カゲロウ 歌詞。 カゲロウ (ЯeaLの曲)

カゲロウ

カゲロウ 歌詞

8月15日 はちがつじゅうごにちの 午後12時半 ごごじゅうにじはんくらいのこと 天気 てんきが 良 いい 病気 びょうきになりそうなほど 眩 まぶしい 日差 ひざしの 中 なか することも 無 ないから 君 きみと 駄弁 だべっていた 「でもまぁ 夏 なつは 嫌 きらいかな」 猫 ねこを 撫 なでながら 君 きみはふてぶてしくつぶやいた あぁ、 逃 にげ 出 だした 猫 ねこの 後 あとを 追 おいかけて 飛 とび 込 こんでしまったのは 赤 あかに 変 かわった 信号機 しんごうき バッと 通 とおったトラックが 君 きみを 轢 ひきずって 鳴 なき 叫 さけぶ 血飛沫 ちしぶきの 色 いろ、 君 きみの 香 かおりと 混 まざり 合 あってむせ 返 かえった 嘘 うそみたいな 陽炎 かげろうが「 嘘 うそじゃないぞ」って 嗤 わらってる 夏 なつの 水色 みずいろ、かき 回 まわすような 蝉 せみの 音 ねに 全 すべて 眩 くらんだ 目 めを 覚 さました 時計 とけいの 針 はりが 鳴 なり 響 ひびくベッドで 今 いまは 何時 なんじ? 8月14日 はちがつじゅうよっかの 午前12時過 ごぜんじゅうにじすぎ 位 くらいを 指 さす やけに 煩 うるさい 蝉 せみの 声覚 こえおぼえていた でもさぁ、 少 すこし 不思議 ふしぎだな。 同 おなじ 公園 こうえんで 昨日見 きのうみた 夢 ゆめを 思 おもい 出 だした 「もう 今日 きょうは 帰 かえろうか」 道 みちに 抜 ぬけた 時 とき 周 まわりの 人 ひとは 皆上 みなうえを 見上 みあげ 口 くちを 開 あけていた 落下 らっかしてきた 鉄柱 てっちゅうが 君 きみを 貫 つらぬいて 突 つき 刺 ささる 劈 つんざく 悲鳴 ひめいと 風鈴 ふうりんの 音 おとが 木々 きぎの 隙間 すきまで 空廻 からまわり ワザとらしい 陽炎 かげろうが「 夢 ゆめじゃないぞ」って 嗤 わらってる 眩 くらむ 視界 しかいに 君 きみの 横顔 よこがお、 笑 わらっているような 気 きがした 何度世界 なんどせかいが 眩 くらんでも 陽炎 かげろうが 嗤 わらって 奪 うばい 去 さる。 繰 くり 返 かえして 何十年 なんじゅうねん。 もうとっくに 気 きが 付 ついていたろ。 こんなよくある 話 はなしなら 結末 けつまつはきっと 1 ひとつだけ。 繰 くり 返 かえした 夏 なつの 日 ひの 向 むこう。 バッと 押 おしのけ 飛 とび 込 こんだ、 瞬間 しゅんかんトラックにぶち 当 あたる 血飛沫 ちしぶきの 色 いろ、 君 きみの 瞳 ひとみと 軋 きしむ 体 からだに 乱反射 らんはんしゃして 文句 もんくありげな 陽炎 かげろうに「ざまぁみろよ」って 笑 わらったら 実 じつによく 在 ある 夏 なつの 日 ひのこと。 そんな 何 なにかがここで 終 おわった。 目 めを 覚 さました 8月14日 はちがつじゅうよっかのベッドの 上 うえ 少女 しょうじょはただ 「またダメだったよ」と 一人猫 ひとりねこを 抱 だきかかえてた 8月15日 hachigatsujuugonichi の no 午後12時半 gogojuunijihan くらいのこと kurainokoto 天気 tenki が ga 良 i い i 病気 byouki になりそうなほど ninarisounahodo 眩 mabu しい shii 日差 hiza しの shino 中 naka することも surukotomo 無 na いから ikara 君 kimi と to 駄弁 dabe っていた tteita 「 でもまぁ demomaa 夏 natsu は ha 嫌 kira いかな ikana」 猫 neko を wo 撫 na でながら denagara 君 kimi はふてぶてしくつぶやいた hafutebuteshikutsubuyaita あぁ aa、 逃 ni げ ge 出 da した shita 猫 neko の no 後 ato を wo 追 o いかけて ikakete 飛 to び bi 込 ko んでしまったのは ndeshimattanoha 赤 aka に ni 変 ka わった watta 信号機 shingouki バッ baxtu と to 通 too った tta トラック torakku が ga 君 kimi を wo 轢 hi きずって kizutte 鳴 na き ki 叫 sake ぶ bu 血飛沫 chishibuki の no 色 iro、 君 kimi の no 香 kao りと rito 混 