ホット ロード 結末。 映画「ホットロード」のあらすじ・キャスト情報!結末のネタバレも!

ホットロード ネタバレをラストまで!春山の結末に号泣!賛否両論!?高ハードル超えた登坂広臣の演技にも要注目!

ホット ロード 結末

映画「ホットロード」のあらすじ【予告編動画】 【出典:】 2014年に公開された映画「ホットロード」。 主人公の和希は母からの愛情を感じられず心を痛める少女。 学校の友達とも打ち解けられず孤独を感じながら過ごしていた。 ある日、横浜からの転校生・絵里に誘われ、和希は暴走族『NIGHTS』の集会に参加。 そこで、1人の青年「春山」と出会う。 お互いに初印象は最悪ながらも、どこか似た者同士の2人は互いに惹かれ合っていく。 そして、いつしか誰よりも大切な存在へ…。 和希は大切な春山を失いたくなかった。 しかし、NIGHTSの総頭となった春山は敵対する暴走族との抗争へ向かってしまう。 その途中、春山はトラックとの衝突事故に遭い意識不明の重体に…。 ホットロード【予告編動画】 映画「ホットロード」のキャスト・登場人物 【(C)2014「ホットロード」製作委員会】 キャスト・登場人物• 春山洋志(演:登坂広臣)• ママ/和希の母親(演:木村佳乃)• 鈴木(演:小澤征悦)• 玉見トオル(演:鈴木亮平)• 宏子(演:太田莉菜)• 絵里(演:竹富聖花)• リチャード(演:落合モトキ)• 金パ(演:山田裕貴)• 赤根(演:野替愁平)• 永山(演:遠藤雄弥)• おばさま先生(演:鷲尾真知子)• 医者(演:野間口徹)• 高津(演:利重剛)• 春山の母(演:松田美由紀) スタッフ• 監督:三木孝浩• 脚本:吉田智子• 原作:紡木たく 映画「ホットロード」のあらすじをストーリー内容とともに! 【出典:】 14歳の中学生の少女・和希と16歳の暴走族の青年・春山の2人の恋を描いた映画「ホットロード」。 ここでは、映画「ホットロード」のあらすじをストーリー内容ともにお届けします。 孤独を抱える14歳の少女・和希 和希は14歳の中学2年生。 和希は幼い頃に父を病気で失い、それからは母と2人で暮らしている。 和希の家には父の写真は残されていなかった。 それは、母にとって父との結婚は望んだものではなかったからだ。 そんな和希の母には高校時代からの恋人がいる。 相手の男性は離婚調停中だった。 母は恋人と会うために、しばしば家に帰らない日があった。 そんなこともあり、和希は母の愛情を感じられずにいた。 ある日、和希は万引きをして捕まったことを母に伝えるも、母はあまり関心を示してはくれなかった。 和希は母と暮らしながらも孤独を感じていた。 和希と春山の出会い 和希は通っている学校でも友達と馴染むことができなかった。 そんな和希にとって唯一の友達は横浜から転校してきた絵里だった。 ある日、和希は絵里の横浜時代の先輩である宏子を紹介されることになった。 向かったのは横浜の暴走族『NIGHTS』の集会だった。 その途中、和希はNIGHTSのメンバーである春山という青年に会う。 見慣れない顔の和希に春山が声をかけるも、和希は黙ったままだった。 そんな和希に春山は「お前んち、家庭環境悪いだろ?」と聞く。 それに対して和希は「お前には関係ねーだろ」と強く言い返した。 2人の出会いは最悪だった。 似た者同士の2人が互いに惹かれ合っていく 母の愛情を感じられず孤独を感じていた和希。 そんな和希は孤独を紛らわすように、たびたび春山が所属するNIGHTSの集会へ参加するようになっていく。 春山も和希と同じく複雑な家庭環境を抱えていた。 春山は母親が再婚した父親と上手くいかず、家を出て1人暮らしをしていた。 高校へも進学せず、生活のためにガソリンスタンドでアルバイトをしている。 複雑な家庭環境を抱えるどこか似た者同士の2人は、いつしかお互いに惹かれ合うようになっていった。 和希が心配するなか春山は敵対するチームとの抗争へ トオルがNIGHTSを引退することになり、春山が7代目総頭に昇進することになった。 それと同時に、敵対する暴走族『漠統』との抗争が起こり始める。 新総頭になった春山は、もちろん漠統との抗争へ向かおうとする。 その抗争は「今度こそ誰か死ぬ」と言われるほど激しいものになると考えられていた。 春山を心配する和希は「行かないで」「こんなに誰かを大事なんて思ったことない」と訴えるも、春山は「俺がいなきゃ何もできねぇような女になるな。 俺のことなんかいつでも捨てれる女になれ。 そんでも俺が追っかけてくような女になれ。 」と心配する和希を振り切った。 抗争へ向かう途中、春山が交通事故に遭ってしまう… 『漠統』との抗争の当日、春山は高熱を出していた。 それでもNIGHTSの7代目総頭として行かない訳にはいかなかった。 春山が抗争へ向かう途中、前方には検問中のパトカーの姿が。 春山が咄嗟に引き返そうとした瞬間、後ろからやってきたトラックに衝突する事故に遭ってしまった。 春山は病院に搬送されるも意識不明の重体に。 それを聞いた和希は絶望し、「置いてかないで」「1人にしないで」と泣き叫んだ。 和希はショックから食事をとることもできず、とうとう和希も倒れてしまった。 映画「ホットロード」の結末内容のネタバレ 【出典:】 春山の事故によりショックを受けた和希は食事をとることもできずに倒れてしまいました。 そんな和希を母が背負い、春山が入院する病院まで連れて行きます。 和希が目を覚ました頃、意識不明だった春山も奇跡的に意識を取り戻しました。 しかし、春山には左半身麻痺という後遺症が残ってしまいます。 その後、無事に退院した春山は麻痺した体でリハビリを始めました。 和希もちゃんと学校に通い始めます。 一時は命を落としかけた春山でしたが、そのことによりNIGHTSを引退。 和希も母親との確執がとけ、「今まで人をいっぱい傷つけました。 これからはその分、人の痛みが分かる人になりたい。 」と思うまでに落ち着く様になっていました。 リハビリを終えた春山は、その後工場で働き始めます。 そんな春山の姿を見て、和希は「この先も不安ばっかだけど、ずっとずっと先でいい。 いつか春山の赤ちゃんのお母さんになりたい。 」と夢見ていました。 湘南の海沿いの浜辺で和希と春山が肩を抱き合いながら歩く様子を映し出し、ホットロードのエンディングを迎えます。 ホットロードの関連記事.

