サンライズ 出雲 停車 駅。 寝台特急サンライズ出雲(東京駅〜出雲市駅|停車駅、時刻表ほか)

出雲 (列車)

サンライズ 出雲 停車 駅

高松 発 坂出 発 児島 発 岡山 着 岡山 発 姫路 発 三ノ宮 発 大阪 発 静岡 着 富士 着 沼津 着 熱海 着 横浜 着 東京 着 21:26 21:44 22:01 22:23 22:34 23:35 0:13 0:34 4:38 5:09 5:26 5:43 6:44 7:08 この停車駅間で相互に乗り降りすることができます。 下り列車であれば、 東京から岡山まで乗って、そこから新幹線に乗れば朝8時30分までに博多に着けますし、上り列車であれば、 三ノ宮・大阪から乗って東京に朝7時過ぎに到着でき、移動と宿泊をうまく使って1日をフルに行動時間に充てることもできます。 区間 乗車料金 特急料金 寝台・指定料金 東京ー出雲市 12,210円 3,300円 下記 東京ー高松 11,540円 3,300円 下記 寝台料金は設備に応じて異なるので、以下で詳しく説明します。 それぞれの設備(部屋・座席)の料金と特徴 1人用個室 「ソロ」(出雲・瀬戸それぞれ20室ずつ:寝台料金6,600円) 個室だけど安い。 しかし荷物スペースが少ない。 上段は室内に階段あり。 上段、下段で車内通路が分かれ、通路部分に階段あり。 ただし2号車・6号車・9号車・13号車の13番・14番と、5号車・12号車の11番・12番は平屋で階段なし。 「シングルデラックス」(出雲・瀬戸それぞれ禁煙3室、喫煙3室ずつ:寝台料金13,980円) 一番少ない部屋で繁忙期はすぐなくなる。 値段は高いが部屋が広く、室内には椅子や洗面スペースがあり快適に過ごせる。 この部屋専用のシャワールームがあり、シャワーカードとタオルや石鹸などが入ったトラベルセットが用意されている。 部屋のアプローチ部分に階段あり。 2段ベッドの部屋で1人でも2人でも利用できる。 1人の時は荷物多い時に利用もおすすめ。 2段ベッドの上、もしくは下に置くことが可能。 こちらもシングルデラックス同様数が少なく争奪戦に。 シングルデラックスの下層階になるため、アプローチ部分に階段あり。 値段は最安だが、カーテン以外他者とのスペースに区切りがない。 設備と料金のまとめ 区間 ソロ シングル シングル デラックス シングル ツイン サンライズ ツイン ノビノビ 座席 東京ー出雲市 22,110円 23,210円 29,490円 1人25,110円 2人46,120円 2人46,420円 16,040円 東京ー高松 21,440円 22,540円 28,820円 1人24,440円 2人44,780円 2人45,080円 15,370円 よって、東京ー出雲市間の総額は一番安いノビノビ座席で16,040円。 1人あたりで一番高いシングルデラックスで29,490円。 東京ー高松間の総額は一番安いノビノビ座席で15,370円。 1人あたりで一番高いシングルデラックスで28,820円になります。 サンライズ出雲・瀬戸の予約方法 1ヶ月前の午前10時から発売されます。 ノビノビ座席以外はみどりの窓口(きっぷうりば)や旅行会社のみでの取扱です。 事前予約やネットでの予約はできませんでしたが、2019年7月1日よりJR東日本の「えきねっと」でノビノビ座席のみ予約ができるようになりました。 2020年4月1日からは個室・寝台もe5489で予約可能に! 「e5489」での予約開始のプレスリリースの最後のほうに 「寝台・個室については、2020年春に取り扱いを開始する予定ですのでご期待ください」との記載があり、ついに寝台・個室もネットでの予約ができるようになります。 開始日は2020年4月1日に決定!争奪戦になりそうです。 金額の詳細はわかりませんが、通常の特急券でも「eきっぷ」のほうが安くなっているので、お得なノビノビ座席がよりお得に利用できますよ。 なお、「eきっぷ」の購入はJ-WESTカード会員のみです。 希望の予約がとれなかった時 定期的に空き状況を確認する 予め申込み用紙に書いておいて、それを使いまわすと楽です。 よって2日前から空きが出始めることが多いです。 サンライズ出雲・瀬戸よりも競争率の高かった「トワイライトエクスプレス」も前日にシングルツインの部屋が取れたこともありました。 諦めずに確認しましょう! J-WESTカードの予約ダイヤルを使う みどりの窓口に行けず、西日本在住の人ならJ-WESTカードの予約ダイヤルを使うといいです。 特に発売当日の10時ちょっと前にかけるとかなりの確率で希望の席を押さえてくれます。 受取はJR西日本のみどりの窓口になってしまいますが、西日本在住でなくとも7日前までの予約なら取ったきっぷを全国へ郵送してくれるサービスもあります。 サンライズ出雲・瀬戸以外にも新幹線や特急料金が割引になるきっぷが買えるので、滋賀県より西の本州地域のJRに乗る人は必ず持っておきましょう。 ツアーで申し込む(首都圏発着の場合) 自分で手配するのが難しい場合は旅行会社のツアーに申し込むのも手です。 行程が決まっていますが、予め旅行会社が席を押さえているので、ツアーを申し込んで催行が決定すれば、確実に乗車できるのがメリットです。 2019年9月30日時点でサンライズ出雲・瀬戸のツアーを掲載している旅行会社は以下の通りです。 乗る前に準備しておくといいこと 延長コード 上記写真の右側扉付近にコンセントが一口あります。 各部屋ともコンセント数に限りがあるので、複数の充電が必要な場合は延長コードを用意しておきましょう。 ソロ・シングルなら荷物スペースが狭いので荷物を小分けに ソロ・シングルは部屋が小さく、荷物スペースも限りがあります(A4サイズのリュック・キャリーバッグ2つが精一杯)。 あまり大きい荷物だとベッドを占領することになってしまうので、ソロ・シングル以外の広めの部屋をとるか、荷物を小さめにしておきましょう。 飲食物・タオル 車内販売は飲料の自販機のみのため、飲食物は乗車前に用意しておきましょう。 また、車両についているシャワールーム(1回320円・車内の券売機で購入)を利用する際は、タオルの用意がありません。 以前は車内でも販売されていましたが、現在は購入できなくなっていますので、シャワールームを利用する予定なら、タオルを予め用意しておきましょう。 ちなみにシングルデラックスにはシャワーカードに加え、タオルや石鹸などが入ったトラベルセットの用意があるので、必要ありません。 振動や音がするので、寝にくい場合は耳栓やノイズキャンセリングイヤホン 列車なので、線路のジョイント音や電車のモーター音、個室なら空調音、ノビノビ座席なら近隣の人の寝息やいびき、ヘッドホンの音漏れ音などが気になる場合があります。 それらに対応できるよう耳栓やノイズキャンセリングイヤホンなどを用意しておくといいでしょう。 乗車券・寝台券 ネットや電話で予約をしている場合は乗る直前に発券することもあると思いますが、 23時以降に乗車する場合、みどりの窓口(きっぷうりば)の営業が終了していて、発券ができなくなります。 乗車券と寝台券がないと当然乗れませんので、それまでに必ず発券してください。 もしくはJ-WESTカード会員専用予約ダイヤルか首都圏発着ならツアーに申し込む•

