井川 ピッチャー。 井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

マスク・ド・ピッチャー正体は誰で井川慶!唇が特徴?生涯年俸30億円

井川 ピッチャー

西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、先日は井川慶投手が5回1失点で2勝目を挙げた。 阪神時代に20勝も記録した井川投手、なぜメジャーで通用しなかったのか、そしてなぜ復活ができたのかを探る。 阪神時代とヤンキース時代 井川慶投手は水戸商業から1997年にドラフト2位で阪神に入団し、2001年に9勝すると2002年に14勝、2003年には20勝を記録している。 その後も13勝、14勝を続け、9年間で86勝を挙げた。 当時の映像を見ると、大きくテイクバックしたフォームから角度のある140キロ後半の速球を投げ、カーブでタイミングを外して三振を奪っていた。 この活躍もあり、2006年のオフにポスティングによりヤンキースが約2600万ドル(約30億円)で落札し、5年2000万ドルの大型契約を結んだ。 しかしヤンキースでは初先発で5回8安打4四死球7失点、2本のホームランを打たれると、次の試合は6回5安打2失点と好投したもののリリーフでの調整となる。 その後はリリーフと先発で登板したが、マイナーとメジャーを行き来したあと、2008年7月にメジャー契約を解除された。 その後2011年までマイナーでプレーをしたが結果を出せず、2012年にオリックスに入団し日本球界に復帰する。 変化球に課題 井川慶投手がメジャーで通用しなかった理由について、日野茂氏は変化球を指摘している。 井川投手の場合、日本で140キロ後半を記録していたが、140キロ前後の時も多かったようで、球速からすればメジャーリーグでは遅い方となる。 そして日本では武器となっていたタイミングを外す緩いカーブだが、メジャーリーグの打者はその遅い変化球を簡単に見逃し、ストレートを狙うことができていたという。 その後、井川投手はテイクバックを小さくして腕が見えにくいフォームにしてみたり、小さな曲がりのやや速い変化球などの習得に取り組んでいたが、日本の良かった時のようなダイナミックさは無くなり、フォームも素人が見ても力の入らないような形になってしまっていた。 オリックスで復活 井川投手はオリックスに入団後、2012年は2勝2敗、2013年は3勝7敗といまいちだったが、今年は既に2勝を挙げた。 スタイルを見ると、ストレートとカーブで勝負していた物ではなく、スライダーなど多彩な変化球で勝負する投手となり、先日の福岡ソフトバンク戦では5回7安打7奪三振、ランナーを許しながらも好調ソフトバンク打線の打ち気をかわし、1失点に抑える頭脳的なピッチングをしていた。 メジャーリーグへの挑戦は、その結果は決して良くなかったが、その経験が今年の井川投手を支えている。 もしあの時メジャーに行かず、阪神・井川慶が投げ続けていたらどうなっていたのかは想像できないが、今の井川投手も素晴らしい。 (記事:Professional-view Baseball 編集部) 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。 そしてそれは、「誰にも 日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。 昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。 4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が 2015年プロ野球ドラフト会議が10月22日に開催されることが決定した。 昨年は早稲田大の有原航平投 プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。 チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい 4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。 セリーグで プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。 長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称され プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。 特に阪神の鳥谷敬選手は、長年 8月15日は終戦記念日である。 そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。

次の

マスクドピッチャーの正体はメジャーリーガー!生涯年俸30億の凄腕【体育会tv】

井川 ピッチャー

元阪神タイガースのエース・井川慶氏(40)が6日、TBS系で放送された「炎の体育会TV」にマスク・ド・ピッチャーとして登場した。 この日は、お笑いコンビ・ティモンディのたかぎし(27)、ゴールデンボンバーの樽美酒研二(39)、三代目J SOUL BROTHERSのELLY(32)と対決。 甲子園の常連・済美高校のエースだったたかぎしは見逃しの三振。 樽美酒はショートゴロ。 青森・三沢高校出身でプロを目指していたELLYは空振り三振に斬って取った。 対決後には同局のドラマ「MIU404」(26日スタート、金曜、後10・00)に出演する俳優・岡田健史(21)が泣きの一打席で勝負。 実は強豪校野球部出身という岡田も、ファーストフライに打ち取られた。 対決後にはマスクマンがマスクを取り、正体が井川氏であることが明かされた。 井川氏は「とにかく暑いですね。 マスクが」と苦笑い。 熱気でサングラスが曇るとあって「だいたいのカンで投げてました」と、まだまだ実力を出しきっていなかったことも告白した。 生放送での対決とあって、ツイッター上ではマスクマンの正体探りが盛り上がった。 ただ、マスクを着用していたとはいえ、井川氏の特徴のある口元が決め手となり、正体を明かす前から「マスクマンは井川でしょう」というコメントが多数。 さらに左での特徴のある投球フォームでピッチング練習を始めると、ネット上では「井川慶」がトレンドワードに。 勝負が始まる前から、正体探りでは、勝負が付いていた。

