ツイッター センシティブ な 内容。 Twitter:センシティブな内容とは?解除の設定方法を徹底解説

Twitter 「センシティブな内容」ってなに!?

ツイッター センシティブ な 内容

Twitterでセンシティブな内容となってしまうツイートを見れるようにする方法は、iPhoneとAndroidスマホで手順が異なります。 以下、ブラウザ版Twitterから設定を変更していきます。 以上の手順で、iPhoneのTwitterアプリでセンシティブな内容を見れるように設定を変更することができます。 設定を変更した後に「保存」などをタップする必要はないので、チェックを入れたらそのままブラウザを閉じてしまって大丈夫です。 表示する• それぞれ役割はこのようになっているので、好きな方を選んでタップしてください。 ちなみに、こちらも 初めてブラウザ版Twitterにログインした場合はメニューが英語表記になっているので・・・ 英語表記の場合は「Display media that may contain sensitive content」のチェックを外せばOKです。 こちらも設定を変更した後に「保存」などを選択する必要はないので、チェックを入れたらそのままブラウザを閉じてしまって大丈夫です。 この手順で、AndroidスマホのTwitterアプリでセンシティブな内容を非表示にすることができます。 Twitterには、不適切な内容が含まれているツイートを報告 通報 する機能が備わっています。 ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します。 この際に「センシティブな内容を投稿する人」と認定されてしまった場合、セキュリティ設定を勝手に変更されてしまう場合があるんです。 Twitterに認定され、設定が変更されてしまう基準は不明ですが、悪質な場合はアカウント凍結などの処理が行われます。 とは言え、もし設定が変更されてしまったとしても、先ほどの手順で元に戻すことができるので、悪質なツイート 後述 をしている自覚がない場合には、あまり深く考えず設定を変更してしまいましょう。 ・そもそもTwitterのセンシティブとは? そもそもTwitterのセンシティブって基準があいまいなので、具体的にどういったものが該当するのかよくわからないですよね。 写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• また、なかなか気づきにくいですが自分のツイートがセンシティブな内容になってしまっている場合にも、「プライバシーとセキュリティ」の設定から解除することができるようになっています。

次の

Twitterで表示される「センシティブな内容」の意味とは?iPhoneでも簡単に解除できる方法を解説

ツイッター センシティブ な 内容

友達や知り合い、好きな芸能人などをフォローして、その人のツイートを見ようと思ったら 【このツイートには不適切な内容が含まれている…】という表示が出てきてツイートの内容がわからない!という経験がある人って少なくないですよね。 人のツイートだけでなく、自分がツイートしたものでも【不適切な内容が…】と表示されてしまうこともあります。 』 『このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません』 と出てきたら、薄いグレーになっている文章の部分をタップしてください。 画像でいうと赤枠で囲んである部分です。 タップすると、次の画像のような表示が出てきます。 同じような表示が出てきたら、赤枠で囲んである【設定を変更】をタップします! タップするとTwitterのログイン画面に移行しますので、 「不適切な…」「センシティブな内容…」と表示されるアカウントでログインしてください。 すると、何やら設定の画面にいくんですが、その中の【セキュリティ】の項目までスクロールしてください。 センシティブな内容を解除できない時の対処法 『センシティブな内容が…』を解除する方法について解説してきましたが、 「手順通りにやったのにまだ見れないツイートがある!」なんてことがあるかもしれません。 私も、解除したはずなのに見れないツイートがあって「あれ?」となった経験があります。 こういった時の対処法は 『タスクを切る』ことです。 タスクを切ってから、再度Twitterを開いて確認してみてください。 Twitterの「不適切な内容が…」をPCで解除する方法 それでは続いて、「不適切な…」をPCで解除する方法を解説していきます! PCでツイッターを開いてログインをすると、画面の右上にご自身のTwitterアイコンが出てきます。 アイコンをクリックすると、下記の画像のように表示されます。 ずらっと並んでいる項目の中から【設定とプライバシー】を選択してクリックしてください。 この様な画面になったら、一番左側に並んでいる項目の【プライバシーとセキュリティ】をクリックします。 下までスクロールすると【安全性】という項目があるので、その中の【不適切な内容を表示しない】にチェックが入っていると思います。 ただ、万が一きちんと解除できていない時のことを考えて、設定変更が完了した後に確認することを忘れないでください。

