チェンソー マン ポチタ。 【チェンソーマン】デンジとポチタ考察、多くの層が納得する名作になりそう!

【チェンソーマン】デンジとポチタ考察、多くの層が納得する名作になりそう!

チェンソー マン ポチタ

悪魔一覧 チェンソーの悪魔(ポチタ)• 初回登場話数 1話• 概要 言わずと知れた主人公デンジのパートナーであるチェンソーの悪魔ポチタ。 第1話でデンジの心臓となりますが今でも実は生きている?と思ってしまうほどデンジとの絆が深く、可愛い悪魔でした。 トマトの悪魔• 初回登場話数 1話• 概要 第1話でデンジに殺されたトマトの悪魔。 デンジがヤクザの元で、民間のデビルハンターとしてポチタと倒した。 デンジ曰く殺しても種から復活するため、燃やす必要があるらしい(なぜ知っているw)。 ヤクザからは報酬として40万と査定されていた。 謎の悪魔• 初回登場話数 1話• 概要 デンジがポチタと初めて殺した悪魔。 この悪魔の死体を元に、ヤクザにデビルハンターとして雇ってもらった。 何の説明もないほか、デンジがデビルハンターとなる経緯を説明するためだけに描かれたと思われる雑魚悪魔かつ見た目も謎なのでとりあえず謎の悪魔(笑) ゾンビの悪魔• 初回登場話数 1話• 概要 デンジを雇っていたヤクザを乗っ取った悪魔。 力を欲する人間に対し、力を与える代わりにゾンビにし、奴隷化させる。 デビルハンターを殺すことを望み、ゾンビを操るがポチタと合体したデンジに殺される。 マキマが追っていたことからある程度の強さもしくは危険度を持つ悪魔であることが考えられる。 筋肉の悪魔• 初回登場話数 2話• 概要 触れている筋肉を操ることができる。 筋肉を操ることで、生物の動きを乗っ取ることもできる。 デンジは触れただけで腕の筋肉を乗っ取られ骨を折られた。 ナマコの悪魔• 初回登場話数 5話• 概要 パワーに一撃で殺された悪魔。 人間の指や頭蓋骨が体にくっついている。 コウモリの悪魔• 初回登場話数 6話• 概要 パワーが飼っていた猫のニャーコを人質に、パワーに人間を連れてくることを命令した。 人間に腕をちぎられたため、血を飲み回復するために人間を必要としていた。 デンジの血を飲むことで、腕の怪我を回復した。 物理攻撃と超音波による攻撃が可能。 ヒルの悪魔のパートナー。 ヒルの悪魔• 初回登場話数 9話• 概要 コウモリの悪魔のパートナー。 人間をすべて食べる夢をかかげる悪魔。 早川アキが契約する狐の悪魔に食べられる。 狐の悪魔• 初回登場話数 10話• 概要 人間に好意的で、公安に所属するデビルハンターの多くが契約している悪魔。 デビルハンターは力を借りる代わりに体の一部を狐に食わせる。 デビルハンターの力に応じて、借りることができる悪魔の力(=悪魔の身体の一部)が変わる。 早川アキは腕の皮膚を食わせて、狐の頭を使った。 銃の悪魔• 初回登場話数 未登場(説明のみ12話で初登場)• 概要 13年前に世界中で大量殺戮を行った最強の悪魔。 大量殺戮時は5分で120万弱を殺し、現在まで姿を隠している。 銃の悪魔は移動速度が早すぎるため、移動中に体の一部が少し焦げ落ち世界中に点在している。 悪魔がこの肉片を食べると「銃の悪魔の力」で、力を増すことができる。 マグロの悪魔• 初回登場話数 13話• 概要 雑魚悪魔に分類されるが、「銃の悪魔」の肉片を摂取していたため通常より強かったが早川アキ・姫野に殺された。 永遠の悪魔• 初回登場話数 14話• 概要 「銃の悪魔」の肉片を摂取していた悪魔。 遭遇したデンジら公安をホテルの8階に閉じ込め、永遠に抜け出せない世界を作り出す。 