綿 流し 編。 www.internetwondersezine.com:カスタマーレビュー: ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1) (ガンガンWINGコミックス)

「綿流し編」コラム

綿 流し 編

アニメひぐらしのなく頃にを、再び見ていて、 やはり謎が多いのが綿流し・目明し編ですよね。 圭一のクラスメイトで、リーダー的存在でもある園崎魅音の双子の妹・詩音と、圭一や、リカ、サトコ、そして魅音も被害に遭うお話です。 謎が多い分、怖さも倍増! そんな、ひぐらしの綿流し編と目明し編について解説・考察したいと思います。 ひぐらしの目明し編・解説と考察 ひぐらしのなく頃にのアニメの目明し編についてネタバレしながら語ります。 目明し編は、謎の多い「綿流し編」の解説にもつながるストーリーになっています。 わかりやすいように、はじめに目明し編のネタバレ含む、考察をしていきますね。 まず、登場人物は、今回の 主役は園崎詩音です。 詩音は、圭一のクラスメイトの園崎家の当主でもある 園崎魅音の双子の妹です。 一卵性の双子として生まれましたが、園崎家の跡継ぎの問題で詩音は園崎家からははみ出し者にされ、離れてくらしていました。 それでも、姉の魅音との仲は良好なんです。 目明し編でのキーパーソンとなるのは、 魅音は圭一の事が好きで、だけど圭一が魅音のことを女として扱っていない。 詩音のほうは沙都子の兄である悟史のことが好きになります。 詩音は悟史に恋をしたことによって、悟史の妹の沙都子を恨むようになります。 さらには 悟史が行方不明になってからは、悟史を守らなかった園崎家の当主の魅音への怒り、さらに園崎家の鬼婆や、村長への怒りをぶつけるようになります。 普段はおっとりして、優しい性格の詩音でしたが、どちらかといえばズボラで男気質な魅音が圭一に「女の子扱いされなかった」という悩みを打ち明けたことにより、 「自分は大好きだった悟史がいなくなって会うこともできないのに」と、そこから恨みを持つきっかけになります。 綿流し編で、魅音になりきった詩音は圭一に「あんたのあの言葉がすべての始まり」とぬいぐるみのときの一連をそのように言ったので、はじめは 魅音が本当は圭一に女の子扱いされなかったことで凶悪化したのか・・と思った人が多いと思います。 しかし、実際の意味合いとしてはそうではないことが、目明し編のこのシーンでわかります。 【目明し編:そのあとの展開】 園崎家が悟史に何かしらの手を加えたのでは?と疑っていた詩音は、 悟史への歪んだ愛情から、魅音を攫って園崎家の牢屋に閉じ込め、鬼婆を消し、村長も葬ります。 さらには異変に気がついたリカを葬り、天敵だった悟史の妹の沙都子、最後には圭一にも手を加えます。 はじめは優しく、ただ悟史を好きになっただけの詩音でしたが、これがまさに ひぐらし最大の凶悪化の原因でもある、 雛見沢症候群にかかったのです。 