お経 浄土宗。 浄土宗 お経

盂蘭盆会

お経 浄土宗

ごばい/後唄 一 前唄()に対する語で、の終結部で唱えるのでこの名がある。 俗に処梵ともいう。 仏徳をしてを終えるときに用いる。 「 処如 しょせかいじょきょこう 如不着水 じょれんかふちゃくすい 心超於彼 しんせいせいちょうよひ 礼無上尊 けいしゅれいぶしょうそん」(『超日明経』上、)。 この際に唱える「」は能化の意では使用していない。 呂曲・ 調出音徴 いちこつちょうしゅっとんちょう。 「」の かっさつ・の次に唱える。 これとは別に、天下泰平・万民豊楽等を祈念するようなに、「 日月清明 風雨以時 災厲󠄂不起」のを用いた場合、の終結部で「国豊民安 兵戈無用 崇徳興仁 務修礼譲」のを唱えて対とすることもある。 の旋律は、マクリが先行した色回しや、マクリ・イロ・タレを一息で大きく緩やかに唱える大回しが特色となっている。 曲調は律曲・出音羽。 の常用『』にはを略節とし、西山派においては後ののことをと称している。 「 処如 しょせかいじょきょこう 如不着水 じょれんかふちゃくすい 心超於彼 しんせいせいちょうよひ 礼無上尊 けいしゅれいぶしょうそん」。 染まることのないなる心を持った仏にするの意。 がに伝えたとするにありを用いて唱える。 『』では「律曲 出音 しゅっとん羽」と指示している()。 には、明応四年(一四九五)の伝えた「」とともに伝わり、『』(下・三一一)には承応二年(一六五三)の恵隆の譜が載る。 『』と『』(、一九九八)には流等が五線譜として採譜されている( 出音変徴 そうじょうしゅっとんへんち)。 前唄()に対してのであるが、のみが唱えられることもある。

次の

浄土真宗・天台宗・浄土宗のお経の特徴

お経 浄土宗

【もくじ】 ・ ・ ・ 浄土真宗のお経 浄土宗では法然が数多くの経典の中から選んだ、『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『阿弥陀経(あみだきょう)』の3つを教義のよりどころとしており、浄土真宗もそれにならっています。 浄土真宗のお経でよく使われるのは、親鸞が書いた『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』の中にある『正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)』、『無量寿経』上巻にある『讃仏偈(さんぶつげ)』と『重誓偈(じゅうせいげ)』です。 正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ) 『正信念仏偈』の内容は、念仏を正しく信じることの喜びをたたえ、阿弥陀如来への帰依が表されたもので、浄土真宗の信仰と行いの基本となっています。 後半ではインド・中国・日本の七人の高僧をたたえて、ともに念仏の信心に生きていくことをすすめています。 讃仏偈(さんぶつげ) 『讃仏偈』は、親鸞の七百回忌の際に、日常勤行に取り入れられた偈文です。 法蔵菩薩が世自在王仏の徳をたたえた内容が記されています。 重誓偈(じゅうせいげ) 『重誓偈』は、法蔵菩薩がすべての生きとし生ける者を救おうと説いた48の願いの後、それを要約して実現を誓った内容が記されたものです。 それが実現できないときは、「わたしは仏になりません」とも「誓われて」おります。 重ねて誓われているので、重誓偈といいます。 浄土真宗の通夜・葬儀で読まれるお経 通夜や葬儀では、必ず読まなければならないお経が決まっているわけではありませんが、よく用いられるものはあります。 通夜では、インド・中国・日本の浄土七高僧の教えをたたえた親鸞の歌である『高僧和讃(こうそうわさん)』がよく読まれるようです。 また、本願寺派では『仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)』や『念仏和讃』、大谷派では『正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)』や『念仏和讃』といったお経を読むことが多いです。 葬儀では、本願寺派では『三奉請(さんぶじょう)』というお経で阿弥陀仏などを迎え、『正信偈』や『念仏和讃』が読まれて、『回向(えこう)』で終了するのが一般的です。 大谷派では、『伽陀』を歌って阿弥陀仏などを迎え、『勧衆偈』、『正真念仏偈』『和讃』などが読まれることが多いようです。 ここではお経の特徴をご紹介しましたが、浄土真宗の葬儀についての記事もありますので参考にしてください。 天台宗のお経 天台宗では、釈迦が「すべてのものは仏になる」と説いた『妙法蓮華経』が根本の聖典とされています。 特に『自我偈(じがげ)』、『観音経(かんのんぎょう)』、『般若心経(はんにゃしんぎょう)』などがよく用いられるようです。 自我偈(じがげ) 『妙法蓮華経』の「如来寿量品第十六章」に記されている経典で、法華経の要とも言われる部分です。 仏の命は永遠であることが説かれています。 また、すべての人々を仏にすることが仏の願いであり、常に人々のことを思い続けていることが記されています。 観音経(かんのんぎょう) 『妙法蓮華経』の「観世音菩薩普門品第二十五章」に記されている経典です。 観音菩薩が神通力を発揮して、生きとし生けるものを救済する旨が説かれています。 「南無観世音菩薩」と唱えれば、さまざまな厄難から逃れられるとされています。 般若心経(はんにゃしんぎょう) 数ある般若経典に説かれていることの心臓部を最も簡潔にまとめた経典で、一般的にもよく知られているものです。 真実を見つめる知恵(=般若)を持てば、一切にこだわらない「空(くう)」の境地になり煩悩を断ち切ることができると、悟りを開くための教えが説かれています。 般若心経についてや、天台宗の葬儀についての記事もありますので、気になる方はご覧ください。 浄土宗のお経 浄土宗では、数多くのお経の中から法然上人が選んだ『無量寿経(むりょうじゅきょう)』二巻、『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』一巻、『阿弥陀経(あみだきょう)』一巻の3つが、「浄土三部経」とされています。 無量寿経(むりょうじゅきょう) 『無量寿経』は浄土三部経の大部分を占めるお経で、「大経」とも呼ばれています。 阿弥陀仏の修行時代の、生きとし生けるものすべてに対する救済の願いと、その願いが成就してからのご利益が述べられています。 観無量寿経(かんむりょうじゅきょう) 『観無量寿経』は、「王舎城の悲劇」と言われる物語が説かれているものです。 釈迦の時代の国王妃、韋提希(いだいけ)夫人が後継者をめぐる激動の人生の末、釈迦の手で極楽浄土に往生する話が記されています。 阿弥陀経(あみだきょう) 『阿弥陀経』には、極楽浄土がその国の人々には何の苦労もなく、ただ楽を受けられる場所であることが記されています。 また、念仏の教えが正しいことを証明し、阿弥陀仏が説法して修行する人を守ることが説かれています。 浄土宗の葬儀についての記事もありますので参考にしてください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説|終活ねっとのお坊さん

