いみじ 意味。 「いみじくも」の正しい意味と使い方は?誤用や注意点を解説

「いみじくも」の意味と正しい使い方!類語や誤用表現も徹底解説

いみじ 意味

《名詞「 忌み」の形容詞化だが、原義たる「聖なるもの・不浄のものを 忌避する」感覚は薄く、「極端に悪い」または「極端に良い」という両極端の程度の 甚だしさを力説する語なので、脈絡を読んで 肯定的/否定的の方向性に応じて訳語を考える必要がある。 》 〔形シク〕 {じから・じく/じかり・じ・じき/じかる・じけれ・じかれ} 1 〈(しばしば連用形「いみじく」またはウ音便「いみじう」を副詞的に用いて)程度が 甚だしいことを示す。 〉 並々ならず。 たいそう。 甚だしく。 著しく。 激しく。 非常に。 すごく。 とても。 2 〈(肯定的に強調する形で)賞賛や喜びの気持ちを表わす。 〉 素晴らしい。 嬉しい。 見事だ。 優秀だ。 喜ばしい。 めでたい。 3 〈(否定的に強調する形で)困惑・非難・悲嘆・恐怖などの気持ちを表わす。 〉 大変だ。 ひどい。 悲しい。 恐ろしい。 どうしようもない。 とんでもない。 けしからぬ。 情けない。 むごい。 あわれだ。 可哀想だ。 惨めだ。 presented by 論理よりも感覚に走ることの多い日本語の中でも、極めて日本語らしい展開を経て「超~~**!」の突き抜け言辞として古文で乱発されたのが「いみじ」(形容詞)&「いみじう」(副詞)である。 語源的には「いみじ」はまず「忌み(いみ)」に発する。 この「忌み」とは正反対に、「神聖にして超絶的なるもの」を前にして「恐れ多くて触れられない」という敬遠の心情を意味する「斎み(いみ)」もまた、「いみじ」の中には含まれている。 こうした「不浄/清浄」双方の「忌み/斎み」を意味する「いみじ」は、それゆえに、「ひどく悪い」&「大変素晴らしい」の両極端を行き来する語となったわけである。 受験生としては、脈絡を頼りに「ケナシ」か「ホメ」かを見極めねばならぬ厄介な(できれば「忌避」したい)古語というわけだ。 そうして、この「最低!」と「最高!」が、一切の論理的判断を度外視した感情的叫びとして用いられる性質は、昔も今も同じである・・・そこから、「いみじ」の連用形「いみじく」やそのウ音便「いみじう」が、「そりゃあもう***ったらないのさ!」(Absolutely, Totally, Simply, etc, etc. )なる副詞として用いられることにもなったわけである。 ちなみに、現代日本語に於いて辛うじて残る「いみじ」の 末裔は、副詞形の「いみじくも」のみであり、その意味は「実に見事な表現で描写したことには」である。 誉め言葉であるから「斎み」系とは言えるが、原初の宗教的畏怖はどこかに消し飛んだ感じのこの表現、筆者なら、その絵画的描写力のもにゃもにゃした巧みさに敬意を表して「image(イミッジ)雲」あたりのイメージ当て字で表現したいところである・・・ え?それって横文字じゃん/仮名漢字変換入ってるじゃん、って?・・・いいじゃん、意味は通じるし、どうせ感覚語なんだし、日本語なんて 所詮 えぇ加減な横滑り言語なんだからさー。 ———-.

次の

「いみじき」の意味は間違いやすい?その語源や由来も解説!

