コイカツ 配布。 コイカツ日記②

コイカツ日記②

コイカツ 配布

最近コツの事しか話してねえっていうかコツしかやってないんですけど、とりあえずここ最近はキャラ収集に専念してます。 公式のーは版権キャラが少ない(というか見つかり次第削除される)のでとか画像板を回ってます。 というわけで版権キャラとかを配布してるサイトや板を幾つか紹介しておきます。 リンク先はR18画像もあったりなかったりのでリンクだけにしときます。 illusionのカードがたくさん投稿されてるサイトです。 最近だとコツの画像が圧倒的に多いですが、ハニーセレクトの画像とかもあるので注意です。 当然使えません。 まぁ画風があまりに異なるので見たら分思いますけど・・・。 探すときはサイト左側のタグから「koikatu」または「koikatsu」を選ぶといいかも。 オリジナルである東高校の生徒を配布しています。 版権ではないですけどどれも出来が良いので、ひとまずダウンロードして入れてみるのも手ではないでしょうか。 性格に合った見た目のキャラが多いのでキャラメイクの参考にもなるかも。 ビルドファイターズやなどの版権キャラを配布してます。 あとはとかで探したりもするんですけど、は検索機能がクソガバなのでろくに使えないのであまり見つかりませんね。 タグとかありゃあ良いんですけど・・・。 Illusion Game Cardsは結構オススメなので皆さん見てみて下さい。 いとふゆ。 ki4do3ai2raku.

次の

コイカツ キャラ置場 : Koikatsu! (mod有)

コイカツ 配布

結婚しました。 前回から1ヵ月半ほど経過してますが相変わらず楽しんでおります アイドルちゃん召喚させまくってたり 思いつきでオールバックいおりんを召喚させてみたら思いのほか良い感じに出来てホクホクしてたりしましたがいおりんも引き続きバージョンアップ中だったりします 細かいとこがメインなのでその辺をメモとして残しておきますかね 現在のいおりん こんな感じです。 ありがとうございます。 変わってはいないのですが、前回のハイスクールメイト同様、本体側にも自作パーツMOD以外にMODツールじゃないと調整できない数値や設定を加えているようになってるのでその辺をば。 使用MODのリンクとか 今回この3つ。 前回何も触れてなかったのでサラッと紹介。 ・MaterialEditor 神ツールです パーツごとに普通は弄れない数値をリアルタイムに調整・確認できます コイカツかUnityの各種構造を理解してないと取っつきにくいのですが覚えてしまえば自由度がやべーことになります。 アウトラインの太さとリムの強さが弄れるのがポイント ・ABMX(KKABMX) 神ツールです 各種パーツについてXYZの3軸で自由に大きさやサイズを弄れるようになります。 極めるとミニキャラすら作れるという(作った) この2つにハイスクールメイト作成の時にもお世話になってるOverlayModsがあればおよそ何でもできるようになります。 ・[stinger722][KK]Face Outline Fix 神データです 元々こちらの方のMODを使用させていただいて角度次第で目立つ目元、口のシワを除去してます。 後述しますがこれをさらに弄ってます。 さて本編 前髪専用ヘアグロス(ツヤ)の追加 実は前髪のツヤの位置が後ろ髪と異なっています。 こんな感じ。 去年いおりん作ってる時にも前髪ツヤだけ別パーツにしたいとボヤいてたまま終わってたのですが…あの時から環境は変わってヘアグロスをパーツ単位で設定できるようになったのでこれを機に調整。 まあ私の場合ヘアグロス自体が自作パーツなのですが… その場で何度でもインポートと確認ができますので調整も楽です。 鼻の陰影をフェイスペイント枠へ移動(色付け) これも以前ボヤいてたまま未解決で終わってた件。 鼻パーツって色がつかなくてグレイスケールにしかならないんですね。 こんな感じ。 当時は一旦は諦めたのですが… 実は似たようなパーツに化粧枠のフェイスペイントがありましてそれなら色が付けられることが発覚。 さっそくこっちに鼻パーツそのまま移植して数値を良い感じにして… 解決。 これに気付くきっかけは他者様のMODでした。 やはり外の世界を見るのは重要ですね。 後ろ髪の影の濃さを調整 今のパーツといおりんの髪色だと妙に後ろの髪が想像以上に暗くなってしまうんですね。 ので、ちょっと明るくしてみました。 こんな感じ。 まずはヘアグロスと一緒でMaterialEditorで今度はDetailMaskを取り出して入れ替えます。 で、こんな感じで画像編集ツールなりなんなりで緑の明るさを調整します。 画像ではグラデーションをかけて調整してます。 ちなみに見た目と逆で黒い部分は設定した通りの色が出る部分で、緑が濃くなる程暗くなります。 この辺の調整はハイスクールメイト作成でも触れてるので省略。 頭のバランスを調整 今度はABMXの出番。 元々コイカツの頭部パーツは妙に上部がでっかいイメージがあるのでその調整。 ちょびっと弄っただけですがこれだけでも印象は結構変わります。 この程度の修正なら頑張ればABMX無しに頭部パラメータだけで調整可能だとは思いますが 数値1つで全体のバランスを崩すことなく調整できるのが強み。 ちなみに頭部パーツ自体を差し替えたヘッドMODもありますが今度は髪パーツとの兼ね合いという戦いがあるのでいおりんには適用していません。 何よりそれだとデコの広さが足りない。 デコ=いおりん。 口のシワが出ないように調整(実験中) リンクに貼ってありますが、既に現環境ではキャラメイク最大の敵とも言えるシワに対して シワ除去MODのお世話になっております。 おりますが… いまのパラメータだとこの角度程度で既にシワが見え始めている始末。 またまたMaterialEditorで今度は顔の設定をオープンしてDetailMaskをエクスポート。 出力される画像は上記シワ除去MODが適用されたディティールマップ画像です。 左が元MOD、右が自力修正。 消えました! ルールは他のディティールマップと同じで青が濃い部分のアウトラインが…消えるのかな? 細かい実験はしていないので様子見中です。 副作用があったら取りやめる予定です。 終わり コイカツは発売から2年経ちましたがMOD含めれば未だに盛況ですので皆様もぜひ。 まあ本当はスタマスやら次回作やらを見据えてBlenderの勉強をせにゃならんのだがね。

