洋服 カビ 取り 方。 衣類のカビの取り方!キレイに落とす洗濯方法から防止対策まで

衣類にカビ!落とし方は?自分で落とすには何が必要なの?

洋服 カビ 取り 方

衣類に生えたカビを自宅で洗濯する方法 季節に合わせて着る衣服は、どうしてもしまい込んでいる時期があります。 さて、着よう!と取り出した時にカビが…。 匂いもカビ臭くなっています。 どのようにしたら綺麗に取り除く事ができるのでしょうか。 衣類はお風呂のカビ取りのように簡単にはいかないようです。 白カビや黒カビなど、カビの種類によっても落とし方が違ってくるので、正しい方法で大切な衣類を復活させましょう。 軽度な白カビの取り方 洋服ブラシでブラッシング 長い間引き出しの中や収納ボックスなどに入れていた衣類に付きやすい白カビ。 何となく衣類自体が湿っぽくなっていませんか? ちょっと手でこすれば取れるような軽度の白カビならば、洋服ブラシを使って取り除く事ができます。 ポイント但し、ブラッシングをする前のポイントがあります。 衣類を天気のいい日に外に干して、繊維の奥まで乾燥させましょう。 しっかり乾燥してから、少し硬めの洋服ブラシや歯ブラシなどでカビの部分を丁寧にブラッシングします。 この方法でもうっすら残って落ちない場合は、食器用洗剤を薄めてタオルなどに付けて拭き取ります。 この時単純にごしごしとこすり取るのでは無く、叩くように拭くと生地も傷まず綺麗に取り除く事ができます。 エタノールで拭き取る 洋服ブラシだけではなかなか落ちない白カビは、少し薬品を使う事で綺麗に落とす事ができます。 エタノール(エチルアルコール)やエタノールが含まれている洗剤などを使うと効果的で、除菌効果も非常に高いです。 ポイントこの時、こするようにして取るのではなく、カビを生地の中から浮かせるようにしてポンポンと叩くのが重要です。 白カビが落ちたら、風通しと日当たりの良い屋外でよく乾燥させます。 エタノールで落とせる白カビ程度なら、この方法でカビの匂いも除去されます。 外に干し乾燥させる 白カビは洋服ブラシで完全に取れたけど、何だか臭いが気になる…。 カビの付いていた洋服の周りの服からもカビの臭いがする。 カビが生えているように見えないけれど、間違いなくカビ臭い…。 こんな時は外に干して思いっきり衣類を乾燥させる事で、臭いがかなり軽減されます。 紫外線による殺菌効果はカビにも有効で、できれば数時間、カラカラに乾燥するまで外に干すことをおすすめします。 もちろん 洗濯してから干す方がより一層臭い落ちが良いので、洗濯の際は除菌効果を高めるために洗濯用の漂白剤や重曹などを利用することをおすすめします。 カビが生えそうだなと思った時には、汚れてなくても迷わず外干しすることでカビの発生を抑える事ができます。 黒カビの取り方 白カビよりも頑固な黒カビのとり方について紹介します。 水とオスバンを混ぜる 洋服ブラシや洗濯では全く歯が立たない黒カビ。 もうクリーニング屋さんに出すしか無いのでしょうか?そんな時に役に立つのが殺菌や消毒に効果的な 「オスバン」です。 オスバンは20mlを500mlの水で薄めてスプレー式容器に入れます。 この容器は100円ショップで売っているものでOKです。 これを黒カビの発生している部分にたっぷり吹きかけましょう。 カビの菌は繊維の奥の奥まで入り込んでいるので、ここではしっかりとスプレーしましょう。 この時、きちんと黒カビまでオスバンが浸透していないと再び同じ場所から黒カビが発生します。 ポイントいかに衣服の黒カビの奥にまで潜んでいる黒カビを根絶させることができるかが、ここではポイントになります。 カビに吹きかけ放置 たっぷりと衣服の黒カビの部分に、オスバンを薄めた液をスプレーした後は放置しておきます。 この時、そのまま放置しておくのではなく、ハンガーなどにかけて 風通しの良いところに置いておきます。 5~10分程置いておく事でオスバンが除菌・殺菌する効果が現れます。 