ma ざり zari 合 a ってむせ ttemuse 返 kae った tta 嘘 uso みたいな mitaina 陽炎 kagerou が ga「 嘘 uso じゃないぞ janaizo」 って tte 嗤 wara ってる tteru 夏 natsu の no 水色 mizuiro、 かき kaki 回 mawa すような suyouna 蝉 semi の no 音 ne に ni 全 sube て te 眩 kura んだ nda 目 me を wo 覚 sa ました mashita 時計 tokei の no 針 hari が ga 鳴 na り ri 響 hibi く ku ベッド beddo で de 今 ima は ha 何時 nanji? 8月14日 hachigatsujuuyokka の no 午前12時過 gozenjuunijisu ぎ gi 位 kurai を wo 指 sa す su やけに yakeni 煩 urusa い i 蝉 semi の no 声覚 koeobo えていた eteita でもさぁ demosaa、 少 suko し shi 不思議 fushigi だな dana。 同 ona じ ji 公園 kouen で de 昨日見 kinoumi た ta 夢 yume を wo 思 omo い i 出 da した shita 「 もう mou 今日 kyou は ha 帰 kae ろうか rouka」 道 michi に ni 抜 nu けた keta 時 toki 周 mawa りの rino 人 hito は ha 皆上 minaue を wo 見上 mia げ ge 口 kuchi を wo 開 a けていた keteita 落下 rakka してきた shitekita 鉄柱 tetchuu が ga 君 kimi を wo 貫 tsuranu いて ite 突 tsu き ki 刺 sa さる saru 劈 tsunza く ku 悲鳴 himei と to 風鈴 fuurin の no 音 oto が ga 木々 kigi の no 隙間 sukima で de 空廻 karamawa り ri ワザ waza とらしい torashii 陽炎 kagerou が ga「 夢 yume じゃないぞ janaizo」 って tte 嗤 wara ってる tteru 眩 kura む mu 視界 shikai に ni 君 kimi の no 横顔 yokogao、 笑 wara っているような tteiruyouna 気 ki がした gashita 何度世界 nandosekai が ga 眩 kura んでも ndemo 陽炎 kagerou が ga 嗤 wara って tte 奪 uba い i 去 sa る ru。 繰 ku り ri 返 kae して shite 何十年 nanjuunen。 もうとっくに moutokkuni 気 ki が ga 付 tsu いていたろ iteitaro。 こんなよくある konnayokuaru 話 hanashi なら nara 結末 ketsumatsu はきっと hakitto 1 hito つだけ tsudake。 繰 ku り ri 返 kae した shita 夏 natsu の no 日 hi の no 向 mu こう kou。 バッ baxtu と to 押 o しのけ shinoke 飛 to び bi 込 ko んだ nda、 瞬間 syunkan トラック torakku にぶち nibuchi 当 a たる taru 血飛沫 chishibuki の no 色 iro、 君 kimi の no 瞳 hitomi と to 軋 kishi む mu 体 karada に ni 乱反射 ranhansya して shite 文句 monku ありげな arigena 陽炎 kagerou に ni「 ざまぁみろよ zamaamiroyo」 って tte 笑 wara ったら ttara 実 jitsu によく niyoku 在 a る ru 夏 natsu の no 日 hi のこと nokoto。 そんな sonna 何 nani かがここで kagakokode 終 o わった watta。 目 me を wo 覚 sa ました mashita 8月14日 hachigatsujuuyokka の no ベッド beddo の no 上 ue 少女 syoujo はただ hatada 「 また mata ダメ dame だったよ dattayo」 と to 一人猫 hitorineko を wo 抱 da きかかえてた kikakaeteta.

