ウィング ビーム。 シマノのウィングビームを使ってみたけど、マゴチさんはお留守のようです

熱砂 ウィングビーム着弾❗

ウィング ビーム

現場溶接型と工場溶接型(ストレート梁) ウィングビームと新型ウィングビーム (水平ハンチ梁) 鉄骨造建物では、柱梁接合部の破断リスクの大きさが耐震性能を大きく左右します。 一般に、柱に対して梁のフランジを工事現場で溶接し、ウェブを高力ボルトで接合する「現場溶接型」の柱梁接合は、「工場溶接型」に比べ材料や製作のコストを抑えることができます。 また、柱から梁への突出部(ブラケット)がないため、保管が容易で、輸送コストが低減できるというメリットもあります。 しかし、1995年の阪神・淡路大震災では、工場溶接型に比べ現場溶接型の柱梁接合部に相対的に多くの被害が発生しました(出典:日本建築学会ほか、阪神・淡路大震災調査報告)。 大林組はこの地震被害を教訓に、経済性を保持したまま現場溶接型の柱梁接合部の耐震性を向上させるため、台形型の水平ハンチをフランジの梁端部に設けた「ウィングビーム工法」を1999年に開発し、これまで多くの建物に適用してきました。 しかし、近年、首都直下地震や南海トラフ地震など巨大地震への懸念が高まっており、より大きな揺れに耐える工法が求められています。 また、2011年の東日本大震災を受け、超高層建物に大きな揺れをもたらす長周期地震動や、長い時間にわたって揺れ続ける長時間地震動も懸念されており、揺れの大きさに加え、揺れの繰り返しに対する性能も重要になっています。 今回開発した「新型ウィングビーム工法」は、現場溶接型の経済的な利点を保持したまま、ハンチ形状を改善することで耐震性をさらに大きく向上させており、経済性と最高レベルの耐震性を両立させた柱梁接合工法です。 一般に、地震時は梁端部に大きな荷重がかかります。 現場溶接型ストレート梁の場合、梁端部で強度を確保すると、梁端部以外は必要以上の断面の大きさとなっています。 新型ウィングビーム工法は大きな荷重がかかる梁端部の断面のみを水平なハンチで増加させ強度を確保することで、より断面の小さい鋼材を使用した設計が可能です。 その結果、梁の鉄骨量が減少するため、従来のウィングビーム工法と同様、現場溶接型ストレート梁と同程度のコストとすることができます。 また、新型ウィングビーム工法は、建物規模による制約はなく、さまざまな建物に適用可能です。 既に、大林組東京機械工場事務所棟(埼玉県川越市)をはじめ、オフィスビルや製薬工場に適用しています。 大林組は、今後、新型ウィングビーム工法を積極的に提案し、災害に強い、安心・安全な街づくりに貢献していきます。 以上 この件に関するお問い合わせ先 大林組 CSR室広報部広報第一課 TEL 03-5769-1014 プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。

次の

鉄骨造建物の柱梁接合工法「新型ウィングビーム工法」を開発・適用

ウィング ビーム

どーも、十平です。 2019年シマノの新製品ウィングビームとヒラメミノーSR150を使ってみたのでインプレをしてみたいと思います。 画像はウィングビームとバリスタですが(笑) インプレと言っても当日は向かい風が結構吹いていた(天気予報では5mくらい)のであまり参考にならないかもしれませんが、とりあえず1回使って思ったことを書いてみたいと思います。 ヒラメミノーSR150S まずヒラメミノーです。 150mmのサイズで平均飛距離70mオーバーということで買ってみました。 あと、今年はミノーで釣りたかったので(笑) 皆さんだいたい予想がつく結果だと思いますが、向かい風の前では大きいサイズのせいで全く飛びませんでした。 飛ばなすぎて2投くらい投げてすぐにやめました。 ということでヒラメミノーSR150は向かい風の強い日にはおすすめ出来ません。 また、条件のいい日に投げてもう一度インプレをしたいと思います。 ウィングビーム ウィングビームはシマノホームページによると平均飛距離97mとなっています。 強い向かい風の前ではどうだろうと思って投げてみると、「ピュー」っといった感じで気持ちよく飛んでいきます。 向かい風でも姿勢を崩さず飛んで行きます。 たまに姿勢を崩すこともありますがそれでもそこそこ飛んでいきます。 平均飛距離97mは嘘ではないなと思いました。 リフト&フォールメインに使ったのですが、リフトするときにルアーが動いているのがロッドに伝わってくるのでそこそこアクションしていると思います。 荒れた状況でも比較的使いやすいルアーだと思いました。 この日は釣れませんでしたがそのうち釣れそうなきがするルアーでした。 まとめ この日はこの他にウェッジ120Sとヨイチバリスタも使いました。 ウェッジは、風でラインが取られて操作感がいまいちよく分かりにくかったです。 バリスタは操作感と飛距離はそこそこありましたが、飛行姿勢が崩れるのであまり投げたくなかったです。 ということでこの中ではウィングビームが一番使いやすかったです。 荒れたサーフではメタルジグをよく使うと思いますが、ウィングビームという選択肢もありだなと思いました。 今1個しか持ってないのでもう2個くらい買おうかなと思います。

次の

熱砂 ウィングビーム シマノ プラグ シマノ ルアー

ウィング ビーム

熱砂 ウイングビーム 80HSの特徴 熱砂ウィングビームはシンキングペンシルの飛距離とミノーのような大きなウォブリングアクションを両立するコンセプトで設計されています。 通常のシンキングペンシルは泳ぎが弱く、手元に伝える情報が少ないので動きが分かりづらいという課題がありました。 また、形状的に浮き上がりやすくなるため、レンジコントロールがしにくくなります。 「ウィングヘッド」がこれらの問題を解消、低速リトリーブからルアーがワイドに泳ぎつつ、レンジキープ力も上がるという、よくあるシンキングペンシルのデメリットの解決を図っています。 出典: メタルジグでは主にリフト&フォールで誘うのがサーフの釣りの基本になりますが、 「シンキングペンシルの飛距離とミノーのウォブリングアクション」という、縦ではなく横とレンジキープ力で、ジグとは違った誘いが演出できる、というのが強みになりますね。 特徴的なトサカ・・いや 「ウィングヘッド」が低速でもちゃんと泳ぐための秘密のようです。 そして 「80mmサイズ」という意外と小粒な形状と後方重心設計が飛距離アップに貢献している感じですね。 シマノの場合、最初にあまり説明が無い商品は力が入ってない商品なんだな、と思うわけですが、「ウィングビーム」の場合は上記のような説明が入っていて、最初から力が入っています(笑) ウィングビームのスペック 全長:80mm 自重:35g 価格:1,650円 ウィングビームのカラー展開 サーフで人気のあるカラーは当然ながら最初から網羅。 個人的には 「アカキン」「クリアピンクイワシ」が良さそうですが、 「サーフカーニバル」も捨てがたいですね。 名前がですけど。 ヒラメはピンクカラーが強いと言われますので、まずはピンク系を先発にしても良いかなと思います。

次の