次の

寝台特急サンライズ出雲の停車駅・路線図・沿線の観光情報

サンライズ 出雲 停車 駅

寝台特急サンライズ出雲は、東京駅から島根県の出雲市駅間を結ぶ寝台特急列車です。 寝台特急サンライズ出雲に使用されている車両は285系の電車。 深い赤色と黄土色のツートンカラーの車両で「朝」がイメージされデザインが施されています。 スポンサーリンク 寝台特急サンライズ出雲の寝台車は全室個室。 A寝台「シングルデラックス」、B寝台「サンライズツイン」、「シングルツイン」、「シングル」があり、それぞれ木目調を生かした明るい内装となっています。 また、寝台特急サンライズ出雲には、「ノビノビ座席」と呼ばれるカーペット敷きの座席を配した車両も連結しています。 「ノビノビ車両」に関しては個室ではありませんが、寝台料金が不要で普通車指定席の扱いとなるため、こちらも一定の人気があります。 東京駅〜岡山駅間は、「寝台特急サンライズ出雲」は高松駅へ向かう「寝台特急サンライズ瀬戸」と連結して運転されています。 東京駅を22時に出発する寝台特急サンライズ出雲は、JR東海道本線を西へ西へと走っていきます。 上部まで広く切り取られた窓からは、まちの夜景が展開します。 名古屋、大阪、神戸・・と都市部の夜景は特にきれい。 終電が終わり月明かりに映しだされている駅舎が過ぎ行くさまも幻想的で旅情を感じさせます。 スポンサーリンク 明け方、サンライズ出雲は兵庫県の西部を走り、岡山県に向けて山陽本線に入ります。 中国山地の山並みを抜けていくと、岡山駅に到着。 岡山駅で、寝台特急「サンライズ出雲」と寝台特急「サンライズ瀬戸」の切り離しが行われ、「サンライズ出雲」は島根県の出雲市へ、「サンライズ瀬戸」は瀬戸大橋を渡って香川県の高松にそれぞれ向かいます。 寝台特急「サンライズ出雲」は岡山駅から20分ほど走った倉敷駅からJR伯備線に入り、中国山地を北上していきます。 左車窓には高梁川の流れが沿い、備中高梁駅の近くでは備中松山城がそびえるさまも見えます。 スポンサーリンク 備中高梁駅を出てからも次第に山は深くなり、車窓には井倉峡の景観がつづきます。 JR姫新線やJR芸備線の列車が発着している新見駅を過ぎると、寝台特急サンライズ出雲はさらに渓谷の谷間を北上。 江尾駅を通過するあたりで右車窓には中国地方の最高峰、標高1729mを誇る「大山」の山容があらわれます。 大山は「伯耆富士」と呼ばれる山で、富士山と似たきれいな円錐状をした山。 雄大さが伝わってきます。 伯耆大山駅から寝台特急サンライズ出雲は、山陰本線に入り、西に向けて走っていきます。 鳥取県最大の都市である米子市から島根県の県庁所在地である松江市を過ぎていくと右車窓に宍道湖が広がってきます。 宍道湖は島根県では中海に次ぐ大きさの湖で、シジミの養殖など盛んです。 湖面が切れ田畑が点在する平地をしばらく走っていくと、寝台特急サンライズ出雲は終点の出雲市駅に到着します。 出雲市には、縁結びの神様として知られる「出雲大社」があります。 出雲大社へ出雲市駅から行くには、一畑電鉄が便利。 一畑電鉄の出雲市駅から電車に揺られること約25分で出雲大社駅前駅に到着。 下車し徒歩約7分で出雲大社にたどり着きます。 ちなみに、「寝台特急サンライズ出雲」を題材に、小説家の西村京太郎氏が推理小説を書いています。