次の

伊藤智、藤川、石井、井川…元女房役が明かす、球を受けてきた中で最高の投手とは?

井川 ピッチャー

概要 [ ] 、がのプロ野球黎明期において豪速球として名を馳せた の栄誉と功績を称えて制定。 初の受賞者は(当時)。 1950年からはでその年に活躍した型の選考になった。 セ・リーグ初の受賞者は(当時)。 1964年に(当時)が海外出身者で初受賞した。 昭和では該当者なしは3回あった。 からにも対象が拡大されて全球団から選出されることとなった。 両リーグ対象後の初受賞は(当時)、パ・リーグの球団に所属する選手で初めて受賞したのはの(当時)。 全球団対象になった平成では、セ・リーグ投手16回、パ・リーグ投手14回、該当者なしが1回だった。 令和では該当者なしが1回である。 また時点の12球団ではのみ未選出である。 沢村賞はリーグごとの公式表彰項目ではなく、公式の表彰に準ずる特別賞である。 現在の2回以上の受賞者は14人、その内の3回受賞者は4人。 1981年までは読売新聞社が選考を東京運動記者クラブ部長会に委嘱していた。 1982年5月14日、同会は沢村賞の選考を辞退することを決定 、同年度より選考委員会方式に改められる。 1981年度の受賞者は、20勝6敗・防御率2. 29・奪三振221の3部門でタイトルを獲得したではなく、18勝12敗・防御率2. 58・奪三振126のが選出され、物議を醸した。 選考は10月14日、数寄屋橋にあるリトルトウキヨーの9階中華料理屋「ろん」にて、東京運動記者クラブに加盟する44社のうち31社の運動部長が参加。 選考において江川と西本の2人に絞られ、最終的に投票によって選考となった。 投票に至るまで、参加者の中から「成績的には江川君だが青少年への影響となると……」 や「MVP投票には人格うんぬんされるが、沢村賞の選考には人格の基準はないのか。 過去のことは含まず、今年の成績だけを対象にするのか」 という声や「成績だけで決めるのなら、なにも委員会を開く必要はない」という声が挙がった。 決を採るため無記名投票が行われ 、西本16票、江川13票、白紙2票となり、西本の受賞が決定した。 現在は 沢村賞選考委員会の審議により、毎年12球団の中から原則1名が選出される。 過去には1966年には・の2名、2003年には・の2名が同時選出されている。 賞金は300万円。 最終的な判断は選考委員に委ねられており、選考基準項目はあくまで参考に過ぎない。 特に近年は投手の分業化が進んで試合数が減ってきており、2001年以降、沢村賞受賞者のうち完投試合数の基準項目である10試合以上を満たした選手はわずか5人しかいない。 これについては、選考委員からも完投試合数について、選考基準の見直しを示唆する声も出てきていた。 また、200投球回達成者がいないシーズンも近年は増えており、これらに対応するためにから新たに「沢村賞の基準で定めた(QS)の達成率を含む」が補則項目として加えられた。 QSの基準は「先発で登板した全試合に占める、投球回数7回で自責点3点以内」という独自のものとなっている。 選考委員は原則5名で、セ・リーグ(基本的には受賞経験者)及びパ・リーグで先発投手として活躍した元選手が起用され、現職の日本プロ野球監督やコーチングスタッフからは起用されたことはない。 2019年度の委員は堀内恒夫(委員長)、、、、。 選考基準 [ ] 選考基準は以下の7項目だが、必ずしも7項目全てクリアしなければならない規定はない。 試合数 - 25試合以上• 試合数 - 10試合以上• 数 - 15勝以上• - 6割以上• 数 - 200イニング以上• - 150個以上• - 2. 50以下 上記に加え、2018年度より、補足項目としてを満たすべき事を定めている。 歴代受賞者 [ ]• 括弧 は受賞回数、 太字は各基準項目 のリーグ1位、 は選考基準を満たしていない項目。 612 448. 1 191 1. 692 343 187 1. 774 288 137 1. 765 395. 2 191 3. 683 290. 1 147 2. 696 355. 2 160 2. 818 281. 1 173 1. 727 395. 1 273 1. 742 312 152 1. 556 367. 1 316 1. 636 353 306 1. 689 332. 1 311 1. 643 295. 1 294 1. 617 364. 2 210 2. 648 429. 1 310 1. 711 352. 2 270 1. 704 236. 1 166 1. 