いんげん の 保存。 【写真付きで解説!】いんげんの冷凍保存方法と保存期間、レシピ5選

さやいんげんの茹で方と下処理方法、保存方法まで紹介!

いんげん の 保存

いんげんを冷凍せずにそのまま保存 保存期間目安:約1週間 生のいんげんの場合、保存に適した温度は5度前後です。 そのため、冬場は常温でも大丈夫。 家庭菜園で栽培した株は、冷蔵庫の野菜室に保存するのがよいですよ。 傷んだいんげんを一緒にしておくと他のいんげんも傷んでしまうので、傷が付いているところや変色しているところは切り落とすか捨ててください。 洗って保存するときは、水気をしっかりふき取りましょう。 傷んでいるものを取り除く• 汚れているときは水洗いする• 乾燥を嫌うのでラップに包むか密封できる袋に入れる• 冷蔵庫の野菜室で保存する• 使うときは袋からそのまま取り出す 2. いんげんを茹でてから保存!茹で時間や保存期間は? 保存期間目安:約2〜5日間 ブランチングとは、野菜をおいしく冷蔵・冷凍する方法です。 野菜は組織の8~9割が水分でできており弱いことから、そのまま冷凍しても細胞が壊れてしまい、味も落ちてしまいます。 また、冷凍したものを解凍すると酵素が作用して変色やにおいを引き起こします。 ただ、いんげんをはじめとしたマメ類やイモ類、カボチャなどいくつかの野菜は、湯通しをして冷ましてから冷凍することで、おいしさを保つことができます。 いんげんは、茹でることで「色を残し、臭みを取り、柔らかくして、味を染み込みやすくする」ことができます。 生で食べるなら2〜3日、炒めたり煮たりするなら4〜5日で食べきりましょう。 水1Lに対して塩小さじ1杯を入れてお湯を沸かす• 通常のいんげんは1分、サーベルインゲンなら2〜3分、厚みのあるいんげんなら4分ほど茹でる• 湯から取り出したら氷水か水で冷やす• 水で濡らしたキッチンペーパーを敷き、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存• 使うときは冷蔵庫から取り出してそのまま使う 3. 冷凍保存 保存期間目安:約1ヶ月 いんげんを長期的に保存するなら冷凍保存がおすすめです。 冷凍保存には、ブランチングしてから冷凍する方法と、下処理をしない2つの方法があります。 下処理をしないなら1番の「そのまま保存」と同じで、保存先を冷凍庫に。 ブランチングをしてから冷凍する場合は、まずは「茹でて保存」と同じ方法で1分茹でます。 その後は氷水に付けてキッチンペーパーで水気を切った後、ジッパー付きのビニール袋に入れて1本1本取り出せるように冷凍しましょう。 ポイントは、いんげんを重ねず1列に並べて冷凍することです。 金属トレイなどがあればそれを敷きましょう。 急速冷凍が進み、味や栄養価が高いまま保存できますよ。 解凍するときは、サラダやおひたしなら冷蔵庫でゆっくり解凍、炒めものなら直接炒めて使ってください。 いんげんを茹でる、冷凍することで栄養価は減る? いんげんを長期間保存することは、いんげん内の組織を破壊することにつながります。 つまり、栄養素は減少するのです。 茹で時間が長いほど成分がお湯に溶け出したり、保存期間が長いほど、空気にふれて酸化したり、乾燥して栄養素がなくなるのです。 一番栄養価が高いのは、採れたてや調理後すぐに食べることです。 なるべく栄養素や味を損なわないためには、レンジで加熱かブランチングをするのがおすすめ。 さっと茹でることで、成分組織の破壊が最小限で抑えられ、栄養価が失われにくい状態になります。 また、ブランチングをした後に冷凍保存すれば、腐敗や食中毒の原因になる菌類や微生物、酵素の分解作用が働きにくい環境になるため、長期間の保存が可能になります。 ただし、冷凍庫を開け閉めすることで、いんげんが溶けたり、凍ったりを繰り返すため永久に保存しておくことはむずかしいのです。