次の

イベントヒロイン

コイカツ 配布

イベントヒロイン 一般の女性生徒たちとは別に、それぞれの物語が設定された4人のヒロインたち。 F4キーで名簿画面に切り替え、主人公の右隣に表示されているヒロイン(先生が表示されることも)の居場所を確認し、 そこへ移動して物語を進めていけばよい。 前段階までイベントが発生している場合に自動発生し、他の一般生徒とのデートの予定があった場合は翌週に持ち越される。 イベントを全て見終えると、「Fin」と表示されて物語が終了し、そのヒロインはもうゲーム本編に登場しなくなる。 再生中のイベントヒロインの外観を「容姿の変更」で作成済みキャラカードを読み込んで変更することができる。 外観のみで名前などは変わらない。 戻したいときは「容姿の初期化」でデフォルト外観に戻せる。 慣れ状態ならば、安全日に挿入可能• 淫乱状態かつ生挿入回数3回以降は、危険日でも挿入可能• HをするとH度ゲージが下がってしまう。 ) 橋本麗奈先生は「慣れ」「淫乱」にしてもキスをさせてくれない。 なお、シナリオキャラのキャラ編集でコピーキャラを作れば、フリーHで何でもすることができるが、 あくまで「シナリオキャラと同じ姿・声の一般生徒」なので、先生独自の台詞は言ってくれない。 リナ ロベール cv shizuku 養護教師• 性格:セクシー• 櫻井 野乃花 cv 蓬かすみ クラス担任• 性格:母性的• 橋本 麗奈 cv 唯香 数学教師• 性格:意識高いクール.

次の