いみじ 意味

「いみじくも」の意味と語源とは? 「いみじくも」の意味は「適切に」と「非常にうまく」 「いみじくも」は「適切に」や「非常にうまく」という意味の副詞です。 誰かの行動を認めたり、褒めたりするときに使われることが多い表現です。 後ろに過去形の動詞をつなげて使うことが多く、例えば「いみじくも言った」という文は、「非常にうまく表現して言った」という意味になります。 「いみじくも」の語源は「忌む」 形容詞の「いみじ」に助詞の「も」をつけた言葉が「いみじくも」です。 「いみじ」は、嫌ったり避けたりする意味の「忌む」という動詞が、穢れなどを意味する「忌み」という名詞になり、さらに形容詞である「いみじ」になったとされています。 「穢れとして避けなければならないくらいひどい」という意味から、「程度がはなはだしい」という意味として使われるようになりました。 善悪関係なく「はなはだしい」という意味で使われ、現代語では「非常にうまく」という良い意味だけが残りました。 「いみじくも」の使い方と注意点 「偶然にも」を「いみじくも」と使うのは誤用 「いみじくも」は「偶然にも」という意味で誤用されることがあります。 例えば、「偶然にも結婚記念日に亡くなられた。 」という文を、「いみじくも結婚記念日に亡くなられた。 」と表現するのは間違った使い方で、正しくは「奇しくも結婚記念日に亡くなられた。 」になります。 「いみじくも」は漢字にしない 「いみじくも」の語源は「忌む」だとされていますが、「いみじくも」を「忌みじくも」と表現することは一般的にはありません。 基本的にはひらがなで使われる言葉です。 「忌」という漢字は、穢れなどのネガティブな印象を持っています。 「適切に」や「非常にうまく」など前向きな意味の言葉が、ネガティブに受け取られてしまう可能性もありますので注意しましょう。 「いみじくも」の同意語と類語は? 「いみじくも」の同意語は「巧みに」 「いみじくも」の同意語に「巧みに」があります。 「非常にうまく」という意味を、「いみじくも」と同じく一言で表現できますので、使いこなせるようにしておきましょう。 「巧みに」は「いみじくも」と同じ意味ですので、言い換えて使うこともできます。 例えば「この絵は、いみじくも真実を表している。 」は、「この絵は、巧みに真実を表している。 」という文に言い換えることができます。 「いみじくも」の類語は「上手に」 「いみじくも」の類語には、「上手に」や「見事に」などがあります。 どれも非常にうまくいくという意味を表しています。 「上手に」や「見事に」よりも「いみじくも」の方が、要点を捉えることがうまいという意味合いで使われることが多いです。 いみじくもの用例をチェック 「いみじくも」を使った短文 ・「猿も木から落ちる」とは、いみじくも言い得たものだ。 「猿も木から落ちる」とは、本当にうまく表現したものだ。 ・2つの違いをいみじくも表現している。 2つの違いをとても上手に表現している。 ビジネスで使う「いみじくも」の例文 ・いみじくもお客様が指摘してくださった通りです。 とても適切にお客様が指摘していた通りです。 ・課長はいみじくも私のミスを指摘した。 課長は非常にうまく私のミスを指摘した。 「いみじくも」は古文で使う? 古文では「いみじ」を使う 「いみじくも」を古語と感じる人もいますが、基本的に現代語です。 古文では「いみじ」という表現の方が使われることが多いので覚えておきましょう。 「いみじ」は、「はなはだしくひどい」という意味の言葉です。 紫式部日記に書かれた文で、紫式部が清少納言のことを「いみじうはべりける人」と表現して批判した文章が有名です。 「いみじくも」を英語で表現すると? 「いみじくも」は英語で「quite appropriately」 「非常にうまく」という意味の「いみじくも」を英語で表現すると、「quite appropriately」となります。 「quite」は「かなり」、「appropriately」は「適切に」という意味の単語で、「quite appropriately」を直訳すると「かなり適切に」となります。 「それはいみじくも表現された」を英語で表現すると、「It was quite appropriately expressed. 」となります。 まとめ 「いみじくも」は、日常で使うことが少ない表現ですので、正しい意味を知らない人も多いかもしれません。 しかし、全く使われない言葉ではありませんので、意味を理解しておいた方がよいでしょう。 「いみじくも」は誤用の多い言葉でもあります。 間違って使わないように気をつけることも大切です。

