アラン・スミス。 アラン・スミシー (あらんすみしー)とは【ピクシブ百科事典】

アラン・スミスとは

アラン・スミス

生涯 [ ] 時代背景 [ ] スミスが生きた18世紀のイギリス社会は政治の民主化、近代西欧科学の普及と技術革新、経済の発展といった「啓蒙の世紀」であった一方で、格差と貧困、財政難と戦争といった深刻な社会問題を抱えた世紀でもあった。 光と闇の両側面を持つ18世紀イギリス社会はアダム・スミスの思想に大きく影響したとされる。 略歴 [ ] アダム・スミスは1723年にの海沿いの町に生まれた。 スミスはで の中心人物であった哲学者(1694 - 1746)の下で道徳哲学を学んでいる。 ハチソンは(1683 - 1645)や(1632] - 1694)らのを継承する道徳哲学者であり、スミスもこれらの思想的潮流から大きな影響を受けている。 グラスゴー大学卒業後、に進んだが中退し、1748年にでとの講義を始めた。 1751年にはグラスゴー大学の論理学教授に就任し、翌年教授に転任した。 スミスは1750年頃に哲学者と出会い、ヒュームが他界する1776年まで親交を続け、『』に代表されるヒュームの啓蒙思想からも大きな影響を受けている。 1759年には主著『』を出版している。 1763年にグラスゴー大学を辞職すると、スコットランド貴族のとしておよそ3年間やを旅行した。 この間スミスは、(1715 - 1771)、(1694 - 177])、(1727 - 1781)などのフランス啓蒙思想の重鎮とも交流を持った。 イギリス帰国後は執筆活動に専念し、1776年に主著『』を出版した。 その後1778年にはスコットランド関税委員に任命され、1787年にはグラスゴー大学名誉総長に就任した。 1790年にエディンバラで67歳で病死した。 スミスは生前「法と統治の一般原理と歴史」に関する書物を出す計画があったが、死の数日前に友人に命じてほぼ全ての草稿を焼却させてしまった。 焼却されずに残った草稿はスミスの死後、『哲学論文集』 1795 として出版された。 また、1895年にはグラスゴー大学時代の学生がとった講義ノートが見つかっており、『法学講義』として後に公刊された。 年譜 [ ]• 1723年 カコーディに生まれる• 1740年 [ ] に入学• 1746年 [ ] オックスフォード大学を退学• 1748年 でとの講義を始める• 1750年 哲学者との親交が始まる• 1751年 教授に就任• 1752年 同大教授に転任• 1759年 『』を出版• 1763年 グラスゴー大学を辞職• 1763年 - 1766年 貴族に家庭教師として同行しフランスやスイスを遊学• 1776年 『』を出版• 1778年 スコットランド関税委員に就任• 1787年 グラスゴー大学名誉総長に就任• 1790年 で病死、遺言によりほぼ全ての草稿は焼却される• 1795年 焼却されずに残った草稿が『哲学論文集』として出版• 1895年 グラスゴー大学時代にスミスの講義を受講した学生のノートが発見される 思想 [ ] 道徳感情論 [ ] 詳細は「」を参照 『』は、スミスがの教壇に立っていた時期に書かれた本であり、1759年に出版された。 スミスは生涯に『道徳感情論』と『国富論』という2冊しか書物を遺していないが、『国富論』がに属する本であるのに対して『道徳感情論』はに関する本とされる。 今日のような秩序だった社会において人々は法の下で安心して安全な生活を送ることができるが、その根幹には人間のどのような本性があるのだろうか。 『道徳感情論』において、スミスはこの問題に応えようと試みた。 