ワイモバイル 料金プラン変更 割引。 ワイモバイルのポケットWi

【初心者向け】ワイモバイルの料金プランはたったの3つ!丁寧に解説するよ!|SIMっちゃお

ワイモバイル 料金プラン変更 割引

そして2年目にあたる26ヶ月目以降について、 以前はスマホプランSの場合だと1000円あがって3980円となっていましたが現在はお値段据え置きの2980円で使えるようになっています。 現在はここにスマホプラン割引と同額の1000円が26ヶ月目から永年割り引かれる長期利用割引ができたので2年後も据え置きの料金で使えるという風に仕様が変わりました。 『長期利用割引なんて聞いてない!』という人も安心してOK 長期利用者割引ができる前に契約したかもしれない、そんな割引の話をされた覚えはないという方でも大丈夫。 長期利用者割引は割引ができる前に契約した人にも自動で適用になるので、焦ってショップに駆け込む必要はありません。 じゃあ長期利用者割引ができる前に2年経過していたユーザーは損なのかと言うと、ワイモバイルのサービス開始から2年以内に長期利用者割引ができたのでそんな人は存在しません。 安心してください。 2年後に変わること 『そっか、料金自体は変わらないのか、じゃあ安心だね』と思いたいところですが、 基本使用料は上がらなくてもそれ以外の部分が変わるので結果的に料金が高くなる場合もあります。 人によっては対策が必要になることもあるので説明していきますね。 データ容量2倍CPの終了 まず 2年で終了するキャンペーンの代表格はデータ容量2倍キャンペーンです。 このCPはスマホプランSなら1GBが2GB、Mなら3GBが6GBと使えるデータ通信量が倍になるというキャンペーンですが、これは25ヶ月目で終了します。 終了すると元のデータ通信量に戻るのでSプランは1GB、Mプランは3GB、Lプランは7GBとなるので、人によっては『データ通信量が足りない!』となってしまいますよね。 そんな場合は データ容量2倍オプションというオプションを付ければデータ通信量の2倍は維持されますが、月額500円のオプション料がかかってしまいます。 ちなみにデータ容量2倍キャンペーン期間中にデータ容量2倍オプションを付けても、残念ながらデータ通信量は4倍にはなりませんので。 本体代金の分割払いが終了 スマホの本体代金を分割で払いいている人は契約から25ヶ月目で本体代金の分割払いが終了します。 本体代金を分割払いしていた人は26ヶ月目以降は基本使用料だけになるのでその分安くなりますが、 本体代金を一括で払っている人は25ヶ月目で月々割引という割引が終わるので、その分月額料金が上がります。 ヤング割 学割特典 が終了 ワイモバイルの学割であるヤング割 1000円の割引が14ヶ月目から25ヶ月目まで適用になる割引 も25ヶ月目で終わります。 『子供のスマホだから2980円じゃちょっと高いな』という親御さんは更新月のタイミングでもっと安く使えるサービスを探す必要がありますね。 10分かけ放題は変わらない 10分かけ放題は2年後もかわりません。 安心して今と同じようにたくさん電話しちゃってください。 更新月にすべきこと まずはあなたの契約だと2年目以降の料金がどうなるのか、適用が終了になるキャンぺーンがあるのかを確認しましょう。 そしてワイモバイルの今の機種をそのまま使い続けるなら、 データ通信量の2倍が終わっても問題なく使えるか 使えるデータ通信量が半分になるので! の確認も必要です。 加えて データ容量2倍キャンペーンが適用になっている方は、データ通信量がプラン上限に達した場合に任意の回数を自動買い足しする設定の快適モードに気を付けてください。 もしデータ通信量2倍が終わっているのに快適モードのまま使い続ければ、500MBを1回追加するたびに500円かかってしまいますからね。 他社に乗り換えるなら更新月 またワイモバイルで機種変更を考えているのであれば更新月は関係なくどのタイミングで機種変更しても違約金はかかりませんが、 他社に乗り換えるとなれば更新月でないと違約金がかかってしまいますので逃さないようにしましょう。 例え他社に積極的に乗り換える意志がなかったとしても次の更新月はまた2年後なので、情報収集するくらいはしてもいいと思いますよ。 ワイモバイル更新月は契約してから25ヶ月目と26ヶ月目の2ヶ月間です。 そのままの機種で使い続ける ワイモバイルの快適なネット速度やかけ放題のサービスが気に入っているなら今のまま使い続けるのもいいと思います。 データ通信量2倍CPが終わるので、必要であればデータ容量2倍オプションを付けてくださいね。 またスマホの機種変更は特に更新月にこだわる必要はありません。 『今のスマホまだ使えそうなのよ』ということであれば機種変更は更新月でなくても違約金はかかりませんので、使えるところまで使ってから機種変更することもできます。 ワイモバイルで機種変更する 正直なところ、ワイモバイルで機種変更しても料金が高くなってしまうのであまりおすすめではありません。 同じ機種で同じデータ通信量で1年目に至っては1500円も毎月料金が高くなるんですよ! どこの携帯会社も既存顧客への還元は後ろ向きだといいますが、ワイモバイルにももう少し既存顧客を大切にして欲しいですよね。 『なんとかワイモバイルでお得に機種変更したい!』ということであれば、ワイモバイルオンラインストア限定のアウトレットスマホを契約するという方法があります。 2018年5月の段階では下記3機種がアウトレット特価となっており、スマホの本体代金を割安で契約することができます。 Android One S1 が本体一括7560円 税込• Android One S2 が本体一括7560円 税込• ソフトバンクへの乗り換えで激安に 実は ワイモバイルユーザーはソフトバンクスマホへの乗り換えが優遇されているのをご存知でしょうか。 現在ソフトバンクでは ワイモバイルユーザーに対してソフトバンクへの番号移行プログラムというキャンペーンをやっていて、条件を満たせば下記の特典を受けてソフトバンクに乗り換えることが可能です。 新型 iPhone の登場で iPhone8 が非常にお求めやすくなってますので、興味のある方はコチラの記事をご覧ください。 2年後の料金は変わらない• ただし終了するキャンペーンがある• 更新月には自分の契約を見直そう•