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を湯に混ぜる 次に、浸け置きできる容器に、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)と50度のお湯を用意します。 その中に先ほど5分~10分放置した衣服を浸けます。 ポイントこの作業では50度のお湯の温度がポイントとなり、60度以上の熱めのお湯になると黒カビの色素を落とす効果が薄れてしまいます。 できるだけ 50度に近い温度のお湯を用意することで、効率よくカビの色を落とす事ができます。 漂白剤を使用する際は、洋服が酸素系漂白剤に適したものか確認するようにしましょう。 また、 金属の色が変色してしまう恐れがあるため、洋服に金属が付いている場合は外して浸けるようにしましょう。 それから、 塩素系の漂白剤を混ぜて使うのもNGです。 繊維製品も生地が弱いのでこの方法は不向きです。 服をつけ置きしもみ洗い 次はいよいよ酸素系漂白剤を薄めたお湯に衣類を入れて、黒カビの部分を中心にもみ洗いします。 この時のポイントは お湯が温かい状態を保てるような工夫をする事。 冷めないうちに行うように心掛けて下さい。 もみ洗いをする際は、黒カビが発生している所をしっかりと揉みこみ、生地の内側からカビ菌を押し出してやるようなイメージで行います。 生地のしっかりしたものであれば 使い古しの歯ブラシなどで擦ってやる事もおすすめです。 これは傷みやすい生地の場合は控えましょう。 薄めているとはいえ酸素系漂白剤は手荒れを起こすことがあります。 素手で洗うのではなく、 ゴム手袋などを使用して行う事がおすすめです。 1時間放置 もみ洗いが終わったら、さらに1時間そのまま浸けておきましょう。 もみ洗いが終わってすぐに洗濯をしてしまうと、繊維の奥の黒カビがそのまま残っていて、再び黒カビが発生する事があります。 ここは徹底的に除去するために更に1時間浸けます。 ここでのポイントはお湯の温度。 なるべく50度をキープしておきたいのですが、そのままだとどんどん温度が下がって行きます。 ポイント少しでも阻止するために蓋の付いているバケツなどの容器に浸けるか、蓋の代わりになるものを代用して冷めていくのを防ぐことでも仕上がりが違ってきます。 1時間後、黒カビをチェックしてみてください。 まだ残っているようであれば、また50度のお湯と酸素系漂白剤でもみ洗いをしてつけ置きします。 なかなか落ちない頑固な黒カビは、2~3回繰り返し根気よく行う事が必要です。 洗濯機で洗濯 黒カビの汚れが取れたら、洗濯機で洗濯をしましょう。 通常の衣類を洗う方法と全く同じで大丈夫。 干して乾いたら最後のひと手間を忘れずに行います。 オスバンと水が入っているスプレーで、黒カビが発生していた部分をしっかり殺菌。 この消毒効果で再度同じところにカビが発生するのを防ぐことができます。 重曹でカビ取り効果アップ ここで重奏を使った洋服のカビ除去方法を紹介します。 酸素系漂白剤に重曹を混ぜる 酸素系漂白剤よりもっと効果的に黒カビを落とすのなら、重曹を混ぜてやると良いでしょう。 重曹にはカビ取りの効果の他に消臭効果もあるので、カビの匂いを取る効果も更にパワーアップします。 比率1:1で混ぜる 酸素系漂白剤と重曹は1:1の同じ量で入れると黒カビには効果的です。 カビだけで無く、通常の洗濯の時にも使用する事ができます。 洗濯層も綺麗にしてくれる効果があるので一石二鳥となりますね。 小さなカビも見逃さない すぐに落とす事ができる白カビも、なかなか落ちない黒カビも、再び同じところにカビが発生する事が無いように、繊維の奥までしっかりと殺菌して消毒する事が重要です。 カビの付いた衣類の周りにあった衣類も殺菌する事で、カビの増殖を防ぐことができます。 紹介した方法でお気に入りの洋服をカビから救いましょう。