次の

ONE OK ROCK カゲロウ 歌詞

カゲロウ 歌詞

私の解釈はこうです。 登場するのは少年と少女。 陽炎はあくまで歌詞上の表現であり、とくに関係はなし。 『目を覚ました8月14日のベッドの上 少女はただ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた』以外の部分はすべて少年視点です。 まず『8月15日の午後12時半』とありますが、これは恐らく8月15日の午後0時半(正午過ぎ)のことです。 午後12時半という表記は適切ではありません。 作者のミスでしょうか。 『病気になりそうなほど眩しい日差しの中』という歌詞からも昼だということがわかります。 『あぁ、逃げ出した猫の後を ~ 君を轢きずって鳴き叫ぶ』より、 少女が猫を追いかけ、トラックに轢かれ亡くなりました。 『かき回すような蝉の音に全て眩んだ』からわかるように、 少年は、目の前で起きた事故のショックにより、気を失ってしまいます。 『目を覚ました時計の針が ~ 8月14日の午前12時過ぎ位を指す』から、 事故のショックで気を失った少年が目を覚ましますが、時計を見ると8月14日午前12時過ぎでした。 事故が起きたのは8月15日の午後12時半、 このことから、少年はタイムリープしたことがわかります。 ちなみにここでの『8月14日の午前12時過ぎ』は、8月15日の午前0時過ぎのことだと思われます。 午前0時過ぎという表記も恐らく誤りです。 つまり少年は約12時間、時間をさかのぼったことになります。 『やけに煩い蝉の声覚えていた』は、 少年が気を失う前に聞いた 『かき回すような蝉の音』のことでしょう。 8月15日の午前0時過ぎに目覚めてから、再び午後0時半に、少年は公園で少女と駄弁ります。 『でもさぁ、少し不思議だな。 同じ公園で昨日見た夢を思い出した』とあるように、 少年は、少女が猫を追いかけて、トラックに轢かれたのを夢だと思っています。 しかしそれを思い出した少年は、夢と同じことが起きてはいけないと思い、 『もう今日は帰ろうか』と言い、少女がトラックに轢かれて亡くなる未来を回避しました。 しかし、『落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる』で、 トラックによる死を回避しても、別の事故により、少女は亡くなります。 『眩む視界に君の横顔』より、 ここでも少年は気を失い、8月15日の午前0時過ぎにタイムリープしたと思われます。 『何度世界が眩んでも陽炎が嗤って ~ 繰り返した夏の日の向こう。 恐らく、鉄柱による少女の死を回避しても、別の出来事で少女は亡くなるのでしょう。 しかし少年はあることを思いつきました。 それは少女をかばって代わりに自分が死ぬということ。 そうすればこのタイムリープによる繰り返しは終わるのではないか、そう考えたのです。 『バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる』で、 それを実行しています。 トラックに轢かれそうになる少女を押しのけ、 代わりに自分がトラックに轢かれます。 『文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って ~ そんな何かがここで終わった。 』から、 これにより、タイムリープによる繰り返しは終わったと思われました。 しかし話は続きます。 『目を覚ました8月14日のベッドの上 ~ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた』から、 今度は、少年にかばわれた少女がタイムリープをしています。 『またダメだったよ』とあるように、これが初めてではないようです。 実は少女も、少年を助けるために、何度もタイムループをしていたのです。 少年は、自分が死ねば、タイムループは終わり、少女が助かると思っています。 少女も、自分が死ねば、タイムループは終わり、少年が助かると思っています。 つまりこれは、無限ループです。 ちなみにタイムリープした人物のみが、タイムリープ以前の記憶を引き継げます。 ここまでわかって、もう一度歌詞を見直すと、いろいろとわかることがあります。 『でもまぁ夏は嫌いかな』という少女の発言は、 何度もタイムリープをして、少年が死を見ていることによると思われます。 『眩む視界に君の横顔、笑っているような気がした』で、 少女が笑っていたのは、これでタイムループが終わり少年が助かるという安心によるものでしょう。 この歌詞の解釈はいろいろあります。 どれが正しいというものはありません。 繰り返して何十年。 もうとっくに気が付いていたろ。 >少年と少女は14日と15日をループしているだけだが、 実際は何十年とループしていた。 気がついていたろ、と少女に言う少年。 こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。 繰り返した夏の日の向こう。 >結末は、ループを狂わせること。 何度も繰り返された夏の日の向こうへ向かうために少年は決心する。 バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる >ここで飛びこんだのは少年。 本当は少女が死ぬべきであった15日に、少年が少女を押しのけトラックにぶち当たる。 血飛沫の色、君の瞳と軋む体に乱反射して 文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら >少年の血飛沫、それを見て驚く少女(君の瞳) 軋む体を放り、陽炎に「ざまぁみろよ」と笑う 陽炎はループを狂わされたので文句ありげ 実によく在る夏の日のこと。 そんな何かがここで終わった。 >二人にとって14・15日に死ぬのは当たり前、よくあることとなっていたが、 そんなループがここで終わった(気がした)。 目を覚ました8月14日のベッドの上 少女はただ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた >だがしかし、実はループは終わらなかった。 15日に少年が死んだものの、やはり8月14日のベッドの上で少女は目覚めた。 これは私の勝手な解釈です。 色々な解釈があるということの参考になればと。 この曲はある少年と少女の話。 (季節は夏で8月14日と15日) そして少年は少女がトラックにひかれてしまい、死んでしまうと一日の始まりに戻ってしまう(ループする)ことに気がつく。 それならば少女がトラックにひかれる前に公園から帰ってしまえばいいと思い少年は「もう今日は帰ろうか」と言って帰ろうとするが公園から出ようとしたその時、少女の上に電柱が落下してきて少女の体に突き刺さり少女は薄くほほ笑みながら死んでしまう。 こうして振り出しに戻ってしまった少年は考えた。 少女を守って自分が死ねばこのループは終わるのではないか。 そして少女をかばい自分がトラックにはねられてしまう。 こうしてループは終わったかのように見えた。 しかしまた8月14日に戻ってしまう。 実は少女も少年が死んでしまうと一日の始まりに戻ってしまうのだ!(少女もループしている) こうして、またループし続ける日々が続いていく。 という話。 ちなみにこのループを仕組んだのは陽炎だと思う。 そして陽炎は最初少女がなでていた猫の可能性もあるんじゃないか?だって猫死んでないし。 そして、ここ重要!少女の方がループにつながったのが早かったことが1番に表されている。 少女が言った言葉、「でもまぁ夏は嫌いかな」はループし続けるので嫌いになったと考えることができます。 それと、少女がほほ笑みながら電柱につらぬかれて死ぬところ。 あそこの場面で少女の横顔が笑っていたのは、少年とやったのと同じように、少女もまた少年をかばって死んでみたからだろう。 私がこの歌詞から探れたのはここまでだ。 これが決して合っている証拠はどこにもない。 みなさんも歌詞を聞いていろいろ想像してみるのも楽しいだろう。 登場人物・・・少年、少女 主人公は少年。 >8月15日の午後12時半くらいのこと 天気が良い 病気になりそうなほど眩しい日差しの中 することも無いから君と駄弁っていた 8月15日の昼過ぎ、少女と少年は公園で二人他愛もない話をしている。 >あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて 飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機 バッと通ったトラックが君を轢きずって鳴き叫ぶ 猫を追いかけてトラックに轢かれ少女は死亡・・・ と思われたが・・・ >目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで 今は何時? 8月14日の午前12時過ぎ位を指す やけに煩い蝉の声覚えていた 日付はまだ14日の昼過ぎ。 さっきのは夢かと、少年は目を覚ます。 だがこの時点で、少年はうるさい蝉の音に少し既視感を覚えていた。 >でもさぁ、少し不思議だな。 同じ公園で昨日見た夢を思い出した 「もう今日は帰ろうか」 その後少年は少女と公園で二人で話していたが、夢で見た光景と同じな事に不安と違和感を覚え、今日はもう帰ろうと少女を連れ出す。 >道に抜けた時 落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる 劈く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻り だが結末は同じ。 また少女は違う方法で死んでしまった。 >何度世界が眩んでも陽炎が嗤って奪い去る。 目の前が眩んでまた同じ日にち・・・以下ループ > 繰り返して何十年。 もうとっくに気が付いていたろ。 >こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。 繰り返した夏の日の向こう。 同じ日付、同じ結末を繰り返して何十年・・・ 少女が死ぬ運命は変わらない。 ずっと同じ日にちを繰り返す。 ここで少年は少女の代わりに自分が死ねば全て終わると決意を固める(もともと考えはあったが実行する勇気がなかった) >バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる 血飛沫の色、君の瞳と軋む体に乱反射して 文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら 実によく在る夏の日のこと。 そんな何かがここで終わった。 少女の身代わりになった少年はこれで無限のループから解放されると・・・満足げに笑った。 >目を覚ました8月14日のベッドの上 少女はただ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた しかしループは終わらない。 ループしていたのは少女も同じだった。 それどころか先にループしていたのは少女の方で、最初の方で少女が呟いた >「でもまぁ夏は嫌いかな」 や、 >落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる 眩む視界に君の横顔、笑っているような気がした に繋がる。 ここで少女の横顔が笑っていたのは、少年とやったのと同じように、少女もまた少年をかばって死んでみたからではないでしょうか。 こちらでよろしいでしょうか? 『カゲロウデイズ』 作詞:じん(自然の敵P) 作曲:じん(自然の敵P) 編曲:じん(自然の敵P) 唄:初音ミクAppend 8月15日の午後12時半くらいのこと 天気が良い 病気になりそうなほど眩(まぶ)しい日差しの中 することも無いから君と駄弁(だべ)っていた 「でもまぁ夏は嫌いかな」猫を撫でながら 君はふてぶてしくつぶやいた あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて 飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機 バッと通ったトラックが君を轢(ひ)きずって鳴き叫ぶ 血飛沫(ちしぶき)の色、君の香りと混ざり合ってむせ返った 嘘みたいな陽炎(かげろう)が「嘘じゃないぞ」って嗤(わら)ってる 夏の水色、かき回すような蝉の音に全て眩(くら)んだ 目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで 今は何時? 8月14日の午前12時過ぎ位を指す やけに煩(うるさ)い蝉の声覚えていた でもさぁ、少し不思議だな。 同じ公園で昨日見た夢を思い出した 「もう今日は帰ろうか」道に抜けた時 周りの人は皆上を見上げ口を開けていた 落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる 劈(つんざ)く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻り ワザとらしい陽炎(かげろう)が「夢じゃないぞ」って嗤(わら)ってる 眩(くら)む視界に君の横顔、笑っているような気がした 何度世界が眩(くら)んでも陽炎(かげろう)が嗤(わら)って奪い去る。 繰り返して何十年。 もうとっくに気が付いていたろ。 こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。 繰り返した夏の日の向こう。 バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる 血飛沫(ちしぶき)の色、君の瞳と軋(きし)む体に乱反射して 文句ありげな陽炎(かげろう)に「ざまぁみろよ」って笑ったら 実によく在る夏の日のこと。 そんな何かがここで終わった。 目を覚ました8月14日のベッドの上 少女はただ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた 初音ミクwikiより.

次の

初音ミクのカゲロウデイズの歌詞の意味を教えて下さい(*・∀・)

