香水 歌詞 えい と。 至急お願いします!

【瑛人/香水】歌詞の意味を徹底解釈!SNSで話題沸騰の切ない恋の歌。

香水 歌詞 えい と

オリコン週間ストリーミングランキングでは、 瑛人の歌う「香水」が 週間再生数396. 今年齢は22歳で、 男三人兄弟で上に2人兄がいる シンガーソングライターです。 生まれも育ちも横浜で、 現在ハンバーガー屋でアルバイトしています。 中学まではずっと野球をやっていて、 高校ではダンス部に入っていました。 高校を卒業してフリーターだったんですけど、 何か生活が物足りなくて。 じゃあ昔から好きな歌でやってみようってことで、 しまわれていたおじいちゃんのギターを改めて手にして 自分でも音楽を始めました。 そこから1年間音楽学校に通いました。 今リリースされている曲では、 僕はギターも弾いてなくて歌だけです。 ギターについては曲を作る時にちょっと弾くぐらいで。 それを友だちで仲間の小野寺 淳之介に 「こういう風に弾いてほしい」って伝えてやってもらっています。 を見ると人となりが分かります。 ドルチェ&ガッバーナの香水のおすすめは? 以下にご紹介する香水は で購入できます。 ドルチェ&ガッバーナ ドルチェ ピオニー オードパルファム:75ml 15400円.

次の

【瑛人/香水】歌詞の意味を徹底解釈!SNSで話題沸騰の切ない恋の歌。

香水 歌詞 えい と

1年の時を経てランクイン! 2020年5月、ビルボードチャートで話題を呼んでいる楽曲があります。 それが、シンガーソングライターである『瑛人』の『香水』です。 実はこの楽曲、リリースされたのは2019年4月と、約1年以上も前のこと。 リリース当初はチャートを賑わすことはありませんでしたが、なぜかリリースから1年後のタイミングでチャートインし、ついには総合1位を獲得しました。 流行のきっかけになったのは、ショートムービーの投稿アプリ『TikTok』。 リリース当初から様々な人が『香水』のカバー動画をアップしていたようでしたが、コロナウイルスによる外出自粛の煽りを受けてカバー動画が急増し、大きなブームとなったようです。 それにしても、多くの人に「自分も歌ってみたい」と思わせるなんてすごい力を持った楽曲ですよね。 楽曲ではどんなことが歌われているのか、早速歌詞をチェックしてみましょう。 夜中に元恋人から「いつ会える?」という連絡が入ります。 なんだか胸がざわつくストーリーですよね。 続く歌詞では、過去の回想が歌われています。 充実した毎日を送っていたことがわかる歌詞ですね。 しかし、現在2人は破局しています。 それも3年前に別れたようです。 2人が一緒にいた頃はキラキラと輝いていた主人公ですが、今はそうではない様子です。 特に「何も感じとれなくてさ」という歌詞からは、心にポッカリと穴が開いてしまったかのような虚無感を感じますよね。 失恋のショックが原因なのでしょうか? 強い寂しさを感じる歌詞です。 「もう求めていない」と言っていますが、本当にそうでしょうか? 全く未練や思いがなかったら、3年ぶりの連絡で急に会うなんてことはしませんよね。 そしてなんと言っても印象的なのが、楽曲タイトルともリンクする「ドルチェ&ガッバーナの香水」という歌詞です。 不意に香る匂いが蘇らせる、元恋人の存在や過去の思い出。 想像するだけでとてもセンチメンタルな気分になります。 「もう好きではない。 けどあの頃は楽しかったなぁ」という、主人公の未練にも似た心の声が聞こえてくるようですね。 「香水」の存在に注目! 1番では主人公が落ちぶれている様子が歌われていますが、変わったのは主人公だけではありません。 2番では元恋人の変化についても歌われています。 とても些細なことのようにも感じますが、小さな変化に距離を感じたりすることってありますよね。 でも、そんな元恋人に3年経っても変わらなかったポイントが一つあります。 それが「ドルチェ&ガッバーナの香水」。 サビで「香水が思い出させる」と歌われていたことから、別れた後も元恋人は同じ香水を使い続けているのでしょう。 久しぶりに会い、少し変わった恋人を見て心の距離を感じる。 でも、変わらない香水の香りで楽しかった日々を思い出す。 そして「やっぱり君は素敵な人だった」と、改めて元恋人の存在と思い出に感謝する気持ちが最後のサビで歌われています。 皆さんも元恋人の香水の香りを思い浮かべながら、じっくりと思い出に浸ってみてはいかがでしょうか? TEXT ゆとりーな.

