ヘルペス 薬局 塗り薬。 ヘルペスに効果のある市販薬

口唇ヘルペスは市販薬で治せる?再発させたくないあなたに

ヘルペス 薬局 塗り薬

私のケースでご参考に書きますが、 ・皮膚科ありで別の科もある内科では「軟膏のみ」 ・皮膚科専門は軟膏と外服薬 が処方されました。 あくまでもすべての病院でこういう処方がされるというわけではないので、ご参考に。 ただ皮膚科がヘルペスの専門的なので、皮膚科専門医の病院をおすすめはします。 ちなみに小さい内科は飲み薬がない印象で、中堅の総合病院などは皮膚科はもしかしたら飲み薬があるかもしれません。 ヘルペスの薬の種類とは? 病院の場合に処方される薬の種類は、 ・バルトレックス(内服薬) ・アラセナA軟膏(外用薬) が多いと思います。 ただジェネリックの場合もあるので、多少は名前が違っている場合もあるかもしれません。 じつはこのバルトレックスは通販でも買えるようですが、 輸入品のようで、販売サイトも怪しい所もあるようなので、通販サイトでの飲み薬の購入はあまりおすすめできません。 皮膚科で先生に処方してもらうのが、保険適用なのでまだ安価で買うことができます。 次でもご紹介するのですが、飲み薬けっこう高いんですよ… ヘルペスの飲み薬は高い場合がある バルトレックスのような内服薬は保険適用でも平均 1錠500円もするようなので、高価なお薬ともなります。 バルトレックスの場合ヘルペスや帯状疱疹の薬で、最高でも5日しか出せないとされています。 帯状疱疹は7日しか処方できないそうです。 病院でジェネリック薬をお願いすると、似たようなバラシクロビル錠という薬が出され、これは半額の値段なのだそうです。 薬名はあくまでもご参考にしてください。 私が処方されたのは、多分ジェネリック薬の処方でした。 薬は3日分しか出なかったのですが、2日分ぐらい飲んだらすぐに良くなりました。 値段が高いらしいので、あまり多くの日数を処方されないという印象です。 結構悪化してたんですが、 即効性は塗り薬より半端ないです。 また、内服薬としては、 ・ファムビル という錠剤薬もあるそうです。 こららも、バルトレックスと同様に1錠500円あたりの値段のようです。 上記で書いたゾビラックス軟膏の他にゾビラックスの内服薬もあるそうですが、これは1日5回も飲むので処方としてはあまり見かけないそうです。 ヘルペスの内服薬や軟膏は薬局やドラックストアで買える? 冒頭で少しご紹介しましたが、ヘルペスはドラックストアなどで軟膏クリームは買えても、 内服薬 飲み薬 買えません。 厳密にバルトレックスのような内服薬自体がドラックストアや薬局では売っていません。 これは医師の処方が必要になるからです。 また 軟膏やクリームも初めて口唇ヘルペスになった人は買えないです。 再発の場合で一度病院に行ったことがある人はドラックストアで買えるのですが、買う際は薬剤師の処方が必要となります。 (通販も同様です。 ) ヘルペスの内服薬が欲しい場合は皮膚科で治療するのが無難 少し書きましたが、内科などは内服薬を処方してくれない場合があります。 全ての病院ではないと思うのですが、口唇ヘルペスが酷い時に内科に行ったら、軟膏しかもらえなかったからです(初めてだったので、軟膏しか治せないと思っていた) 皮膚科にいくと内服薬を貰えて、ジェネリックで頼めば多少は安く買うことができると思います。 内服薬を使うと、悪化していても口唇ヘルペスは1週間もしないうちに効果があるので、いますぐ悪化して治したい人は、できれば病院に行って内服薬を貰うのが良いと思います。 病院の先生曰く、薬が余ったら次に口唇ヘルペスができたときに飲んでいいよなんていわれました。 1日でも早く治したい人は、病院に行ってみて下さいね! 関連記事はこちら ・ ・ ・ ・ ・.

