シャミカン。 【まちカドまぞく】 リリス「シャミカンSSを書くぞ!」

桃シャミ (ももしゃみ)とは【ピクシブ百科事典】

シャミカン

危機管理フォームとは、「」の・「」こと「」のムである。 この概要では町を歩けません!リテイクを要求します! 、通称「」は、いわゆる系の「まぞく」であり、が進むにつれて成長し、様々なを開していく。 このムにするもその一つ。 すると、自身のが上昇する。 …ほんのちょっとだけ。 元々「とんでもねー」だった身体が均よりちょっとだけ低い程度には上がるので、出す時なんかに便利だ! を上げる訓練や集中して勉強したりする時の効率も多少良くなるようだが、後述の理由により、そんな事の為にしたりはしない。 基本的に「」の名前通り、の際になるムなのだ。 この手のムはのとは少し違い、存在そのものを魔で補強する被膜の様なものなので、「まぞく」的なチカラの行使の補助にもなる。 要するに肌と防御は全く関係はなく、厚着が過ぎるとかえってが下がってしまう事がある。 特に、 の一族は種族的な関係で肌を出しまくった方が強い(重要)。 「おが冷える」との理由から一度だけ(ごせんぞ)によってとを布で覆う格好にリテイクされたが、 露出度の変化自体はほとんどの範囲であり、調整がめんどくさいという理由で結局元に戻されてしまった。 登場人物の一人、にあやしいおくすりを(不意打ちで)飲まされて以来、に必要な魔が足りるようになり、(ごせんぞ)のチカラも借りてできるようになった。 「」の名の通り、のの感を感じた際に生じる魔の流れを利用してする為、初めのうちは自分の意思でするのは難しく、になった時に勝手にしてしまう事が多かった。 しかし、が成長するにつれて、自分の意思で必要に応じてできるようになり、(ごせんぞ)に頼らずとも出来たり、更には様々な生ムに変われるようにもなった(下記参照)。 する際、よく「ききー」と叫ぶが、その行為に何か意味があるのかとか特に言われる事はいので、気分の問題だろう。 後の姿が 「半裸」「二度見系」「」「回覧」「」「どこにでもいる町の変質者」「」「い」「大事なところ守ってない」などなど、恥ずかしさのが尋常ではない露出度なので、本音ではしたくないと思ってはいるのだが、すると全身のが良くなり便利なので、割と簡単にしているのが現状だったりする。 では、が当然のようにあり、当然のように、 揺れる。 あの恰好は本来人にお見せできる恰好ではない! ムのは(ごせんぞ)がしており、実は細部は異なるがごせんぞとおそろだったりする。 しかし、はともかく、「」な方向性の「」は 首元と脚とと後ろから見える以外全く出来ていない。 要するに、色々丸出だ。 ちなみに、は 15(16)歳・低・・。 余計にやらしく見える。 いつの間にか、装備にが加わった。 余計にやらしく見える。 頭: そうびしない• 顔: そうびしない• : そうびしない• : そうびしない• 首:い付きカフス• 肩: そうびしない• : そうびしない• 手:(「」)• 胸の上半球: そうびしない• 胸の: そうびしない• 胸の: そうびしない• 胸の下部:前当てを押さえる用のベルト• : そうびしない• : そうびしない• の下部:のの• 上部: そうびしない• 下部: そうびしない• :ル付き大きめのベルト• : そうびしない• 前: 3巻以降• 横: そうびしない• 足: ちなみに、外観の露出は高めだが魔により全身がよくコーングされているらしい。 1巻特典より けど、おぬしの身体能力、ちょっとだけ上がるぞ? ごせんぞことく「ちょっとだけ身体」が上がるらしい。 にられたは次の通り ・が少しだけ上がる 1巻 ・全身のが良くなる 5巻66p ・息切れしなくなる 5巻66p ・ 頭の血流が増える 5巻66p ・mを9前半で走れるようになる。 ・のしわがに増える。 1巻 ・2ケタの暗算が4・5で答えられるようになる。 2巻特典 ・夢のヘドロから防御ができる 1巻p ・のによって形状は変えられ見たに応じたが手に入る。 5巻p ・に退かれても2日寝込むくらいので済む。 1巻特典 ・肺活量がに増える。 1巻特典 にひかれて2日寝込むだけでいいのはりに強そうなんですがそれは・・・ 尚、はこのの便利さに堕ち、2階以上階段を上がるときなどもするようになっているらしい。 心の壁フォーム 自でできるようになったので、ついでになムをめようと色々やってた時にできたム。 危機管理フォームの姿のまま、デカいの中に引きこもる防御な。 中々ので、が使った「魔の流れを一だけさせる」の効果も、・・・・朱玉と言った手練れたちを一で倒させるほどの威にも関わらず防ぎ切った。 防御してる間は動けないのが弱点だが、で通話は可だったりする。 その他には、「ム」とか色々考えていたけれど、にいまいち合わずボツになった。 私 シャドウミストレス優子15歳 どこにでもいる町の関連動画!! なんで関連静画してるの?ろしゅつまぞくなの? 関連商品でまるっと解決~っ 急いで変身させると関連コミュニティの数やチャンネルの前後をミスるのだ…… 杏里ちゃんは関連項目のことをえっちだと思ってたんですか?•

