星野 リゾート 水戸。 全国のおすすめ星野リゾートグループ 9選 宿泊予約は [一休.com]

水戸・千波湖に円形の橋を 星野リゾートが魅力向上案 :日本経済新聞

星野 リゾート 水戸

円形の巨大な橋が架かった千波湖のイメージ 県提供 茨城県は22日、ホテル運営の星野リゾート 長野県軽井沢町 が県からの委託でまとめた「偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上構想」を発表した。 千波湖西側に巨大な円形の橋を架け、観光客向けのホテルや観光拠点施設を湖畔に整備するといった提案が盛り込まれた。 大井川和彦知事は「あくまでも議論のたたき台」と強調し、全ての実現には慎重姿勢だ。 構想のコンセプトは「都市観光なのにリゾート気分を味わえる地 水戸」。 首都圏の親子連れなどをターゲットに定めた。 軸となるのが円形の橋「MitoLink ミトリンク 」。 全長1・5キロメートルで、自転車や徒歩で通行できる。 湖上は水面近くに設け、地上は緩やかな傾斜を描く。 湖北西の偕楽園・歴史館側と南の千波湖公園側を中心市街地とつなぎ、観光客の回遊性を高める。 高架下には観光拠点施設やホテルを整備する。 観光拠点施設は県産食材を使ったカフェやレストランのほか、観光用に自転車を貸し出す施設を備える。 観光客の宿泊を促すため、ホテルでは夜間や早朝のアクティビティーを用意する。 湖畔にはコワーキングスペースを設け、地元住民が料理の研究に利用する「フードラボ」を併設する。 偕楽園公園の拡張部は、快適な空間で自然を満喫する「グランピング」やバーベキューといったアウトドア体験を提供。 県立歴史館は水戸藩時代を中心とした展示にリニューアルする。 星野リゾートは6〜10月の委託期間に今回の構想をまとめた。 市場調査などを含めた委託費は2千万円。 大井川知事は「ダイナミックなアイデアが盛り込まれた」と評価。 一方で「ミトリンクをはじめ実現にはかなりハードルが高い内容も含まれており、全ての提案がそのまま実現できるものではない」とした。 県は今後、公園運営や観光、造園の専門家らでつくる「偕楽園魅力向上アクションプラン検討会」などの有識者による議論を進めるとともに、水戸市の意見を取り入れたい考えだ。 小野寺晋平.

