岡村隆史 病気。 岡村隆史

岡村隆史

岡村隆史 病気

2010年に体調不良が原因で長期療養をした岡村隆史さん。 今では病気のことをネタにして笑いをとることもありますが、 病名がなんだったのかは未だに明らかにされていません。 今回は、岡村隆史さんが病気になった原因や、岡村さんを影で支えた 仲良しの大泉洋さんとの関係についてまとめました。 岡村隆史のプロフィールと噂 生年月日:1970年7月3日(44歳) 岡村さんと矢部浩之さんは高校時代のサッカー部で先輩後輩の関係でした。 今でも高校時代の友人たちとは交流があり、ラジオでも度々ネタにしています。 岡村さんは高校卒業後に一浪して立命館大学に入りましたが、 矢部さんにNSC(吉本総合芸能学院)に誘われたので、大学は1年もせずに退学しました。 岡村さんは当時からダウンタウンに憧れていて、NSCの願書に 「将来はダウンタウンのような芸人になります」 と書いていました。 松本人志さんのように喋りで人を笑わせることを目指していましたが、 「喋りが上手い芸人はたくさんいる。 自分の持ち味を出さないといけない」 と軌道修正して、動きで笑わせるスタイルに変更しました。 岡村さんと言えば「めちゃイケ」の企画で真剣に取り組む姿が印象的です。 番組の演出家は 「お笑い番組なのに真剣に取り組む姿がもはや芸風になっている」 と岡村さんの真面目さを高く評価しています。 岡村さんがここまで人気になったのは、その真面目さんが最大の要因ですが、 病気で長期療養になった件では、その真面目さが裏目にでてしまったようです。 岡村さんは療養に入る前、多忙による疲労とストレスでボロボロの状態でした。 精神的に限界がきていたのか 常に軽いパニック状態だったようです。 ラジオ番組では視聴者から寄せられた手紙を読むコーナーで、 どれが採用のもので不採用のものかわからなくなり、机に手紙を散乱させていました。 いつも書いているサインまで書き方を忘れてしまったことも あります。 岡村さんは当時を振り返り 「一睡もできない日が何ヶ月も続いた」 と話しているので、精神的な病気だったことは間違いないでしょう。 岡村さんの状態を心配した矢部さんとマネージャーは、 何度も休むように説得しましたが、岡村さんは 「仕事だけはさせてくれ」 と懇願し、中々休もうとしませんでした。 そんなある日、矢部さんが楽屋に戻ると岡村さんがテーブルの上に座って財布を見ていました。 その財布には十分なお金が入っているのに、岡村さんは矢部さんに 「なぁ、もうお金が全然ない!どないしよ!? 」 と言いながら財布を見せてきました。 この出来事で矢部さんは何としてでも岡村さんを休ませる決心をして、 半ば強引に休養をとらせました。 復帰した岡村さんは休養中のことを振り返り 「本当に地獄のような日々だった」 と話しています。 うつ病の症状には、岡村さんのように不眠になったり、落ちこんだ気分がずっと続くことがあります。 真面目な性格の人ほど自分を責めたり、自分に高いレベルを要求してしまうので、 うつになりやすい傾向があります。 多くの人はうつ病になると、休職して復帰しても、またすぐに再発して休職してしまいます。 