急性 胆嚢 炎。 【医師監修】胆嚢炎の原因と治療方法とは?食事療法はどうやって進めていけばいい?

急性胆嚢炎|胆石症・胆嚢|消化器外科専門サイト|東北労災病院(宮城県仙台市青葉区)

急性 胆嚢 炎

わたしが急性胆嚢炎になった原因 急性胆嚢炎を起こした原因は、発症当時自分が胆石症であることが分かっておらず、過去に数回激しい痛みがや不調がありながら食事内容を気遣うことがなかったため、胆嚢が炎症を起こしてしまいました。 胆石発作は全身が脂汗でぐっしょり濡れるような激しい痛みが特徴ですが、痛みがおさまるとケロッと回復してしまいます。 この時胆嚢炎を起こしているほど重症だと、具合の悪さが治まるのに1週間~10日ほどかかります。 胆石痛は、脂質を含む食品を食べると胆汁が胆嚢内に流れ込み、それによって胆嚢内の胆石が動き、普段は無痛なのに急激に痛みを感じてしまうものです。 胆石症の自覚がないと、不調を感じながらも脂質を含む食品を口にするため、その都度繰り返し胆嚢内で炎症の元となる状態が起きており、ある時MAXとなって胆石痛と同時に激痛に見舞われます。 急性胆嚢炎の症状や困ったエピソード 私は、急性胆嚢炎を起こして初めて胆石症であることが発覚しました。 脂質を含む食事を摂ってはいけないことは知りましたが、半熟卵のような物も消化する際に胆汁の分泌を促すことを知らず、栄養があるからと半熟卵入りのおかゆを食べては具合悪くなるという繰り返しでした。 出勤は何とかできましたが、直後に長期出張もあり正直集中できるような状態でなく、歯が歯茎の中に浮いているような感覚や、眼球が突出しているような感じがし、気が気でならなかったです。 この頃、おへそが毎日よく洗っても異様に臭く臭っており、お腹の中で内臓が腐っている感じがしました。 胆石発作の痛みも強烈ですが、胆嚢炎の際の気味の悪さ、具合の悪さはなった人でないと分からないです。 肝臓とも密接なつながりがあり、急性胆嚢炎の直前直後だけでなく数年間は、顔色が茶黒くくすむなど良くない感じです。 急性胆嚢炎の治療方法として行ったこと 急性胆嚢炎の治療方法は現在では、発覚と同時に緊急手術や胆嚢摘出の予約手術が主流となっています。 しかし私が発症した当初はまだ開腹手術が主流で15㎝位の傷跡が残るため、担当医が、腹腔鏡による手術が一般化する十数年後に行うのが良いと診断しました。 当時腹腔鏡による胆嚢摘出手術はまだ全国で8例ほどで、アナウンサーの福留功男さんが受けていた頃です。 胆石症の治療を開始しながら、胆嚢の急激な炎症を収まるのを安静にしながら待ちました。 その間、胃などのレントゲン検査も行い、恥ずかしながら頑固な宿便も指摘されました。 便秘気味であることを忘れるくらいの便秘症であったため、なるべくしてなったような体調不良です。 レントゲン検査は、日を3回行い、2度目の時に前回のレントゲンの際に飲んだバリウムが輩出しきれてないことを指摘され、恥ずかしかったです。 その後は、便秘を解消するべく、当時発売されたばかりのケロッグのオールブランを嫌々でも食べ続け、お腹をスッキリとさせて3回目のレントゲンに挑みました。 宿便がとれ、すごくお腹がきれいになってるよ! と、レントゲン技師から褒められました。 便秘をしていると、胆石痛が起きやすいため、常に便秘とならないように食物繊維をとって自然に排出できるよう、この頃から朝食にブランを取り入れるようにしました。 体調や食事内容によって胆石痛は起きやすくなり、時折胆嚢の炎症らしき感じもありましたが、止まらない激しい痛みで病院で受診を受けたのは、最初の時だけです。 不調続きの胆嚢は、それから15年近く経ってから予約手術で摘出し、長年にわたる胆石痛と胆嚢の炎症に終わりを告げました。 現在の医学では、ある程度の大きさの胆石や胆嚢炎で救急搬送や受診をすると、胆嚢ごと摘出で終わります。 何度となく炎症を繰り返した胆嚢の細胞は癌化しやすく、検査でわかりにくく発見が遅れてしまうためです。 朝食のブラン食は、グラノーラに替わり現在でも続いています。 それにハーブティーや健康茶も加わりました。 ブラン食は、腸内ガスが発生しやすくなりそれはそれで問題だからです。 急性胆嚢炎の治療の効果や費用について 症状はどれくらい改善したか? 胆嚢摘出後は復帰が早く無理をしたためか、本当にこれで良かったのかと思う位具合が悪く、思うように食事もとれませんでした。 しかし2~3年もすると、これまでずっと食べられなかった生クリームを使ったケーキ類やファーストフードを口にすることができるようになりました。 マクドナルドも15年ぶりです。 ただし天ぷらなど揚げ物は、現在でも食べると不調になるため、完治とは言い難いです。 急性胆嚢炎の治療にかかった日数 急性胆嚢炎としては、3か月近く検査や診察のため通院していました。 急性胆嚢炎の治療にかかった費用 急性胆嚢炎の治療にかかった費用は、随分前なので正確な金額は憶えていませんが、数回のレントゲン・エコー検査、投薬と診察で初診から3か月ほど経過観察、数万円以内でした。