次の

服や衣類のカビの取り方を教えて!|おうちにプロ

洋服 カビ 取り 方

洋服がカビ臭い原因は「ニオイ菌」• 酸素系漂白剤を使うと、ニオイが取れる• カビ増殖の予防方法 洋服が「カビ臭い」原因とは? 「しっかり洗濯をしているのにカビ臭い」という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。 洋服のカビ臭い原因は、実は「カビ」ではありません。 まずは、洗濯しているのにどうして服が臭くなるのかを説明していきます。 実は「カビそのもの」は無臭だった! カビからイメージするあの臭いは、実はカビ自体から発生しているわけではありません。 わかりやすく説明するために、「汗」を例に出します。 汗をかいた日、自分でもわかるほど汗臭くなってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。 なので、「汗」そのものが臭いと思ってしまいがちです。 しかし、温泉やサウナに行った時の身体が温まって出た汗を臭いと思ったことはないでしょう。 汗臭いニオイは、時間が経過して発生する 細菌によって生じます。 汗と同じように 「カビ」も実は無臭なのです。 「カビ臭い」原因は「ニオイ菌」の発生によるもの 汗の臭いのように、カビもカビ自体にはニオイがないことを説明しました。 本当の原因は何なのでしょうか。 実は、「カビ臭い」原因は 「ニオイ菌」によるものです。 洗剤のCMで「ニオイ菌」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。 「ニオイ菌」を殺菌しなければ、いくら服を洗濯したところで、カビ臭さを除去することはできないのです。 洋服の「カビ臭いニオイ」をとる洗濯方法 出典: 臭い原因は「ニオイ菌」だということがわかりました。 では、「カビのニオイ菌」はどうすれば除去できるのでしょうか? カビ臭い服のニオイをとる洗濯方法は「酸素系漂白剤」 カビ臭くなってしまった服の洗濯方法として有効なのは、 「酸素系漂白剤」を使って洗濯することです。 酸素系漂白剤を使って洗濯することで、 活性酸素が汚れを分解し、服に付いたカビ臭いニオイ菌を殺してくれます。 また、酸素系漂白剤は、ニオイ菌を殺して除菌するだけではなく、 しみ抜きや消臭にも効果があります。 しかし、酸素系漂白剤を使うときには注意しておきたいポイントもあるのでよく確認してから使用しましょう。 注意点1.家庭用洗濯洗剤で二度洗いする 酸素系漂白剤を使用するときの1つ目の注意点は、 家庭用洗剤で二度洗いすることです。 酸素系漂白剤はあくまでも 服に付着した細菌を殺すものなので、使用した後は通常の家庭用洗濯洗剤で服を洗濯しましょう。 一般的な洗剤のように洗濯機に入れて使うものもありますが、 酸素系漂白剤はつけ置き洗いをするのが主流です。 洗剤によっては、酸素系漂白剤と一緒に使うと、効果が落ちてしまうものもあるので、併用したい場合は調べてからにしましょう。 酸素系漂白剤で殺菌漂白したあとは、家庭用洗濯洗剤で、服についた皮脂や汗を除去する汚れを洗い流しましょう。 酸素系漂白剤を使った洗濯と、家庭用洗剤を使った洗濯をすることでニオイと汚れを落として下さい。 注意点2.酸素系漂白剤を使えるかチェックする 酸素系漂白剤を使用するときの2つ目の注意点は、 酸素系漂白剤を使ってもいいか確認することです。 酸素系の漂白剤は、塩素系の漂白剤よりも漂白力が優しく、扱いが簡単で色柄ものにも使用できます。 しかし、すべての服が漂白剤を使えるわけではありません。 洗いたい服に漂白剤を使ってもいいのかをチェックすることを忘れないでください。 服の洗濯表示に漂白剤が使えるのなら、三角のマークがあります。 塩素系漂白剤は使えないけれど、酸素系漂白剤は使える場合は、三角に二本の線が引いてあるマークがあります。 木綿や麻、化学繊維なら酸素系漂白剤を使用できる場合が多いのですが、毛や絹製品には使用できません。 金属の飾りや草木染めなどの自然由来の服や、木のボタンや貝の装飾などがついた服も使用できないので注意してください。 もし使用できるかわからなければ、裏側の小さな部分で色落ちを試してみることをおすすめします。 水では酸素系漂白剤の洗濯効果が下がってしまいます。 あまりにもひどいカビのニオイがする服は、お湯に浸け置きをして、 2時間前後待ちましょう。 