カゲロウ 歌詞

Schistonota• Pannota カゲロウ( 蜉蝣)とは、・・ カゲロウ目( 蜉蝣目) Ephemeropteraに属する昆虫の総称。 昆虫の中で最初にを獲得したグループの一つであると考えられている。 幼虫はすべて。 ephemera は名詞で、 ephemeron または ephemeros の複数中性格である。 ephemera はチラシやパンフレットなどのを意味し、やはりその日だけの一時的な存在であることによる。 特徴 [ ] 成虫 [ ] 頭部 [ ] 成虫は細長い体で、弱々しい。 頭には3個のと、よく発達した1対のが頭のかなりの部分を占める。 特にオスの複眼は大きく、上下2段に分かれた複眼のうち、上の複眼が巨大な円柱型になるものもある。 これはその形から「ターバン眼」と呼ばれ、カゲロウ目に特有のものである。 はごく短い。 口の構造は退化的で、通常は摂食機能はない。 胸部 [ ] 胸部は前胸・中胸・後胸の3節からなる。 普通は中胸と後胸にはそれぞれ1対ずつ、計2対のがあり、前翅が大きく後翅が小さいのが普通だが、後翅が鱗片状に縮小しているものや、()などのように退化消失して前翅1対のみとなっている種もある。 止まるときは、ほとんどの種が翅を背中合わせに垂直に立てる。 脚は華奢で細長く、特に前脚は長く発達しており、止まっている時に前脚を前方の空中に突き出すようにするものがいる。 腹部 [ ] 腹部は細長く10節からなり、後方へ向かって細まる。 オスの腹面第9節には、交尾の際にメスを挟む把持子(はじし)と呼ばれる生殖肢があり、メスの腹面第8節には生殖口があるが、産卵管などは持たない。 腹部後端には2本または3本の繊細な長い尾(尾毛)を持っている。 オスは川面などの上空で群飛し、スーッと上昇したあとフワフワと下降するような飛翔を繰り返し、この集団中にメスが来ると、長い前脚でメスを捉え、そのまま群から離れてする。 成虫は餌を取らず、水中に産卵すると、ごく短い成虫期間を終える。 幼虫 [ ] 生態 [ ] 幼虫はすべて水中で生活し、多くはの比較的きれいな流域に生息するが、や浅い、など止水域に棲むものもある。 時に域でも見られることがあるが、海生種は知られていない。 微生息環境としては、早瀬の石の表面、淵の枯葉などの堆積物の間隙、止水の泥底上などのほか、砂や泥に潜って生活するものなどがある。 なお本目の幼虫を特に若虫、あるいはニンフと呼ぶことがある。 これは完全変態の昆虫の幼虫を「 larva」、不完全変態の昆虫の幼虫を「 nymph」として区別することによる。 体の構造 [ ] クロタニガワカゲロウの幼虫。 急流にすむ扁平な種。 幼虫の体の基本構造は、翅がないことと水中生活のためのをもつこと以外はほぼ成虫と同じで、3個のと1対のがあり、脚も3対のみで腹脚などはない。 しかし体型は成虫に比べて多様性が高く、生息環境によってさまざまな姿をしている。 これは成虫が生殖のためだけの飛翔態であるのに対し、幼虫は種ごとに異なった微環境で長期間生活するため、それぞれの生活型に適応した形態を獲得した結果と言える。 たとえば、よく泳ぎ回るチラカゲロウ科などは紡錘型の体をもち、や早瀬などの石や岩盤の表面に生息するヒラタカゲロウ科は、体が著しく扁平で水の抵抗を軽減するようになっている。 流れのゆるい砂底や、止水に生息するものは、体は円筒形で、足はやや細く、体を少し持ち上げた形をしており、水草の間や、底に止まっている。 の Drunella は、他の水生昆虫を捕食するための前脚が強大になっている。 他にもそれぞれの生活型によって体型だけでなく、脚や口の構造なども多様に進化している。 腹部の各節はその両端に色々な形の鰓をそなえる。 鰓は基本的には呼吸器官で、腹部の第1節から第7節まで1対ずつ具わっているのが原型であるが、2対あるものや数が減っているものもある。 鰓の形は種類ごとに変化しており、その運動を遊泳に利用するものや、吸盤のような形に変化した鰓で岩に張り付くものなどもいる。 食性も、石の表面のなどを食べるものや、植物遺骸やなどを食べるもの、捕食性のものなど様々である。 脱皮・羽化 [ ] 幼虫時代は一般に回数が多く、通常でも10回以上、時には40回におよぶものもあると言われる。 幼虫の期間は半年から1年程度で、終齢近くのものでは翅芽が発達する。 であり、にはならない。 の時期は春から冬まで種や地域によって異なる。 初夏の頃が最も多く、時間も夕方頃が多い。 羽化場所は水中、水面、水際など種によって異なっている。 羽化したものは 亜成虫 subimago と呼ばれる。 この亜成虫は、飛び立って後、別の場所で改めて脱皮を行い、そこで初めて真の成虫になる。 