きっかけは悟史を思う気持ちの強さ故のものになりますが、それにしてもヤンデレっぷりがまさに恐怖でしたw 綿流し編の解説・考察 よく、みなさんが疑問に思うアニメのシーンについてお答えします。 綿流し編の謎がまさに目明し編で解明されます。 綿流し編のときには、すでに詩音と魅音が入れ替わっているときがいくつかあります。 1、ハシゴのシーン 綿流し編でリカと沙都子がいなくなったので、圭一と魅音、レナはリカ達を探しにいくシーンがありますよね。 そのときに圭一がはしごでリカ達の部屋を登ろうとして、下で魅音が抑えていますが、突然凶暴化し 「あいつは呪われてるんだよ!」と沙都子のことを罵倒。 圭一が乗っているハシゴを揺らすシーンがありますが、このときはすでに魅音は詩音にとって捕まっているので、このときの魅音は詩音です。 2、電話のシーン 綿流し編で、オヤシロ様のいるリカちゃんちの神社の古手家の祭壇の中へ入るという禁忌を犯した、圭一、詩音、富竹、鷹野。 圭一が夜に電話で話をしている詩音は、詩音のままですが、魅音として電話をしているのもすべて、詩音です。 3、圭一を刺したのは? 圭一が園崎家の拷問屋敷から助かり、病院で入院していましたが、警察から逃げていた魅音が外にいるのを見つけ、会ったとたんに刺されてしますシーンが綿流しのラストにありますよね? 魅音は直後に「まにあったーー!!」と言って狂ったように圭一を刺したことを喜びますが、このときの魅音は詩音です。 目明し編を見ればわかりますが、魅音は詩音の手によって井戸の中に落とされてしまいますので助かっていません。 生きているのは魅音たちに拷問していた詩音です。 詩音はこの目明し編のときに、「魅音に捕まっていた詩音」として圭一とともに 警察に保護され、 本当は詩音の手によって死んでいるのに 魅音は「逃走中」とされてしまったのです。 そのため、圭一も「魅音は自分を逃したあと逃走したのか」と勘違いをしていたので、病院の外に来たのを逃げている魅音だと思って会ってしまったのです。 本当は、圭一と一緒に保護された犯人の詩音だとも知らずに・・。 しかし目明し編でわかりますが、圭一を刺したあと詩音は再び、病院で入院している詩音を演じないといけないので、病室に戻ろうとベランダを渡っているうちに、転落死してしまいます。 そのため、綿流し編と目明し編では、詩音も魅音も本当は二人とも亡くなっているのです。 綿流し編で圭一のベッドの下にいた魅音は? 綿流し編のラストで、圭一が詩音 魅音の姿をしている に刺されたあとに病院で目を覚ますシーンがあります。 大石が「今回の事件はおかしい。 死体が歩きすぎている」と圭一に言います。 それによって、圭一が再び身の危険を感じ、雛見沢症候群を発症して、 「俺を襲った魅音がまたくるかもしれない」という恐怖から魅音の幻覚をみたのではと言われています。 本当は襲った魅音は詩音なのですが、綿流し編んでも目明し編でも学校のメンバー達はリカ以外にそのことに気がついていないので、全ての仕業が魅音だと思われているんですね。