岡村さんは療養によって 「すべったっていい」 「自分は一人ではない」 など考え方が変わったので、完全に復帰できたのでしょう。 うつを克服するには、ただ休めばいいのではなく、 考え方を根本的に変えることが必要なのかもしれません。 岡村さんが復帰できたのは相方の矢部さんの力が大きいですが、 実は親友の大泉洋さんも影から岡村さんを支えていました。 岡村隆史に最初に休養を勧めたのは大泉洋? 大泉さんは俳優なのにバラエティ番組では芸人よりも笑いをとることがあります。 岡村さんは俳優としても活躍しているので、岡村さんと大泉さんは共演するうちに仲良くなり、二人で食事に行くことも度々ありました。 レストランで会計するタイミングになると、決まって大泉さんはトイレに行って 支払いを岡村さんにさせていたそうです。 そんなお茶目なところが魅力的な大泉さんですが、岡村さんの変化には誰よりも早く気付いていました。 岡村さんのうつ病の気配を感じた大泉さんは、 何度も岡村さんに病院に行くように言っていました。 実は大泉さんは岡村さんとの映画での共演を強く希望していて、 「探偵はBarにいる」では、本当は岡村さんと共演するはずでした。 岡村さんが長期療養に入ったことで共演は果たされませんでしたが、 大泉さんは自分の作品作りよりも岡村さんの体調を気遣ってアドバイスしていたんですね。 大泉さんは今でも岡村さんとの共演を熱望しているので、近々二人の共演作が発表されるかもしれません。 岡村さんは長期療養から復帰した後に、高倉健さんから誘われて映画「あなたへ」に出演しました。 岡村さんと高倉健さんは2000年のアカデミー賞で出会い、岡村さんは 「どんな俳優になりたいですか?」 と記者に聞かれ、 「めっちゃ怒られるかもしれんけど・・高倉健さんです」 と応えていました。 高倉健さんは、岡村さんの頑張り過ぎる性格を見抜いていて、岡村さんに 「頑張るのはいいけど、潰れるなよ。 収入が減っても自分のやりたい仕事をすることが大事だ。 お金は後からついてくるから」 と手紙を書きました。 岡村さんはその時の手紙を大切に保管しているそうです。 そして、岡村さんが2010年に長期療養に入った時には、高倉健さんから体調を心配する留守電が入っていました。 その後、高倉健さんは留守電では思いが十分に伝わらないと思い、手紙と本を岡村さんに送りました。 岡村さんと高倉健さんが直接会ったのは2010年のアカデミー賞の時だけなのに、一回会っただけの人をここまで心配するのも高倉健さんの魅力ですね。 岡村さんが病気から復帰した時、高倉さんは 「辞めたらだめだ、辞めたら終わりだからな。 命ある限り何があっても続けろ、続いてるやつが勝ちなんだ」 という言葉を贈りました。 岡村さんは 「高倉さんの言う『辞めるな』というのは仕事を辞めるなという意味だけじゃなくて、自分の信念とか姿勢とかそういうのも含めての『辞めるな』だと思う」 と話していました。 岡村さんが復帰できたのは多くの人に支えられていたからなんですね。 そして、多くの人が支えてくれたのは岡村さんの人間性が良いからでしょう。 高倉健さんの言うとおり「頑張り過ぎずに続ける」ということが一番大切なのかもしれません。