次の

【まちカドまぞく】 リリス「シャミカンSSを書くぞ!」

シャミカン

34 ID:JYwbcdyX0 桃「さぁて、今日もシャミ桃SSを書いて読んで充実しようっと」カチカチ 桃「まちカドまぞくタグの新作は……」スッ 桃「!!」 『【まちカドまぞく】シャミ子「桃よりミカンさんの方が可愛くて好きです」』 桃「……いるんだよね、こういう人」ヤレヤレ 桃「シャミ桃こそが圧倒的に正義なのに、わざわざそれに抗った作品を書いて人目を引こうとする哀れなSS書き」 桃「ほらやっぱりコメント欄も荒れてるよ……」 『ミカンさんとシャミ子さんはただの友達だし、ミカンさんは義理堅いから桃さんを裏切るような真似はしないと思うわ』 桃「私も荒そ。 81 ID:JYwbcdyX0 次の日。 『【まちカドまぞく】シャミ子「桃よりミカンさんの方が包容力があって好きです」』 桃「またシャミカンSSが増えてる……懲りないなぁ。 今回はどんな風に荒れてるのかな……?」 『こういうミカンさんとシャミ子さんが付き合うSSはあんまりよくないと思うわ。 原作を無視しすぎていて誰にもうけないと思うわ。 それから見てると胸がドキドキするの。 多分気持ち悪いからね。 あとがきにシャミカンファンが増えて欲しい。 45 ID:JYwbcdyX0 次の日。 『【まちカドまぞく】シャミ子「ミカンさん大好きです!桃は知りません」』 桃「……しつっこいなぁ!」ダンッ シャミ子「わっ、何ですか?」ヒョコッ 桃「なんでもないよ。 下にお菓子あるからそれ食べててね」 シャミ子「わーい」トタタタ 桃(今回のコメント欄も荒れてるはず……今度は徹底的に荒らして二度とシャミカンSSを書けないようにしてやる……!)カチッ 『良くないわこのSS本当によくないわよシャミカンSSは私のいけない気持ちを呼び覚ますわよくないわあー良くない』 『余はシャミカンSSがメジャーになればよいと思っておるぞ。 そもそもあの桃とかいう不愛想な魔法少女とシャミ子のカップリングが間違いだったのだ』 『……そうよね。 桃さんの気持ちも大事だけどシャミ子さんの幸せが一番大事よね……』 『それは同意します』 『シャミ子さんの隣に居るのが、例え別の人間だったとしても……』 桃「受け入れられ始めてる……ッ!?」 桃「ぐぅ……っ!」カタカタカタカタ 『いやシャミ子を一番幸せにできるのは桃だよね。 まともな思考回路をしているならシャミ桃を推すべき』 『そうとは限らないわ。 例えばこのSSの13レス目にあるミカンさんに甘えるシーンの彼女はとても幸せそうよ。 72 ID:JYwbcdyX0 次の日 桃「こうなったら私が超絶エモいシャミ桃SSを書いてシャミカン派を黙らせてやる……!」カタカタ 桃「その前に更新されたSS読も」カチッ 『【まちカドまぞく】シャミ子「ミカンさんは紳士的で素敵です。 桃はやらしいです」』 『【まちカドまぞく】橙色の影』 桃「二本も更新されてる……!?」 桃「上は普通の台本形式だけど、下の奴は地の文ありの意識高い奴……!別の人だ……」 桃(シャミカンにハマる人が出てきたってこと……!?嘘でしょ!?) 桃「い、いや地の文はSS読者に毛嫌いされる傾向にある……こんなのボロクソに叩かれてるに決まって……!」 『シャミカンSSが増えて余は嬉しいぞ!』 『二人の心理描写が緻密で読みごたえがありました。 13 ID:JYwbcdyX0 シャミ子「……」モヤモヤ リリス「おや、どうしたシャミ子」 シャミ子「最近、桃の様子がおかしいんです。 68 ID:JYwbcdyX0 リリス「な、何故だシャミ子!奴が弱体化すれば、我らまぞくが優位に立てるのだぞ!」 シャミ子「だからって、シャミ桃SSを読んだり書いたりするのは桃の生きがいなんですよ!?」 リリス「そうだな。 95 ID:JYwbcdyX0 桃「数日振りに新しいシャミ桃SSが更新されてる……ッ!」 桃(初めての投稿だったのかな……拙い。 けど、シャミ桃への愛が感じられる……心が洗われるようだよ) 桃「ただ、強いて言うなら私のキャラが崩壊しちゃってるなぁ……私こんなにチョロくないし」 『完全に目が覚めたわ……どうやら私は友愛と恋愛をはき違えていたみたい。 もうシャミカンSSを書くのはやめるわ。 41 ID:JYwbcdyX0 桃「シャ、シャミ子!?」 シャミ子「普通そこは今まで避けていた分、現実の私とイチャイチャするべきだろう!SSなんて書かずに!桃はちょっとおかしいです!」 リリス「余も同じこと言ったんじゃが?」 桃「いや、ちょっと待って、シャミ子は私がSSを書いてるのを知って……?」 シャミ子「そこは引っかからなくていいです!とにかく桃!私とイチャイチャしなさい!」ビシッ 桃「えっえっ」 シャミ子「その……い、今ならSSみたいなこと……してあげてもいいんですよ?」 桃「えっえっえっ」 シャミ子「ほら、閲覧履歴を見せてください」カチッ 桃「あっちょっ」 シャミ子「……なんでシャミカンSSばっかりなんですか?」 桃「え?それはだって、最近の更新はシャミカンばっかりで……」 シャミ子「桃も私とミカンさんが付き合えば良いと思ってたんですか?だから私を避けてたんですかっ!?」 桃「いやだから」 シャミ子「桃のばかーっ!」ダッ 桃「シャミ子ーッ!」 シャミ子「桃なんて知りません……お望み通りミカンさんとイチャイチャしてやります!」ムギュッ ミカン「良くないわ本当によくないわよ」ガクガク 頑張れミカンさん!背徳感に溺れることのない健全な魔法少女になるんだ!.

