上白石 ディープフェイク。 歌と演技で注目を集める上白石萌音:君の名は。

【最終回ネタバレ】水谷豊×反町隆史「相棒18」ディープフェイク映像の脅威!第20話ネタバレあらすじ

上白石 ディープフェイク

テレビ朝日 「相棒18」最終回(第20話)は、スランプに陥ったように見える右京(水谷豊)が日本の闇と対峙した!指示を与えた内閣府官房長官に罪を認めさせられたのか?半年に渡り全話2桁の視聴率でフィニッシュした!相棒シリーズで初となる見逃し配信は公式サイトやTVerなどにて、ビデオパスで見放題配信中だ。 3月18日に半年に渡り放送された「「相棒 season18」が最終回を迎えた。 右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)とコンビも5シーズンを終え、すっかりと安定感が増し、第16話などで、右京が亘の身を案じ「特命係など辞めなさい」と言うなど、二人の間の絆が前シーズン以上に強まった印象がある。 次シーズンからはこの場所が「花の里」に代わる右京のくつろぎの場所となる。 視聴率は、16. 7%、15. 4%、11. 9%、15. 7%、14. 3%、15. 2%、15. 0%、13. 3%、14. 0%、14. 6%、16. 7%、14. 5%、16. 2%、14. 1%、11. 8%、13. 9%、14. 1%、16. 4%、15. 9%と全作2桁で推移し、第20話は13. 次シーズンは反町隆史の続投となるのか?「花の里」に続く、「こてまり」も決まり、次シーズンへの期待が高まる。 「相棒」でおなじみのサウンドトラックにのせたファン必見のCMとなっている。 10月12日、13日の大阪公演には主席監察官役の神保悟志、芹沢刑事役の山中崇史、24日、25日の東京公演には中園参事官役の小野了、伊丹刑事役の川原和久が登場する。 詳細は番組公式サイトにて。 軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などをあげつらいスランプを危惧するが、右京自身は、どこ吹く風で…。 そんな中、元東亜ダイナミクス社長の桂川(村上新悟)が、自宅寝室で殺害される事件が発生。 背中から刺された傷が死因だったが、なぜかスマホの音声認識アプリが立ち上げられていて、『99』という謎の数字が残されていた。 問題の女性は、顔認証から内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)と判明したものの、政府直轄組織の人間ということで、警察としても配慮せざるをえなかった。 事件に興味を持った右京と亘は、現場となった桂川のマンションを訪れるが、そこには青木(浅利陽介)の姿があった。 右京は、青木から得た情報や現場の状況から、問題の映像にフェイク映像ではないかと疑問を抱く。 いっぽうその頃、事件と何らかの関係があると思われる内閣官房長官の鶴田(相島一之)は、懇意にしている芸者・小出茉梨(森口瑤子)から悪巧みを指摘されていた。 翌日、伊丹(川原和久)たち捜査一課は、桂川をスポンサーとして最新の映像技術を研究していた鬼石美奈代(坂井真紀)という大学の特任教授から話を聞いていた。 しかし、飄々とした彼女にはぐらかされるばかりで要領を得ない。 そんな中、「週刊フォトス」が桂川と柾庸子のあるスクープ映像を入手。 監察官の大河内(神保悟志)の指示で特命係がその動画の押収をすることとなり、右京と亘で「週刊フォトス」の風間楓子(蘆名星)を訪ねた。 そこで楓子に話を聞いているうちに、編集部が騒然となる。 「週刊フォトス」のサイトが荒らされ、アクセス数が多数になりサイトダウンまでしていた。 それはDDos攻撃を受けたものと青木が説明する。 きっかけは動画が原因だった。 右京たちはその動画を手に入れた。 動画には、桂川と柾庸子がクラブで痴話げんかしているものだった。 しかし映像が不鮮明で確定までには至らない。 クラブに話を聞きに右京達がいっていると、伊丹(川原和久)や芹沢(山中崇史)もやってきた。 青木が動画を解析していると大河内から圧力がかかる。 社美彌子(仲間由紀恵)も特命係にやってくると、柾庸子が長期出張になったと話す。 中園までもが特命にやってくると「桂川殺人事件を追い回すな。 柾庸子が犯人だ」と話し、あえて特命に捜査をするように仕向ける。 そのころ、柾庸子は、内閣官房長官の鶴田たちに匿われていた。 青木は動画がディープフェイクではないというが、右京は青木の判定結果が100%ではないという。 AI技術に詳しそうな人物があやしいとにらんだ右京達は、伊丹たちに桂川の周辺に該当しそうな人物がいなかったかと確認すると、伊丹は鬼石美奈代のことを話すが、アリバイが確実だったという。 そのアリバイは動画だった。 右京達が鬼石美奈代の大学へゆくと、若い男女の二人が「バイト感覚だったんだ」と謝罪してきた。 週刊フォトスに動画を売りつけた二人だった。 二人は鬼石美奈代から頼まれて動画を売ったのだ。 鬼石美奈代は子供のころから映像の天才少女と言われていた。 甲斐峰秋(石坂浩二)に連れられて「こてまり」で会った小出茉莉が持っていた動画は茉莉がまるで第二次世界大戦の当時に20歳くらいで写されたもののようだ。 茉莉の客には内閣官房長官の鶴田がいた。 鶴田は右京と亘を直接呼び出した。 鶴田は「君たちは何がしたい」といい、上に逆らってなんの意味があるのかと尋ねた。 右京は「真相を知りたい。 そして犯人に贖罪の機会も与えたい」と話す。 右京は鶴田に鬼石のことも確認するが、鶴田は知らないという。 社は内閣府がこの事件をお蔵入りさせたいと話すと右京はピンと来たようだ。 そのころ、青木は防犯カメラの映像で柾庸子が鬼石美奈代を拉致していることを見つけた。 しかし、この映像は右京が青木に依頼して作らせたフェイク映像だった。 大事になれば内閣府も動くだろうと思ったからだ。 右京は柾庸子と鬼石が一緒にいると踏んでいた。 右京の読み通り、鶴田の部下の栗橋(陰山泰)が動き出した。 いった先には柾庸子と鬼石美奈代がいた。 桂川と一緒にベッドで映っていたのは、鬼石美奈代だった。 鬼石美奈代の技術がどうしても必要な内閣府がその犯罪を隠すために、鬼石に映像の改ざんさせたのだ。 鬼石美奈代はコンバットナイフを桂川の背に刺した。 徐々に血液が肺にたまり死に至った。 その寸前に電話で救急車を呼ぼうとして「99」と言ったところで、鬼石美奈代がその手を踏みつけた。 鬼石美奈代は桂川の女癖に嫉妬していたために桂川を殺したという。 特命は栗橋や柾を逮捕しようとしたが、二人は自主を説得していたと言い逃れる。 鶴田は右京たちに「何事もほどほどにね」と高笑いした。 右京は矢代に、特命を動かしていたのではないかと尋ねたが、社はそんなことはないと反論する。 そして、右京と亘は「こてまり」へ向かう。 テレビ朝日10月スタート「相棒 season18」。 出演:水谷豊/反町隆史/川原和久/山中崇史/山西惇/浅利陽介/芦名聖/神保悟志/杉本哲太/仲間由紀恵/石坂浩二ほか。 番組公式Twitterアカウントは「 AibouNow」。 PR動画は番組公式サイトにて公開。