スミスの師であるがこうした社会秩序が人間のひとつの特殊な感情に起因すると考えたのに対し、スミスは社会秩序が人間のさまざまな感情が作用し合った結果として形成されると考えていた。 『道徳感情論』の原題 The Theory of Moral Sentimentsの Sentimentsが単数形ではなく複数形であるのも、こうしたスミスの思想が反影されている。 『道徳感情論』においてスミスが社会秩序の要因と考えた感情とは、端的に言えば 同感(: symphathy)である。 スミスが重要視した同感とは、他人の感情および行為の適切性(: property)を評価する能力であり、こうしたスミスの思想は現代のやからも注目されている。 スミスは、同感を通じて人々が自身の感情や行為が評価されていることを意識し、是認されることを望み否認されることを嫌っていると考えた。 しかし、現実社会にはしばしば他人の間にも利害対立があるから、人々が自身の感情や行為の適切性を測るためには利害対立から独立した中立的な基準が必要である。 スミスはこの基準を 公平な観察者(: impartial spectator)と呼び、人々が具体的な誰かの視線ではなく胸中のの視線を意識しながら行動していると考えた。 ただし、 偶然(: fortune)の下では、公平な観察者の評価と世間の評価とが異なる場合がある。 スミスはこのような 不規則性(: irregularity)が社会的に重要な意味があると考え、偶然の下で公平な観察者の評価を重視する行為者を 賢人(: wise man)、世間の評価を重視する行為者を 弱い人(: weal man)と呼んだ。 人間は 自己統制(: self-command)によって胸中の公平な観察者の声に従おうとするが、激しい情念の下では 自己欺瞞によって公平な観察者の声を無視しようとする矛盾した存在である。 『道徳感情論』は自愛心を主張するものとしてにおけるスミスの後任者などによって非難され、かつてはスミスの主著として読まれることも少なかった。 国富論 [ ]• コトバンク. 2018年1月28日閲覧。 , pp. 3-15. , pp. 17-18. 18-19. , p. 19-20. 3-4. , p. , p. , pp. 26-27. , pp. 288-289. , p. , pp. 34-36. , pp. 44-51. , pp. 54-55. , p. , p. 419. , p. 430. [] 参考文献 [ ]• アダム・スミス『法学講義』水田洋訳、岩波書店〈岩波文庫〉、2005年。 アダム・スミス『アダム・スミス法学講義』アダム・スミスの会訳、名古屋大学出版会、2012年。 『アダム・スミス-『道徳感情論』と『国富論』の世界』 中央公論新社〈中公新書〉、2008年。 『経済学の歴史』 東洋経済新報社〈スタンダード経済学シリーズ〉、1983年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (道徳感情論)• - アダム・スミスによって提唱された。 [ ]• - 日本での最初の『国富論』全訳に着手した(cf. 大河内一男監訳『国富論III』中公文庫、pp. 455-458)。 外部リンク [ ]• (英語) 「」原文• (英語) 「」原文• 2nd ed. 2008. at the• - 内の (英語)• - (パブリックドメインオーディオブック)• at Treasury Today• , May 2013• この項目は、(を含む)に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