次の

【まちカドまぞく】リリス「シャミカンSSを書くぞ!」

シャミカン

34 ID:JYwbcdyX0 桃「さぁて、今日もシャミ桃SSを書いて読んで充実しようっと」カチカチ 桃「まちカドまぞくタグの新作は……」スッ 桃「!!」 『【まちカドまぞく】シャミ子「桃よりミカンさんの方が可愛くて好きです」』 桃「……いるんだよね、こういう人」ヤレヤレ 桃「シャミ桃こそが圧倒的に正義なのに、わざわざそれに抗った作品を書いて人目を引こうとする哀れなSS書き」 桃「ほらやっぱりコメント欄も荒れてるよ……」 『ミカンさんとシャミ子さんはただの友達だし、ミカンさんは義理堅いから桃さんを裏切るような真似はしないと思うわ』 桃「私も荒そ。 81 ID:JYwbcdyX0 次の日。 『【まちカドまぞく】シャミ子「桃よりミカンさんの方が包容力があって好きです」』 桃「またシャミカンSSが増えてる……懲りないなぁ。 今回はどんな風に荒れてるのかな……?」 『こういうミカンさんとシャミ子さんが付き合うSSはあんまりよくないと思うわ。 原作を無視しすぎていて誰にもうけないと思うわ。 それから見てると胸がドキドキするの。 多分気持ち悪いからね。 あとがきにシャミカンファンが増えて欲しい。 45 ID:JYwbcdyX0 次の日。 『【まちカドまぞく】シャミ子「ミカンさん大好きです!桃は知りません」』 桃「……しつっこいなぁ!」ダンッ シャミ子「わっ、何ですか?」ヒョコッ 桃「なんでもないよ。 下にお菓子あるからそれ食べててね」 シャミ子「わーい」トタタタ 桃(今回のコメント欄も荒れてるはず……今度は徹底的に荒らして二度とシャミカンSSを書けないようにしてやる……!)カチッ 『良くないわこのSS本当によくないわよシャミカンSSは私のいけない気持ちを呼び覚ますわよくないわあー良くない』 『余はシャミカンSSがメジャーになればよいと思っておるぞ。 そもそもあの桃とかいう不愛想な魔法少女とシャミ子のカップリングが間違いだったのだ』 『……そうよね。 桃さんの気持ちも大事だけどシャミ子さんの幸せが一番大事よね……』 『それは同意します』 『シャミ子さんの隣に居るのが、例え別の人間だったとしても……』 桃「受け入れられ始めてる……ッ!?」 桃「ぐぅ……っ!」カタカタカタカタ 『いやシャミ子を一番幸せにできるのは桃だよね。 まともな思考回路をしているならシャミ桃を推すべき』 『そうとは限らないわ。 例えばこのSSの13レス目にあるミカンさんに甘えるシーンの彼女はとても幸せそうよ。 72 ID:JYwbcdyX0 次の日 桃「こうなったら私が超絶エモいシャミ桃SSを書いてシャミカン派を黙らせてやる……!」