ラオウの横におればよい。 ラオウ「誰を愛そうがどんなに汚れようが構わぬ!最後にこのラオウの横におればよい!!」 いい人じゃんなんで叩かれてんの?

ニコニコ大百科: 「処女厨」について語るスレ 1441番目から30個の書き込み

ラオウの横におればよい

膜がないと発覚したらたとえ好きだっただろうが人だろうが まるで生きている価値がいみたいに罵倒する、 そのの存在意義は『である事』じゃないなのに。 はのを品のみたいにみたいに扱う。 として見てるなら、じゃないとしても、好きだったならその人を簡単に罵倒する事なんて出来ない。 同じだった• 同じ場所で働いていた 一概に『これ』とは言えん。 好きなと人とでは遠すぎるとは思うかもしれないが どちらもが暴れた時は『膜以外何も見てなかったの?』と思った。 思い人がそんな事になっても、簡単に捨てられるのか? たとえ『だった者』がどんなに醜くても 未練の一つや二つはあるだろ。 だが、は今やこれから自分以外のとも関係を持つ これからというのは、仮に自分とが破局した後の事は考えない。 のだからダメなのよ。 というのは振りかえってもやってこない、振りかえっても前の男にる事はいだろう。 そもそもぎみななどは設定のほうが ところが「」はじめ、意味もなくまたは側が頑って何かを巧みにしようとして、 でもその他でも設定を用いる場合も増えてきた。 そこで轢が生じ「の」が生まれた では、徒がを占める含め、はので実さの基準になる側面が非常に強い は御存知の通り、の妻の元にに当たる者が通いつめてできちゃった!!なんてを、 当のの宮中でに当たる御方に聞かせた上にの間で問わず回すお柄なので。 すらした今も設定は難。 とにかくも、を責める方も、とを混同するなよ まぁ実態はだと、の設定の評判なのにの崇拝論議に見えて誤解されたんだろ 1463 ななしのよっしん.

次の

ラオウ

ラオウの横におればよい

【名前】ラオウ 【出典】北斗の拳 【種族】人間 【性別】男性 【声優】内海賢二(テレビアニメ版、旧劇場版、PSゲーム版、アーケードゲーム版、パチンコ版、パチスロ版) 若本紀昭(テレビアニメ版36話・ジャギの回想のみ) 宇梶剛士(『真救世主伝説』シリーズ、『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』) 小山力也(PSPゲーム版) 玄田哲章(お台場冒険王) 立木文彦(北斗無双) 【年齢】不明 【外見】 筋骨隆々とした凄まじい肉体。 短い銀髪。 (アニメでは黒、フィギュアなどでは金髪) 進軍時には兜(耳の辺りから角が生え、額に拳王軍の紋章(翼のあるコブラ)がある)を着用。 身長210cm(4~5mくらいに見えることも) 体重145kg B160cm・W115cm・H130cm 首の太さ45cm 【性格】 力で全てを押し通し、その思想を他者にも強要する。 無抵抗と笑顔で拳王軍に助命を乞う村長をあっさりと殺害し、自分に媚びる部下を「下衆なドブネズミ」と詰るなど卑屈な者に厳しい。 自らの片足を犠牲にして村を守ろうとしたファルコの願い通り軍の進路を変更するなど強い意志を持つ者には敬意を表する。 【口調】 一人称:「おれ」「我」「わたし」「わし」 二人称:「お前」「貴様」「ウヌ」 三人称:呼び捨て 【有名な台詞・特徴的な台詞】 「この世に生を受けたからには、おれは、すべてをこの手に握る!!」 「ならば神とも戦うまで」 「おまえごときの腕でこのわしを同じ地上にたたそうと思ったか」 「フッ……悲しい運命だ、きさまがみた星は死兆星!神はわたしとの戦いを読んでいた!!」 「この拳王に無抵抗は武器にはならぬ!!」 「だれを愛そうがどんなに汚れようがかまわぬ、最後にこのラオウの横におればよい!!」 「認めぬ!!ましてやおれは北斗の長兄!!おれに後退はない。 あるのは前進勝利のみ!!無想転生など微に砕いてやるわ」 「わが生涯に一片の悔いなし!!」 【特異能力】 北斗神拳の使い手。 経絡秘孔を突くよりも自慢の剛拳を振るい、闘気を放出する戦いを得意とする。 雑魚は黒王号(馬)で蹴散らし、直接戦う場合も格下と見なした相手の時は黒王から降りない。 キャラとの関係(最新話時点) キャラ名 関係 呼び方 解説 初遭遇話 敵対 ケンシロウ 元世界の敵。 330: その他 ケンシロウの仲間。 050: ニアミス 050: 敵対 088: 敵対 殺害する。 088: 敵対 088: 敵対 殺害する。 162: 敵対 殺害する。 (後に蘇生) 162: 敵対 右腕を奪う。 162: 敵対 ユリアの面影を見る。 162: その他 治療を受ける。 248: その他 見逃す。 248: その他 見逃す。 319: 敵対 江田島の仲間。 330: 敵対 江田島の仲間。 330: 敵対 江田島の仲間。 330: 敵対 江田島の仲間。 330: 不認知 江田島の仲間。 330:.