次の

星野リゾート、茨城県水戸市 「偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上計画策定業務」受託

星野 リゾート 水戸

それによると、「都市観光なのにリゾート気分を味わえる地 水戸」をコンセプトに、主に首都圏在住者をターゲットとしたエリア内の施設の観光魅力向上策を提案している。 県はこのあと、この提案を参考にしながら「偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上プロジェクト・チーム」や「偕楽園魅力向上懇談会」、レイクサイドボウル跡地でのパークPFIによる民間活力導入を検討している水戸市といった関係者と協議して、部分的に実現可能なアイデアは早ければ20年度から具体化するなど、スピード感を持って取り組んでいく考えだ。 県は、日本三名園の一つである偕楽園とその周辺エリアについて、歴史館や千波湖など本県を代表する観光資源があるにもかかわらず、梅まつり期間以外の観光誘客や近隣観光施設との接続性、滞在型コンテンツの不足など課題が多いことから、日本を代表する観光拠点を目指し民間企業のアイデアを盛り込んだ観光振興計画を策定する。 計画の策定業務の事業者選定では、公募型プロポーザルを実施して県内外の7者から企画提案がなされ、審査会を経て6月3日に星野リゾート 長野県 と委託契約を締結していた。 そのうえで、「偕楽園本園と歴史館のエリア」「偕楽園拡張部エリア」「千波湖畔エリア」の3つのエリアのスポットや弘道館、水戸芸術館など今ある資源を磨き、活用して「コト消費」を促進する新たな仕掛けをつくることで、水戸観光の課題を解決するとしている。 「偕楽園本園と歴史館のエリア」では、偕楽園本園で観梅時期以外も楽しめる通年魅力を訴求。 県立歴史館は水戸藩時代を中心とした展示へのリニューアルと、館内外のオープンスペースの拡充を行うことで、茨城が誇る水戸の歴史を体感できるエリアを目指す。 「偕楽園拡張部エリア」は、千波湖畔に点在していた駐車場を一カ所に集約し、BBQ/グランピング場なども整備する。 子どもの遊び場も今までにない遊び場を目指し、地元住民を中心にちょっとした非日常を楽しめるエリアを目指す。 「千波湖畔エリア」には、カフェやレストラン、土産物店、情報センター、ランニングステーション、サイクリングステーションなどを併設する観光拠点施設「MitoMix」をはじめ、ホテルやコワーキングスペースを配置し、「都市の中にある湖」のポテンシャルを活かしたリゾート気分が楽しめるエリアを目指す。 さらに、これらの魅力整備を行ったとしても、現状の水戸観光のエリアは鉄路・道路や高低差によって分断されたままであることから、3つのエリアとさらには中心市街地をつなぐ1周1. 5kmの円型ブリッジ「MitoLink」を新たに創ることを提案。 このブリッジはエリアをつなぐことで回遊性を高めるほか、散策すること自体が今までにない圧倒的非日常な体験でコト消費の魅力の一つとなる。 さらには、インパクトあるビジュアルが水戸のシンボルとなってSNSやメディアでの情報拡散・露出につながり、これ自体がキラーフォトにもなりうる。 この提案を受け、大井川知事は「星野リゾートがこれまで培ってきたノウハウや民間企業ならではのダイナミックなアイデアが盛り込まれた提案をいただいた。 一方、『MitoLink』をはじめ実現にはかなりハードルが高い内容も含まれており、すべての提案がそのまま実現できるものではない」としたうえで、「活用できるアイデアはスピード感を持って実現できるよう取り組んでいきたい」と話した。 なお、水戸市は取得したレイクサイドボウル跡地の活用について、パークPFIによる民間活力導入を進めている。 パークPFIは、飲食店や売店など収益のある公園施設の整備と運営を自ら行う民間事業者を公募で選定する制度。 一般の公園利用者も利用できる園路や広場などを一体的に整備して、整備後は公園管理者の市に引き渡す。 本年度はマーケットサウンディング調査を実施しており、ここで得た意見を参考に公募条件などの検討を進め、20年度に事業者の公募を予定する。

