ゆうちょ 同士 手数料。 手数料情報│金利・手数料│りそな銀行

振込手数料|手数料一覧|北洋銀行

ゆうちょ 同士 手数料

【1】2018年10月1日改悪まとめ ゆうちょ銀行の口座を持っている…すべての人に再び衝撃的なニュースが入ってきた! 2016年10月1日からゆうちょ銀行が2年間続いてきた『ゆうちょATMを利用すればゆうちょ銀行口座同士の送金手数料は 3回まで無料キャンペーン』は2018年9月30日で終了。 2018年10月1日からはゆうちょATMを利用して…ゆうちょ銀行口座同士の送金手数料無料はたった 1回だけに改悪されることが決まった。 なお下記の一覧表にある ゆうダイとは、ゆうちょダイレクトのこと。 ゆうちょダイレクトで 月間6回目以降にとられる 113円はそのままで今回の改悪は関係ない。 【2】2016年10月1日改悪時のまとめ ゆうちょ銀行の口座を持っている…すべての人に衝撃的なニュースが入ってきた! 2007年10月1日の郵政民営化以来、ゆうちょ銀行が9年間ずーっと続けてきた『ゆうちょATMを利用すればゆうちょ銀行口座同士の送金手数料は何度でも無料キャンペーン』を2016年9月30日で終了する、ATMでの送金手数料を 有料にするというのだ。 2016年8月16日の日本経済新聞が報じている。 1つ目は 窓口を利用して送金する場合に月間送金回数には関係なく毎回かかる 144円。 2つ目は ゆうちょダイレクトで 月間6回目以降にとられる 113円。 つまり、ゆうちょATMを利用すればゆうちょ銀行口座間の送金手数料は無料だったのだ。 なお下記の一覧表にある ゆうダイとは、ゆうちょダイレクトのこと。 マイナス金利導入の影響で国債の利回りは大きく低下し、結果として資産運用の収益が悪化した。 それで、ゆうちょ銀行ATMの送金手数料無料キャンペーンを終了せざるを得なくなってしまったようなのだ。 ただし、ゆうちょ銀行自体は2016年8月16日…今のところは「報道は正式発表によるものではなくノーコメント」としている。 【2016年8月17日続報】 ゆうちょ銀行が『ゆうちょ銀行口座間ならATM送金手数料は無料キャンペーン』の終了を正式発表した。 正式発表の内容は、上記でご紹介した内容の通りだった。 なお2016年10月1日から始まる、ゆうちょATMを使った…ゆうちょ銀行口座同士での送金手数料は月間3回まで無料、月間4回目以降は毎回123円の送金手数料についても 2年間の期間限定キャンペーン扱いで期限が2018年9月30日までと設定されている。 もし期限の延長がなければ当然終了してしまうので2018年にも、ゆうちょ銀行同士のATM送金手数料無料化の問題は再び2018年問題としてクローズアップされることになるだろう。 nikkei. itmedia. jp-bank. japanpost. jp-bank. japanpost.