また、本体を別の世界に隠すことができるためどんなに攻撃しても死ぬことはない。 永遠の悪魔はデンジと契約する前のチェンソーの悪魔を知っており、恐れていた。 そのため、公安にデンジを殺すことを条件に解放する契約を持ちかけた。 死ぬことはないが痛みは感じるため、チェンソーと化したデンジが永遠に切り刻むことで、死ぬことを選択した。 幽霊の悪魔(ゴースト)• 初回登場話数 15話• 概要 姫野と契約する悪魔。 姫野は右目を食べさせることで、幽霊の悪魔の右手を使うことができる。 相手からは透明かつ触れることができない。 幽霊の悪魔は目が見えないため、相手の恐怖心を見る。 呪いの悪魔(カースト)• 初回登場話数 24話• 概要 早川アキと契約している悪魔。 寿命を捧げ、呪う対象に釘を3回刺すことで敵を呪い殺すことができる。 ヘビの悪魔• 初回登場話数 25話• 概要 沢渡と契約する悪魔。 25話で幽霊の悪魔を丸呑みする。 34話で飲み込んだはずの幽霊の悪魔を、沢渡が使用していたため、飲み込んだ悪魔を使役することができる等の能力を有している可能性がある。 初回登場話数 27話• 概要 マキマと契約する悪魔。 人の命を代償に対象を殺すことができる。 能力の行使範囲は広範囲で、遠隔地からも使うことができる。 未だ不明点の多い悪魔。 マキマ自身が内角直属のデビルハンターであるため、相当強い悪魔と予想される。 未来の悪魔• 初回登場話数 31話• 概要 公安に生け捕りにされており、早川アキ含め公安のデビルハンター3人が契約する悪魔。 寿命半分や両目と味覚・嗅覚など、契約の代償は未来の悪魔の気まぐれで決まる。 未来の悪魔のお腹に頭を入れることで、人間の未来の死際を見ることができる。 早川アキは死際の特異性から未来の悪魔に気に入られ、右目に住まわせることを条件に契約した。 契約することで、少し先の未来を見ることができる。 蜘蛛の悪魔• 初回登場話数 34話• 概要 公安の悪魔。 人の姿に近いため人に友好的であるが、悪魔は悪魔であるため癇癪で人を殺してしまう。 天使の悪魔• 初回登場話数 34話• 概要 公安の悪魔。 人に悪意はないが、触れると寿命を吸い取られるため危険。 触れた人の命を武器に変換することができ、生み出された武器は触れられないはずの幽霊を切ることができる等の特殊な力を持っている。 豚の悪魔• 初回登場話数 41話• 概要 早川アキ・天使の悪魔に殺される。 台風の悪魔• 初回登場話数 41話• 概要 チェンソーの心臓と引き換えに民間のデビルハンターに契約を持ちかけていた悪魔。 ボマーの知人であり、銃の悪魔の手下と思われる悪魔。 魔人の一覧 魔人とは、人の死体を乗っ取った悪魔。 魔人は頭が人間とは異なり、その悪魔の特徴を表す形状をしている。 デンジらとは異なる点として、人格も悪魔のものである。 昆虫?の魔人• 初回登場話数 4話• 概要 口元が昆虫のような形状をした魔人。 作中では何の悪魔か説明されていないが、口の形状から本記事では昆虫の悪魔と説明しています。 血の魔人(パワー)• 初回登場話数 4話• 概要 チェンソーマンの大人気キャラクターである血の魔人「 パワー」。 公安のデビルハンターで、デンジのパートナーとして闘う。 魔人であるため人格は破綻しており、外見上女性であるが下品かつ豪快極まりない。 たまにデンジを殺そうしたりする。 マキマを恐れているため、マキマには服従している。 猫が好き。 血を飲みすぎると力を増し、外見上もより悪魔に近くなる。 サメの魔人(ビィーム)• 初回登場話数 34話• 概要 公安のデビルハンター「ビィーム」。 