ジャパン タイムズ ブック クラブ。 The Japan Times Subscription

The Japan Times Subscription

ジャパン タイムズ ブック クラブ

『最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇』がまもなく発売になります! クローン研究、高齢化社会、貧困の撲滅など、ありとあらゆるテーマの問題について論じなければならない英作文問題。 1級挑戦者のなかでも、この大問4が悩みの種という方もおられるかもしれません。 しかも、2016年度第1回からはじまった新形式の試験では、これまで解答の手がかりとなっていた〈POINTS〉がなくなり、エッセイの論点を独力で考えなければならなくなりました。 難易度が上がった英作文問題で高得点を獲得するために、本書では、答案作成に使えるパラグラフ単位の英文を212個掲載。 これらを頭にたたきこみ、組み合わせることで、どんなテーマの設問にも対応できるライティング力が身につきます。 実践問題はたっぷり30問。 各問題には、「肯定」「否定」の2種類のモデルエッセイを収録しています。 さらに、暗記を助けるMP3音声つきの充実の内容です。 japantimes. japantimes. japantimes. 1級挑戦者の なかでも、この大問4が悩みの種 という方もおられるかもしれませ ん。 しかも、2016年度第1回から はじまった新形式の試験では、こ れまで解答の手がかりとなってい た〈POINTS〉がなくなり、 エッセイの論点を独力で考えなけ ればならなくなりました。 難易度が上がった英作文問題で高 得点を獲得するために、本書では 、答案作成に使えるパラグラフ単 位の英文を212個掲載。 これら を頭にたたきこみ、組み合わせる ことで、どんなテーマの設問にも 対応できるライティング力が身に つきます。 実践問題はたっぷり30問。 各問 題には、「肯定」「否定」の2種 類のモデルエッセイを収録してい ます。 さらに、暗記を助けるMP 3音声つきの充実の内容です。 All 3 tests are detachable! Each practice test easily detaches from the book for use like a real test booklet. Jam-packed with helpful commentary! The ample commentary offers not only explanations of the test problems, but also many expressions and example sentences needed to level up your Japanese. Instead of just checking your answers after doing the practice tests, get the most out of this series by carefully going over the commentary. The JLPT for this July has been cancelled, but this is a good time to start preparing to succeed in the next round by using The Best Practice Tests to advance your skills! 【N1】 【N2】 【N3】 【N4】 【N5】 【日本語教材】 JLPT 日本語能力試験ベスト模試シリー ズ The Best Practice Tests for the Japanese-Langua ge Proficiency Test ジャパンタイムズ出版の『ベスト 模試』はここがポイント! 1.3回分の試験問題は取り外し 式! 模擬試験冊子を1つずつきれいに 取り外して使えます。 本番と同じ 時間で問題を解いて、本番の緊張 感に慣れておきましょう。 2.解説が充実! 解説には、問題に関係する説明だ けでなく、さらにレベルアップす るための語彙や例文がたくさん載 っています。 試験後に答え合わせ をするだけじゃもったいない!じ っくり解説を読んでさらに学習を 広げることで、確かな日本語力が 身に付きます。 7月の試験は中止になってしまい ましたが、『ベスト模試』で今か らしっかり準備して、次の試験で 合格を勝ち取りましょう。 【N1】 【N2】 【N3】 【N4】 【N5】.

次の

「TOEIC® L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー」ジャパンタイムズより発売

ジャパン タイムズ ブック クラブ

語彙力を強化するなら、まずはその目的を明確にすることが欠かせません。 たとえば、辞書を使わず英字新聞を読みこなすのに必要な英単語と、海外旅行先で活用したいボキャブラリーは異なるはず。 各目的に合った対策やツールを見つけることが、効率よく成果を上げるための第一歩となります。 大学や企業でTOEIC対策講師を務め、多数のTOEIC関連書籍の執筆に携わる濵﨑潤之輔氏の監修による、語彙力増強でダイレクトにスコアアップが狙える一冊です。 HUMMERの愛称でおなじみの濵﨑氏は、TOEIC満点を50回以上獲得しつつも、この数年間1度も欠かさずTOEIC公開テストを受験し続けてきたと言います。 本書には、国内で発行されている公式問題集や韓国のTOEIC運営団体が発行した「既出問題集」などの書籍と、濵﨑氏の知見を総動員して作成したデータベースから抽出された3000語以上の頻出語句が掲載されています。 レベル別語彙力学習法のコーナーでは、幅広い英語レベルの学習者に向けて、それぞれに最適な学習法が解説されています。 続いて、テストのPart別に掲載された「プラチナ必須基本単語」をテスト本番と同じ形式の英文の中で覚えていきます。 900点オーバーの超・ハイスコアを獲得するための「プラチナ難単語」も掲載。 学習効果の確認には、無料ダウンロード可能な力試し問題が426問用意されています。 MP3音声もスマホに無料ダウンロードできるので、アプリを使って通勤時間の復習に活用できます。 本書は、同じく濵﨑氏の監修のもとでジャパンタイムズより出版され、学習者から高い支持を得ている「プラチナ」シリーズの第6弾。 テスト同様の形式の英文に散りばめられた頻出語彙は、眺めているだけで「覚えなければ勿体ない!」という気持ちを喚起し、インプットのモチベーションが上昇すること請け合いです。