次の

「綿流し編」

綿 流し 編

綿流し編と目明し編において、梨花は人知れず、鉄平の排除を完了できていたものと思われます。 それは、園崎上納金の強奪。 これに鉄平は参画していた。 リナは鉄平に内緒でやるつもりだったのにバレてしまったのでしょう。 おかげで鉄平は、園崎の粛清対象になってしまった。 これで、鉄平の人生は終焉を迎えました。 しかし、梨花の排除の対象は鉄平だけではなかった。 実はもうひとりいたのです。 それは 鷹野三四。 彼女も、梨花が排除すべき対象になってしまっていたのです。 キッカケは、鷹野のスクラップ帳です。 スクラップ帳の意義は、で示していただきました。 鷹野は、雛見沢村の歴史の暗部を探っていた。 それが梨花にとっては非常にうざったいものだった。 古手が過去に行ってきた悪事をなぞることこそ、梨花の計画の根幹です。 鷹野はまだ、その古手の悪事を雛見沢症候群だと勘違いしてくれていますが、出自を探られることで、いずれは古手の過去に辿り着く可能性があった。 特に、古手家秘伝の巻物には、その悪事、薬物の製法が書かれているわけですから、祭具殿への侵入を狙っている鷹野の存在は、梨花にとって驚異以外のなにものでもありません。 鷹野は、園崎家にプレッシャーを与えるつもりでスクラップ帳を披露していたのですが、その実、一番プレッシャーに感じていたのは梨花だったのです。 だから梨花は、鉄平の再来という驚異がなくなった綿流し目明し編において、もうひとりの驚異である鷹野の排除を狙ったのです。 やり方は、 祭具殿の不法侵入を促すことだった。 これで、御三家筆頭の園崎家の粛清対象になる。 園崎家に、鷹野を殺してもらいたかった。 祭具殿の錠前は、昭和58年の綿流しの日の前に、簡易なものに付け替えるよう梨花が公由を説得しました。 梨花がすることは、たったこれだけでよかった。 これを受けた鷹野は、祭具殿への侵入計画を立てやすくなった。 綿流しの日に鷹野が祭具殿へ侵入するように、わざと梨花は誘導していったのです。 ここで活躍するのが、沙都子のトラップです。 吊ってある、非常に重たいカゴのようなもの。 沙都子はこれが落ちるようなトラップを仕掛けていた。 祭具殿を散策すると、それが落ちてくるようにしてあった。 その役割は、侵入者を逃さないこと。 カゴに閉じ込め、それが外せないために逃げ出すことができない、そういう類のトラップだったのです。 祟殺し編 ……暴れた鎖の束の重みか何かで、他の金具が壊れ…、吊ってあった大きな鳥篭がひとつ、…ものすごい音を立てながら落下した。 カゴが落ちる音は凄まじいものです。 必ず周りの誰かが気づく。 すぐにお魎に報告がいく。 鷹野は逃げられない。 このような展開で、鷹野の人生を終わらせようとしたのです。 この計画が、綿流し編と目明し編において実行されました。 だから梨花は、鷹野と富竹がどうなったかを把握することなく、彼らが死んだだろうことを言えたのです。 梨花に報告が無くとも、園崎家が闇で鷹野たちを粛清しただろうことが分かっていたからだったのです。 皆殺し編 だから、鷹野に富竹を殺す理由が絶対にないなんて私にだって断言できなかった。 そしてそれは、……今までに一度も考えたことのないことだった。 鷹野が富竹を殺す……?…どうして?? これで上記の梨花の思考にも説明がつけられます。 梨花は、鷹野富竹殺しの主犯が鷹野であることを、一度も考えたことがなかった。 それは当然のことだったのです。 なぜなら、 彼女らが死んだのは自分の策略がうまくいったことの証であり、実行者は園崎家であることが分かりきっていたからだったのです。 目明し編 詩音「……古手家頭首として、今回の件はどこまで知ってるの?」 梨花「…富竹たちのことですか?」 梨花「…オヤシロさまの祟りなのですよ、としか言えないのです」 上記のセリフも然り。 すべてが梨花の計略を示唆しています。 鷹野富竹死亡事件とは、梨花にとって、梨花の思惑で起きたことを示すものだった。 その真の実態である、鷹野の謀略になんて考えを及ばす必要がなかった。 だから「 オヤシロさまの祟りなのですよ、としか言えないのです」なんてセリフになるのです。 詩音「ならまだ終わってないよね?あと2人残っている。 その2人はどうなるか、聞いてる?」 梨花「………別にどうでもいいと思いますですよ」 そして、それが完了した今、梨花は数年前に立てた自分の計画の完遂を実感した。 もうしなければならないことは何もなかった。 