カタカタ 桃「その前に更新されたSS読も」カチッ 『【まちカドまぞく】シャミ子「ミカンさんは紳士的で素敵です。 桃はやらしいです」』 『【まちカドまぞく】橙色の影』 桃「二本も更新されてる……!?」 桃「上は普通の台本形式だけど、下の奴は地の文ありの意識高い奴……!別の人だ……」 桃(シャミカンにハマる人が出てきたってこと……!?嘘でしょ!?) 桃「い、いや地の文はSS読者に毛嫌いされる傾向にある……こんなのボロクソに叩かれてるに決まって……!」 『シャミカンSSが増えて余は嬉しいぞ!』 『二人の心理描写が緻密で読みごたえがありました。 13 ID:JYwbcdyX0 シャミ子「……」モヤモヤ リリス「おや、どうしたシャミ子」 シャミ子「最近、桃の様子がおかしいんです。 68 ID:JYwbcdyX0 リリス「な、何故だシャミ子!奴が弱体化すれば、我らまぞくが優位に立てるのだぞ!」 シャミ子「だからって、シャミ桃SSを読んだり書いたりするのは桃の生きがいなんですよ!?」 リリス「そうだな。 95 ID:JYwbcdyX0 桃「数日振りに新しいシャミ桃SSが更新されてる……ッ!」 桃(初めての投稿だったのかな……拙い。 けど、シャミ桃への愛が感じられる……心が洗われるようだよ) 桃「ただ、強いて言うなら私のキャラが崩壊しちゃってるなぁ……私こんなにチョロくないし」 『完全に目が覚めたわ……どうやら私は友愛と恋愛をはき違えていたみたい。 もうシャミカンSSを書くのはやめるわ。 41 ID:JYwbcdyX0 桃「シャ、シャミ子!?」 シャミ子「普通そこは今まで避けていた分、現実の私とイチャイチャするべきだろう!SSなんて書かずに!桃はちょっとおかしいです!」 リリス「余も同じこと言ったんじゃが?」 桃「いや、ちょっと待って、シャミ子は私がSSを書いてるのを知って……?」 シャミ子「そこは引っかからなくていいです!とにかく桃!私とイチャイチャしなさい!」ビシッ 桃「えっえっ」 シャミ子「その……い、今ならSSみたいなこと……してあげてもいいんですよ?」 桃「えっえっえっ」 シャミ子「ほら、閲覧履歴を見せてください」カチッ 桃「あっちょっ」 シャミ子「……なんでシャミカンSSばっかりなんですか?」 桃「え?それはだって、最近の更新はシャミカンばっかりで……」 シャミ子「桃も私とミカンさんが付き合えば良いと思ってたんですか?だから私を避けてたんですかっ!?」 桃「いやだから」 シャミ子「桃のばかーっ!」ダッ 桃「シャミ子ーッ!」 シャミ子「桃なんて知りません……お望み通りミカンさんとイチャイチャしてやります!」ムギュッ ミカン「良くないわ本当によくないわよ」ガクガク 頑張れミカンさん!背徳感に溺れることのない健全な魔法少女になるんだ!.

次の