次の

【漫画あらすじ】80年代不朽の名作「ホットロード」完全解説!!

ホット ロード 結末

ホットロードのあらすじ1 14歳中学2年生の宮市和希(以下和希)の父は彼女が2歳の時に亡くなった。 現在、母子家庭の和希の家には父の写真がない。 なぜなら両親達は愛のある結婚ではなかったからだ。 そして、母(木村佳乃)には妻子持ちで離婚調停中の彼氏がいた。 母と彼氏は高校時代の同級生だった二人はお互いに別な人と結婚して、家庭を築いていたにも関わらず、ずっと関係を続けている。 和希はたった一人の家族である母から愛を感じることができず孤独に耐えていた。 そして、寂しさを紛らわすため母の誕生日に万引きをはたらいた。 横浜からの転校生の絵里(竹富聖花)に誘われるまま連れて行かれた暴走族の集会で春山洋志(以下春山)という少年と出会う。 春山と和希。 春山は和希にいろいろ話をかけるが和希は答えない。 そこで春山は和希に向かっていきなり言い放つ。 「おまえんち、家庭環境わりいだろ?」それに怒った和希に「オメーに関係ねーだろ!」と口ケンカを始めた。 二人の出会いは最悪だった。 ホットロードのあらすじ2 暴走族達から春山の評価は信じられないくらいに高いものだった。 カリスマ的存在であった。 しかし、春山は和希にだけはいつも絡んできた。 そんなあるとき春山は和希に「俺の彼女になれ」と言い放つ。 突然こんなことを言い出す春山に和希は嬉しさよりも怒りがこみ上げてきた。 春山には以前から忘れられない女がいると聞いていたためだった。 和希は「俺の彼女になれなんて言う奴嫌いだし」と言う。 春山が所属する暴走族集団「NOGHTS」には総勢500名の孤独感や心に傷を抱えた少年・少女がたくさん集まっていた。 彼らは夜の湘南をバイクで駆け抜けていた。 和希は暴走する春山の背中にしがみつきながら孤独感を打ち消していた。 ホットロードのあらすじ3 和希の心の中で春山を想う気持ちが大きくなっていった。 その代わりに愛情を満足に与えてくれなかった母親への嫌悪感が強くなっていく。 たまたま学校をサボったことを原因で母と口論となる。 和希は不倫を続けていた母を責め、母の過去を聞かされ「汚い」と感じた。 「いらない子だったら産まなきゃよかったじゃないか」言い捨てて和希は家を飛び出した。 家出をした和希は春山のもとに向かうが春山は和希を受け入れない。 その理由は春山自身が複雑な家庭環境で育ち中学卒業後一人で生きてきた。 春山にとっては家出は甘いものでないことをわかっていたからだ。 春山は和希に「帰れるうちに帰ったほうが良い」と諭すが春山の助言を聞かず友人の家を転々としていた。 しかし、そんな生活は長くは続かずいく宛のない和希は仕方なく春山の家に住むこととなった。 ホットロードのあらすじ4 慣れない同棲生活を続けるうちに二人は惹かれあっていく。 和希は不器用ながらも春山を愛し始めた。 そんな、二人の幸せな生活が始まった矢先に「NIGHTS」の切り込み隊長の春山が大抜擢され総頭に昇進した。 総頭になった春山は今まで以上に「NIGHTS」にかかりきりとなり、そんな春山の存在が自分の中で大きくなるに連れて争いが絶えない春山に生きた心地がしなくなっていく。 