次の

いんげんの保存方法!冷凍保存もできる?賞味期限はどれくらい?|健康♡料理♡美容♡恋愛

いんげん の 保存

そのため、カロリーは 100g中 23kcalと低めで、野菜の中でもヘルシーな存在です(トマトやきのこと同程度のカロリー)。 その他にも、幅広いミネラル・ビタミンがバランスよく含まれています。 含まれているミネラル・ビタミンは以下の通りです。 【ミネラル】 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン 【ビタミン】 ビタミンA、D、E、K、B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、パントテン酸、ビオチン、C 【その他】 食物繊維 いんげんの効能 【 風邪に負けない健康な体を作る】 いんげんには、成長を促進し、皮膚や粘膜を正常に保つ働きをもつビタミンAが含まれています。 皮膚や粘膜など、身体が外界と接する面を健康に保つことで、風邪などにかかりにくくなるという効果があるとされています。 また、たんぱく質や炭水化物、脂質などをエネルギーに変換する働きがあるビタミンB1・B2も含まれています。 食べ物が確実にエネルギーに変換されることで、毎日をパワフルに過ごすための活力が得られるのです。 【 食物繊維で身体中スッキリ】 いんげんには食物繊維が含まれており、中でも不溶性食物繊維が多く含まれています。 水溶性食物繊維は、その名の通り腸の中でトロトロと液状になり、腸内の毒素(老廃物など)を巻き込んで排出する機能があります。 不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収して大きくなり、腸を刺激して排泄を促す効果を持ちます。 健康の基本は、身体に余計なものをため込まないことです。 腸内環境が改善されることで、身体にため込まれた老廃物や毒素が排出されます。 すると、身体が本来の力を取り戻し、肌にツヤやハリがでるようになり、手足のむくみなども改善されていくのです。 長期保存が可能になる 第一のメリットは、長期保存が可能になることです。 ですが、冷凍保存ならば、ある程度新鮮さを保ったまま 数週間の保存が可能になります。 2等分や3等分など、カットしてから冷凍しておく、お肉を巻いてから冷凍するなどすれば、調理時間の短縮にもつながります。 冷凍によって栄養が失われない 第二のメリットは、冷凍によって栄養が失われないことです。 いんげんを冷凍する場合、食材を固めに茹でておくブランチング処理を施します。 あらかじめ熱を通しておくことで、食材中の酵素の活動を停止させ、 栄養の損失を防ぐことができるのです。 またブランチング処理には、冷凍前後の食感の変化を最小限に抑える効果もあります。 ゆえに、生で食べたときのシャキシャキ感をできる限り残すことができるのです。 いんげんの解凍方法 冷凍したいんげんは、 冷蔵庫で自然解凍か、 凍ったまま調理することができます。 サラダなどで食べる場合は、冷蔵庫で解凍すると良いでしょう。 冷蔵庫内でゆっくりと低温解凍することで、ドリップ(液漏れ)を防ぐことができます。 ドリップを抑えると、うまみ成分の流出を食い止めることができるのです。 火を通す場合は、凍ったまま調理してください。 この場合、解凍せずに直接フライパンやお鍋に入れて構いません。 基本的に、冷凍している食材が腐ることはありません。 ですが、冷凍環境(冷凍庫内の温度変化など)によっては、目安の期間内でも食べるのを控えたほうが良い場合もあります。 色が悪い、ひどく乾燥しているなど、目に見える異常がある場合には、食べるのを控えてください。 >> いんげんの栄養 いんげんは、いんげん豆を未熟な状態でさやごと収穫したものです。 いんげん豆は豆類に分類されますが、いんげんは野菜に分類され、いんげん豆といんげんでは含まれる栄養も異なります。 また、 アミノ酸も豊富です。 いんげんには必須アミノ酸が全て入っている いんげんには、 必須アミノ酸9種類がすべて含まれています。 必須アミノ酸は、体内で生成されない栄養素のため、食事から摂取する必要があります。 また、 必須アミノ酸9種類のうちどれか1種類でも不足しているとほかの アミノ酸の吸収に影響が出るため、9種類をまんべんなくとることが重要です。 ビタミンAは、視力を正常に保つ働きや、皮膚や粘膜の健康維持の働きがあります。 また、強力な抗酸化作用があり活性酸素を抑え、 老化や 生活習慣病の予防に効果があります。 2)じゃがいもを1口サイズに切り、レンジで2分ほど加熱しておきます。 3)熱したフライパンにごま油をひき、ひき肉を2分ほど炒めます。 その後、じゃがいもを加えてもう1分炒めます。 5)水溶き片栗粉を加え、とろみがついたところで、いんげんを加えて完成です。 2)にんじんをいんげんと同じ長さ、太さに切り、軽く茹でておきます。 3)豚肉を2枚広げ、にんじんといんげんを乗せて、ぴっちりと巻いていきます。 4)巻き終わりの面を下にし、塩こしょうを振り、さらに小麦粉をまぶしておきます。 5)熱したフライパンにオリーブオイルをひき、巻き終わりの面を下にして焼いていきます。 6)焼き色がついたら、転がして他の面も焼いていきます。