次の

振込手数料 : 三井住友銀行

ゆうちょ 同士 手数料

例え自分の名義でも、銀行や支店が違えば自動的に取られてしまう振込手数料。 できるだけ安く済ませたいところだが、銀行や振込方法、宛先など、状況によって細かく料金が分けられ、わかりにくいところが厄介だ。 そこで、この記事では、銀行や状況ごとの振込手数料を比較してみる。 シチュエーション別に変わる振込手数料の比較 振込手数料は、振り込む金額や方法、他行の口座に振り込む場合など、状況によって金額が変わる。 さまざまなシチュエーションの振込手数料を比較してみよう。 他行への振込手数料を比較 同じ銀行同士でやり取りをするより、ほかの銀行への振り込みする時のほうが手数料は高くなるのが一般的だ。 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行を比較してみると、ATMでカードを使って3万円未満の振り込みをする場合、最も安く他行に振り込めるのはみずほ銀行と三井住友銀行。 その手数料は、どちらも1件あたり216円だ。 振込手数料が比較的高くなる法人口座でも無料で振り込む方法 法人口座は、振込手数料も個人口座よりも高くなる銀行が多い。 ネットバンクであれば、法人口座でも無料で振り込めるところもある。 GMOあおぞらネット銀行やイオン銀行は、同じ銀行への振込手数料はかからない。 振込手数料比較! 窓口でも安い銀行は? 3万円以上の振込を窓口ですると、都市銀行では864円かかる。 3万円未満なら、みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行は648円で振り込める。 ネット銀行の振込手数料は比較的安い ネット銀行は、同じ銀行の口座間での振り込みなら手数料がかからないところもある。 他行宛てでも300~400円程度でできるところが多く、都市銀行などと比べても振込手数料は安い。 振込手数料の比較、コンビニATMの場合は? 振り込みはコンビニに設置されているATMでもできるが、手数料は銀行のATMと同じくかかる。 各銀行の定めた手数料の違いはあるが、コンビニによる違いはほぼない。 色々な銀行の振込手数料一覧 ここで、いくつかの都市銀行とネット銀行の振込手数料一覧へのリンクを貼っておく。 細かい違いを比較してみよう。 例えば、ほかの銀行は3万円を境に振込手数料が変化するのに対し、ゆうちょ銀行は5万円から手数料が切り替わる。 このような、ゆうちょ銀行ならではの振り込み手数料の特徴を紹介しよう。 【参考】 振込手数料の比較、ゆうちょ銀行と都市銀行はどっちが高い? ゆうちょ銀行と都市銀行の振込手数料を比較してみると、ほぼ横並びであまり変わりない。 ただし、先述した通りゆうちょ銀行は5万円から手数料が高くなるため、3万円以上5万円未満の金額を振り込む場合には、ゆうちょ銀行がお得といえる。 ATM振込手数料はゆうちょ銀行同士なら無料の場合も ゆうちょ銀行同士での振替は、ATMなら月1回無料。 ゆうちょダイレクトを利用すれば、月5回まで無料でできる。 振込手数料はゆうちょ銀行のコンビニATMを使うとどうなる? ゆうちょのATMが設置されているファミリーマートであれば、ゆうちょ銀行の口座からの振込ができる。 振込手数料は、郵便局に置いてあるATMと変わらない。 振込手数料は、ゆうちょダイレクトを使うと安くなる? ゆうちょダイレクトでの振込は、ゆうちょ同士なら月5回までは無料で、6回目以降は113円となる。 他行宛ての場合は、5万円未満なら216円、5万円以上なら432円だ。 【参考】 振込手数料が安いのはゆうちょ銀行、みずほ銀行どっち? ゆうちょ銀行とみずほ銀行の他行宛て振込手数料を比較してみると、手数料自体はどちらもほぼ変わらない。 ただ、先述の通りゆうちょ銀行は料金の切り替えが5万円からのため、3万円以上5万円未満であれば、ゆうちょ銀行のほうが安く振込できる。 振込手数料は、ゆうちょ銀行のATMを土日に使うと平日より高くなる? ゆうちょ銀行のATMで振込をした場合、土日でも手数料は平日と変わらない。 振込手数料を無料にしたいならゆうちょダイレクトがおすすめ ゆうちょダイレクトは、パソコンやスマホ、電話などから口座の照会や振り込みなどができるサービスだ。 ゆうちょ銀行間なら、月5回までは無料で振り込みできる。 振込手数料がかからない方法は、ネット銀行を使うこと! ネット銀行なら、他行宛てでも条件付きで振込手数料を無料にできるところは多くある。 ソニー銀行と住信SBIネット銀行は、無条件で月1回まで無料で他行へ振り込みできる。 さらに、Visaデビットカードやクレジットカードを作ることで、月3回まで無料となる。 【参考】 振込手数料は1回数百円程度とはいえ、積み重なれば出費も大きくなる。 できるだけ安いところを利用したり、無料で振り込みできるネット銀行を使ったりして、上手に振込手数料を節約してほしい。

次の

ゆうちょ銀行は振込手数料が月3~5回無料!土日祝や他銀行では?

ゆうちょ 同士 手数料

ゆうちょ銀行同士の振込は即時反映 ゆうちょ銀行口座を持つ人がそこから 相手のゆうちょ銀行口座に振り込みをした場合は、即時反映されます。 振り込み時間の締切はなく24時間いつでも即時反映されますのでとても便利です。 例えば夜中の2時に振込をしても大丈夫です。 他銀行からゆうちょ銀行口座へ振込みは3時が締め切り 他銀行からの振込みまたは、その逆でゆうちょ銀行から他銀行の振込みですが午後3時までに手続き完了すれば、当日に反映されます。 反映までの時間については、他銀行との処理都合となり明確には言えません。 午後3時を過ぎてしまうと当日反映はしません。 翌営業日の取扱として処理されます。 月曜日の午後3時過ぎに手続きをすると火曜日に反映されます。 金曜日の午後3時過ぎに手続きをすると週明けの月曜日に反映されます。 もし、翌営業日が祝日の場合は、さらに翌日という風に反映が遅れていきます。 大型連休前の手続きだとかなり遅れますので注意しましょう。 ゆうちょ銀行の振込み手数料 2018年10月1日より「ゆうちょ口座同士の送金」での手数料条件が少し変更になりましたので注意して下さい。 ・窓口で手続きをしてもらった場合:144円 ・ゆうちょATMを利用した場合:月1回までは無料。 月2回目以降は123円 ・ゆうちょダイレクトを利用した場合:月5回までは無料。 月6回目以降は113円 他銀行への振込み手数料は以下の通りです。 ・窓口で手続きをしてもらった場合:5万円未満648円。 5万円以上864円。 ・ゆうちょATMを利用した場合:5万円未満216円。 5万円以上432円。 ・ゆうちょダイレクトを利用した場合:5万円未満216円。 5万円以上432円。 窓口手続きが高くなるのでなるべくATMまたは、ダイレクトを使いましょう。

次の