次の

「ホクサイコンビ最高」池田エライザと上白石萌音の仲良し2ショットに歓喜の声

上白石 ディープフェイク

人気の女優やアイドルが一糸纏わぬ裸にされてしまう最新技術を駆使した動画「 ディープフェイク」が巷で流行しているようです。 これまで確認されただけでも、• 広瀬すず• 新垣結衣• 橋本環奈• 石原さとみ• 吉岡里帆• 齋藤飛鳥• 山本彩• 白石麻衣• 上戸彩 らの精密かつ 本物かと思うレベルの「ディープフェイク」動画が作成されており、2019年8月7日に「デイリー新潮」(週刊新潮電子版)によってその存在が報じられました。 そこで、 この記事では2018年から2019年にかけて一気に技術力が加速し、ブームとなっている広瀬すずや新垣結衣、橋本環奈、石原さとみ、齋藤飛鳥、白石麻衣といった人気女優・芸能人を裸にする実際の「ディープフェイク」動画を大手サイトと共に紹介します。 橋本環奈もとんでもない姿に!? さて、 デイリー新潮がいよいよ日本のタブーを報じてしまいました。 一瞬目を疑ってしまう動画が最近、世間に拡がりつつあるという。 「 ディープフェイクという手法を使った偽ポルノ動画です。 人工知能を駆使してポルノ動画の顔と声だけを有名女優などにすり替える悪ふざけのような動画で、アメリカやロシアを中心に一昨年くらいに流行したもの。 驚くのは、ロボットのような不自然な動きをすることはまったくなく、実に自然に表情まで変化するのだ。 「顔認識に加え、目・鼻・口の動きを理解する表情認識が可能な人工知能にポルノ動画を勉強させている、高度な技術です」 とは、ITジャーナリストの三上洋氏。 「そのうえで、はめ込みたい顔を正面や横から細かくデータを取って、元の動画に合わせるんです。 このディープフェイクが話題になったのは、オバマ前大統領がトランプ大統領を罵倒する偽動画が制作されてから。 アメリカでは州によってはディープフェイクによるリベンジポルノを法規制する動きもあります」 デイリー新潮より一部抜粋 これは人類の歴史において、• 農耕技術の開発• 産業革命 に匹敵する革命です。 倫理に反する行為であるとはいえ、かつては画像版でもこの手のメソッドが取り入れられていました。 その精度はホンモノと変わらないレベルと話題 流行りの 著名芸能人らのディープフェイク動画を作成・掲載している業界大手の「DIFIDOL」というサイトは、かつて無料で誰でも見られたのですが、 現在は有料化しており、有料会員に登録しなければ見られないようです。 では、毎日毎日汗を流して働き、どんなに頑張っても広瀬すずや新垣結衣、石原さとみらとは付き合うことができない我々一般人は、ホンモノと全く変わらないクオリティーであるディープフェイク動画を見ることができないと言うのか、、 いや、ちがう!! 無料で広瀬すずや新垣結衣、上戸彩らの高精細かつ精密な無料のディープフェイク動画を視聴できるサイトを見つけました!!! 【無料動画】有料会員じゃなくても視聴できるディープフェイク動画があった! 石原さとみまでもが… このサイトに 実際のディープフェイク動画を貼り付けて掲載するのはかなりデンジャラスな行為になってしまうので、 その ディープフェイク動画が無料で掲載されているページのURLを貼ることにします。 フルの動画ではなく、ディープフェイクの動画がどのようなもので、どれほどのクオリティーかを知るためのものですが、 このレベルがとんでもないんです。 実際に私も視聴しましたが、 広瀬すずも新垣結衣も石原さとみもどれも本人が行為をしているようにしか見えませんし、作り物だとは到底思えないレベル…。 ちなみに、私が視聴した 無料のディープフェイク動画で使用されていた広瀬すず、新垣結衣、橋本環奈の巧みに加工された本人顔画像がこちらです。 アダルト大量ならU-NEXT!!! 【画像】ディープフェイクに映る広瀬すず そして、 実際のディープフェイク無料動画は以下です。 実際のディープフェイク動画 まず、GoogleもしくはYahoo!で、 「 erohika. com」のURLをコピペして検索します。 上記のページ内で「 2019年7月5日」の投稿をクリックすると、• 広瀬すず• 新垣結衣• 上戸彩• 石原さとみ といった著名人が裸になった ディープフェイク動画の無料動画が視聴できます。 「 erohika. com」トップページに飛べば、すぐに「2019年7月6日」の投稿は見つかります。 また、視聴する上ではいくつかの絶対確認しておくべき注意点もあります。