次の

【医師監修】胆嚢炎の原因と治療方法とは?食事療法はどうやって進めていけばいい?

急性 胆嚢 炎

元プロ野球選手の金田正一氏が6日、逝去されました。 報道によれば、原因は 急性胆管炎による敗血症とされています。 急性胆管炎は、消化器を専門とする私たちが扱う病気の中でも、 一二を争うほど緊急性の高い病気です。 なぜなら、 時に急速に重症化し、少し前まで元気だった患者さんの命をあっという間に奪うからです。 なぜなのでしょうか? この記事では、急性胆管炎の原因や特徴について簡単に解説します。 なお、第三者が個々の症例について憶測で語るのは大変失礼なことですので、本記事ではあくまで、知っておくべき一般的な情報をまとめます。 急性胆管炎とはどんな病気? 急性胆管炎とは、胆管内で細菌が増殖し、感染症を起こす病気です。 胆管とは、簡単に言えば、 肝臓から十二指腸までの胆汁(たんじゅう)の通り道です。 胆管のシェーマ(著者作成) 肝臓で作られた胆汁という消化液は、胆管を通って十二指腸に流出します。 十二指腸は胃のすぐ下流にある食べ物の通り道ですから、ここで胆汁が食べた物と混ざって消化を助ける、という仕組みですね。 ちなみに、胆管の横に「ため池」のように胆汁を貯めておく臓器がありますが、これが「胆のう」です。 胆のうはあくまで胆汁を貯めておく「貯蔵庫」であって、胆汁を作っているのは肝臓です。 さて、普段通り胆汁がスムーズに胆管の中を流れていれば、胆管内で細菌が増殖するようなことはありません。 では、どんな時に急性胆管炎が起こるのでしょうか? 急性胆管炎の原因 急性胆管炎の主なメカニズム。 それは、 胆管の「通過障害」です。 「通過障害」とは、 胆汁の通り道がなんらかの理由でふさがってしまい、胆汁が交通渋滞を起こした状態、と考えれば分かりやすいでしょう。 流れがせき止められた胆汁は、十二指腸に出ることなく胆管内にとどまり続け、そこで細菌が増殖してしまうのです。 想像してみてください。 蛇口から流し続けた水は、何時間たっても透明なままです。 しかし、同じ量の水を洗面器に入れて放置しておいたらどうでしょう? 時間とともに汚れ、濁ってくるはずです。 これと同じことが胆管内で起こると考えれば分かりやすいでしょう。 では、どんな時に胆管がふさがるのでしょうか? その代表的な原因が、 胆石です。 肝臓や胆のう内にある胆石が胆管内に落ちてきて、途中でつっかえてしまう、というわけです。 あるいは、胆管の腫瘍や、膵臓・十二指腸など胆管周囲の腫瘍によって胆管がつまってしまうこともあります。 胆汁の通り道がふさがり、そこで細菌感染症が起こると、激烈な症状を引き起こしてしまいます。 急性胆管炎の症状 急性胆管炎が起こると、 発熱(高熱)、腹痛(右上のお腹の痛み)、黄疸、吐き気などが起こります。 敗血症とは、簡単に言えば、感染症が原因で全身の臓器機能に障害が起こる状態のことです。 早急に治療を行わなければ、患者さんは文字通り命の危機に瀕します。 行うべき治療は、 抗菌薬(抗生物質)を投与するとともに、胆管閉塞を解除すること(「胆道ドレナージ」と呼ぶ)です。 内視鏡(いわゆる「胃カメラ」)を用いて行う方法が一般的ですが、状況に応じて他の方法をとることもあります。 急性胆管炎は、文字通り「時間との戦い」です。 報告によれば、 急性胆管炎の死亡率は2. 急性胆管炎によって重篤な敗血症が起こると、どんなに優秀な医師がどれほど膨大な医療資源をつぎ込んでも、患者さんの命を救えないことがあるのです。 もちろん急性胆管炎の重症度は患者さんによって様々です。 どんな場合でも命の危険がある、という意味ではありません。 あくまで、上述のような症状が現れた時はすぐに受診が必要だということを、頭の片隅で覚えておいていただけると幸いです。 なお、急性胆管炎の最大の原因となる胆石について、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 胆管は肝臓内にも細かく張り巡らされ(肝内胆管)、肝臓で作られた胆汁の通り道となっています。 また肝外胆管は、正確には左肝管、右肝管、総肝管、総胆管に分けられます).