次の

岡村隆史が休業の理由は精神病だった?病気が統合失調症の真相は?

岡村隆史 病気

心の病気「うつ」だったことを岡村隆史さんは告白しています。 岡村隆史さんは、日本のお笑いタレント、俳優です。 お笑いコンビ・ナインティナインのボケ担当であり、相方は矢部浩之さんです。 岡村隆史さんは、大阪府大阪市東淀川区出身で、吉本興業(東京本社)に所属しており、独身です。 吉本総合芸能学院 NSC の第9期生であり、身体能力の高さを生かしたコミカルな動きや、顔芸などのビジュアル的な笑いを得意としています。 そんな岡村隆史さんは、以前病気療養のために仕事を休養しており、その病気については、最近、心の病気「うつ」だったことを岡村隆史さんは告白しています。 岡村隆史さんの芸歴、経歴は?? 岡村隆史さんは、大阪府立茨木西高等学校に進学し、ディエゴ・マラドーナに憧れ、サッカー部に入部します。 同校の1学年先輩には矢部浩之さんの実兄・矢部美幸さんがいて、2年生時には、矢部浩之さんが後輩としてサッカー部に入部し、この時から先輩後輩としての付き合いが始まりました。 岡村隆史さんは、一浪の末に、立命館大学、関西外国語大学、大阪芸術大学に合格しました。 本人は大阪芸術大学に進みたかったそうですが、父の勧めで立命館大学経営学部二部へ進学します。 しかし、相方の矢部さんに誘われて吉本興業のタレント養成所・NSCに入所することになったため、大学は1年次で中退しました。 1990年、矢部浩之さんとナインティナインを結成します。 1991年、岡村隆史さんのみ、吉本新喜劇のオーディションに合格し入団します。 しかし、程なく吉本印天然素材に参加することになり、東京進出を果たします。 1992年、第13回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を受賞し、感極まった岡村隆史さんは、司会の現・六代目桂文枝である桂三枝さんにインタビューされると号泣してしまったそうです。 」の企画で筑波大学体育専門学群を受験しようとしました。 しかし、センター試験の結果により受験ができなかったので、早稲田大学第二文学部を受験しましたが、不合格となっています。 また、岡村隆史さんは、テレビ東京系列のテレビ番組「ASAYAN」収録中、ハエを捕まえようとして転倒し、右肩を骨折しています。 2000年、岡村隆史さんは、クレジットカードをスキミングされ、60万円相当の被害にあっています。 岡村隆史さん自身は現金主義者であり、カードの使用額は月に4~5万円程度であるため、不審に思った信販会社からの連絡により発覚しました。 2002年、スポーツ新聞に「爆笑問題・田中裕二と岡村が犬猿の仲」なる記事が掲載され、「ぐるぐるナインティナイン」で爆笑問題の田中裕二がゲストで出演した際にパロディコントで再現しました。 実際の2人は共演する機会も多く、私生活で一緒にゴルフに行く間柄であるそうです。 2004年、3月末に都内の岡村隆史さんの自宅マンションが空き巣の被害に遭いました。 しかし、被害品はなかったとのことです。 」の収録を体調不良を理由に欠席しました。 」の収録にて岡村隆史さんは一旦復帰します。 しかし、その後も体調不良が続いたため、7月12日に検査入院しました。 その後、7月15日に当面の間休養することが所属事務所から発表され、その報道時点で、復帰時期については未定としていました。 そして、同年11月26日、岡村隆史さんの所属事務所が翌27日放送(24日収録)の「めちゃ2イケてるッ! 」にて芸能活動を再開することを発表し、5ヶ月の休養から復活しました。 その後、他の番組にも順次復帰を果たしていきます。 岡村隆史さんは休養の理由を心の病気だったと、自分で明かしています。 この2010年の体調不良について、岡村隆史さんは、当時は何の病気かは明かしていなかったため、色んな病気の噂があり、重病説まで出るほどでした。 復帰後、岡村隆史さんは休養の理由を心の病気だったと、自分で明かしています。 岡村隆史さんは病名を明かさず、 体調不良のことを「(頭が)パッカーン」と表現し、睡眠不足に悩まされたといっています。 また、ラジオ番組で使うリスナーからの投稿ハガキを選ぶ際、どれを読むかわからなくなってしまい、気がついたらハガキが散乱するなど、「常にパニックみたいな状態になっていた」と振り返っています。 復帰直後に岡村隆史さんはラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」において、「興味関心の低下」、「無気力状態」、「じっとしていられない」、「体重激増」などの症状があったとも話しています。 「本当に地獄のような日々だった」と話しています。 この症状は、厚生労働省のウェブサイトに掲載されている「うつ病」の診断基準エピソードである、「興味、喜びの著しい減退」、「ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退」、「精神運動性の焦燥または制止」、「著しい体重減少、あるいは体重増加」、「不眠または睡眠過多」等とよく似ています。 また、深刻だったのが「岡村隆史」という自身のサインの書き方さえも、わからなくなってしまい、混乱状態に陥ったということもようです。 こういった症状から岡村隆史さんの心の病気はかなり深刻だったようであり、復帰した岡村隆史さんは休養中のことを振り返り、「本当に地獄のような日々だった」と話しています。 岡村隆史さんは、現在は病気療養から復帰し、元気な笑顔をふりまく姿をテレビ等で見ることができます。 しかし、心の病気は完治は難しいそうで、またストレスなどで症状が出てくることも多いそうです。 そのため、岡村隆史さんは現在でも、自分の生活をなるべく規則正しく行うようにするなど、生活習慣にも気をつけているそうです。

次の

岡村隆史はうつ病で入院していた!?病気の本当の理由は何だったのか…?