次の

ワイモバイルは月額料金が安い|新規割で700円割引

ワイモバイル 料金プラン変更 割引

まもなく施行される改正電気通信事業法と新しい省令ルール。 携帯各社からは法改正などに則した新しい料金プランや割引サービスが相次いで発表された。 新しい料金プランで最も注目が集まっているのが2年契約の解除料。 2年契約の解除料は1000円程度が妥当との案があり、それにのっとるようにauが他社に先んじて8月末に、解除料を1000円に設定した新料金プランを発表。 以降、9月に入ってからはNTTドコモやソフトバンク、ワイモバイルやUQ mobile、さらにMVNOも解除料を1000円、または撤廃する料金プランを発表している。 これらの新プランに変更することで解除料が1000円、または0円となるのであれば変えない手はないだろうと考える人は多く、主にSNSなどでは「新プランに変える」といった書き込みが多く見られた。 また、店頭でも「新しいプランに変えれば解除料がかからないんでしょ」と問い合わせが増えているとも聞く。 しかし、新プランへの変更と解除料の扱いについて、実は事業者によって扱いが異なる点は意外と知られていない。 各社の変更条件と変更後の解除料を比較すると、auとソフトバンクは新料金プランに変更することに制約もなければ、変更後の解除料についても、新料金プランが適用になる月から1000円、または0円となる。 また、ワイモバイルとUQ mobileは「 初回の契約 更新」を過ぎていなければ解除料のかからない新料金プランへの変更はできない。 例外として、ワイモバイルは初回の契約更新前であっても、機種変更と同時であれば解除料のかからない新料金プランへの変更も可能になっているが、機種代金を24回払いで購入していたり、それに伴う「月額割引」の適用なども考えるとあまり現実的なプラン変更の選択肢とは言えない。 そしてNTTドコモ。 この中では一番ややこしい。 解除料のかからない新料金プランには、10月1日以降、いつでも変更することが可能だ。 しかし新料金プランに変えたからといって、解除料がすぐに1000円、ないしは0円になるわけではない。 NTTドコモは新料金プランに変更した後も、それまでのプランの解除料が「次の更新月までは継続される」。 たとえば、次の2年契約の更新が2020年3月だったとして、2019年10月に新料金プランに変更した場合でも、2020年3月よりも前に解約すれば従来通り9500円の契約解除料が発生する点には注意が必要だ。 継続される割引、されない割引がある点にも注意が必要 また、新料金プランへの変更に際し「割引サービス・キャンペーン」が継続されない点にも注意が必要だ。 NTTドコモの「月々サポート」やauの「毎月割」など、機種購入時に2年間通信料を割り引く「端末購入補助」が適用されている場合、これらは新料金プランでは適用されない。 もし現在利用中の機種が購入から2年が経過していない場合、新料金プランへ変更することで割高になってしまう可能性は高い。 また、auの「スマホ応援割」など、契約・機種購入から1年間利用料を割り引くキャンペーンも新料金プランへの変更で適用されなくなるものもある。 auの場合、新料金プランに変更すると「スマホ応援割プラス」として、半年間1000円を割り引くキャンペーンが適用されるものの、購入時に「1年間割り引く」と言われたキャンペーンが適用中で、適用開始から半年経過していないのであれば割引総額としては減ってしまう。 おトクに使いたいのであれば一考する必要はあるだろう。 こうしたキャンペーンの適用状況まで加味すると、直近で現在利用中の携帯電話会社を解約、または他社へ乗り換えする予定がないのであれば、契約者向けの会員サイト(My docomoなど)で割引の適用期間を確認するか、割引の終了を待って新料金プランへ変更を行うか、解約や乗り換えの予定が立ってから新料金プランへ変更を行うと、無駄なくおトクに解除料の下がった新料金プランの恩恵を受けることができる。 もう一点注意することがあるとすれば、原則新料金プランは「翌月からの適用」となることだろう。 とくに解約や転出の予定が立つまで、前述の通りに今適用されている割引をしっかり受けて利用することをおすすめしたが「今月、急に他社に乗り換える」といった場合は新料金プランの適用が間に合わないために9500円の解除料がかかってしまう。 10月以降は本体代金の値引きも最大2万円と制限されるため、現在のように「偶然立ち寄ったお店で、最新のiPhoneが一括0円だった」といった、突然の解約・転出を行うようなシチュエーションは考えにくい。 しかし、新料金プランは各社「家族で同じ会社を使うとおトク」を打ち出す傾向にあり、盆や正月など家族・親戚が集まる場面で他社への乗り換えを予定している場合は、その前月に「新料金プランへの変更」を手続きしておかないといけない点は覚えておきたい。