次の

瑛人「香水」が人気の理由!切ない歌詞や懐かしいメロディーが秀逸

香水 歌詞 えい と

瑛人 えいと さん プロフィール 本名:高橋瑛人 たかはしえいと 生年月日:1998年6月3日 年齢:23歳 出身:神奈川県横浜市保土ヶ谷 趣味:映画鑑賞 特技:野球・カラオケ・ダンス 男兄弟3人の末っ子で、小さい頃から歌うことが大好きだったそうです。 生まれも育ちも横浜の保土ヶ谷で、音楽に関してはお兄さんの影響がかなり大きいようです。 6歳上の一番上のお兄さんがカラオケで歌っていた清水翔太さんの「HOME」を聴いたときにすごくいい曲だと思い、それからご自身も音楽を聴いたりカラオケで歌うようになったそうです。 お兄さんは日本語ラップなんかも聴いていたことから、ヒップホップにも興味をもつようになり、今の音楽づくりにも生きているそうです。 お祖父様も音楽が好きで、家にはビンテージのスピーカーやギター、マンドリンなどもあったそうです。 小学生の時に、三兄弟の誰かに音楽やって欲しいとお祖父様がプレゼントしてくれたのはYAMAHAのアコギ。 なのにその当時は、3人共誰もギターを手にとることなくしまわれたままで、お祖父様はがっかりだったとか。 というのも、歌手になりたいという思いはあったものの、 瑛人さんは中学までは野球、高校ではダンス部と、音楽は好きだけど本格的には何もしていなかったんですね。 高校卒業後、フリーターをしていたときにダンサーの友人が一生懸命好きなことに打ち込む姿に刺激を受け、そこで ようやくお祖父様のプレゼントのギターを手にして音楽を始めることになります。 あまりにもなんの知識もないので音楽学校に通うことにしたそうですが、1年間通っただけで「香水」みたいな曲作れちゃうって、感性すごすぎですよね。 食べに行ったら、瑛人さんとばったり会えるかもしれないですね?! \スポンサーリンク/ 2019年にリリースした「香水」はTikTokでどんどんカバーされて拡散し、ジャパニーズドリームと言っていいような短期間でのヒットに繋がり、 Apple Musicのシングル総合チャート、LINE MUSIC TOP 100、Spotify Japan Viral 50でも1位を獲得しています。 ご本人も知らないうちに、いろんな人がカバーやアレンジして、それをまた別の誰かがアレンジして・・・と、まさに「拡散」で人気が出て、気づいたら FANTASTICS from EXILE TRIBの中島颯太さんまでがTikTokにあげてた、って感じで、当の瑛人さんもびっくりされたそうです。 初弾き語り投稿。 ほんと切ない。 あんまり切ないんで、これ実話なんじゃ?って思ってしまいますが、なんとなく過去の失恋が下敷きになっているふうなことをで話していらっしゃいました。 曲の作り方として、淳之介とかにギターを弾いてもらいながらフリースタイルで言葉を吐いていくっていうセッションをよくやるんです。 その時の感情を言葉にばーっとぶつけていく感じで。 で、ある日そういう風に 淳之介ともう一人のギタリストとセッションした時、たまたま3人ともみんながちょうどフラれたみたいな日があって、その時のセッションで出来た曲が「香水」でした。 後から整えたりはしましたけど、「別に君を求めてないけど」っていう歌詞やメロディのベースとなる部分はその場のフリースタイルで出来た曲です。 本当にその時の感情がそのまま出てるっていうか。 リリースの1ヶ月ほど前にパッとできちゃった曲だそうですが、セッションしているうちに何となく元カノを思い出して感情が高ぶったんじゃないかなっていう雰囲気ありますよね。 なので実話ってことで理解しておくことにします(笑 6月5日のMステの電話インタビューでも、この曲ができた経緯を聞かれていました。 はじめは鼻歌だったんです 冬の終わりぐらいに失恋しまして 5分ぐらいでできました ほぼほぼ実体験ですね(笑 ということで、実話説確定です! \スポンサーリンク/.

次の