岡村隆史 病気

岡村隆史の病気(うつ病?)の原因は矢部浩之?!復帰できた理由とは? 岡村隆史の病気は、サラリーマン社会にも蔓延する「うつ病」 2010年6月初めから11月末まで、ナイティナイン岡本隆史の突然の休業は、芸能界だけでなく、一般の人たちにも大きな話題となりました。 岡村隆史の場合、芸能人であってもその辛さは同じなのだと、多くの人々の共感と慰めを得たこと、また岡本の才能を芸能界が惜しんだからこそ、突然の休養から仕事に復帰ができた、数少ない好例といえます。 岡村隆史の病気が、矢部とのコンビの絆を深めた 岡村隆史の症例は、典型的な働き過ぎです。 この年、岡村隆史は「めちゃイケ」や「オールナイトニッポン」などのレギュラー番組の他に、主演映画「ティーダカンカン」の撮影が重なり、多忙を極めていました。 1970年生まれの岡村隆史は40歳を迎え、お笑い芸人としては絶好調でしたが、そう若くない心と体が、気がつかないうちにすり減っていたのです。 岡村隆史は、多忙から銀行にも行けない状態なのに、これだけ働いても財布にお金がないのだと思いはじめ、ついに、相方の矢部浩之に、金がないと訴えるようになります。 さすがに岡村隆史の異常に気がついた矢部浩之。 とうとう、台本を覚えることもできなくなり、不眠で倒れてしまった岡村隆史を見るに至って、矢部浩之は会社と相談。 その結果、岡村隆史に長期休養を取らせることになりました。 休養当初、岡村隆史のうつ状態はかなりひどく、絶対安静状態であったそうです。 矢部浩之には、すでに大学へ進学していた岡村隆史を、お笑いの世界に引き入れてしまったという引け目があり、岡村隆史が休業の間、腹をすえレギュラー番組を守り抜きます。 また、そのコンビの強い絆が、岡村隆史の復帰を早めさせたともいえます。 岡村隆史に高倉健が伝えた伝説の名言とは?松本人志と犬猿の仲? 岡村隆史に伝えた、高倉健珠玉の一言「辞めたらダメだ」 相方矢部浩之の懸命なフォローだけでなく、岡村隆史にとっては、芸能界の多くの先輩たちからの励ましやお見舞いが、療養中の大きな支えとなったそうです。 中でも、高倉健とのエピソードは、ファンの人たちだけでなく、芸能界の人々をも驚かせました。 岡村隆史と高倉健の出会いは、2000年の第23回日本アカデミー大賞の授賞式に遡ります。 この年の話題は、高倉健が東映を辞めて以来、19年ぶりに出演した東映作品「ぽっぽや」で最優秀男優賞を受賞したことでした。 そしてこの年、岡村隆史もまた香港映画「無問題」の主演で、作品部門の話題賞を受賞したのです。 岡村は受賞インタビューで、これからどんな俳優になりたいかと聞かれ、とっさにウケ狙いで「高倉健さんのような俳優になりたい」と発言。 高倉健は自ら席を立って、岡村隆史に拍手を送りました。 これが二人の初めての出会い。 そして岡村隆史が休養に入ると、ある人から突然岡村隆史の留守電に励ましの伝言が入っていたのです。 それは高倉健本人からでした。 そして岡村隆史が復帰すると、高倉健は、遺作となる「あなたへ」の出演を依頼します。 その撮影の合間、高座健は小柄な岡村と肩を組んで歩きながら、次のような言葉を、岡村隆史にかけたのです。 「(仕事を)辞めたら辞めたで終わりだからな。 辞めたらダメだ。 何があってもやらないと。 何があってもやる。 続ける。 命あるかぎり。 辞めたらダメだ。 続いているやつが勝ちなんだ」と。 岡村隆史とダウンタウン松本人志との、不仲説根底にあるもの 最近は、不仲説からの奇跡の共演などがもてはやされることが多いですが、かくいう岡村隆史と根強い不仲説があるのが、ダウンタウンの松本人志です。 岡村隆史がかかったような心の病気は、生真面目でナイーブ、気配り上手な人がかかりやすいと言われています。 逆に言えば、芸人がこんな病気になること自体、不適格だという厳しい見方もあるようです。 ダウンタウンの松本人志や浜田雅功のような自己主張の強い本音芸人からすれば、いくら芸が面白くても、岡村隆史はうわべだけのええかっこしいのように感じられ、扱いづらい後輩と感じるのでしょう。 人の個性はそれぞれですが、世の中を強く生きるためには、他人の評価は別として唯我独尊タイプのほうがいいのかもしれません。 岡村隆史がNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演、自らの休養理由を赤裸々に語る この、高倉健が岡村隆史に声をかけるシーンが、10月26日に放送のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に収録されていました。 この番組に出演した岡村隆史は、番組の中で2010年の5カ月間にわたる休養について「ぼくは1回、思いっきり逃げたんですよ。 自分で決めた仕事がうわ~ってなって、寝れなくなって、完全に仕事ができなくなって、その時はやめようと思いましたもん、芸能界。 その時は1人で全部やらなくちゃいかん、と思い過ぎていた。 気が付いたら寝ないで2日たっていた」と赤裸々に語っています。 実はこの番組の中で、岡村隆史は、三人のスペシャリストである、左官職人の挾土秀平氏、歌舞伎俳優の坂東玉三郎、「奇跡のりんご」栽培で有名な園芸家木村秋則氏と対談することで、それぞれから、人生を生き抜く上で貴重なアドバイスを得ています。 岡村隆史の悩みはまた、自分なりに仕事に取り組んできた中高年共通の悩みでもあります。 岡村隆史のような苦しみに陥った時、必要なものは決して薬や休養だけでなく、家族の愛情であり、友人の助けであり、そして人生の先輩の励ましであると、岡村隆史は身を持って教えてくれたようです。 また、たった一度の出会いであった高倉健が、岡村隆史に熱いエールを送ったのは、時代は変わっても健気で不器用な男の生きざまに、強い親近感を感じたからではないでしょうか。 <こちらもおすすめ!>.

次の