だからこそ、詩音や圭一が祭具殿に一緒に侵入していた、なんてことにまったく興味はなかったし、心底どうでもよかった。 圭一「「梨花ちゃん。 ……その猫さんは…どうなるんだろう。 ……忍び込んだ2匹の猫さんが…その……あの晩に………、」 梨花「…………富竹と鷹野ですか?……忘れると良いのです。 ……どんな死に方をしても、それは圭一とは関係のないことなのです」 これも言葉どおり。 富竹と鷹野の死は、自分の策略の結果であり、圭一には関係ない事象なんだよと言っているのです。 ただ、なぜか魅音は怒っていた。 粛清対象に、鷹野や富竹だけでなく、圭一たちも含めようとしているようだった。 さすがにそれは止めたかった。 梨花「……大丈夫ですよ。 猫さんはボクが守ってあげます」 圭一「本当に…梨花ちゃんで……大丈夫なのか…?」 梨花「……ボクが頑張らないと、犬さんも大変なことになってしまうかもしれないのです」 犬さんが大変なことになる。 それは、悟史のことです。 梨花は、この綿流し目明し編においても、抗うつ薬を弁当に混ぜていた。 鉄平が、園崎上納金強奪に参加せず、レナパパにつきまとう可能性があったからです。 その抗うつ薬の影響によってこのような展開になっているのであれば、その犯人は、悟史と同じような状態に陥ってしまう可能性があった。 悟史があのような状態になってしまったことを、梨花はとても後悔していた。 だから悟史のようになってしまうかもしれない人を、また作り出すわけにはいかなかった。 梨花は、その犬さんの正体を見極めなければならなかった。 圭一たちを粛清しようとする者。 それは、 この直前、変なキレ方をしていた魅音そのものだと、梨花は思い至った。 抗うつ薬の効果が、この綿流し目明し編においては、魅音に悪影響となってしまったのだ、と思ったのです。 圭一「……し、…詩音は?…あいつは…どうなるんだ……?」 梨花「……姉妹猫の妹ですか?にゃーにゃー。 ……姉猫は怒ってます。 妹猫が悪いことをしたので、とても怒ってます。 ……圭一。 …姉猫はとても機嫌が悪いです。 …しばらくの間、そっとしてあげて欲しいなのです」 梨花は、綿流し目明し編において、実行犯である詩音のことを、 最期まで魅音だと勘違いしていたと思われます。 詩音に掴みかかられた直前のシーンも、姉猫にやられていると思っているのですから、それ以降に、実は妹猫のほうが加害者だったと、勘違いを改めることはできないと思われるからです。 そして、だから梨花は、入江の開発したC系の薬を魅音に注射することを狙ったのです。 失敗して、返り討ちに遭っちゃいましたけど。 ちなみにですが、拷問狂だの、CS版では冷血女だの、梨花は詩音に対して言い放っていますが、これもつまり、梨花は魅音に対して言っているものなのです。 拷問狂はわかりやすいですよね。 園崎上納金強奪の犯人たちに対する仕打ち、鷹野や富竹に行った仕打ち、その拷問の執行の中心にいるのは園崎であり、さらに圭一たちまでそれにかけようってんですから、魅いは拷問したがり屋さんね、って意味です。 冷血女ってのは、悟史や沙都子に対する、魅音のこれまでの態度振る舞いを、梨花はそのように評価しているってことです。 レナと同じですね。 梨花もまた、魅音が沙都子を救ってくれないことに失望し、血の通ってない冷血女だと思ってたってことです。 ま、当然ですね。 最後に、詩音が陥った精神状態について。 幻覚がひどくなって、圭一を殺しにいって、帰りに自殺っぽい事故死をしました。 こんな状態になったのは、入院時に受けた薬の影響かと思います。 どんな薬あっても、副作用として説明できそうです。 最初は演技だったのですから、健常者が精神病のふりをしていたってことですね。 ならば、精神病に効く薬を健常者の体に投与したことになるわけですから、当然、副作用が働いたと考えられるわけです。 中でも可能性が高いのは、鎮静剤でしょう。 綿流し編では、葛西が鎮静剤を詩音に与えることがありうるような描写がラストになされています。 鎮静剤というのは、この頃は ベンゾジアゼピン系睡眠薬が最新の薬であり、病院から処方された可能性として一番高いのがこれになるでしょう。 つまり、茨城のときのレナとまったく同じということです。 レナもベンゾジアゼピン系の薬によって狂っていった。 詩音もおそらく同じだったのでしょう。 もともと双極性障害を患っていたことも相まって、処方された薬で精神病が加速しちゃったっていう結末なんですね。

