていくか・・・・・・。 「どうせ無理だし」とか「恥ずかしい」とか「落ちたらショックだし」とか。 そんな感じで、自分に蓋をして、挑戦することにも挑戦しないかもしれないな〜。 なんて、受験する資格もとうに過ぎている40歳過ぎた私が、勝手に妄想して、ちょっぴり自分の勇気のなさにため息・・・・・笑。 今回は、いったいどんな子たちが、この狭き門を突破しているんだろう・・・そこを突破してきたタカラジェンヌを見てきて思ったことを勝手に想像してみました。 もちろん、宝塚受験の募集要項には、 容姿端麗で、卒業後宝塚歌劇団生徒として舞台人に適する方。 と書いてあります。 学校の募集資格に「 容姿端麗」なんて書いてある学校って日本中探しても宝塚音楽学校だけだと思いますが、容姿端麗も舞台人に適する方もこれって、実は結構曖昧じゃないですか? 要するに中学卒業あるいは高等学校卒業又は高等学校在学中の女性であれば、誰でも受験できる資格があるってことです。 宝塚音楽学校に合格する人はこんな人? 宝塚への思いが強くて、それが審査員に伝わった時 受験資格が中学3年から高校3年までの4回しかない宝塚音楽学校の受験資格。 そんなまだ、自分の思いを表現することすら下手っぴな若い子どもたちが、どれくらい宝塚を好きか?なんて上手に伝えることが難しい!と思います。 でもそれが、審査員に伝わった時は、受かる可能性が高いのでは?と思います。 例えば、今の月組トップの珠城りょうさんのように3回目の受験で合格し、トップまで上り詰める人もいるんです。 他にも何回も不合格になっても、受験に挑戦する方も大勢います。 面接の時に「宝塚への思いが強いか」上手に伝えることができなくても、何回も諦めずに挑戦することで、審査員さんは、それを思いの強さとして評価しているのでは?と思います。 健康であること 受験前の学校の出席日数 宝塚ファンなら、だれでも知っていることですが、宝塚歌劇団の公演システムってとてもハードスケジュールです。 毎日毎日、ハードな公演が続き、公演がない時だって、レッスンが続きます。 しかも絶対に公演に「穴」を開けることは、基本許されない世界です。 それには、「健康であること」が全てだと思います。 どんなに容姿端麗で、技術力もあったとしても、体が弱かったら、続けられない世界。 受験時に提出する願書と共に調査書というものがあって、その中に書いてあるのが「出席日数」 この出席日数はむっちゃ重要なんじゃないかな? 受験前の学校時代に、何度も休んでいる子は、絶対に取らないと思うのです。 私が観劇するようになってから(数年ですが)あんなに一番ハードスケジュールなトップスターさんが体調不良で「休演」って一度もないびっくりな世界。 どんな体調管理しているんでしょう。 協調性のある素直な人 上下関係が厳しい世界で、先輩は絶対の世界。 これって、簡単なようで、実は難しいんじゃないかしら? 特に「先輩をたてる」という文化すら崩れてきている今の時代。 自分自身の生活に当てはめてみるとよく分かるけど、例え先輩だろうと、この人嫌だ!!と思ったら反発したり、逃げたり、無視したり・・・笑。 心が柔軟で、素直な人じゃないとできないんじゃないかな? 常に団体行動で、大人数で一つの作品を作る人達です。 調和を乱してしまうほど強い性格の人の集まりでは、きっとあんなに人を感動させるいい作品は作れない。 多分、みんなとても素直で、心が柔軟で、協調性のある子たちなんだろうな・・・と思うのです。 荒削りな原石 宝塚音楽学校の校長先生のインタビューに「荒削りな原石がほしい気持ちもある」「 荒削りな原石・・・・・いやぁ、これも難しく曖昧な表現だ・・・・・。 磨けば光るダイヤモンドの原石 審査員はこの原石をどうやって見分けるのでしょう。 何万人という受験生を見て、何千人というタカラジェンヌを育ててきた審査員にしか探せない「原石」。 いや、みんな原石だと思うのよ。 でも磨くのは宝塚という環境かな〜?と。 磨かれていく宝塚の環境のなかで、先程書いた反発せずに「素直に磨かれていける子」かどうか??? こればかりは、挑戦してみなければ、わからない! とにかく、挑戦するしかないのだ! 「挑戦してみたい!」と実際にその時に体が動いた人にしか、合格の切符を手にすることができない。 まずは一歩踏み出してみる。 その一歩は何か? まずは願書を取り寄せることじゃない? ちょうど今、願書販売していることだし、一歩踏み出してみたら? (別に宝塚の回し者でもなんでもありません笑) さて、そんな私も、自分に蓋をして「恥ずかしい」とか言ってないで、何か新しいものに挑戦してみようかな・・・と思いながら、ポスターを横目に阪急電車を降りる。

次の