次の

【寝台特急】サンライズ出雲に乗って出雲まで一人旅【2016年11月】

サンライズ 出雲 停車 駅

寝台特急サンライズ出雲は、東京駅から島根県の出雲市駅間を結ぶ寝台特急列車です。 寝台特急サンライズ出雲に使用されている車両は285系の電車。 深い赤色と黄土色のツートンカラーの車両で「朝」がイメージされデザインが施されています。 スポンサーリンク 寝台特急サンライズ出雲の寝台車は全室個室。 A寝台「シングルデラックス」、B寝台「サンライズツイン」、「シングルツイン」、「シングル」があり、それぞれ木目調を生かした明るい内装となっています。 また、寝台特急サンライズ出雲には、「ノビノビ座席」と呼ばれるカーペット敷きの座席を配した車両も連結しています。 「ノビノビ車両」に関しては個室ではありませんが、寝台料金が不要で普通車指定席の扱いとなるため、こちらも一定の人気があります。 東京駅〜岡山駅間は、「寝台特急サンライズ出雲」は高松駅へ向かう「寝台特急サンライズ瀬戸」と連結して運転されています。 東京駅を22時に出発する寝台特急サンライズ出雲は、JR東海道本線を西へ西へと走っていきます。 上部まで広く切り取られた窓からは、まちの夜景が展開します。 名古屋、大阪、神戸・・と都市部の夜景は特にきれい。 終電が終わり月明かりに映しだされている駅舎が過ぎ行くさまも幻想的で旅情を感じさせます。 スポンサーリンク 明け方、サンライズ出雲は兵庫県の西部を走り、岡山県に向けて山陽本線に入ります。 中国山地の山並みを抜けていくと、岡山駅に到着。 岡山駅で、寝台特急「サンライズ出雲」と寝台特急「サンライズ瀬戸」の切り離しが行われ、「サンライズ出雲」は島根県の出雲市へ、「サンライズ瀬戸」は瀬戸大橋を渡って香川県の高松にそれぞれ向かいます。 寝台特急「サンライズ出雲」は岡山駅から20分ほど走った倉敷駅からJR伯備線に入り、中国山地を北上していきます。 左車窓には高梁川の流れが沿い、備中高梁駅の近くでは備中松山城がそびえるさまも見えます。 スポンサーリンク 備中高梁駅を出てからも次第に山は深くなり、車窓には井倉峡の景観がつづきます。 JR姫新線やJR芸備線の列車が発着している新見駅を過ぎると、寝台特急サンライズ出雲はさらに渓谷の谷間を北上。 江尾駅を通過するあたりで右車窓には中国地方の最高峰、標高1729mを誇る「大山」の山容があらわれます。 大山は「伯耆富士」と呼ばれる山で、富士山と似たきれいな円錐状をした山。 雄大さが伝わってきます。 伯耆大山駅から寝台特急サンライズ出雲は、山陰本線に入り、西に向けて走っていきます。 鳥取県最大の都市である米子市から島根県の県庁所在地である松江市を過ぎていくと右車窓に宍道湖が広がってきます。 宍道湖は島根県では中海に次ぐ大きさの湖で、シジミの養殖など盛んです。 湖面が切れ田畑が点在する平地をしばらく走っていくと、寝台特急サンライズ出雲は終点の出雲市駅に到着します。 出雲市には、縁結びの神様として知られる「出雲大社」があります。 出雲大社へ出雲市駅から行くには、一畑電鉄が便利。 一畑電鉄の出雲市駅から電車に揺られること約25分で出雲大社駅前駅に到着。 下車し徒歩約7分で出雲大社にたどり着きます。 ちなみに、「寝台特急サンライズ出雲」を題材に、小説家の西村京太郎氏が推理小説を書いています。

次の