次の

【茨城新聞】偕楽園エリア観光振興計画 星野リゾート策定

星野 リゾート 水戸

23日の茨城新聞の1面は、 でした。 ちょっとびっくりな千波湖に奇抜な橋の写真が載ってました。 この上の橋ばかりが取り沙汰されている感じが拭えないので、 茨城県の発表を私なりの解釈と主観て見ていきます。 星野リゾートは、 茨城県から「偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上計画策定業務」 を2000万円で委託されました。 星野リゾートなら何しかしてくれるなんて 何か星野リゾートに夢を抱きすぎていませんか? お金を出して、星野リゾートがこういう提示したという程度のものです。 何処にでもあるリゾート地と同様なものを作るとしたらこうなる! というだけのものです。 あくまでもこの通りにすると言うことではない発表ですね。 家を建てるのに、こういうデザインどうでしょうか?と、 建築士なりデザイナーなる人が提示しているのと何ら変わりません。 奇抜なアイデアであったり、無難なデザイン、 その人、その会社のセンスを見たに過ぎないということです。 委託先はリゾート会社ですからね。 それを考えればこういうものが提示されておもおかしくないのかな? とも思います。 では見ていきましょう。 星野リゾートのコンセプト 都市観光なのにリゾート気分を味わえる地 水戸 ターゲット まずは、首都圏在住者を主として、徐々にエリアを広げていく 同エリア課題 1 コト消費のイメージ不足 2 象徴となる食がない 3 魅力が点在 4 広告主の不在 5 キラーフォトがない 解決の方向性 既存資源の活用とコト消費を促進する新たな仕掛けづくり 提案エリア 偕楽園本園と歴史館エリア(偕楽園本園、歴史館) 偕楽園拡張部エリア(偕楽園拡張部、ボーリング場跡地) 千波湖畔エリア(千波湖畔) ふむふむ。 大井川知事のコメントは 星野リゾートがこれまで培ってきたノウハウや 民間企業ならではのダイナミックなアイデアが盛り込まれた提案をいただいた。 「Mito Link」をはじめ実現にはかなりハードルが高い内容も含まれており、 すべての提案がそのまま実現できるものではないと受け止めている。 活用できるアイデアはスピード感を持って実現できるよう取り組んでいきたい。 とのことです。 各スポット等に関しての提案を見ていきましょう。 見ていくと、ほとんどが見るだけというものはなく、 体験をすることが含まれております。 そのあたりが、 リゾート地を訪れるとホテルにある小ツアーに当たるのでしょう。 弘道館 「日本最大の藩校」という史実を活かし、写経や瞑想など、 普段の生活に生かせる「気づき」を得られる体験を常時提供します。 また、水戸城址などの周遊パッケージを提供するなど、 水戸の歴史を深く知ることのできる場として生まれ変わります。 写経は弘道館とは全く関係ないことで、 牛久大仏でやれば良いと思います。 茨城県立歴史館 「水戸ってすごい!」と思わせる歴史を紹介する博物館を目指し、 水戸藩時代を中心とした展示へのリニューアルと、 気軽に立ち寄れるよう館内外のオープンスペースの拡充を行うことを提案します。 また、敷地内にある歴史的な建造物では、昔のおもちゃで遊んだり、 かまどや囲炉裏を使った料理体験など、 歴史を肌で感じることのできるアクティビティができるようになります。 県立ですから水戸に偏ることもなく、 今の常設展示が見やすいので変える必要は無いでしょう。 ただし、写真撮影可にしてほしい。 水戸市立博物館の展示は私的にはつまらないので、 改善して 街の回遊性を優先する方が現実的です。 円形通路は何でしょうか? 丸い橋が好きですね。 現在のボーリング場跡地とその北側の駐車場の部分の駐車場 千波湖畔に点在していた駐車場を一か所に集約した景観に配慮した オーガニックデザインの埋込み型駐車場です。 雨の日の動線を考慮した、全天候型の子供の遊び場を併設します。 子どもの遊び場 森の中を駆け抜けるアスレチック、森の木々を活かしたネット遊びができる施設、 水辺を生かした遊び場などを造ります。 禁止事項を少なくし子供の発想力を育てることを大切にした遊び場や、 大人も子供も夢中になって一緒に楽しめる施設など、 今までにない遊び場を目指します。 これらに関しては、善し悪しあるでしょうが リゾート地チックな場を提供しているわけですね。 観光拠点施設「MitoMix」 水戸観光の拠点となる、茨城を楽しみつくす店舗や施設が集まります。 農業県茨城ならではの食材を堪能できるカフェやレストラン、 有名シェフが提供するディナーが楽しめるレストランがあります。 伝統工芸体験を楽しめるギャラリーが併設された、 「茨城ならでは」が集まるお土産屋や、 湖畔で大人の夜を楽しめるブルワリー・バーもあります。 観光を楽しむための情報センターや ランニングステーション、サイクリングステーションも併設され、 この「MitoMix」を拠点に観光を楽しむことが出来るようになります。 道の駅的な何か?なのでしょうか? 上で言っている「象徴となる食がない」、 ということで、 有名シェフの付加を付ければ良いということなのかな? 