次の

いんげんの保存方法!冷凍保存もできる?賞味期限はどれくらい?|健康♡料理♡美容♡恋愛

いんげん の 保存

そのため、カロリーは 100g中 23kcalと低めで、野菜の中でもヘルシーな存在です(トマトやきのこと同程度のカロリー)。 その他にも、幅広いミネラル・ビタミンがバランスよく含まれています。 含まれているミネラル・ビタミンは以下の通りです。 【ミネラル】 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン 【ビタミン】 ビタミンA、D、E、K、B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、パントテン酸、ビオチン、C 【その他】 食物繊維 いんげんの効能 【 風邪に負けない健康な体を作る】 いんげんには、成長を促進し、皮膚や粘膜を正常に保つ働きをもつビタミンAが含まれています。 皮膚や粘膜など、身体が外界と接する面を健康に保つことで、風邪などにかかりにくくなるという効果があるとされています。 また、たんぱく質や炭水化物、脂質などをエネルギーに変換する働きがあるビタミンB1・B2も含まれています。 食べ物が確実にエネルギーに変換されることで、毎日をパワフルに過ごすための活力が得られるのです。 【 食物繊維で身体中スッキリ】 いんげんには食物繊維が含まれており、中でも不溶性食物繊維が多く含まれています。 水溶性食物繊維は、その名の通り腸の中でトロトロと液状になり、腸内の毒素(老廃物など)を巻き込んで排出する機能があります。 不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収して大きくなり、腸を刺激して排泄を促す効果を持ちます。 健康の基本は、身体に余計なものをため込まないことです。 腸内環境が改善されることで、身体にため込まれた老廃物や毒素が排出されます。 すると、身体が本来の力を取り戻し、肌にツヤやハリがでるようになり、手足のむくみなども改善されていくのです。 長期保存が可能になる 第一のメリットは、長期保存が可能になることです。 ですが、冷凍保存ならば、ある程度新鮮さを保ったまま 数週間の保存が可能になります。 2等分や3等分など、カットしてから冷凍しておく、お肉を巻いてから冷凍するなどすれば、調理時間の短縮にもつながります。 冷凍によって栄養が失われない 第二のメリットは、冷凍によって栄養が失われないことです。 いんげんを冷凍する場合、食材を固めに茹でておくブランチング処理を施します。 あらかじめ熱を通しておくことで、食材中の酵素の活動を停止させ、 栄養の損失を防ぐことができるのです。 またブランチング処理には、冷凍前後の食感の変化を最小限に抑える効果もあります。 ゆえに、生で食べたときのシャキシャキ感をできる限り残すことができるのです。 いんげんの解凍方法 冷凍したいんげんは、 冷蔵庫で自然解凍か、 凍ったまま調理することができます。 サラダなどで食べる場合は、冷蔵庫で解凍すると良いでしょう。 冷蔵庫内でゆっくりと低温解凍することで、ドリップ(液漏れ)を防ぐことができます。 ドリップを抑えると、うまみ成分の流出を食い止めることができるのです。 火を通す場合は、凍ったまま調理してください。 この場合、解凍せずに直接フライパンやお鍋に入れて構いません。 基本的に、冷凍している食材が腐ることはありません。 ですが、冷凍環境(冷凍庫内の温度変化など)によっては、目安の期間内でも食べるのを控えたほうが良い場合もあります。 色が悪い、ひどく乾燥しているなど、目に見える異常がある場合には、食べるのを控えてください。 >> いんげんの栄養 いんげんは、いんげん豆を未熟な状態でさやごと収穫したものです。 いんげん豆は豆類に分類されますが、いんげんは野菜に分類され、いんげん豆といんげんでは含まれる栄養も異なります。 また、 アミノ酸も豊富です。 いんげんには必須アミノ酸が全て入っている いんげんには、 必須アミノ酸9種類がすべて含まれています。 必須アミノ酸は、体内で生成されない栄養素のため、食事から摂取する必要があります。 また、 必須アミノ酸9種類のうちどれか1種類でも不足しているとほかの アミノ酸の吸収に影響が出るため、9種類をまんべんなくとることが重要です。 ビタミンAは、視力を正常に保つ働きや、皮膚や粘膜の健康維持の働きがあります。 また、強力な抗酸化作用があり活性酸素を抑え、 老化や 生活習慣病の予防に効果があります。 2)じゃがいもを1口サイズに切り、レンジで2分ほど加熱しておきます。 3)熱したフライパンにごま油をひき、ひき肉を2分ほど炒めます。 その後、じゃがいもを加えてもう1分炒めます。 5)水溶き片栗粉を加え、とろみがついたところで、いんげんを加えて完成です。 2)にんじんをいんげんと同じ長さ、太さに切り、軽く茹でておきます。 3)豚肉を2枚広げ、にんじんといんげんを乗せて、ぴっちりと巻いていきます。 4)巻き終わりの面を下にし、塩こしょうを振り、さらに小麦粉をまぶしておきます。 5)熱したフライパンにオリーブオイルをひき、巻き終わりの面を下にして焼いていきます。 6)焼き色がついたら、転がして他の面も焼いていきます。

次の