次の

「いみじくも」とは?意味や使い方を「いみじ」との違いを含めてご紹介

いみじ 意味

の swastika やの svastika もこの語に由来する。 現在の日本語では「まんじ」は「卍」のとされているが、由来は「卍字」または「万字」のである。 「卍」は「左まんじ」・「左向きまんじ」、「 卐」を「右まんじ」・「右向きまんじ」・「逆まんじ」と呼ぶ場合もある。 なおでは 卐は卍のである。 卍あるいは 卐が変化した字が「」であるとする説もある。 によれば「西域では萬の數を表はすに卍を用ひる。 万の字はその變形である。 」 らもこの説を採用している。 一方、『新字源』などでは「万」を浮き草の象形とする。 「卍」の日本における訓読みは「まんじ」であり、「万字」の意である。 音は「万」と同じく「マン」、「バン」。 では「」部4画に属し、総画数は6画である。 なお「卍山」で「かずやま」「まんざん」と読む。 歴史 [ ] 最も古いと知られている卍はのメジネで発見された、の紀元前1万年に象牙で彫られた鳥の置物での複雑な蛇行パターンの一部である。 ブルガリアの洞窟 では紀元前6000年頃に儀式で使用されたと思われる、対になった左向きと右向きの卍が発見された。 では紀元前3000年頃より考古学的証拠が見られる。 のはのの中で卍を発見し、卍を古代のに共通の宗教的と見なした。 では神の胸の旋毛(つむじ)、ではの胸の瑞相が由来で、左旋回の卍は和の元といわれ、右旋回の 卐は、力の元といわれる。 メソポタミアでも先史時代から見られ、その後アッシュルのに天然アスファルトで描かれている。 交通安全の御祈祷を受けたの新車 中国 [ ] には仏典を通して伝わり、 シュリーヴァットサの音訳で「室利靺蹉」、意訳で「吉祥喜旋」、「吉祥海雲」などと漢訳された。 やはこれを「徳」と訳した [ ]が、の(6世紀)は『』のなかで「萬字」と訳している。 また、5世紀に翻訳された『』「大本経」にも仏のの第十六として「胸有萬字」をあげている。 の 2 年()、「卍」を「萬」と読むことが定められた。 吉祥万徳の集まる所の意味である。 これにより卍がとして使われることにもなったが、(卍巴・卍果など)は少ない。 日本 [ ] 日本では、の本尊である中尊のの掌と足の裏に描かれたものが現存最古の例とされる。 卍を組み合わせた、紗綾形(さやがた)はにから輸入された織物に見られた文様で、染め物や陶磁器などに使用される()。 「卍崩し」「卍繋ぎ」「雷紋繋ぎ」ともいい、英語では key fret と呼ばれる。 また、などからの建築に見られる「卍崩しの組子」の組高欄()は、 卐を崩したものである。 の 地図記号 [ ] を表す地図記号は卍の漢字を記号化したものが元になっている。 (13年)に決められた「佛閣」の記号として表記されたのが始まりである。 現在でもが定めた地図記号として変わっていない。 文字コード [ ] 文字コードには、最初が定めた FM の放送規格である (FM 多重放送の運用上の標準規格)で の道路交通情報用の文字として、国土地理院地形図の表示形態と同一になる文字として導入された。 この記号は正式に(デジタル放送におけるデータ放送符号化方式と伝送方式)で定められた文字と対応している。 データ放送で使用されている文字を国際標準とするため Unicode に提案され、2010 年に 5. その他 [ ] では専門店を表すマークとして看板に表示した、を多くの街角にみることが出来る。 他にはなどでも使用された。 葛飾北斎の名前、呼び名、別名。 卍は、寺院などのとして使用されている。 ヨーロッパ [ ] ではから卍に似た記号が使われており、最も古典的で普遍的な文様の一つであった。 ではロゼット文様とともに太陽の光の象徴として描かれ、のように帯状に繋いだ文様は太陽の恩賜が無限に続くという吉祥文だった。 末からはじめにかけて、「swastika」の名とともに幸運のシンボルとして新たに流行した。 また、(バスク十字、テトラスケレス)と呼ばれる文様があり、や、およびの間で芸術表現として象徴的に用いられてきた。 文化の周辺で使用された貨幣「」のひとつ。 卍紋に似た意匠が使用されている。 ポーランド [ ] 後、陸軍ポドハレ第21・22山岳歩兵師団第1から第6歩兵歩兵連隊の連隊章に使用される。 意匠としてはハカリスティに酷似。 第1・第6歩兵連隊のみ45度傾斜している、ただし第6歩兵連隊は回転方向が逆(時計回り)。 当時のパレードの写真で 卍のみ描かれた看板が見られる。 現用の第21旅団章、第1連隊章でも同様の意匠が使用されているが、登山用の斧2本を組み合わせた形状に偽装されている。 現在ポドハレ兵士の(ヒストリカルゲームの参加者)は第二次大戦当時のバッジをそのまま装着しているが、特に問題はない様である。 フィンランド [ ] ではからまで鈎十字に類似した「 ハカリスティ」 Hakaristi がおよび陸軍のとして使用された。 青いハカリスティは中、に最初の航空機を寄贈した、の伯爵によって幸運のシンボルとしてデザインされた。 後にフィンランドはナチスと共同戦線を組むことになるものの、このハカリスティは本来とは無関係であった。 以降は陸軍および空軍の国籍標識は状のマーキングに変更されたが、現在もフィンランドのメダルおよび装飾物、旗などに目立たない形で使用されている。 詳細は「」を参照 初頭のにおいて、(ナチス)の(鉤十字)は、がと 卐(右まんじ)の関連を示したことで、の象徴として採用。 上記の使用例により、現在のヨーロッパにとって、 卐はナチスの忌まわしいシンボルマークとして認識されている。 北米 [ ] の北部に Swastika との名称の町の名である。 の北およそ580km、カークランド湖の5km西に位置し、に成立した。 近くで金鉱が発見され、スワスティカ・マイニング・カンパニーがに設立された。 政府は中に町の名を変更しようとしたが町は抵抗した。 のウィンザーには、からまで「スワスティカズ」という名のアイスホッケー・チームが存在した。 チームのユニフォームには卍がデザインされていた。 さらに、のエドモントン(1916年)と、のファーニー()にも「スワスティカズ」という名のホッケー・チームが存在した。 1920年代まで存在した、卍をトレードマークとしたルイジアナのバフム工具会社。 Shambhala Press. 509. University of California Press. 『大漢和辞典 巻一』(諸橋轍次著、大修館書店)104ページ「万」項「参考」欄• 『学研 新漢和大字典』(藤堂明保・加納喜光編、学習研究社)21ページ「万」項「解字」欄• ・・・ 編『漢字源』、2011年、改訂第5版。 208• Dimitrova, Stefania. Courrier of UNESCO. Schliemann, Heinrich 1875 , Troy and its remains, London: Murray, pp. 102, 119-120• Boxer, Sarah 2000 , , The New York Times, 2000-07-29 , [ ]• 監修『メソポタミアの神々と空想動物』p52• 著『家紋の事典』• (日本語)• 編『ヨーロッパの文様事典』視覚デザイン研究所、、 p. 215. 参考文献 [ ] 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 卍に関連する および があります。 - 日本のプロ野球審判員。 独特の「卍ポーズ」がファンの間で話題となり、メディアにも取り上げられた 外部リンク [ ]•

次の