酸素系漂白剤が服の奥まで染み込んで、ニオイ菌の除去に有効に働いてくれます。 また、酸素系漂白剤を使って洗濯をする際は、手袋をして洗濯をすることをおすすめします。 酸素系漂白剤は、汚れを落とす力が強いので、直接触れると身体にも悪影響がある可能性もあります。 酸素系漂白剤を使う際は、注意欄をよく読んでから洗濯をしてください。 洗濯後もカビ臭さがとれない! 覚えておきたい「カビ繁殖の予防法」 酸素系漂白剤を使って除菌をすることを紹介してきました。 しかし、酸素系漂白剤を使って一時的にニオイが取れても、ニオイが戻ってくることもあります。 次は酸素系漂白剤を使ってもどうしてもニオイが取れない場合の解決策を紹介します。 「酸素系漂白剤を使って洗濯したのに、なぜかニオイが取れない」という方は参考にしてください。 カビのニオイがとれない原因は「保管場所」に問題があることも しっかり洗濯をしていたにもかかわらず、カビの臭いがとれない服は 「保管場所」に問題があるケースが多いです。 タンス、衣装ケース、押入れなど、服の保管場所は 湿気が溜まりやすい環境です。 カビは空気中に浮遊し、水分と結びついて繁殖を繰り返す生き物です。 湿気があればカビはどこででも繁殖し、一度繁殖すると全て除去するまで臭いの元「ニオイ菌」はなくなりません。 カビ臭いニオイの原因が「保管場所」にある場合の対処法 カビ臭いニオイの原因が「保管場所」にあるときには、どのように対処したらいいのでしょうか。 まずは、保管場所からすべての服を取り除きます。 目に見えるカビは、濡らした布巾で拭き取りましょう。 なお、使う布巾は捨ててもいいものを使ってください。 水拭きした後は、しっかり乾拭きしてください。 そして、保管場所内をアルコールの殺菌スプレーを使って丁寧に拭きましょう。 壁も目に見えないだけで菌は付いています。 忘れずに、アルコール除菌をしてください。 乾拭きをしっかりできていないと、アルコール除菌の効果が減ってしまうので、しっかりと乾拭きしてからアルコールを使ってくださいね。 アルコールが乾いたら服を戻し、市販の衣服用湿気除去剤を入れましょう。 カビは一度付くと根深く住み着くものなので、梅雨や湿気が多い時期には特に気を付けて掃除をしましょう。 カビ臭いニオイを予防する「洗濯槽の除菌」 カビ臭いニオイの予防で、意外と盲点なのが 「洗濯機」です。 洗濯機は服をきれいにするものなので、洗濯機が汚れていると思っていない人も意外と多いのではないでしょうか。 確かに、一見洗濯機はきれいですが、洗濯機の裏側が汚れているのです。 次は洗濯機の除菌方法について詳しく説明します。 カビ臭いニオイの原因は洗濯機?「洗濯槽の除菌」の仕方 洗濯機の掃除はどの程度の頻度でしたらいいのか、気になる人も多いでしょう。 目安としては、月に一度は塩素系の漂白剤か市販の洗濯機用洗剤で洗濯槽を除菌することが理想です。 50度前後のお湯を洗濯槽に入れ、酸素系漂白剤を投入して3分間洗濯機を回します。 泡が溢れるようならば、お湯を減らしてそのまま1〜2時間放置しましょう。 徐々に大量のゴミが浮いてくるので、それを取り除いてからすすぎと脱水を繰り返して終了です。 洗濯槽の洗浄コースがある場合は、活用するといいでしょう。 カビ臭い洋服の臭いケアは「酸素系漂白剤」で行おう• ニオイの原因はカビじゃなくて「ニオイ菌」• 酸素系漂白剤を使ってニオイの原因を殺菌する• 服の保管場所や洗濯機の掃除も忘れずに カビ臭い服には絶対に原因があります。 本記事で紹介した方法を試して、臭くなる原因の「ニオイ菌」を殺菌してみてはいかがでしょうか。 また、基本的ではありますが、服は見えない汚れがたくさんついています。 汚れたまま放置された服は、何度洗濯してもカビのニオイが取れなくなってしまいます。 一度着た服は早めに洗濯することがおすすめです。 なかなか洗濯できないスーツやジャケットであっても、一日着たら一日休めるなど、ローテーションを組んで着回すことでカビの臭い予防になります。 脱いだ服をその日のうちに洗濯できないなら、必ず衣服用の 消臭剤をスプレーしましょう。 他の服への臭い移りをなくし、細菌の繁殖を防止する効果も期待できます。 ご自身の行動を振り返り、ニオイ菌が発生していそうな原因を見つけ、対策してみてください。 【関連記事】.

