とうもろこし電子レンジ。 皮ごとレンジでチン!簡単でおいしいとうもろこしのゆで方

とうもろこしの蒸し時間!美味しい蒸し方や電子レンジでの方法は?

とうもろこし電子レンジ

スポンサーリンク とうもろこしの茹で方 レンジでラップで巻いた時は? 皮付きのまま茹でるのはちょっと抵抗がある場合は、ラップで巻いてレンジをかけても大丈夫です。 ラップをする時は、必ず1本づつきっちり巻いてくださいね。 とうもろこしの皮は全部剥いてしまってもいいのですが、出来れば最後の一枚は皮を残してラップをした方が風味があり美味しいですよ。 こちらも、 500W~600Wで、4分~5分レンジをかけます。 途中で一度裏返すとムラなく茹で上がります。 とうもろこしの元の方が生の時よりも、少し柔らかくなってきたらOKです。 粒がシワシワにならないように、ラップをしたまま冷まします。 とうもろこしのゆで方 レンジでも美味しくできる? トウモロコシをレンジでチンするって、なんか手抜きみたいでちょっと抵抗があったんですよね。 私は、手抜きして美味しいハズがないって思っていたんです。 ところが、時間がないときに試しにレンジで茹でてみたら、これが甘くて美味しいんですよ。 もう、ビックリ! お湯を沸かす手間も、大きなお鍋を用意しなくていいから、本当に楽チンですよ。 とうもろこしはレンジで茹でるとお湯に栄養がとけでることもなく、甘みもお湯で茹でるときよりも甘くなります。 だまされたと思って、試してみてね。 とうもろこしの皮はお店で剥かないで とうもろこしの皮ってゴミになるから、お店で皮を剥いてしまうことってありませんか? とうもろこしは、皮を剥くとどんどん鮮度が失われてしまいます。 また、買って来たとうもろこしは、すぐに茹でることが美味しく食べるポイントです。 皮ごとレンジでチンするだけなら、買ってきてすぐに出来ますよね。 とうもろこしを買ってきたら、「レンジでチン!」是非試してみてくださいね。

次の

とうもろこしの蒸し時間!美味しい蒸し方や電子レンジでの方法は?

とうもろこし電子レンジ

皮付きとうもろこしをレンチンする方法 ラップはどうする? 何もせずそのままで茹でていいのですが、 茎(下の方?)がちょっと邪魔なので、 私は実が見えるくらいまで切り落としてからチンしています。 皮付きの場合、ラップをかけてもいいですし、 かけなくてそのままでも大丈夫。 もし皮なしのとうもろこしであれば、 少し水を振ってから、ラップで包みましょう。 チンする時間は何分? とうもろこしをコロンと電子レンジの中に入れて、 1本につき約5分ほどチン。 2本であれば9分ほど(600W)チンすると、ちょうどいい感じにできあがります。 何本まで一度にチンして大丈夫? 電子レンジはたくさん入れると加熱ムラができてしまいますので、 一度に加熱するのは2本までにしておいた方が失敗は少ないと思います。 3本以上の時は、数回に分けてチンしてくださいね。 レンチンしたあとの皮のむき方 レンジでチンした後のとうもろこしは、 当たり前ですが、すごく熱いので注意が必要。 私はそのまましばらく放置して、 粗熱が取れてから皮をむくようにしています。 切り落としておいた下の方の皮をちょっとむいて・・・ あとは、穂先を持ってぐっと引っ張れば、するん!と皮がむけます。 下の方からむいちゃうと、 とうもろこしのひげがピロピロと残ってしまうのですが、 上から引っぱると、きれいになくなります。 ・・・多少残るのは仕方ない。 笑 とうもろこしを電子レンジで茹でるメリット とうもろこしを茹でる方法としては、お湯を使うか、レンジを使うかですが、 電子レンジを使ってゆでる方法のメリットは、 とにかく簡単だということです。 お湯を沸かすお鍋やフライパンも必要ありませんし、 お湯が沸く時間を待つ必要もありませんし、 コンロを使わないので、夏でも暑くないですし。 スイッチオン!で後は忘れてしまってても、 茹ですぎになっちゃう心配もありません。 とうもろこしの皮って結構かさばるんだけど、 皮付きのまま電子レンジにかけると、 皮もしんなりして、ゴミとしても小さくなるんです。 簡単さ、便利さだけでなく、 お湯に栄養素が逃げ出さないため、 とうもろこしの栄養分もしっかり摂ることができるんですよ。 甘みやうま味も凝縮されるから、 スーパーで買った普通のとうもろこしも、 めちゃ甘い!! このまま何もつけずに食べてもすごくおいしくて、 おやつにばくばく食べちゃいます。 とうもろこしのおいしい時期です。 皮付きのとうもろこしを見つけたら、ぜひ試してみてくださいね。 先日、スーパーで「ホワイトコーンも混じってます」と書かれた、 皮付きのとうもろこしが山積みで売られていました。 白いとうもろこしは食べたことが無かったし、 甘くておいしいと聞いていたので、 イケナイことだとは思いつつ・・・探しました。 ちょっと皮をむいて確認。 チガウ。 こっちもちょっとむいて・・・ コレモチガウ。 何本やっても見つからないし、長男(運転手)は待ってるし、 「もういいやー!!!」と適当に2本ひっつかんで帰ったのですが・・・ チンしてむいてみると、2本とも白。 運がいいんだか、悪いんだか。 欲しい!と思うと手に入りにくいけど、 どうでもいいや、と諦めたらすんなり手に入る。 2本の白いとうもろこしを前に、 「人生だね・・・」と納得するママ。 「運、使い果たしたんちゃうー!!」と大笑いの長男でした。