成虫がよく集まる明かりの周辺を探すと、脱皮殻がくっついているものを見ることができる。 亜成虫は成虫とほぼ同形であるが、成虫に比べて毛が多く、脚や尾がやや太短く、翅が不透明であるなどの違いが見られ、性的には未成熟である。 なお、翅が伸びた後に脱皮する昆虫は他にいない。 人間への利害 [ ] 人との直接的な利害関係が薄い昆虫で、人に噛み付くこともなく、毒を有することもない。 したがってとされるものは非常に少ない。 ただし、オオシロカゲロウなどは時に大発生し、大量の雪が舞ったようになって視界を遮ったり、路上に積もって自動車をスリップさせたりして交通障害を引き起こすことがある。 またに分布する Asthenopus corporaali()は、水中の木材や竹材に穿孔してに良く似た巣穴を作る。 このため、木造船や水上家屋、木製の導水路などに害を与える。 フライ・フィッシングの餌への利用 [ ] むしろ、彼らと人間がかかわるのは、彼らが水環境において、魚類の良質な餌になることによる。 では、カゲロウの幼虫は魚類の餌として重要な位置を占め、羽化した成虫も、水面で盛んに捕食される。 したがって、の餌として、どちらもよく利用されてきた。 の・のモデルとしてもよく利用される。 一般的な毛鉤の多くは、カゲロウの成虫・亜成虫をモデルとしており、ハッチチャート(水生昆虫の羽化時期のチャート表)や現場の状況に合わせ、種ごと、ステージ(成長段階)ごとの疑似餌を使うことがある。 フライフィッシングをする日本人らは英語由来の独特の呼称を用いることが多く、カゲロウに関しても、ハッチ(羽化)、ニンフ(幼虫)、ダン(亜成虫)、スピナー(成虫)などと呼ぶほか、羽化途上の幼虫をイマージャー、羽化したてで翅が伸びきらず捩れたものをツイストウィングなどと呼んで細かく区別し、それらに模してフライを作成・使用することもある。 指標生物 [ ] このほか、流速や水質、底質の差によって生息する種が異なることから、河川でのとしてよく利用される。 これは日本のカゲロウ研究の一大原動力ともなってきたと言えるもので、今もその方面の研究が進んでいる。 渓流では、カゲロウの種類が多い。 それらはそれぞれに生息する環境が異なり、底質や流速などによって異なった地点に生息していることが多い。 やはこのことに注目し、これをと呼んだ。 このカゲロウの棲み分け研究を起源とする語は、マスメディアでも取り上げられたり、社会学などの他分野や日常語としても使われるようになった。 名称など [ ] 日本語 [ ] のカゲロウという名は、空気が揺らめいてぼんやりと見える「(かげろう)」に由来するとも言われ、この昆虫の飛ぶ様子からとも、成虫の命のはかなさからとも言われるが、真の理由は定かでない。 なお以前のでの「蜉蝣」は、現代では類を指す「蜻蛉」と同義に使われたり、混同されたりしているため、古文献におけるカゲロウ、蜉蝣、蜻蛉などが実際に何を指しているのかは必ずしも明確でない場合も多い。 例えばによる物名語源事典『』(二十・蟲豸)には、「蜻蛉 カゲロウ。 古にはアキツといひ後にはカゲロウといふ。 即今俗にトンボウといひて東国の方言には今もヱンバといひ、またをばイナゲンザともいふ也」とあり、カゲロウをトンボの異称としている風である。 一方、平安時代に書かれたの『』の題名は、「なほものはかなきを思へば、あるかなきかの心ちするかげろふの日記といふべし」という中の一文より採られており、この場合の「蜻蛉」ははかなさの象徴であることから、カゲロウ目の昆虫を指しているように考えられる。 やも、羽根が薄くて広く、弱々しく見えるところからカゲロウの名がつけられている。 ただし、これらは陸生の幼虫からをする昆虫で、カゲロウ目とは縁遠いに属する。 その他の言語 [ ] この節は曖昧な記述になっています。 を参考に修正してください。 ( 2013年7月) 成虫がか弱い姿で、しかも短命であることから、日本以外でもか弱くはかないものの代表として扱われてきた。 冒頭にあるように学名自体が1日の命を意味しており、でも Eintagsfliegen(一日飛虫)と言い、いわゆるの意味にも用いられる。 しかし実際には、幼虫時代も含む全生涯を見ると、半年から1年程度であり、昆虫としては短いものではない。 英名の Mayfly は5月頃に大発生する場合があることによる。 漢名の「蜉蝣」は「浮遊」と同音である。 分類 [ ] カゲロウ目は、と共に、昆虫の中では古い系統に属するもので、に属する。 記録はまでさかのぼる。 現生のものは世界でおよそ23科310属2,200種(あるいは2,500種とも)、日本では13科39属140種以上と言われる。 