短い間なら悪魔の姿にもなれる。 壁の中や地面など、どんな場所でも泳ぐことができる。 チェンソーの悪魔を崇拝しており、ボマーの存在と銃の悪魔のことを知っていた。 暴力の魔人• 初回登場話数 34話• 概要 公安のデビルハンター。 本来魔人になると悪魔の時より弱くなるが、暴力の魔人は強すぎるため毒が出る仮面を付けさせられている。 人でも悪魔でもない者の一覧 デンジらと同じように悪魔の心臓を持つ人間達を一覧化していきます チェンソーの悪魔の人間• 初回登場話数 1話• 概要 言わずもがな、デンジ(ポチタの心臓)です。 刀の悪魔の人間• 初回登場話数 23話• 概要 刀の悪魔の心臓を持つ人間。 第1話でデンジが殺したヤクザの孫。 沢渡と協力し、デンジを殺そうとする。 爆弾の悪魔の人間(レゼ)• 初回登場話数 44話• 概要 「銃の悪魔」の仲間の悪魔。 レゼという名前で悪魔時は通称ボム。 デンジに好意を示し、一緒に遠くに逃げない?と提案してきた。 台風の悪魔から「レゼ様」と呼ばれることから、「銃の おまけ ゲロの悪魔の人間• 初回登場話数 21話• 概要 キスをすると見せかけて、相手の口にゲロをする悪魔の人間(普段は姫野と称し、こうあんのデビルハンターをしている).

次の

チェンソーマン

チェンソー マン ポチタ

【チェンソーマン】とは? チェンソーマンは「ファイアパンチ」などで知られる藤本タツキが手がけるファンタジーアクション漫画。 「悪魔」と呼ばれる存在がいる世界が舞台となっており、父親が遺した多額の借金のせいで貧乏な生活を送っていた 主人公・デンジは、悪魔を駆除するデビルハンターの職で、なんとか生計を立てていました。 しかし、悪魔に騙され一度死んだことにより、 少年と悪魔が合体し「チェンソーマン」として復活。 その後、公安のデビルハンターとなって 個性豊かなキャラクター達と協力しながら悪魔を退治していくストーリーです。 ポジティブ童貞主人公・デンジ デンジは、 チェンソーマンの主人公で16歳の少年です。 死別した父親の借金をヤクザに肩代わりさせられたため、幼い頃から働いていて 自分の臓器をも切り売りしていました。 ずっと極貧生活をしていて、学校にも行っていないため 教養も学力もないですが、小さい頃から苦労してきたおかげか やけに肝が座っていてタフな性格。 また、非常に明るく自分に素直で、 特に可愛い女の子への好意と嫌いな人に対しての敵意は全く隠しません。 デンジはチェンソーの悪魔になれる デンジは、借金の返済がなかなかできず死のうとしていた時に 瀕死だった悪魔・ポチタと出会い、血を与えたことで契約を交わします。 それ以降はヤクザに仕事を回してもらい、 デビルハンターとして働くことで生計を立てていました。 しかし、その ヤクザがゾンビの悪魔に取り憑かれてデンジは殺されてしまいます。 その時にポチタがデンジの心臓に寄生したことによって復活し、デンジは チェンソーの悪魔へと変身する能力を得ました。 その後、悪魔とヤクザを皆殺しにしたあと、 マキマに拾われて公安に所属するデビルハンターとなるのです! デンジと契約した悪魔・ポチタ? 『』5巻発売&連載1周年記念キャンペーン? クイズに正解して 先生サイン入り色紙をゲットしよう!? 犬に似た姿をしていて、頭に生えたチェンソーで木を切ったり悪魔を倒したりすることができます。 デンジと合体する前は基本的に「ワン」と鳴き、意思疎通もできていて仲良く暮らしていました。 デンジが死んだ後は、 デンジの心臓となる代わりにデンジの夢を見させてもらうという契約を交わしてデンジと一心同体に。 