763 353. 1 200 1. 658 307. 2 205 1. 727 290. 1 207 1. 889 181 117 1. 707 279. 2 178 2. 676 329 401 2. 815 256 221 2. 568 332. 2 182 1. 743 312 203 2. 639 306. 1 238 2. 625 188 137 2. 606 287 193 2. 571 290. 1 207 3. 692 216. 1 155 2. 593 199. 1 119 3. 710 273. 2 200 2. 600 257. 2 126 2. 714 267. 1 184 2. 667 238. 1 186 2. 680 210. 1 172 2. 818 230 123 2. 714 207. 2 151 2. 先頭は座長。 「昭」から改名。 複数回受賞者 [ ] 凡例• 着色セルは両リーグ受賞達成者を示す。 は入り投手。 複数回受賞者一覧表 投手 回数 年度 3 1951, 1952, 1954 3 1956, 1957, 1958 3 1959, 1965, 1966 3 1989, 1995, 1996 2 1947, 1955 2 1966, 1972 2 1969, 1973 2 1977, 1979 2 1982, 1986 2 1999, 2002 2 2003, 2006 2 2010, 2015 2 2011, 2013 2 2017, 2018 未受賞ケース [ ]• 選考基準が設けられた1982年以降、全項目を満たしていながら同賞を逃したケース。 年度 投手 回数) 登板 完投 勝利 勝率 投球回 奪三振 防御率 1982 江川卓 31 24 19. 613 263. 1 196 2. 36 2008 ダルビッシュ有 1 25 10 16. 800 200. 2 208 1. 88 2011 ダルビッシュ有 2 28 10 18. 750 232 276 1. 44 2013 金子千尋 29 10 15. 652 223. 1 200 2. 01 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• のを真似て作られた賞とする文献も存在するが 、その歴史はサイ・ヤング賞(制定)より古い。 白票は毎日新聞、毎日デイリーニュースだった。 1990年、斎藤と野茂の争いとなった際、「1試合平均奪三振数10. 99、二ケタ奪三振試合数21のプロ野球新記録をマークした野茂が『沢村さんのイメージにもふさわしい投手』(別所座長)」 とされて野茂に決まったが、1992年や1994年は、奪三振の基準に遠く及ばなかった石井・山本昌が基準をより多く満たした投手を制して受賞している。 1994年、稲尾「防御率で該当者がいないので、印象度で桑田」・星野「勝ち星を優先して山本昌」・土橋「奪三振で伊良部」・平松(委任状)「該当者なし。 どうしてもというなら、桑田」と分かれ、最終的にその年は「勝ち星」か「奪三振」を優先しようということになり、最後は別所座長に一任され山本昌に決まった。 2008年のダルビッシュ、2013年は金子が全項目を満たしたが、それぞれ岩隈久志、田中将大が7項目未達成で受賞している。 2012年に受賞した攝津正、2016年に受賞したクリス・ジョンソンは、ともに完投数が歴代受賞者としては過去最小の3であった。 出典 [ ]• 『プロ野球大事典』〈〉、1990年、209頁。 SANSPO. COM. 産経デジタル. 2016年10月28日閲覧。 - livedoorNEWS 2015年10月27日• 『』1982年5月15日17面「運動部長会が沢村賞の選考を辞退」• 『読売新聞』1982年10月21日17面「『沢村賞』きょう決定 選考委員に金田、村山氏ら」• 『読売新聞』1981年10月15日17面「沢村賞に"熱投" 江川と3票差 優勝の足固めを評価」• 1990年10月23日『読売新聞』朝刊• 『読売新聞』1994年10月25日朝刊• Sponichi Annex. 2014年10月28日. 2016年10月28日閲覧。 Sponichi Annex. 2017年10月30日. 2017年10月30日閲覧。 週刊ベースボールONLINE. 2017年11月30日. 2017年12月26日閲覧。 www. sponichi. 2019年10月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - の最優秀投手賞•

次の