次の

音声ダウンロード(英語学習書)

ジャパン タイムズ ブック クラブ

球場が寂しく見えないよう、各球場が工夫を凝らしています。 軽犯罪を犯して刑務所から仮出所し、母に預けていた幼い子ども2人の元に戻ります。 しかし、カントリーミュージックの本場・米国のナッシュビルに行って歌手になるという夢を諦めきれないローズリンは、家政婦として働きながら、時に子どもの世話そっちのけで夢を追い、母に責められます。 恵まれない境遇から、強い意志と才能で道を切りひらこうとする女性の物語です。 脚本と対訳でお楽しみください。 アルゼンチンとチリにまたがるこの地域を、10日間かけてクルーズ船で巡る旅をご紹介します。 氷河の間近まで行ったり、山岳と草原が広がる国立公園で野生動物の姿を追いかけたり。 ペンギンやアシカの子ども、ラマの一種グアナコなどの写真もかわいいですが、青い空を背景に、崖の上に並んで母親の狩りを見守るピューマ四きょうだいの、りりしい姿をご覧ください。 今回はスペイン・カタルーニャ州北部の小さな村に滞在中に都市封鎖を経験した写真家が、50日にわたった封鎖解除前後の村の変化や、スペイン人の生活や文化と切っても切れない関係にあるバル(カフェ兼居酒屋)の様子を描写します。 語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。 今回は、世界中でクルーズ船の乗員計約4万人がいまも海上に取り残されている話、サンリオ初の社長交代、黒人差別反対デモの後にごみを清掃した青年が様々な形で称賛されているという話題、東京の反差別デモの様子などを取り上げています。 句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。 ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。 英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。 そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。 「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。 あわせて重要語句の用法を紹介します。 音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。 今回は、英議会がテレビ審議を導入したニュースを聞き取ります。 高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。 今週号では、保安官ロイと息子のクリフが川に釣りに行きました。 2011年に交換留学生として来日し、現在は東京大学大学院の博士課程で環境システム学を専攻しているジェニファーさん。 日本の若者たちに向けて、何事も右へならえ、ではなく「踏み固められていない道を選ぼう」と呼びかけています。 この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。 類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。 単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。 類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。 今回は「説明する」の様々な言い方を解説します。 今回は伊東正子さんが「登山」の歴史や環境への影響を解説します。 今週号では、英作文ならぬ「英借文」のための読書の仕方を教えてくれます。 今回は「在宅勤務を強いられて再考した働き方」をテーマに考察します。 今回が最終回です。 団員を親に持つ仲良し2人組の活躍でついに事件は解決し、大団円を迎えました。 種の繁殖のために飼育されていた100歳のガラパゴスゾウガメが役目を終えて故郷の島に解放された話題と、ロックダウン下の英国で犬を飼いたがる人が急増し、ブリーダーが憂慮している話を採り上げました。 AP通信の黒人ジャーナリストで編集主幹補佐が、日頃感じている怒りをコラムにぶつけました。 足が不自由なルワンダ人の夫ガテラさんの義足を作るために義肢装具士となった後、2人で1997年にNGOを設立し、過去の虐殺などで負傷したルワンダと隣国ブルンジの延べ約1万1000人に、義足や義手を無償提供してきた。 だが、職人気質の真美さんは「『人を助けるなんておこがましい』と思っている」と語る。 ニコルさんは、79年の生涯の半分以上を日本で過ごしました。 英ウェールズ出身のニコルさんが、北極探検隊員やエチオピアの国立公園初代園長など、異色のキャリアを経て長野に居を構えるまでを振り返り、日本への深い愛情の源泉を探ります。 その間、各国は都市封鎖などの厳しい感染抑制策を行ってきました。 今も感染拡大が続くなか、北里大学大学院感染制御科学府のクランプ客員教授は毎日ウィークリーに寄稿し、厳しすぎる感染抑制策はより多くの失業や貧困を生み、結果的に負の側面の方が大きくなると指摘します。 今回の映画は「A. 今月は「ナミビア エトーシャ国立公園」。 他に漫画と英会話学習コーナーも。 今回のテーマは「英国風ランチ」。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛で雑誌の販売数が激減し、販売者の生活を脅かしています。 語彙力アップを後押しします。 今回のキーワードは「ap 『つかむ』」。 国内外の筆者によるご当地コラムのViews。 今週は滋賀県蒲生郡在住のレベッカ音羽さんがつづる「家を守っていくということ」。 日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI! 」のお題は「ブラインドタッチ」。 日本文化を英語で紹介するのに役立つページです。 今回のテーマは「土用の丑(うし)」。 virus surge 米国の経済の再開とそれに伴うウィルスの急増 ほか The Japan Times X Kateigaho International Japan Edition ------------------------ [BUDO] The versatility of the kamayari spear 宝蔵院流槍術 鎌槍 OPINION ------------------------ Masks: To wear or not to wear?

次の