そのため デンジの胸から生えているスターターグリップはポチタの尻尾になっています。 小悪魔美人エリート・マキマ 助けてマキマさん — 縺オ縺 fuuuuuujiiii マキマは、公安退魔特異課を取り仕切る美人な女性で、 内閣官房長官直属のデビルハンターという超エリート。 デンジの才能を見出し 公安のデビルハンターとしてスカウトした、いわば デンジの命の恩人です。 デンジには、自分の犬として飼われる事と引き換えに彼に職と食事を与えました。 (しかし公安を辞めるか問題を起こした場合はデンジのことを殺処分にするという条件付き ) マキマが契約している悪魔は? マキマの契約している悪魔はまだ明らかになっていませんが、 「悪魔と人間の匂いがわかる特殊能力」「遠隔で人間を圧潰して殺すことができる」「銃撃されても死なない」「睨み付けるだけで相手の顔面から出血させられる」など、かなりハイスペックな能力です。 基本的には優しく寛容ですがしたたかでシビアな発言が目立ち、冷静を通り越して冷徹でなんでもハッキリ言う一面もあるので 悪魔より怖いといわれることも。 また、とにかく美人でスタイルもよく、 小悪魔な言動でデンジを翻弄するマドンナ的存在です。 我が名は「パワー」!愛猫はニャーコ パワー はデンジの同僚のデビルハンターで、ファンからは 「パワーちゃん」の相性で親しまれています。 「血の悪魔」が人間の死体に憑依した 「魔人」と呼ばれる存在で 、頭にはツノが生えているのが特徴。 ちなみに、見た目はとてもかわいらしい美少女ですが、 一人称は「ワシ」でなぜか広島弁。 理性を手に入れた魔人のため公安で働いていますが、 トイレを流さず風呂にもなかなか入らないなど非常識な行動が目立ち、短絡的で協調性もあまりないです。 とても大切に飼っていた猫「ニャーコ」を悪魔にさらわれてしまったことからデビルハンターになり、いつか戦って取り返すことを目標としていました。 血を操ることができ、血を固めて武器を生成することも可能。 また、悪魔であった頃はかなり有名だったため、匂いで他の悪魔が逃げてしまうという悩みがあります。 パワーちゃんをもっと知りたいならこの記事 早川アキ先輩は悪魔も認めたイケメン 早川アキは、デンジより3年先輩の 公安退魔特異4課に所属するデビルハンターです。 銃の悪魔に家族を殺された過去があり、悪魔を酷く憎んで強い復讐心を持っています。 そのため能天気にデビルハンターをしているデンジには厳しく接していますが、 戦力としては期待しているよう。 早川アキも デンジと同じようにマキマに命を救われていて、恋心を抱いています。 復讐に燃えるあまり自分の命を軽視してしまうところがあるようで、作中では 代償の重い危険な悪魔と契約しました。 狐の悪魔とは、自身の皮膚を食わせる条件で契約しました。 また 3度刺すと対象を殺せる代償に寿命が縮むという呪いの悪魔の力が宿る刀・カースを持っています。 早川アキをもっと知りたいならこの記事 デンジのファーストキスの相手・姫野 姫野はデンジの先輩で 早川アキのバディをしているデビルハンターです。 右目を幽霊の悪魔に喰わせて契約を結んでいて、不可視の腕を自由自在に操ることができます。 デビルハンターとしての経歴は長いのですが、過去に 姫野と組んだバディ5人が全員殉職しているという経験も。 明るくノリのいい性格で、 男女問わずやたらスキンシップをする癖があり、特に 酔っぱらうと誰とでもキスをしてしまう癖があり、 デンジのファーストキスを奪った人物でもあります。 巨乳な上に美人だったので、ファンからの人気も厚いキャラクターでしたが、サムライソード襲撃の際に 全身を幽霊の悪魔に捧げて死亡しました。 