次の

Y!mobile(ワイモバイル)の「データ増量オプション」でスマホプランが3年目以降もお得に使える

ワイモバイル 料金プラン変更 割引

こんにちは!なるほどWi-Fi編集部のヨッシーです! 「格安SIMのY! mobile ワイモバイル に乗り換えを考えているんだけど、他社と比較して月額料金は高いの?安いの?」 「Y! mobile ワイモバイル に乗り換えれば今のキャリアの携帯料金より確実に安くなるのかな?」等のY! mobile ワイモバイル に関心を寄せるフレーズを私の周辺でも良く聞くようになりました。 そこで私も以前から格安SIMには興味があったので、思い切ってY! mobile ワイモバイル に乗り換えてみました! 実際にY! mobile ワイモバイル に乗り換えた私が、リアルに感じているY! mobile ワイモバイル の料金に関する感想をお伝えします。 mobile ワイモバイル の料金プランを一覧表で確認! スマホプランS スマホプランM スマホプランL 月額基本料金 2,980円 3,980円 5,980円 データ通信容量 3G 9G 21G 無料電話 10分 10分 10分 ワンキュッパ割 -1,000円 -1,000円 -1,000円 おうち割光セット -500円 -700円 -1,000円 SIM単体契約特別割引 -400円 -600円 -600円 月額最安値料金 1,080円 1,680円 3,380円 Y! mobile ワイモバイル の 通話込みのプランには適用可能な上記の割引が3つあります。 その中で「SIM単体契約特別割引」はスマホ本体は自分で用意し、Y! mobile ワイモバイル とSIMカードのみの契約をする際に適用可能となります。 スマホプランSはこんな人におすすめ! 【スマホプランSをおすすめする人】• 外出先でYouTube等の動画再生やゲームを頻繁にしない人• 外出先でアプリをダウンロードしない人• 外出先でメールやSNSで画像を頻繁にやり取りしない人• 【結論】主婦や高齢者の方、ビジネスで利用しない方 Y! mobile ワイモバイル のスマホプランSは上位プランと比較しても違う点は高速データ容量が「3GB」という点だけです。 「3GB」あればスマホの用途として、 外出先で一般的なメールやSNS、もしくはネット閲覧のみという方には充分な容量と言えるでしょう。 ただし、 外出先で動画を頻繁にご覧になる方やアプリをダウンロードする方には上位プランを契約する必要があります。 スマホプランMはこんな人におすすめ! 【スマホプランMをおすすめする人】• 外出先でYouTube等の動画やゲームを「たま」に楽しみたい人• 外出先で「必要最小限」のアプリしかダウンロードしない人• 外出先でメールやSNSで画像をある「数点程度」やり取りする人• 【結論】仕事で利用する方、外出先でもある程度データ通信する方 Y! mobile ワイモバイル のスマホプランMが最も主流のプランと言えるでしょう。 高速データ容量が「9GB」もあり、 余程のヘビーユーザーの方以外はほとんどの方が満足するデータ量ではないでしょうか? 私もこのプランを契約していますが、データ通信量は使いきれないほどの容量となっています。 スマホプランLはこんな人におすすめ! 【スマホプランLをおすすめする人】• 自宅でインターネット回線を利用していない人• 外出先で動画再生・ゲーム・画像送信等を頻繁に行う人• 外出先でもアプリをダウンロードしたい人• 【結論】自宅にインターネット回線がない方、ヘビーユーザーの方 Y! mobile ワイモバイル のスマホプランLは最上位プランで高速データ容量が「21GB」という膨大な高速データ容量を誇ります。 自宅にインターネット回線を契約しなくても、モバイル回線だけでインターネットを使いこなしている方はたくさん居られます。 学生さんや一人暮らしの方には利用頻度によっては最安プランとなり得るので、ヘビーユーザーの方は一考の価値ありですね! Y! mobile ワイモバイル は料金シミュレーションをしてコスパよく使おう! 私も契約前にY! mobile ワイモバイル の公式サイトにある「」で最適プランをチェックしました。 チェック方法は至って簡単でした! 料金シミュレーションの流れ• まずは料金シュミレーションのページの「シミュレーションする」をタップ• 次の画面でご自身の契約条件を選択してタップ• 最後の画面で3つのプランの中から、希望プランを選択してタップ• シュミレーション完了! まず、上の画像の 赤い「シミュレーションする」をタップします。 