有名シェフ監修だけでは、集客できないのは分かっていますよね? それならば、 団体の食事場所、納豆釜飯でも出していれば良いのでは? 体験・・・、 リゾート施設にありがちですが、 具体的に何やるのかしら? 焼物? 水戸で焼いたら伝統工芸にならない・・・ リンク張っておいた工芸で出来そうなものは、 米粒に絵描くくらい? ホテル 観光客を主なターゲットとした、湖を望むカジュアルなホテルです。 日帰りでは体験することが難しい、 ナイトアクティビティや朝活などの魅力を提供することで、 宿泊を促進します。 コワーキングスペース 地域活動の拠点の場となります。 地元の方向けのコワーキングスペースや、 特殊な業務調理器具を自由に使って 料理の新しい可能性を試すことのできる「フードラボ」、 保育園やカフェなどが併設されます。 湖畔の高台という絶好のロケーションを活かした、 地元住民が通い、集う場所を目指します。 湖のアクティビティ 都市の中の湖ならではの非日常体験を提供できるよう、 様々なアクティビティを提案します。 SUPやカヤックなどのウォータースポーツから、 リゾート気分が存分に楽しめる「朝活」や 「ナイトアクティビティ」まで。 千波湖の浄化 湖の浚渫 しゅんせつ 工事及び、必要な浄化対策を行います。 リゾート地にはホテルが必要ですね、 ということですね。 ホテルだけのコンセプトだけでも、大変そうです。 コワーキングスペースは、 ここじゃなくても・・・。 千波湖が綺麗になればという点では 今やっている浄化作業は生ぬるいですね。 芸術を楽しむ 水戸芸術館や近代美術館の展示は、 アート初心者でも楽しめるアート展示に一新。 水戸市新市民会館での演劇の恒常実施など、 あらゆる芸術を水戸で気軽に楽しめるようになります。 アートイベントや野外アートも一緒に楽しめます。 サイトスペシフィックな野外アートが随所にでき、 自身が作品となり入り込める体験ができます。 また、オーナメンタルグラスなどを配置し、 季節問わず花木を楽しめるようになります。 野外アートは賛成。 オーナメンタルグラスはいる?? 伸び放題で汚らしく見えませんか? つまらなく植えて管理するの大変。 季節感なくすのが良いとは思いません。 MitoLinkの概要 1周1. 5kmの円形ブリッジです。 ブリッジは自転車や徒歩で自由に通行できます。 湖面上では、親水感をもたせること、 景観を守るために、なるべく水面に近くなるよう低くしています。 エリアを繋ぐ 回遊性が高まり、分断された3つのエリアや市街地がつながることで観光地の魅力が増し、 点在する魅力を繋げ、賑わいが面で広がります。 体験を提供する MitoLinkを散策すること自体が、今までになかった圧倒的非日常な体験で、 コト消費の魅力の一つとなります。 シンボルとなる インパクトあるビジュアルが水戸のシンボルとなり、 SNSやメディアでの情報拡散・露出に繋がります。 また、これ自体がキラーフォトにもなります。 こんな発想は水戸市民にはなかったですね。 斬新すぎて私は頭が混乱してしまいました。 エリアを結ぶ・・・ そうですか・・・ 南北の移動が千波湖があることで制約があるので、 一掃のこと千波湖中央に道路橋造って、 新市民会館街中へ直結させればエリア結べて 良いのではないでしょうか?(毒盛) キラーフォト、インスタ映え するの? サークルの橋、斬新すぎてそうかもしれませんが、 偕楽園の梅には勝てないでしょう。 キラーフォトになるのは、偕楽園梅の季節に、 好文亭と梅林が望める ポスターと同じカットで撮影できる 展望台を作れば良いだけです。 何処に行ったかも分からないような写真を撮るよりも。 定番の観光地で撮る写真がほしいだけですよ。 首都圏の人間がターゲットにしていても、 普通従来からあるリゾート地に行くでしょう。 何処にでもあるようなリゾート地の良いとこを切って貼った ような何処にでも行ってもあるようなものでは 繰り返し行きたいなって人が来るでしょうか? 一度物見に行ってみようって感じの バブル期に沢山出来て消えたテーマパークとあまり代わらないような。。。 首都圏からの人ではなく、ありがちなのは、 海外(アジア)で人気になって人がたくさん来るのかもしれません。 水戸に縁もゆかりもない大学生が書いた卒論みたい・・・ 企画立案したチームの年齢層が知りたいです。 作ったチームの目線が水戸以外からの普通目線なのでしょうか?。 2000万円の価値があるのかは評価できません。 一個人の感想ですので、ここで議論をしたいとは思っておりません。 ここに用いた文章、写真は茨城県発表の資料から引用しました。 これとは異なりますが、最初の段階で新市民会館を建てるに当たって 委託され発表されたものに対して、 どれでだけの人が異論を唱えたでしょうか? アナウンスも殆ど無かったから知らない間に進んだ出来事なのでしょうか? 今サイトで見られない(みれる?)ので隠された感もありますが、 それに異を唱えるような有力人がでなかったのは残念です。 この件に関して、 そのようなことにならないことを期待します。

次の