くろき ひろ クリニック。 くろき・ひろクリニック|病院紹介|くろき・ひろクリニックの詳細情報ならここカラダ

くろき・ひろクリニック|病院紹介|くろき・ひろクリニックの詳細情報ならここカラダ

くろき ひろ クリニック

NICOLY運営からの紹介 糖尿病をはじめとする成人病、小児ではアトピー性皮膚炎・喘息など力を入れているクリニック 「到津三叉路バス停」から徒歩約3分 にあります。 駐車場も完備しているので車でも安心です。 診察時間は9:00~12:30、14:30~17:30までとなります。 休診日は水曜・日曜です。 建築デザインは市の建築文化賞を受賞するなどお洒落な建物になっています。 落ち着いた空間の院内は、通いたくなる安心できる雰囲気があります。 くろき・ひろクリニックは、70年以上の実績を持つ内科医・糖尿病専門医です。 身体の内側と外側両面からアプローチするアンチエイジングを追求するクリニックです。 経験豊富な経験のある糖尿病専門医の他に管理栄養士や療養指導士が常駐しているので生活改善のアドバイスも可能です。 また眼瞼下垂は1000例以上の実績があり保険適用で受けることも出来ます。 またエクササイズやダイエットでは落とすことが難しいとされている皮下脂肪を破壊・分解できるファットインパクトの治療もできます。 くろき・ひろクリニックの雰囲気.

次の

くろき・ひろクリニック|病院紹介|くろき・ひろクリニックの詳細情報ならここカラダ

くろき ひろ クリニック

内科と形成外科・美容外科が受診できるクリニックです。 経験豊かな美容・形成外科医と、「地域のかかりつけ医として70年以上の実績」のある内科医院による「くろき・ひろクリニック」。 素敵に年令を重ねるために、身体の内側と外側両面からアンチエイジングを追求するクリニックです。 質の高いカウンセリング技術と充実した施設で、患者さま皆様にご満足いただけるような診療を目指しています。 低出力体外衝撃波(腎結石破砕装置の10分の1の出力)により、エクササイズやダイエットでは落とすことが難しいとされる、皮下脂肪を破壊・分解します。 同時に微小循環(血液・リンパ)への刺激により、代謝を促進し脂肪分解やセルライト改善を促進します。 」 リジュランは、加齢とともに薄くなった皮膚やダメージを受けた皮膚を活性化し弾力性を改善します。 定期的に注入を行うことで、若々しい肌を取り戻し、肌質改善、ハリ・弾力アップ、目元・口元の小ジワなどに大変効果的です。 リジュランの有効成分であるポリヌクレオチドはダメージを受けた皮膚の生物学的状態を改善することで、真に美しい肌を作る「新たなコンセプト」の注入剤です。 強力な抗酸化作用で、体の内側から紫外線をブロックすることでシミ・シワを予防。 1カプセルで1日中 24時間 効果が持続します。 カウンセリング不要(来院が初めての方および久しぶりの方は問診票の記入が必要)でご購入いただけます。 たるみ、しわ解消、引き締め、肌つやアップなどの効果が、早ければ翌日から感じられます。 心地よい熱感で肌をケアし、特に年齢のサインを感じやすいフェイスラインなどの集中ケアに有効です。 ご購入いただいた方にはクリニック特典としてアップジェル(3,780円)を、さらに1本プレゼント! 脇汗・多汗症にも有効、「ボツリヌストキシンA」注射 「ボツリヌストキシンA」は、脇の下に注入することでエクリン汗腺の活動を抑制し汗の分泌が抑えられます。 汗の分泌が減ることで、ニオイの軽減が期待されます。 汗腺を取り除くわけではないので、効果は永続的なものではありませんが、6~10カ月の間は汗の量を抑えることが可能 効果の継続期間には個人差があります です。 1回の治療時間は5分程なので日常生活に殆ど制限はありません。 休診のお知らせ• お悩み別メニュー.

次の

くろき・ひろクリニックの天気

くろき ひろ クリニック

副院長 右田 巳賀 担当:内科・糖尿病内科・小児科・アレルギー科 早いもので、医師として仕事を始めてから30年、くろき・ひろクリニックを継承してから20年が過ぎました。 赤ちゃんだったあの子が、社会人、お父さん、お母さんになり、 また ご自宅でお見送りをさせていただいた患者さまのことは、どなたも忘れることはできません。 北九州市は大学病院や総合病院も充実しており、市内でほとんどすべての病気についての高度な治療を 受けることができます。 しかし、体調不良の始まりや、糖尿病、高血圧症など毎日の生活管理が必要な病気は、 私たち町の開業医が、患者さまのお話をじっくり聴き、きちんと診察をすることが必要と考えています。 患者さまの健康管理に責任を持つこと。 特に、糖尿病診療については、二人の療養指導士の資格を持つ看護師、常勤の管理栄養士と、 きめ細やかな治療をすること その他の疾患で、高度な医療が必要な場合は、専門の医師への紹介、連携した診療を徹底すること。 予約をしても待たせるとのお叱りを受けることもありますが、これを信念に診療を続けております。 略歴 1987年 久留米大学医学部卒業• 九州厚生年金病院• 国家公務員共済千早病院• 九州大学医学部第一内科• 久留米大学医学部助手 1997年 医療法人 くろき・ひろクリニック 副院長 資格• 日本内科学会認定 「内科専門医」• 日本糖尿病学会認定 「糖尿病専門医」• 日本東洋医学会認定 「漢方専門医」• 医学博士.

次の