ただし、水生昆虫として研究が進んだため、幼虫の分類が先行し成虫との対応が取れないものも多く、日本産約140種のうち、幼虫と成虫の関係がついているものは約90種に留まる。 そのため、それを埋める研究が進行中である。 科までの分類 [ ]• Schistonota• Siphlonuridae• 和名不詳 Oniscigastridae• 和名不詳 Ameletopsidae• 和名不詳 Ametropodidae• 和名不詳 Coloburiscidae• Oligoneuriidae• Isonychiidae• 和名不詳 Behningiidae• Potamanthidae• 和名不詳 Euthyplociidae• Polymitarcydae• 和名不詳 Palingeniidae• Pannota• 和名不詳• 和名不詳 Tricorythidae• 和名不詳 Neoephemeridae• 和名不詳 Baetiscidae• 和名不詳 Prosopistomatidae 日本産のカゲロウ目 [ ] ヒラタカゲロウ属の一種( Epeorus sp. )の幼虫。 写真のような鰓に褐色斑のある種が複数おり、素人には幼虫の同定は難しい。 以下が日本産の概要である。 カッコ内は日本産既知種の概数であるが、研究の進行によって変動するのは他の生物と同様である。 これらは石綿・竹門(2005b)に準じたもので、上の囲み内のリストが準じている他言語版のリストとは配列その他は多少異なっている。 トビイロカゲロウ科 (4属9種):トビイロカゲロウなど• (1属2種):・• モンカゲロウ科 (1属4種):モンカゲロウなど(砂底に潜る)• シロイロカゲロウ科 (1属3種):オオシロカゲロウなど。 幼虫は瀬石の下の砂泥に巣穴を掘って棲む。 ヒメシロカゲロウ科 (2属3種):ヒメシロカゲロウなど。 小型で研究不十分な科。 かつてヒメカゲロウ科とも呼ばれたが、アミメカゲロウ目にもヒメカゲロウ科があるため改称された。 マダラカゲロウ科 (6属23種以上):オオマダラカゲロウなど捕食性のものもいる。 アカマダラカゲロウは河川の最普通種。 ヒメフタオカゲロウ科 (1属6種):ヒメフタオカゲロウなど。 未記載種もある。 コカゲロウ科 (11属39種以上):フタバカゲロウ(水田に普通)・シロハラコカゲロウ(河川に普通)など。 とくに河川に多くの種が生息し、しばしば個体数も多い。 しかし研究が不十分なため、幼虫にはFコカゲロウ、Hコカゲロウなどアルファベットの仮称が付けられているものも多く、更にそれらの成虫には学名不詳のままキナリコカゲロウやサイドコカゲロウなどの仮称も提唱されており、将来整理が必要な群である。 ガガンボカゲロウ科 (1属2種):ガガンボカゲロウ(原流域)・キイロガガンボカゲロウ。 フタオカゲロウ科 Siphlonuridae(1属4種):オオフタオカゲロウ(中流域で大発生する)など。 チラカゲロウ科 Isonychiidae(1属3種):チラカゲロウ(河川に普通)など。 チラとはこの幼虫などを指す方言。 一見魚類のような動きをする。 ヒトリガカゲロウ科 (1属1種):ヒトリガカゲロウ(大河川の下流域。 ヨーロッパにも分布)。 ヒラタカゲロウ科 (8属42種以上):エルモンヒラタカゲロウ・クロタニガワカゲロウなど。 極めて扁平な体型をもち、流れのある所の石の表面に張り付いており、動きは素早い。 種類が多く研究は不十分。 素人には、幼虫での種の区別が困難なものが少なくない。 カゲロウにちなむもの [ ]• 日本のビジュアル系ロックバンド• カゲロウソング(日本のロックバンドの楽曲)• はカゲロウ類の棲み分けなどに造詣が深い芸能人である。 (、作曲家、昆虫画家、四国大学特認教授)は昆虫MCやベースマガジンなどへの昆虫コラムの寄稿、昆虫の絵入りのサインなどを行っている。 - の散文詩。 カゲロウが作品中で重要な意味合いを持つ。 - 24枚目のシングル。 出典 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年7月)• ・, 2005a. カゲロウ目. in 川合禎次・谷田一三(編),日本産水生昆虫. 東海大学出版会. 石綿進一・竹門康弘, 2005b. 日本産カゲロウ類の和名 - チェックリストおよび学名についてのノート -. 66:11-35. , 2002. 水生昆虫ファイルI. つり人社. 刈田敏, 2003. 水生昆虫ファイルII. つり人社. 刈田敏, 2005. 水生昆虫ファイルIII. つり人社. ・ 編, 1989. 日本の水生昆虫 種分化とすみわけをめぐって. 東海大学出版会. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の