アラン・スミシーとは (アランスミシーとは) [単語記事]

アラン・スミス

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 国内リーグ戦に限る。 2018年5月19日現在。 ( ) アラン・スミス( Alan Smith, - )は、出身の、サッカー指導者。 ポジションは、もしくは。 経歴 [ ] リーズ・ユナイテッド時代 [ ] にでリーグ戦デビューを果たし、その日に初ゴールを決める。 当初ストライカーとして活躍する一方、血の気の多さが災いしてラフプレーによる退場や出場停止が目立っていた。 2000-01シーズンではリーズの4強進出に貢献。 にイングランド代表デビューを果たす。 には観客が投げ込んだペットボトルをスタンドに投げ返し、それが別の観客に当たってしまい逮捕(その後釈放)されるという事件を起こし、問題児ぶりを発揮してしまう。 マンチェスター・ユナイテッド時代 [ ] リーズのプレミアリーグからの降格に伴い、財政難から放出を余儀なくされ、にへ移籍。 監督の指導もあって、問題児ぶりは影を潜め闘志を前面に押し出す選手に変貌。 2005-06シーズンからは中盤センターのポジションにケガ人が続出し、さらにシーズン途中の主将の突然の退団が重なった関係からミッドフィールダーにコンバートされ、キーンの後継者として期待された。 しかし、このシーズンの・戦で悲劇が彼を襲う。 後半途中から出場したスミスはのフリーキックをブロックしようとして着地に失敗、左足複雑骨折・左足首関節脱臼・靱帯損傷という選手生命も脅かしかねない重傷を負ってしまう。 (ファーガソン監督をして私が見た中で最悪の負傷と言うほどの凄惨なものだった。 )結果的にも棒に振ることになってしまった。 懸命のリハビリを経て2006-07シーズン後半にようやく復帰。 クラブが中盤のポジションにを獲得し、を放出した関係で再度フォワードにコンバートされる。 しかしなどの他のフォワード陣が好調で、シーズン途中のの短期レンタルなどもあって、リーグ戦ではわずか9試合の出場に終わってしまう。 ニューカッスル時代 [ ] 2007-08シーズンにはの加入でさらに出場機会が減少することが予想されたことから、に移籍。 5年契約で、移籍金は600万ポンド(約14億4000万円)。 かつてリーズ・ユナイテッドでチームメイトであった、と同じクラブに所属する事となった。 ニューカッスルでは本格的にミッドフィールダーに転向しチームの主力に定着した。 激しいタックルは健在だが、無意味なラフプレーは少なくなった。 2008-09シーズンはまたしても怪我に泣かされ、シーズンの大半を棒に振ることになってしまった。 復帰後もチームは精彩を欠き、降格の憂き目にあった。 2009-10シーズン、チャンピオンシップ降格の後は怪我で欠場中のニッキー・バットの代わりにキャプテンマークをまく。 バットが怪我から復帰してからもそのままキャプテンをまかされバットのポジションを完全に手に入れる(正確にはスミスは副将だが、スタメンのスミスがキャプテンマークをつけることが多かった)。 このシーズン、ニューカッスルは圧倒的な強さでチャンピオンシップ優勝を果たし、見事に一年でプレミアリーグに返り咲いた。 快進撃を続けるチームにあって、スミスはゲームキャプテンとして中盤の底で安定したパフォーマンスを発揮、チームのバランサーの役割をこなし、ニューカッスルの心臓といわれ、圧倒的な存在感を見せた。 しかしその反面、ゴールという結果からは大きく遠ざかり、結局ニューカッスルでは無得点に終わった。 ミルトン・キーンズ・ドンズ時代 [ ] 2012年1月29日、にシーズン終了までの期限でレンタル移籍した。 7月10日にはミルトン・キーンズ・ドンズへの完全移籍が発表され、2年契約にサインした。 ミルトン・キーンズ・ドンズでは不慣れなセンターバックのポジションを任されることもあった。 ノッツ・カウンティ時代 [ ] 2014年、コーチ兼任でに移籍した。 2017年には監督代行も務めた。 2017-18シーズン終了後に放出された。 エピソード [ ]• 8歳の時、で全英チャンピオンになった実績を持つ。 バイク好きで知られる。 2001年の誌では、が好きだとコメント。 とともにの招きで来日し、の工場を見学したこともある。 上記来日の際、直前に起きたでのの事を耳にし、、リオの母と共に現場である同校に訪れ校門前に献花をした。 京都観光の予定を変更してでの訪問だった。 この話も、Numberに掲載され多くの人の知るところとなった。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - Soccerbase•

次の

アラン・スミシーとは (アランスミシーとは) [単語記事]