次の

胆石症、胆嚢炎・胆管炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

急性 胆嚢 炎

この痛みは、胆嚢の出入り口や胆管に胆石が詰まり、 胆汁が溢れくることから起こるものです。 その為、胆石が胆管に詰まっている限りは、 痛みがなくなることはありません。 右上腹部から始まった痛みは、右肩や背中に及ぶことがあります。 我慢できないような激しい痛み、鈍痛など、強弱の波が あるなど、痛みの現れ方には個人差があります。 細菌感染から胆嚢炎症を起こすようになると 微熱だった発熱も39度を超すような高熱になり 悪寒や吐き気などをともなう場合もあります。 逆に、高齢者の場合は、発熱しないケースもあります。 胆嚢を摘出すると貯水池がないために、 食事ごとの胆汁摘出の調節が術前にくらべると うまくいきませんが、慣れてくるとさほど問題になりません。 むしろ、胆嚢がなくなったことによって、 食後の痛みなど不快な症状から解放され、かえって 生活が楽に送れるようになったという人も多いようです。 胆嚢摘出以外の治療法 何らかの理由から胆嚢の摘出ができない場合は、 胆嚢内にたまった胆汁や膿を抜く処置が行われます。 胆嚢に直接針を刺して、溜まった膿を吸引する方法と 細いチューブを皮膚から肝臓を経由させて、 胆嚢内にいれて膿を排出する方法の2種類があります。 人によっては、その後、胆嚢を摘出しないで、 ドレナージだけでその後再発を起こさないケースもあります。 また、胆石の疝痛発作は、天ぷらや中華料理などの 脂っこいものをたくさん食べることがきっかけになります。 ネバネバ食品に多く含まれている水溶性食物繊維は 余分なコレステロールを排出してくれるので、 油物の多い食事をする時は、一緒に摂るのがよいでしょう。 ストレスが溜まった状態や過労が重なっていると 胆嚢をはじめとする消化器系の働きも悪くなり、 発作が起こりやすくなります。 急性胆嚢炎を予防する為には、食事は適量を守るようにして、 規則正しい、食生活を心がけることが大切です。 《関連記事》.

次の