飛鳥 キラキラ とろ サーモン。 長谷川潤の旦那や子供情報!若い頃~現在までの活躍まとめ

ビストロ ジュン (BISTROT JUN)

飛鳥 キラキラ とろ サーモン

日本各地では今、閉校する学校が増えている。 昨年だけでも日本で218校もの小学校が閉校したという。 番組では歴代のM-1王者でもある実力コンビ、銀シャリ 2016年王者 、とろサーモン 2017年王者 の2組が今年度 2019年3月末 に閉校することが決まっている小学校を訪ね、生徒や先生との交流を育む中でその学校ならではの漫才ネタを収集。 さらに、その日のうちに作り上げた漫才を「思い出漫才」として閉校する学校の生徒たちに贈り、笑いを届ける。 「閉校という悲しみのほうが大きい中で、漫才をするのはかなりハードルが高い」と語るのはM-1王者経験者でもある徳井義実と吉田敬。 関根勤も「これは非常に難しいテーマですね…。 閉校を前に、最後の思い出として漫才をプレゼントするというのはとても素晴らしい企画ですが、その前で漫才するのは辛いね」と慮るほどだ。 果たして、閉校を前にした小学校で、銀シャリととろサーモンというタイプの違う2組はどんな漫才を創作するのか?子どもたちとの交流も見どころの1時間だ! 銀シャリが向かったのは明治28年に設立された千葉県勝浦市立郁文小学校。 現在の全校生徒数はわずか18名で1年生と3年生にいたっては0名なのだという。 校長室へ迎え入れられるとさっそく海老根校長先生から「創立124年の歴史を考えると責任の重大さを感じています。 銀シャリさんのおもしろい漫才で小学校の歴史を締めくくっていただきたい」と思いの丈が語られるものの、銀シャリの二人はそのあまりの重圧に押しつぶされそうになる。 閉校していく小学校へ、その学校オリジナルの漫才を作る…ネタ探しのために、授業を見学しつつ生徒や先生たちから話を聞いていく銀シャリの二人。 学校がなくなることについては口を揃えて「寂しい」という生徒たちだが、銀シャリに授業の様子を紹介したり、校庭を案内する中で、徐々に生徒たちも笑顔が増えていく。 中でも郁文小学校の運動会で行われているユニーク競技を、生徒と銀シャリが一緒に体験した場面では、子どもたちの笑顔がはじけた。 生徒たちとともに汗を流し、銀シャリの二人にとっても心に残る思い出になったようだった。 そんな悲喜こもごもの体験から、銀シャリはどんな漫才を創作したのか。 とろサーモンが向かったのは創立95年の青森県東北町立千曳小学校。 菊池校長先生からは「閉校を前に不安を感じている子どもたちに、最後に楽しい思い出を与えていただきたい」という思いが伝えられるのだが、スタジオでは関根が「閉校というシチュエーションに久保田(かずのぶ)くんがまったく似合わない可能性もある」と心配すると、小杉竜一も「久保田のせいで、下手したら閉校が早まってしまうかも…」と懸念する。 そんなスタジオでの心配が的中!冒頭、田浦教頭先生から「全校生徒数は26名です」と教えてもらうと、「26名…ヒキますね」と笑いを取れないどころか悪い心象を与えてしまう久保田。 授業のようすを見学しながら生徒たちに話を聞くと、閉校を前に「寂しい!」と口々に語りだす。 休憩時間には、久保田や村田秀亮の手を引きながら校庭を案内する生徒たち。 自分たちで作った秘密基地を案内してもらったり、鬼ごっこを一緒にしたりするなどして、生徒たちとの親交を深めていく二人。 気づけば、久保田と村田は生徒たちの真ん中で笑顔をはじけさせていた。 生徒たちからたくさんの笑顔をもらったとろサーモンの二人。 果たして、体育館に集まった150名の生徒やOBたちを前に、どんな思いを込めた漫才を披露するのか…。

次の

あずきヨーグルト白玉

飛鳥 キラキラ とろ サーモン

『M-1』で審査員を務めた上沼の審査内容に不満を持った久保田は、「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。 わかんだろ、右側のな」と発言し、審査員席の一番右の席に座っていた上沼を批判。 上沼は3日放送のラジオ番組内で審査員の引退を宣言し、翌4日には久保田は自身のTwitterに上沼への謝罪コメントを投稿した。 以降も騒動は沈静化の兆しをみせず、ついに10日には上沼のマネージャーがマスコミの取材に応じ、吉本から久保田と武智による対面での謝罪の申し入れを受けたものの、断っていたことを明かした。 さらに、久保田の暴言に対する上沼の反応について、「怒っているほうが面白いでしょうけど、まったく(怒っていない)。 デマも流れましたが、冷たい言い方になりますけど、本人はまったく興味がなく、相手にしていないのが実情です」と語った。 「今回の騒動が起こったあとに久保田に会った人の話では、そのときも久保田は上沼以外の業界関係者への批判を口にしており、まったく反省の色が見えなかったといいます。 ことは単に久保田と上沼の間の話ではなく、所属事務所の吉本や『M-1』という番組、さらにはスポンサーにまで迷惑をかける大きな問題になっているということが、理解できていない様子だったといいます。 テレビ局としても、何をしでかすかわからない久保田を、あえて起用する理由はなく、業界全体で久保田の起用を控える動きが出るのは当然でしょう。 (文=編集部).

次の

齋藤飛鳥、乃木坂メンバー初の『情熱大陸』出演が物議…「白石麻衣が先」と辛辣な声

飛鳥 キラキラ とろ サーモン

『M-1』で審査員を務めた上沼の審査内容に不満を持った久保田は、「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。 わかんだろ、右側のな」と発言し、審査員席の一番右の席に座っていた上沼を批判。 上沼は3日放送のラジオ番組内で審査員の引退を宣言し、翌4日には久保田は自身のTwitterに上沼への謝罪コメントを投稿した。 以降も騒動は沈静化の兆しをみせず、ついに10日には上沼のマネージャーがマスコミの取材に応じ、吉本から久保田と武智による対面での謝罪の申し入れを受けたものの、断っていたことを明かした。 さらに、久保田の暴言に対する上沼の反応について、「怒っているほうが面白いでしょうけど、まったく(怒っていない)。 デマも流れましたが、冷たい言い方になりますけど、本人はまったく興味がなく、相手にしていないのが実情です」と語った。 「今回の騒動が起こったあとに久保田に会った人の話では、そのときも久保田は上沼以外の業界関係者への批判を口にしており、まったく反省の色が見えなかったといいます。 ことは単に久保田と上沼の間の話ではなく、所属事務所の吉本や『M-1』という番組、さらにはスポンサーにまで迷惑をかける大きな問題になっているということが、理解できていない様子だったといいます。 テレビ局としても、何をしでかすかわからない久保田を、あえて起用する理由はなく、業界全体で久保田の起用を控える動きが出るのは当然でしょう。 (文=編集部).

次の