次の

女優・アイドルの“妄想本番”動画『ディープフェイク』大問題に発展!

上白石 ディープフェイク

問題の動画は、ネット上の動画投稿サイトや動画共有サイトなどにゲリラ的にアップされており、某人気サイトでは約400本も自由に視聴できる状態になっているという。 中にはVR(仮想現実)動画もあり、まるでタレント本人とリアルでエッチをしているような感覚を楽しむことができるものもあるというから驚きだ。 「もちろん、タレント本人が出演しているわけではありません。 有名芸能人の顔とAV動画を組み合わせた人物画像合成動画のことで、『ディープフェイク』と呼ばれています。 元となる画像と映像を重ね合わせ、結合することで生成されるのですが、海外では有名人のポルノビデオや、リベンジポルノ作成のために利用されることもあり社会問題化しています。 日本でもここ数年、AVファンを中心に人気を呼んでおり、動画投稿サイトにアップされては削除されるイタチごっこが繰り返されています」(夕刊紙記者) エロは技術発展の推進力 実際の合成動画を見ると、その完成度の高さに驚かされる。 人気女優K・Kの動画では、本人が騎乗位で激しく腰を振る様子が映し出され、アエギ声や快楽に身を委ね悶絶する表情までがリアルに再現されている。 フェイク動画と言われても「いやいやマジで本人でしょ?」と疑いたくなるほど、その完成度は高い。 「1990年代には〝アイコラ〟が大流行し、一部の雑誌がグラビア展開して著作権法違反の疑いで告訴される事件がありました。 当時のアイコラはアイドルの顔とヌード写真を切り貼りするだけの簡単なものでしたが、それでも、アイドル本人が本当にヌードになったかのように感じるには十分でした。 今や合成技術もかなり発達し、ディープフェイクによるエロ動画を本物の流出動画と勘違いする人もいるくらいです。 一部のサイトでは熱烈なファンから動画作成依頼もあるほどで、自分のお気に入りのアイドルを指名する人も出てくる始末です」(同・記者) 同じように、海外ではエマ・ワトソンやスカーレット・ヨハンソン、クロエ・グレース・モレッツなどのセレブの合成動画が人気だというから、〝妄想エロ〟に対する興味は万国共通なのだろう。 また、動画を合成する職人は、自分の技術を見せびらかす傾向にあり、スケベ心よりもいかに違和感を抱かせず、視聴者を喜ばせるかに精力を注いでいるという。 タレントのイメージ問題もあり、今までスルーしていきた芸能関係者も、ここに来てさすがに無視するわけにもいかなくなったようで、このまま無法状態が続けば訴訟問題に発展する可能性は大。 くれぐれも興味本位で視聴するようなことは控えたい。

次の