東山コベニ&荒井ヒロカズ 東山コベニは デンジの同僚で新人のデビルハンター。 貧乏な9人兄妹の末っ子で、お金のために風俗に行くかデビルハンターになるしかなかったそう。 臆病な性格でおどおどしていますが、「引っ込み思案だが動ける」と評され、 対人戦闘力は非常に高いです。 荒井博一は、 デンジの同僚で新人のデビルハンターです。 姫野には 「実力不足だけどやる気は十分」と言われていて、行動が空回りしているタイプのキャラクター。 狐の悪魔と契約しています。 堅物で真面目かつ優しい性格で、当初はデンジのことを嫌っていましたが、永遠の悪魔との戦いでデンジに助けられたことでデンジを認めました。 天使の悪魔 天使の悪魔は 公安に所属する悪魔で、早川アキのバディです。 中性的な天使の姿をしていますが、性別は男性。 特殊な悪魔で、 人に危害は加えないですが直接触れると寿命を吸い取って武器に変える能力を使うことができます。 「人間は苦しんで死ぬべき」という人に対する嫌悪感を持っているよう。 ビーム ビームは 公安に所属するサメの魔人です。 頭上の半分がサメの頭に擬態していて、戦闘時には 頭全体が巨大サメに変身して、壁や地中を潜ってすり抜けることができます。 普段は非常に凶暴で会話もできないのですが、なぜか デンジには懐いていて子犬のようにじゃれています。 未来の悪魔 未来の悪魔は 公安に囚われている悪魔です。 お腹に頭を入れるとその者の未来が見えるという悪魔で、契約者の未来に応じて契約の対価を決めます。 ちなみに、公安では2人が契約済み。 姫野と早川アキの師匠・岸辺 岸辺は 公安の指導者で、初老の男性。 姫野と早川アキの師匠でもあります。 多くのデビルハンターを指導していることから 先生と呼ばれています。 最強のデビルハンターを自負していますが、 常時飲酒しているアルコール中毒者。 しかし 戦闘能力は本当に高いようです。 公安対魔特異課退魔2課:野茂 野茂は 早川アキの先輩で、狐の悪魔と契約しているデビルハンターです。 右頬から口にかけて大きな傷痕があります。 早川アキに期待していて、 自分が副隊長になったら早川アキを2課に引き抜こうと言っていましたが、レゼの襲撃にあった際に死亡してしまいました。 遠隔で相手の内臓にカビを生やすという必殺戦法を持っていますが、レゼの襲撃を防げず消息不明になっていしまいました。 公安対魔特異課退魔2課:副隊長 副隊長は 狐の悪魔と契約しているデビルハンターです。 戦闘中に合コンの心配をするなどお調子者でしたが、レゼの襲撃にあって死亡しました。 最強の敵・サムライソード サムライソードは デンジを雇っていたヤクザの孫です。 サムライソードはあだ名で本名は不明。 刀の悪魔を心臓にすまわせる契約をしていて、人間でも悪魔でもないデンジと同じような存在です。 腕を引き抜いて、仕込まれた刀を抜刀するとサムライソードに変身します。 なんと 殺しても復活でき、ものすごい速さで対象を両断することができます。 デンジを誘惑した敵・レゼ レゼは デンジが街で出会った女の子です。 喫茶店でアルバイトをする女学生で、やたらとデンジにアプローチしてきたため、デンジはイチコロ。 しかし、 実は銃の悪魔の仲間「ボム」に変身するソ連の「モルモット」の一員で、デンジの心臓を奪うために近づいてきたのでした。 レゼもデンジと同じ悪魔でも人間でもない存在で、首についたピンを引き抜くことで爆発し攻撃と高速移動ができます。 レゼをもっと知りたいならこの記事 沢渡アカネ 沢渡アカネは 民間のデビルハンターで、 自身の爪などを代償にヘビの悪魔と契約しています。 