次に上の画面が表示されますので、ご自身の契約条件を選択してタップしてください。 最後に希望するプランをタップしますと、シミュレーション結果として月額基本料金が表示されます。 私は自分でスマホ本体を用意して利用する「SIMのみ契約」を選択しましたので、月額基本料金として2,570円 税別2,380円 とシミュレーション結果が表示されました。 それでは次に、シミュレーションの結果通りにY! mobile ワイモバイル のスマホプランMを契約した私自身の1ヶ月間の料金明細を確認していきましょう。 mobile ワイモバイル のスマホプランMを契約した私の1ヶ月間の料金明細がこちら! 上の画像は私がY! mobile ワイモバイル に乗り換えて、まるまる1ヵ月間利用した時の料金明細となります。 現在もdocomo、au、ソフトバンクの 三大キャリアを利用している方からすれば信じられない価格だと思います。 これで通信クオリティもソフトバンクと同等レベルということなので、Y! mobile ワイモバイル の秀逸さがお分かりいただけると思います。 それでは次に、おもな格安SIMサービス提供会社とY! mobile ワイモバイル の月額利用料を比較した結果を解説していきますね。 mobile ワイモバイル の料金は他の格安SIMと比べて高い?安い? Y! mobile UQ mobile 楽天モバイル 月額基本料金 2,980円 2,980円 2,480円 データ通信容量 9GB 9GB 6GB 無料通話 10分 5分 10分 データ繰り越し なし あり あり 最低利用期間 2年 2年 3年 キャリア回線 SoftBank au docomo 実質月額料金 2,380円 2,480円 2,480円 結論から申しまして、Y! mobile ワイモバイル とおもな競合他社である楽天モバイルとUQ mobileの3社を比較しましたが、 料金面では僅差ですが最安値でした! おもな競合他社である、楽天モバイルとUQ mobileの3社と個々の主力プランの一般的な適用条件を盛り込んだ内容で上記の比較表を作成しました。 ただし 個々の契約内容に細かい相違があり、契約期間等が一律ではありませんが、ほぼ一般的な観点から比較表を作成しております。 この表から見ますと、最安値はY! mobile ワイモバイル ですが、データ容量や無料通話時間、最低契約年数に差があります。 ですので、Y! mobile ワイモバイル が最安値ですと言いきれない面はありますが、私はすべての面で平均値以上を確保しているY! mobile ワイモバイル を選択しました。 mobile ワイモバイル の利用料金の明細はどこで確認できるの? Y! mobile ワイモバイル の公式サイトにある「」から契約内容確認や各種変更等が行えます。 mobile ワイモバイル の他のプランは「スマホプラン」の他にガラケー向けの「」とタブレット向け 通話機能なし の「」があります。 あとはデータ通信専用のポケットWi-FI「」と「」の2種類となります。 mobile ワイモバイル はデザリング料金は必要なのか? デザリング利用料金 Y! mobile 無料 UQ mobile 無料 楽天モバイル 無料 要SIMロック解除 Y! mobile ワイモバイル のデザリングは事前の申し込み不要で 利用料金は無料です。 競合他社とも比較してみましたが、各社とも無料でしたね。 ただし、楽天モバイルはdocomoのデバイスを使う場合、SIMロックが解除されていることが条件となるようです。 mobile ワイモバイル の利用料金の支払い方法を教えてほしい Y! mobile ワイモバイル の月額利用料金の 支払い方法は口座振替とクレジットカード払いの2種類です。 なお、引き落とし予定日に 月額料金を滞納した場合は後日、所定の振込用紙が自宅に送付されてコンビニ払いとなります。 mobile ワイモバイル のポケットWi-Fiの利用料金を教えてほしい Y! mobile ワイモバイル のポケットWi-Fiは3種類のプランがあります。 国内向けの「」と「」のと海外渡航者向けの「」の3種類となります。 mobile ワイモバイル のポケットWi-Fiの詳細は下記のページで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。 ここまでのまとめ.

次の