一方春山にとっても和希は自分自身にブレーキを踏ませる存在となり、総頭の自分と和希の想いとの間で悩み苦しんでいた。 そんな春山は悩んだ末に和希との別れを選ぶ。 「おまえみてっとイライラする。 お前といると俺ダメになる。 別れようぜ」春山は和希を想い、和希の人生から危険な存在となる自分が去ることをきめた。 しかし、和希は春山の言葉の真意がわからず傷つき苦しむが春山についていくことをきめた。 ホットロードのあらすじ5 春山の誕生日の日に和希は一度自宅に戻り、ずっと怖くて聞けなかったことを母に問う。 「あたしのこと好き?本当に必要?」その言葉で母は涙が止まらず言葉にならない。 見守る春山だったが見かねて母に問う。 「おばさんこいつのこと嫌いなの?もしそうならば俺がもらってちゃうよ」と。 母はそれを聞き「あげないわよ!誰にも!親が自分の子嫌いなわけないじゃないの」と言う。 ようやく和希が小さい頃から欲しくてたまらなかった母の愛情を初めて感じることができたのだった。 和希は春山の誕生日を機会に家に戻った。 ホットロードの結末 翌日、春山に会った和希は「ケンカに行かないで欲しい」と泣きながら頼むが春山は毅然とした態度で言う「俺がいなきゃなんにもできねーような女になるな!俺のことなんかいつでも捨てれる女になれ!」春山はすでにNIGHTSを束ねる総頭となり、和希の手の届かないところまで上りつめていた。 春山はその後和希のもとから消息を経った。 一ヶ月ご久しぶりに会った和希に春山は元気な姿を見せていた。 しかし、その後暴走族同士の抗争中に春山はトラックにはねられてしまう。 春山は意識不明の重体となる。 春山が運ばれた病院に和希が駆けつて「一緒に死ぬ」と泣き叫び、取り乱した和希を母は必死に止めていた。 春山は奇跡的に意識が戻った。 一命は取り留めたが左半身に麻痺が残る後遺症が残った。 春山の事故をきっかけに和希は暴走族を辞めた。 高校にも通うようになっていた。 春山は先の見えないリハビリを続け、和希は春山を支えた。 最後のエンドロール前に和希が語ります。 「今日であたしは17歳になります。 今まで人いっぱい傷つけました。 これからはその分、人の痛みがわかる人間になりたい。 この先もどうなるか全然わからないし、不安ばっかだけどずーっとずーっと先でいい。 いつか春山の赤ちゃんのお母さんになりたい。 それが今のあたしの誰にの言っていない小さな夢です。 」 以上、映画ホットロードのあらすじと結末でした。 ホットロードの紹介 原作者の紡木の元には今まで何度もホットロードのドラマ化や映画化の話が来ていたが、イメージに合わないという理由で全て断っていた。 しかし、映画「カラスの親指」で『能年玲奈』の存在を知り「彼女なら和希の役を託してもいい」と実写化を許可しており、「能年ありき」の企画になっている。 なお、能年のキャスティングは能年玲奈がメジャーになる「あまちゃん」の放送前から決定していた。 2014年8月16日公開され、公開初週週末2日間の興行成績は興収3億8924万2000円、動員28万4367人で、映画観客動員ランキングで第2位に初登場しました。 主演を務めた能年玲奈・登坂広臣の2人はこの映画で数々の新人賞を受賞しました。