銃の悪魔と契約しデンジを雇っていたヤクザに銃を流し、サムライソードを改造して公安へ襲撃させた張本人です。 捕らえられた後は 口封じのためかヘビの悪魔の力で死亡しました。 台風の悪魔 台風の悪魔は 巨大な赤子の姿をしていて、 その破壊力は悪魔の中では最強ともいえます。 銃の悪魔の仲間でデンジの心臓を狙いに来た暗殺者が契約していた悪魔でした。 公安の部隊に死を覚悟させるほどの苦戦をさせますが、デンジとビームによってバラバラにされました。 ゾンビの悪魔 ゾンビの悪魔はヤクザと契約した悪魔で デンジとポチタが融合するきっかけとなった悪魔です。 契約すると人間をゾンビに変え、操ることができます。 デビルハンターを抹消することを使命としていたようですが、チェンソー化したデンジに抹消されました。 筋肉の悪魔 筋肉の悪魔は デンジが公安のデビルハンターとなってから初めて戦った悪魔でした。 全身が筋肉のようになっていて、 触れたものの筋肉を操ることができる悪魔です。 登場時には女の子の体を乗っ取ってデンジを誘い出しました。 コウモリの悪魔とヒルの悪魔 コウモリの悪魔は ニャーコを人質にとり、パワーに人間の血を引き換えにしようという取引を持ちかけた悪魔です。 ヒルの悪魔はコウモリの悪魔の恋人です。 早川アキが呼び出した狐の悪魔によって飲み込まれ抹消されました。 狐の悪魔 狐の悪魔は 人間に協力的な悪魔で、多くの人間と契約しています。 手で狐の形をつくり「コン」と唱えることで現れ、対象を食いちぎります。 永遠の悪魔 永遠の悪魔は 銃の悪魔の肉片を食べた悪魔です。 空間と時間を支配することができ、ダメージを与えても無限に増殖します。 しかし痛みは感じるため、デンジたちに攻撃され続けた結果、自ら殺してくれと心臓と差し出しました。 銃の悪魔 銃の悪魔は 悪魔の中で最強と言われ、圧倒的な強さを誇る悪魔です。 13年前に米国に出現、世界中を数秒ごとに駆け巡り、その一瞬で120万人近くを殺しました。 そのため 多くのデビルハンターが銃の悪魔への復讐心をもっています。 円 円は 公安に所属のデビルハンターだった男性です。 特異課が狙われた襲撃の際に生き残りましたが、後に辞表を出していなくなりました。 黒瀬と天童 黒瀬は 京都府の公安に所属するデビルハンターの男性です。 元々は早川アキなどと同じように 銃の悪魔に恨みを持ってデビルハンターになったようですが、現在は一線ではなく サポート役として公安にいます。 天童は 黒瀬とともに特異4課の指導に来た女性のデビルハンターです。 【チェンソーマン】これからの展開に目が離せない! 最初だけ主人公に共感させといて徐々に疑問を起こさせるのは藤本タツキのやり方 ファイアパンチなんかもそう だから、デンジのアイデンティティである「何があっても次の瞬間には能天気に明るくなっている」が今後は良くない方向に作用するのか否かを描くのを個人的に注目している。 — 水色 Mizuiro1126 チェンソーマンのキャラクターについて紹介してきました。 様々なキャラクターがいますが、どのキャラクターも個性が強いですね。 すでに死んでしまったキャラクターもいますが、どのキャラクターもかなり印象的でした。 チェンソーマンはま これからもどんどん悪魔や魔人などが増えていきそうで楽しみな作品。 アニメ化も決定し、ますます盛り上がりを見せるチェンソーマンの展開から目が離せません! あなたにオススメの記事.

次の

【チェンソーマン】あらすじ・魅力を徹底解説!注目の新連載が面白い!