次の

時間がたった洋服のシミの落とし方は?汚れの種類別の落とし方もご紹介!

洋服 カビ 取り 方

【お湯を使ったカビの落とし方】• 最初にスーツを日光に当てて乾燥させ、表面についたカビをブラッシングして払い落とします。 あまり強くブラッシングせず、あくまで目立つカビを落とす程度にしておきましょう。 カビ菌が飛び散るので、なるべく外で作業するようにしてください。 次にお湯に漬けてから固く絞ったタオルでカビ部分を叩くようにして、カビを落としていきます。 拭いてしまうとカビが内部に染み込んでしまうので注意しましょう。 カビが目立たなくなったら最後にアイロンやドライヤーを使って、濡れた部分をしっかりと乾燥させて完了です。 最後の乾燥させる段階ではスーツを焦がしてしまわないよう、必ず当て布をして行うようにしてくださいね。 またこの方法でカビを目立たなくすることはできますが、厳密には生地にはまだカビ菌が残ったままです。 必ずクリーニング店で取り除いてもらうようにしましょう。 【応急処置2】消毒用エタノールを使った対処法 【消毒用エタノールを使ったカビの落とし方】• 最初にスーツをよく乾燥させてから、洋服用ブラシを使って表面のカビを払い落としていきます。 カビ菌が飛び散ることになるので、なるべく外で作業するようにしてください。 次に歯ブラシを消毒用エタノールに浸けます。 浸けるのは歯ブラシの毛先程度までにしておきましょう。 カビ部分を軽くたたくようにして、消毒用エタノールに漬けた歯ブラシを使ってブラッシングしていきます。 カビが目立たなくなったら、最後にドライヤーなどを使って、濡れた場所を乾燥させて完了です。 こちらの方法も表面のカビを目立たなくしているだけなので、カビが見えないからといって放っておくと、またカビが生えてしまうことになります。 用事が終わったら、クリーニングに出すのを忘れないようにしてくださいね。 応急処置後はクリーニングへ スーツの宅配クリーニングなら、その道に特化した『プラスキューブ』がおすすめ。 代表が元紳士服デザイナーということもあり、スーツのクリーニングに対する並々ならぬこだわりが特長です。 スーツの繊維を縮めないための特殊な洗濯槽に始まり、スーツの水洗い専用の洗濯ネットなど、スーツを傷めずにキレイにするオリジナル開発の技術が満載。 乾燥についてもよくある回転式の乾燥機ではなく、自然乾燥に極めて近い立体静止乾燥機を使用。 単なる乾燥だけでなくスーツの繊維が本来持っている潤いを補給し、しっとりとした質感に仕上げてくれます。 もちろんスーツだけでなくワイシャツのクリーニングもお手の物。 プレス機メーカーとの共同開発によるプレス機は、着る人の身体にフィットした立体的な仕上がりを生み出します。 これらの独自技術に加えて、スーツもワイシャツもシミ抜きが無料というのも嬉しいところ。 この包装が実はクセ者で、クリーニング店でのスチームアイロンの湿気を閉じ込めてしまうことがあるのです。 他にもビニールに含まれる酸化防止剤によって、スーツが変色してしまう恐れも。 必ず包装を外して、防虫カバーなどに入れ替えて保管するようにしましょう。 クローゼット内のカビ対策も忘れずに カビが生える最大の原因は湿度ですが、スーツや礼服を収納するクローゼットの湿度のことを忘れてはいませんか? 乾ききっていない衣服をしまったり、衣服を詰め込みすぎるだけでもクローゼット内の湿度は上がりやすくなってしまいます。 除湿剤を置いたり、クローゼット内の空気を入れ替えるなどして、収納場所の湿度にも気を配りましょう。 クローゼットの詳しい湿度対策は、をチェックしてみてくださいね。 一年に1~2回、春・秋の衣替えの時期にクローゼットから取り出し、もう一度陰干ししてしっかりと乾燥させましょう。 このとき忘れがちな防虫剤の使用期限も一緒にチェックしておくと、防虫効果を切らさずに保管することができますよ。 【ガーメントバッグに入れて保管するのは厳禁!】 スーツを買ったときに付いてくるガーメントバッグですが、実はバッグに入れたまま保管するのはNG。 バッグごと収納するとクローゼットが窮屈になり、スーツ自身のシワの原因になるだけでなく、クローゼット全体の通気性も悪くしてしまうのです。 特にビニール製のガーメントバッグは通気性が悪いため、カビ予防には逆効果です。 ガーメントバッグは保管用というよりも持ち運ぶためのものなので、必ずガーメントバッグから取り出して保管するようにしましょう。 いかがでしたか? ご紹介した方法でスーツのカビを目立たなくすることはできますが、完全に落とそうとは思わないように。 必ず最後はクリーニングに出して、専門家の技で落としてもらうようにしましょう。

次の