次の

【漫画あらすじ】80年代不朽の名作「ホットロード」完全解説!!

ホット ロード 結末

「ホットロード」を知ったきっかけは、自分が中学生頃に、ヤンキーの女の子やヤンキーに憧れていた女子が必ず読んでたぐらいに流行っていました。 かずきになりきって、腕に好きな人の名前を彫るのも流行っていました。 4巻で完結しています。 この漫画は、ぜひ 今の中高生にも読んでもらいたいですが、 大人になってからでも楽しめる、あの頃に帰れる本だと思います。 相手を思いやるシーンなど、春山がかずきを本気で思って突き放したり、かずきが春山を思っていろんな問題にぶつかり、 悩んだり笑ったり落ち込んだりするところがポイントです。 では、さっそく【ホットロード】結末ネタバレを紹介していきたいと思います。 次第に春山色に染まっていくかずきですが、その背景には複雑な家庭事情もあって、そんなかずきを春山も気にかけるようになり、二人は恋に落ちていきます。 泣いたり笑ったり悩んだり落ち込んだり怒ったり。 しかし、そんな時、春山が事故に遭い、かずきはどうなるのか…春山の生死は!? 二人の思いが奇跡を起こす、 切なくて温かいラブストーリーです。 1巻を読んだときの印象は、春山がかっこよくて、かずきが可愛くて、無我夢中で4巻まで読んでしまいました。 二人の光景が凄く頭に浮かび、本当にあったかのように、 自分が主人公のかずきになれる漫画です。 続きを読みたくなった理由は、本気でに好きになっていくかずきが、自分に乗り移ったかのように、春山が恋しくなったからです。 かずきの夢中で追いかける姿に泣きました。 【ホットロード】最終回の結末ネタバレは? 大事故のあとの春山は、生きています。 かずきは、きちんと学校に行くようになり、春山も働き始め、二人で肩を組んで歩いているときに、かずきはいつしか春山の子供を産みたいと思うのです。 二人は深い絆で結ばれました。 印象に残っているシーンは、春山が事故にあったときに、 かずきがおかしくなってしまったところです。 好きなエピソードは、春山がかずきを家まで送ったときに、かずきの母親に対して、「いらないなら俺もらっていっちゃうよ」といった春山のセリフが好きで、ジーンと来ました。 そんなこと言われてみたいって思いました。 好きな登場人物は、 春山と かずきです。 この二人は最強です! 春山がすごくカッコよくて、こんな人が実際にいたら絶対に好きになっちゃいます。 わたしが行きつけの美容室でもFODを利用して雑誌を読むシステムに代わっていましたw 余ったポイントを利用して、他の漫画を読む事だってできますよ。 「 U-NEXT」「 FOD」「 music. jp」は、動画配信サービスも取り扱っているので、 無料期間中は、放送中のドラマ・懐かしの旧作ドラマ・映画・アニメ・人気雑誌が 読み放題といったサービス特典付きです!.

次の