チェンソー マン ポチタ

チェンソーマンについて 本の詳細 タイトル:チェンソーマン 作者:藤本タツキ先生 自分の妹という設定でTwitterをされており、ながやまこはるちゃんです。 掲載誌:週刊少年ジャンプ ジャンル:ダークヒーロー漫画 公式サイト: あらすじ 父親の借金を背負った主人公の少年デンジ。 借金のかたに すでに目玉も腎臓も、金玉もすでに売却済。 父が自殺し、墓地で借金の返済を迫られたときに ケガをして弱っているチェンソーの悪魔ポチタに出会います。 自分の血液を渡し、ポチタに対してお互いを助け合う契約を結ぶのでした。 二人はデビルハンターとして悪魔を狩り借金の返済をしていくことに。 デンジの夢は小さな普通の夢です• 食パンにジャムを塗ること• 女とイチャイチャしたり、• 一緒に部屋でゲームをして 抱かれながら眠る とても小さな夢です。 そんな夢を見ることも難しかったデンジの夢は叶うのか。 感想 ネタバレ含む 第一話から衝撃の展開 これは藤本タツキ先生の作風かなという気がするのですが、 第一話から衝撃的な展開でした。 あらすじは上記のとおりですが、あまりにも小さな夢を願っていた デンジはデビルハンター嫌いの悪魔によって殺されてしまいます。 再生の祝福者である主人公アグニは氷の魔女により氷で閉ざされ、 食べ物もまともに手に入らない世界で村人に自らの腕を提供していた。 最愛の妹共に慎ましく暮らしていたものの、王都ベヘムドルグの住人 ドマが来訪し、村が人肉を食していることがバレてしまい ドマの祝福「消えない炎」によりアグニは燃え続けることに。 永遠に燃え続ける痛みと妹の「生きて」という言葉を胸に燃え続ける炎を 再生の祝福でコントロールする力を身に着けたアグニはファイアパンチとして 恨みを晴らしに行くのでした。 デンジの人柄 ファイアパンチのアグニは復讐を動機とし、 痛みに耐えているため思考回路があまりよくないといったキャラでしたが デンジが目指しているのは 普通に生きるという小さな夢を叶えることです。 また、ポチタを宿しているため自暴自棄になることもありません。 頭は良くないキャラクター という点はこの二人は同じだと思うのですが、 アグニが復讐にとらわれて自問自答、かなり悩み、時に暴走をしていた ことと比較しても快活に行動していく、デンジは好感を持ちやすいです。 読みやすくなっていると感じました。 ジャンプ漫画っぽくない 作風として、 ジャンプらしさは非常に少ないように感じました。 ジャンプは努力、友情、勝利の三本柱を中心にしており、 ラブコメとか 主人公の血統が増えてきて努力関係ないとかいろいろありますが、 基本は少年が活躍する漫画です。 デンジは少年~青年ですが、過酷すぎる過去を背負っています。 ジャンプ漫画でも残虐ならばフリーザ DB 、過去ならば仙水 幽遊白書 といますが、 金玉売却している主人公は初めてです。 あまりにも共感を得づらい過去は子供には人気になりづらいと考えます。 ジャンプはアニメ化、メディア展開による収益も狙える雑誌ですので 大衆受けする物を多く掲載すると考えているので驚きました。 また、血まみれの描写が多く、今のジャンプの流れとは逆行してそうに感じました。 割と残虐描写が多い冨樫先生も黒塗り対応等していました。 出版不況と言われるように 週刊誌の売り上げは落ち続けています。 ジャンプも1997年時は600万部程度発行部数があったものの、 今は200万部ちょっとと3分の1程度になりました。 こういったことを考えると 努力、友情、勝利の少年層だけをターゲットにせず 青年も取り込めないか?という試験的な取り組みとして 掲載されているのではないかという気がします。 打ち切られないか心配 週刊少年ジャンプと言えば、そう 打ち切りサバイバルレースです。 人気のない作品はアンケート結果を基に10週で打ち切られます。 そのため、突如打ち切られてしまい、思うようなエンドまで描ききれない 作家さんが多くいらっしゃいます。 俺たちの冒険はこれからだ! 銀魂みたいに延々、延長戦をできたり web送りや他の月刊誌へ移してもらったりも 増えてきてはいるものの、 アンケートを取るための展開も要求されます。 ファイアパンチはジャンプ+ web連載 だったので ある程度自由が効いていたと思うのですよね。 この辺のバランスがどうなるか心配です。 まとめ ファイアパンチは終了時に こうじゃねえんだよと思った方も結構いると思います。 途中がしんどくなった人もいると思います。 こういった点はデンジはなさそうな気がします。 読者がすぐ想像できる小さな夢を目指すキャラクターは前作にもおり、 人間の中身を高尚な言葉に置き換えるのではなく、 欲のためにキャラを動かし結果を出させようとするのは藤本先生の味なのかな。 自分はこの点が好きです。 ファイアパンチで脱落した人も再度乗っかってみて大丈夫だと思います。

次の