アラン・スミス

この 存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。 信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 国内リーグ戦に限る。 2018年5月19日現在。 ポジションは、もしくは。 経歴 [編集 ] リーズ・ユナイテッド時代 [編集 ] にでリーグ戦デビューを果たし、その日に初ゴールを決める。 当初ストライカーとして活躍する一方、血の気の多さが災いしてラフプレーによる退場や出場停止が目立っていた。 2000-01シーズンではリーズの4強進出に貢献。 にイングランド代表デビューを果たす。 には観客が投げ込んだペットボトルをスタンドに投げ返し、それが別の観客に当たってしまい逮捕(その後釈放)されるという事件を起こし、問題児ぶりを発揮してしまう。 マンチェスター・ユナイテッド時代 [編集 ] リーズのプレミアリーグからの降格に伴い、財政難から放出を余儀なくされ、にへ移籍。 監督の指導もあって、問題児ぶりは影を潜め闘志を前面に押し出す選手に変貌。 2005-06シーズンからは中盤センターのポジションにケガ人が続出し、さらにシーズン途中の主将の突然の退団が重なった関係からミッドフィールダーにコンバートされ、キーンの後継者として期待された。 しかし、このシーズンの・戦で悲劇が彼を襲う。 後半途中から出場したスミスはのフリーキックをブロックしようとして着地に失敗、左足複雑骨折・左足首関節脱臼・靱帯損傷という選手生命も脅かしかねない重傷を負ってしまう。 (ファーガソン監督をして私が見た中で最悪の負傷と言うほどの凄惨なものだった。 )結果的にも棒に振ることになってしまった。 懸命のリハビリを経て2006-07シーズン後半にようやく復帰。 クラブが中盤のポジションにを獲得し、を放出した関係で再度フォワードにコンバートされる。 しかしなどの他のフォワード陣が好調で、シーズン途中のの短期レンタルなどもあって、リーグ戦ではわずか9試合の出場に終わってしまう。 ニューカッスル時代 [編集 ] 2007-08シーズンにはの加入でさらに出場機会が減少することが予想されたことから、に移籍。 5年契約で、移籍金は600万ポンド(約14億4000万円)。 かつてリーズ・ユナイテッドでチームメイトであった、と同じクラブに所属する事となった。 ニューカッスルでは本格的にミッドフィールダーに転向しチームの主力に定着した。 激しいタックルは健在だが、無意味なラフプレーは少なくなった。 2008-09シーズンはまたしても怪我に泣かされ、シーズンの大半を棒に振ることになってしまった。 復帰後もチームは精彩を欠き、降格の憂き目にあった。 2009-10シーズン、チャンピオンシップ降格の後は怪我で欠場中のニッキー・バットの代わりにキャプテンマークをまく。 バットが怪我から復帰してからもそのままキャプテンをまかされバットのポジションを完全に手に入れる(正確にはスミスは副将だが、スタメンのスミスがキャプテンマークをつけることが多かった)。 このシーズン、ニューカッスルは圧倒的な強さでチャンピオンシップ優勝を果たし、見事に一年でプレミアリーグに返り咲いた。 快進撃を続けるチームにあって、スミスはゲームキャプテンとして中盤の底で安定したパフォーマンスを発揮、チームのバランサーの役割をこなし、ニューカッスルの心臓といわれ、圧倒的な存在感を見せた。 しかしその反面、ゴールという結果からは大きく遠ざかり、結局ニューカッスルでは無得点に終わった。 ミルトン・キーンズ・ドンズ時代 [編集 ] 2012年1月29日、にシーズン終了までの期限でレンタル移籍した。 7月10日にはミルトン・キーンズ・ドンズへの完全移籍が発表され、2年契約にサインした。 ミルトン・キーンズ・ドンズでは不慣れなセンターバックのポジションを任されることもあった。 ノッツ・カウンティ時代 [編集 ] 2014年、コーチ兼任でに移籍した。 2017年には監督代行も務めた。 2017-18シーズン終了後に放出された。 エピソード [編集 ]• 8歳の時、で全英チャンピオンになった実績を持つ。 バイク好きで知られる。 2001年の誌では、が好きだとコメント。 とともにの招きで来日し、の工場を見学したこともある。 上記来日の際、直前に起きたでのの事を耳にし、、リオの母と共に現場である同校に訪れ校門前に献花をした。 京都観光の予定を変更してでの訪問だった。 この話も、Numberに掲載され多くの人の知るところとなった。 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - Soccerbase•

次の