次の

口唇ヘルペスにおすすめの市販薬4選!購入方法と塗り方のポイントも紹介

ヘルペス 薬局 塗り薬

私のケースでご参考に書きますが、 ・皮膚科ありで別の科もある内科では「軟膏のみ」 ・皮膚科専門は軟膏と外服薬 が処方されました。 あくまでもすべての病院でこういう処方がされるというわけではないので、ご参考に。 ただ皮膚科がヘルペスの専門的なので、皮膚科専門医の病院をおすすめはします。 ちなみに小さい内科は飲み薬がない印象で、中堅の総合病院などは皮膚科はもしかしたら飲み薬があるかもしれません。 ヘルペスの薬の種類とは? 病院の場合に処方される薬の種類は、 ・バルトレックス(内服薬) ・アラセナA軟膏(外用薬) が多いと思います。 ただジェネリックの場合もあるので、多少は名前が違っている場合もあるかもしれません。 じつはこのバルトレックスは通販でも買えるようですが、 輸入品のようで、販売サイトも怪しい所もあるようなので、通販サイトでの飲み薬の購入はあまりおすすめできません。 皮膚科で先生に処方してもらうのが、保険適用なのでまだ安価で買うことができます。 次でもご紹介するのですが、飲み薬けっこう高いんですよ… ヘルペスの飲み薬は高い場合がある バルトレックスのような内服薬は保険適用でも平均 1錠500円もするようなので、高価なお薬ともなります。 バルトレックスの場合ヘルペスや帯状疱疹の薬で、最高でも5日しか出せないとされています。 帯状疱疹は7日しか処方できないそうです。 病院でジェネリック薬をお願いすると、似たようなバラシクロビル錠という薬が出され、これは半額の値段なのだそうです。 薬名はあくまでもご参考にしてください。 私が処方されたのは、多分ジェネリック薬の処方でした。 薬は3日分しか出なかったのですが、2日分ぐらい飲んだらすぐに良くなりました。 値段が高いらしいので、あまり多くの日数を処方されないという印象です。 結構悪化してたんですが、 即効性は塗り薬より半端ないです。 また、内服薬としては、 ・ファムビル という錠剤薬もあるそうです。 こららも、バルトレックスと同様に1錠500円あたりの値段のようです。 上記で書いたゾビラックス軟膏の他にゾビラックスの内服薬もあるそうですが、これは1日5回も飲むので処方としてはあまり見かけないそうです。 ヘルペスの内服薬や軟膏は薬局やドラックストアで買える? 冒頭で少しご紹介しましたが、ヘルペスはドラックストアなどで軟膏クリームは買えても、 内服薬 飲み薬 買えません。 厳密にバルトレックスのような内服薬自体がドラックストアや薬局では売っていません。 これは医師の処方が必要になるからです。 また 軟膏やクリームも初めて口唇ヘルペスになった人は買えないです。 再発の場合で一度病院に行ったことがある人はドラックストアで買えるのですが、買う際は薬剤師の処方が必要となります。 (通販も同様です。 ) ヘルペスの内服薬が欲しい場合は皮膚科で治療するのが無難 少し書きましたが、内科などは内服薬を処方してくれない場合があります。 全ての病院ではないと思うのですが、口唇ヘルペスが酷い時に内科に行ったら、軟膏しかもらえなかったからです(初めてだったので、軟膏しか治せないと思っていた) 皮膚科にいくと内服薬を貰えて、ジェネリックで頼めば多少は安く買うことができると思います。 内服薬を使うと、悪化していても口唇ヘルペスは1週間もしないうちに効果があるので、いますぐ悪化して治したい人は、できれば病院に行って内服薬を貰うのが良いと思います。 病院の先生曰く、薬が余ったら次に口唇ヘルペスができたときに飲んでいいよなんていわれました。 1日でも早く治したい人は、病院に行ってみて下さいね! 関連記事はこちら ・ ・ ・ ・ ・.

次の

【医師監修】性器ヘルペスの薬の種類について

ヘルペス 薬局 塗り薬

アラセナA軟膏、アラセナAクリーム(持田製薬) ヘルペスウイルスの増殖を抑制し、皮膚症状を改善する効果を持ちます。 主成分はビダラビンです。 軟膏タイプの「アラセナA軟膏」は、油分が多く、ベタつき・テカりが生じやすい一方、肌への刺激が弱く、肌には優しいという特徴があります。 クリームタイプの「アラセナAクリーム」は軟膏タイプに比べて油分が少なく、ベタつきやテカりが生じにくい一方、肌への刺激がやや強いという特徴があります。 患部がテカテカすることに支障がある場合は、お医者さんに、アラセナAクリームの処方を希望する旨を伝えても良いでしょう。 ただし、水ぶくれがひどい場合は、肌に刺激が弱いアラセナA軟膏が処方されることが多いことを留意ください。 mochida. mochida. 60円(1gあたり) ゾビラックス軟膏、ゾビラックスクリーム(グラクソ・スミスクライン) ヘルペスウイルスの増殖を抑制し、皮膚症状を改善する効果を持ちます。 healthgsk. healthgsk. 70円(1gあたり) ビダラビン軟膏 ビダラビン軟膏は、「アラセナA軟膏」の後発薬(ジェネリック)で、小林化工、武田テバファーマ、日本ジェネリック、富士製薬工業、沢井製薬、東和薬品、岩城製薬といった製薬メーカーから発売されています。 60円(1gあたり) カサールクリーム(マルホ) カサールクリームは、「アラセナAクリーム」の後発薬(ジェネリック)です。 maruho. 60円(1gあたり) アシクロビル軟膏 アシクロビル軟膏は、「ゾビラックス軟膏」の後発薬(ジェネリック)です。 20円(1gあたり) エアーナース軟膏、エアーナースクリーム(ラクール薬品販売) エアーナース軟膏&クリームは、「ゾビラックス軟膏&クリーム」の後発薬(ジェネリック)です。 20円(1gあたり).

次の