次の

Twitterのセンシティブな内容を解除!英語で解除できない時の対処法も解説|アプリ村

ツイッター センシティブ な 内容

Twitterの「センシティブな内容」の基準とは? センシティブとは「傷つきやすい、敏感な」といった意味の言葉で、簡単にいうとTwitter側から「閲覧にあたって注意が必要」と判断されたツイートであることを意味します。 テキストではなく画像や動画の投稿に対して表示されるもので、具体的には以下の様なものに該当する画像・動画がセンシティブな内容と判断されます。 ・暴力的な内容 ・アダルトな内容 ・誹謗中傷やヘイト表現を含む内容 ・グロテスクな内容 例えば、人間の裸体や血を流すシーンなどもセンシティブな内容としてあげられます。 未成年や、一部のユーザーに閲覧しては悪影響になるものばかりですよね。 しかし、このツイッターのセンシティブな内容の判断は曖昧で、時になんてことのない投稿が基準に引っかかってしまうケースもあります。 ここからは、以下の2つのケースで「センシティブな内容」への対処法を解説していきます。 ・自分の投稿がセンシティブな内容と表示されてしまう場合 ・他人のセンシティブな投稿を見たい、もしくは見たくない場合 まずは前者から見ていきましょう。 センシティブな内容が含まれているという警告が出てしまう場合の解決方法 先述の通り、センシティブの基準は曖昧なため、普通の画像や動画を投稿していても警告メッセージが出てしまうケースがあります。 この設定はiPhone・AndroidのアプリやPC等のブラウザどれからでも変更可能です。 具体的な手順は次の通りです。 プロフィール画面から「設定とプライバシー」を開く 2. 「プライバシーとセキュリティ」の項目に移動 3. 自身の投稿内容をチェックする 自身の投稿がセンシティブな内容と判断された場合は、今一度投稿をチェックしてみましょう。 前述でもありましたように、センシティブと判断するのは曖昧な内容であることも多いです。 意外な部分で判断されてしまうケースも多々あります。 自身の投稿を見直すことでよりよい発信をする心構えをする機会にもなるでしょう。 センシティブな内容を含む動画・画像に対する設定方法は、iPhoneとPCはブラウザから、Androidはアプリから変更できるため、それぞれの詳しいやり方を解説します。 そのため、SafariやGoogle ChromeといったブラウザからTwitterにログインして設定を変更する必要があります。 なお、PCも同じくブラウザからのログインとなるため手順は同じです。 iPhoneアプリからセンシティブな内容と表示されている投稿をタップして開く• 設定画面に飛ぶので「セキュリティ」の項目をクリック• なお、警告メッセージが出ている投稿からではなく、ブラウザからログインして直接設定画面から同様に変更することも可能です。 センシティブな投稿を見たくないのに表示されてしまっている場合には、設定画面から直接非表示設定にしてください。 それぞれの手順を紹介します。 アプリ内のプロフィール画面から「設定とプライバシー」をタップ 2. 「プライバシーとセキュリティ」をタップ 3. その様な場合には、頻繁にセンシティブな投稿を行うユーザーをミュートしてしまいましょう。 全ての投稿が見えなくなってしまいますが、本当に困っている場合には最も確実な方法です。 また、リアルでの付き合いがないユーザーの場合には、フォローを解除したり、ブロックしてしまうことをおすすめします。 まとめ 以上、センシティブな内容を含む投稿への対処方法を解説しました。 ぜひこの記事を快適なタイムライン作りの参考にしてみてください。

次の