お経 浄土宗

概要 [ ] ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 や、などにおいて、下記の漢訳経典を「 浄土三部経」という。 『 』2巻 訳 252年頃 (略称『大経』)• 『 』1巻 訳 430-442年? (略称『観経』)• 『 』1巻 訳 402年頃 (略称『小経』) とその、またその()である「」に関する教えなどが説かれている。 詳細はそれぞれの項目を参照。 では、これらは「宝積部・涅槃部」に収録されている。 中国・日本において、浄土思想に言及する註釈書は古くよりたいへん多いが、この三経典を中心に撰述されている。 これらが「浄土三部経」と称されるようになったのは、がにおいて、以下のように記述したことに由来する。 初正明往生浄土之教者 謂三経一論是也 三経者 一無量寿経 二観無量寿経 三阿弥陀経也 一論者 天親往生論是也 或 指此三経号浄土三部経也(中略) 是也今者唯是弥陀三部 故名浄土三部経也 弥陀三部者是 浄土正依経也 初めに正しく往生浄土を明かす教というは、いわく三経一論これなり。 「三経」とは、一には『無量寿経』、二には『観無量寿経』、三には『阿弥陀経』なり。 「一論」とは、天親の『往生論』(浄土論)これなり。 あるいは この三経を指して浄土三部経と号すなり。 (中略) 今はただこれ弥陀の三部なり。 故に 浄土三部経と名づくなり。 弥陀の三部はこれ 浄土の正依経なり。 三経一論 [ ] ウィキソースに の原文があります。 この「三経一論」の「一論」とは、法然『選択集』において「一論者 天親往生論」とあるように『往生論』をいう [ ]。 『往生論』は略称で、正しくは『』のことである。 『浄土論』とも略称される。 この論は、天親(世親)によって『無量寿経』を註釈したものとされ、により漢訳されたものが現存する。 2012年現在、サンスクリット語の原典は散逸しており発見されていない。 『観無量寿経講究 安居本講』 真宗大谷派宗務所出版部、1985年、P. 20-21• ここでいう「浄土真宗」とは「真の宗教である浄土宗(法然)の教え」の意。 宗旨としての意ではない。 参考文献 [ ]• 浄土真宗教学編集所 浄土真宗聖典編纂委員会 編纂『浄土三部経』現代語版、本願寺出版社〈浄土真宗聖典〉、1996年。 、・ 訳注『浄土三部経 上』〈 青306-1〉、1990年。 中村 元、早島鏡正・紀野一義 訳注『浄土三部経 下』岩波書店〈岩波文庫 青306-2〉、1990年。 別訳版 [ ]• ・・訳 『浄土三部経 大乗仏典6』 、2002年• 訳・解説 『浄土三部経 全文現代語訳』 、2018年 関連項目 [ ]•

次の