韓国経済 崩壊。 キムチ速報

キムチ速報

韓国経済 崩壊

過去記事一覧• 20年• 19年• 18年• 17年• 16年• 15年• 14年• 13年• 12年• 11年• 10年• 09年• 08年• 07年• 06年• 05年• 04年•

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国経済 崩壊

韓国銀行が28日、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態の影響で、今年の韓国の実質国内総生産(GDP)成長率が-0. 2%にとどまると予想した。 韓国銀行がマイナス成長率の見通しをしたのは、金融危機当時の2009年7月の-1. 6%(2009年の成長率予想)以来11年ぶりだ。 韓国銀行はこの日発表した経済見通し報告書で、今年の成長率見通しを従来の2. 1%から-0. 2%に2. 3%ポイント大幅に下げた。 来年の成長率は3. 1%と予想した。 これは直前の展望(2. 4%)より0. 7%ポイント高い数値だ。 先立って、去る2月は今年の予想成長率を2. 3%から2. 1%に下げたが、後に各種指標でコロナ19事態の経済打撃がより深刻なものと続々と確認され、これを反映して2. 3%ポイント一気に下げたのだ。 第1四半期の成長率は前期比-1. 4%であった。 世界金融危機当時の2008年第4四半期(-3. 3%)以来、11年3ヶ月ぶりに最低だ。 しかし、第2四半期に入っても、今年の成長見通しは暗鬱な指標が出た。 4月の輸出額が前年同月比24. 3%減なのに続いて、5月1〜20日にも20. 3%減少した。 韓国の輸出と成長率に肯定的な影響を与える世界経済の二軸、米国と中国の経済状況も予想よりも悪い。 米国ウォールストリートジャーナル(WSJ)が今月64人のエコノミストを対象に調査した結果、アメリカの第2四半期の成長率予想値は、平均-32%と調査された。 中国は去る22日開かれた全国人民代表大会(全人代)第3次年次総会で今年の経済成長率の目標数値を提示しなかった。 イジュヨル韓銀総裁は記者懇談会で「-0. 2%だった時よりも楽観的なシナリオでは、小幅プラス成長する可能性があるものと見た」とし「悲観的なシナリオでは、マイナス幅が(-0. 2%)よりも大きくなる可能性がある」と述べた。 韓銀の「成長率大幅下方調整」は、既に他の機関が0%前後の成長率見通しを打ち出し早くから予見された。 去る20日、国策研究員である韓国開発研究院(KDI)は、今年の韓国の経済が上半期(-0. 2%)と下半期(0. 5%)を通して、年間0. 2%成長すると予測した。 コロナ19長期化で経済活動が来年になってから徐々に回復する「サブシナリオ」を適用すると、成長率が-1. 6%まで低下する可能性があると予想した。 ジョンギュチョルKDI経済見通し室長は「最も可能性の高い数字は0. 2%である。 ただし、不確実性が高いため、より低い数字ともなりうる。 逆成長の可能性が高い」と説明した。 韓国金融研究院は14日、今年の成長率を-0. 5%と発表した。 国際通貨基金(IMF)も先月14日、韓国経済がマイナス成長(-1. 2%)すると予想しており、国際金融センターが集計した4月末現在、主要な海外IB(投資銀行)の、今年の韓国の成長率見通しの平均(-0. 9%)も0%を下回っている。 韓国銀行は、今年と来年の消費者物価上昇率をそれぞれ0. 3%、1. 1%と予想した。 韓国経済が「マイナス成長」したのは、1953年に韓国銀行がGDP統計を編制した後、1980年(-1. 6%)、1998年(-5. 1%)のたった二回しかない。 韓銀がマイナス(-1. 6%)予想をした2009年でさえ、実際の成長率は0. 2%に達した。 国が滅びるかにかかわらず、レベルの低い国民性が問題である。 お前のような文章を書く人間が間もなく消えると思う。 とても悲しく残念なことだと思います。 政府の負債がGDPの2倍が越えているにもかかわらず、国債の安全性は日本の方が韓国より高い。 前後が変わってるんじゃない? 偽ニュースメーカーは自分たちの知能レベルを絶対超えることができないようだね。 2なら、実際にはマイナス20%も超えるという意味じゃないか。 naver. nhn? 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の

韓国経済危機&崩壊特集

韓国経済 崩壊

韓国経済が崩壊したら政府はみずほや三菱UFJを救済するでしょうか? 最悪と言われながらどこを見ても改善の見通しがない韓国経済。 経済崩壊が現実感を帯びてきています。 もしそうなったらめいっぱい貸し込んでいるみずほ銀行は破綻必至ですし三菱UFJ銀行だって安泰ではないでしょう。 すると今でも弱含みの日本経済は再度混乱を起こすことでしょう。 それを防ぐため巨大な公的資金を注入すれば財政再建を唱えている財務省は十字砲火を受けることでしょう。 安倍政権は対韓制裁カードを100枚以上用意していると聞きますがまさかいきなり経済破綻を起こす意図はないと思います。 でも起きてしまったらどうするのでしょう? そういう事態を予期して両銀行の救済策を用意しているのでしょうか? バブル崩壊で、日本のメガバンクは大きな痛手を喰らいました。 バブル時に、不動産や株式、バブル3K(海外不動産、絵画、会員権など)に傾斜して直接的・間接的に集中投資し過ぎて、それらの相場商品が値崩れし価格崩壊したことによって、倒産する銀行・証券会社まで出てくる始末で、大手の銀行まで倒産寸前まで追い込まれたのでした。 このバブル崩壊以降、銀行経営において過大な傾斜配分はしないよう様々なリスクをコントロールしポートフォリオ経営を行なっています。 国家のデフォルトリスクについては「ソブリンリスク」としてコントロールしています。 具体的にどうなっているのかについては、ネット情報で 「2019-08-01 韓国向けの邦銀の貸出残高はどのようになっているのか?」という記事を引用します。 以下引用です。 () 「次に国際展開が進んでいるメガバンクの韓国向け「貸出残高」を確認しましょう。 いずれも2019年3月末時点となります。 MUFG 4,255億円 海外貸出全体 421,796億円(米国持株会社、タイ現地銀行含む)の1% 三井住友 2,330億円 海外貸出全体 221,205億円の1% みずほ 7,196億円 海外貸出全体 253,970億円の3% なお、上記は純粋な貸出残高です。 みずほが韓国向け貸出の残高が多いというところが特徴でしょう。 MUFGとSMFG(三井住友)は問題ない水準と言えます。 」 だそうです。 ちなみに、みずほ銀行の2019年3月期の経常利益が「6,141億円」なので、もし無担保貸出中心で、すべてが損失計上されたとしても、1年分の利益が吹っ飛ぶ程度で、経営が揺らぐことはないし、公的資金など必要ないと思っています。 また、普通に、親会社の保証などの担保は取っているはずなので、貸出全てが損失となる事態は発生しないでしょう。 経営に支障を来さないレベルなので、追い貸しや救済は行なわず、貸倒引当金を計上してお終いでしょう。 経営に支障が生じることはないとしても出来る事なら、今のうちに、順次撤退して、貸出残高を半額程度までに減らすのが「賢い銀行経営」と言えると思ってもいます。

次の