次の

ラオウ「誰を愛そうがどんなに汚れようが構わぬ!最後にこのラオウの横におればよい!!」 いい人じゃんなんで叩かれてんの?

ラオウの横におればよい

【名前】ラオウ 【出典】北斗の拳 【種族】人間 【性別】男性 【声優】内海賢二(テレビアニメ版、旧劇場版、PSゲーム版、アーケードゲーム版、パチンコ版、パチスロ版) 若本紀昭(テレビアニメ版36話・ジャギの回想のみ) 宇梶剛士(『真救世主伝説』シリーズ、『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』) 小山力也(PSPゲーム版) 玄田哲章(お台場冒険王) 立木文彦(北斗無双) 【年齢】不明 【外見】 筋骨隆々とした凄まじい肉体。 短い銀髪。 (アニメでは黒、フィギュアなどでは金髪) 進軍時には兜(耳の辺りから角が生え、額に拳王軍の紋章(翼のあるコブラ)がある)を着用。 身長210cm(4~5mくらいに見えることも) 体重145kg B160cm・W115cm・H130cm 首の太さ45cm 【性格】 力で全てを押し通し、その思想を他者にも強要する。 無抵抗と笑顔で拳王軍に助命を乞う村長をあっさりと殺害し、自分に媚びる部下を「下衆なドブネズミ」と詰るなど卑屈な者に厳しい。 自らの片足を犠牲にして村を守ろうとしたファルコの願い通り軍の進路を変更するなど強い意志を持つ者には敬意を表する。 【口調】 一人称:「おれ」「我」「わたし」「わし」 二人称:「お前」「貴様」「ウヌ」 三人称:呼び捨て 【有名な台詞・特徴的な台詞】 「この世に生を受けたからには、おれは、すべてをこの手に握る!!」 「ならば神とも戦うまで」 「おまえごときの腕でこのわしを同じ地上にたたそうと思ったか」 「フッ……悲しい運命だ、きさまがみた星は死兆星!神はわたしとの戦いを読んでいた!!」 「この拳王に無抵抗は武器にはならぬ!!」 「だれを愛そうがどんなに汚れようがかまわぬ、最後にこのラオウの横におればよい!!」 「認めぬ!!ましてやおれは北斗の長兄!!おれに後退はない。 あるのは前進勝利のみ!!無想転生など微に砕いてやるわ」 「わが生涯に一片の悔いなし!!」 【特異能力】 北斗神拳の使い手。 経絡秘孔を突くよりも自慢の剛拳を振るい、闘気を放出する戦いを得意とする。 雑魚は黒王号(馬)で蹴散らし、直接戦う場合も格下と見なした相手の時は黒王から降りない。 キャラとの関係(最新話時点) キャラ名 関係 呼び方 解説 初遭遇話 敵対 ケンシロウ 元世界の敵。 330: その他 ケンシロウの仲間。 050: ニアミス 050: 敵対 088: 敵対 殺害する。 088: 敵対 088: 敵対 殺害する。 162: 敵対 殺害する。 (後に蘇生) 162: 敵対 右腕を奪う。 162: 敵対 ユリアの面影を見る。 162: その他 治療を受ける。 248: その他 見逃す。 248: その他 見逃す。 319: 敵対 江田島の仲間。 330: 敵対 江田島の仲間。 330: 敵対 江田島の仲間。 330: 敵対 江田島の仲間。 330: 不認知 江田島の仲間。 330:.

次の