次の

美味しいトウモロコシの茹で方*電子レンジ* レシピ・作り方 by maria’s room|楽天レシピ

とうもろこし電子レンジ

とうもろこしを電子レンジで皮ごとチンすると美味しいってホント? とうもろこしは 皮ごと、 電子レンジでチンすると、 うまみが凝縮されて 美味しくなるんです。 本当です! お湯で湯がくと、 どうしても、 栄養素がお湯に流れ出てしまいます。 皮がついているので、 蒸したような感じにもなります。 生産地の方は この方法でしているとか。 しかも、 皮付きのままだと簡単ですしね。 方法は、次のとおりです。 皮のついたままのとうもろこしを 〇皿に乗せ、 〇電子レンジ 500w で約5分加熱します。 出来上がったとうもろこしは、 〇茎と葉の付け根から切り落とします。 皮とヒゲを取るだけです。 〇もちろん、 〇お好みで塩などをふって、 〇味付けをしてもらって食べてください。 加熱時間は調整してください。 皮が付いている場合は、 ラップはいりません。 しかも、皮はすぐ取れます。 どうでしょ、簡単でしょ! とうもろこしを電子レンジでラップをまくのは正解? 皮のついた とうもろこしは、 ラップをせずに、 電子レンジでチンが正解! ラップを巻いてもできますが、 ラップを巻かずにできるのですから、 当然、ラップ無しの方が良いですね。 でも、 皮のついてないとうもろこしは、 ラップは必要です。 といっても、こちらも簡単にできます。 とうもろこしを水で洗って、 〇水気は切らずに、 〇塩をまぶし、少し塩をすりこみます。 そのまま、とうもろこしを 〇ラップでぴったり包みます。 ラップで包んだとうもろこしを 〇電子レンジ 500w で約5分加熱します。 〇半分ほど温めて 〇とうもろこしを反転させると、 〇とうもろこしが全体的に均一に温まります。 〇やけどに注意してください。 余熱をさましてから、食べてください。 〇さます間はラップを外さないほうがいいです。 こちらも簡単でしょ。 塩の量や電子レンジの時間の調整は お好みでしてください。 とうもろこしは電子レンジで二本でも大丈夫? もちろん、 とうもろこしは、 電子レンジで1度に 二本でも 大丈夫です、問題ありません。 一本ずつするより、 効率的ですので、 二本する時は、1度で二本しますね。 でも、とうもろこしは、 皮なしの場合は、 洗った後、1本ずつ、 ラップを巻いてくださいね。 皮付きの場合は、ラップは不要です。 また、 加熱時間は7、8分ぐらいです。 二倍の時間より少し短めでOK。 ポイントは、 二本でも同じく、 途中でひっくり返してください。 もちろんやけどに注意です。 二本になる分、 加熱時間の調整をする必要がありますが、 基本の作り方は同じで全く難しくないです。 3本以上の場合、 1度でできるかは、 とうもろこしの大きさと レンジの大きさを考えてからして下さい。 ちなみに、我が家のレンジでは無理でした とうもろこしと電子レンジのまとめ とうもろこし、 レンジを使えば、 時間も短く簡単に調理できて、 美味しく食べれますよ! 湯がくと、味も栄養も、 溶けだしますが、 レンジなら味も凝縮されて美味しい! 皮付きの場合は、そのままレンジへ。 蒸したようになり、 皮もすぐ取れるのでオススメです。 皮なしの場合は、 洗ってからラップに包んで レンジへ入れましょう。 こちらもおいしいですけど。 レンジの途中で、 とうもろこしを反転させると良いです。 ただし、火傷に注意してください。 レンジでチンした後は、 少し 結構? 冷ましてから、 取り出して食べましょう。 簡単に美味しく食べれるとうもろこし、 栄養価も高いので、 おやつがわりにいっぱい食べましょう。

次の