次の

目明し編

綿 流し 編

綿流し編=目明し編なのか。 圭一と詩音の出会い方が違うが綿流し編の入手TIPSの「初めましてじゃないです」から同じ。 梨花の死に方が目明し編では自害だが後のシナリオから綿流し編? ではどうやら拷問の果てに詩音が言った挽き肉になる結果という違いがあるので、おそらく似てはいるけど違う世界だと思われる。 祭では選択肢によっては出会い方が別になったり、アニメ版では綿流し編冒頭に梨花の自決シーンがある• 綿流し後の日数や、日付に相違があるため、別世界と思われる。 皆殺し編で違う世界であることが明かされた。 アニメ版ではいくつかのセリフの違いが見られる。 詩の意味• 「本当に落としたのか、疑うのにあと何年?」の部分が悟史の生存をほのめかしている• この世界を100年の死のループの旅で経由して以降、どれだけループを繰り返しても綿流し編・目明し編と同様の展開になる事は無くなった• あ -- 2017-02-27 月 10:22:33• PC版では解答編だのうたってるし、おつかれさま会では詩音視点から物語をどうのこうのとか述べてたからてっきり目明し編=詩音視点の綿流し編と思ってたけど -- 2011-10-06 木 12:30:14• 綿流しと目明しは違う世界の可能性は高い、あと目明しもまた二つあるのでは? -- K 2010-07-25 日 13:04:34• パラレルワールドは何処か繋がりが有るんですか。 -- 中村寛子 2010-07-14 水 16:17:43 昭和57年• 夕刻、悟史は粗大ゴミ置場に新しいタンスを発見、叔母に伝えようと考える。 近くに肌身離さず持っていたソレ 恐らくバット を置く。 午後5時すぎ、沙都子は魅音たちとともに祭会場にいる。 午後8時11分。 悟史、数日興奮のウチに考えていたあることをするために北条家を出る。 午後8時37分。 祭会場の公由・お魎の元に牧野から殺人の知らせ。 現場は往来の真ん中。 遺体は顔が判別できない。 抵抗の様子なく後頭部を潰したあと仰向けにして顔を潰した模様。 大石は強い怨恨の存在を推測。 数週間後、詩音はヤク中が犯人として逮捕されたと聞く。 殺されたのは本当に叔母なのか。 殺害現場は悟史がバットを置いた場所のそばか。 離れていたのか。 犯人は誰か。 祭の翌日、バイトに出た詩音は、悟史に会う。 警察で別れ、本家、病院を経て帰宅。 2日後、大石によると悟史は失踪した。 午後3時前に郵便局でプレゼント用の貯金を下ろしたのは確認。 ぬいぐるみは売れたものの買ったのが悟史と確認できない。 悟史はそのまま帰宅せず失踪。 詩音はぬいぐるみの重さから寄り道は不自然と判断。 3日後、回復した詩音は、悟史失踪について大石から聞かされる。 悟史は殺されたか、拉致されたか、自らの意志で出奔したか。 ぬいぐるみを購入したのは誰か。 悟史、園崎家、その他。 悟史はぬいぐるみを購入したが大きすぎて自転車では持ち帰れず、入江に運んでもらうことにした。 しかし車中で、入江が悟史のただならぬ様子に気付き、そのまま診療所へ。 以後、地下で密かに治療中。 祭囃し編• 詩音がレナにかなわないと思った理由は? 詩音の言う通り動物的直感。 詩音の心境は簡単に読まれてしまった。 そして、レナの心境は読む事が出来なかった。 詩音が感じていた『悟史』の感覚は、結局何だったのか。 精神を病んだ詩音の妄想? 悟史を失った詩音は孤独感と誰かに依存したい気持ちから、妄想の人格を生み出しそれを悟史と思い込んだ。 悟史への背信から自己嫌悪に陥って以降は、病的妄想が進行した。 一見すると羽入っぽく、梨花が「怯えてる猫たち」を正確に把握できた理由にも繋がるが、わずかに引っかかりを感じる。 古手桜花?• 背中の人?• ベルンカステルとサイコロ勝負をしていた「うみねこのなく頃に」のラムダデルタ?• 罪滅し編のレナが「やつら」と複数形で表現しており、発症者の脳内に眠っていたウィルスが目覚めて羽入と同じように行動出来るようになった• 詩音が感じていた『悟史』の感覚は、結局何だったのか。 って雛見沢症候群じゃないの? -- なつ 2012-05-02 水 17:12:08• 罪滅し編のレナが「やつら」と複数形で表現しており、発症者の脳内に眠っていたウィルスが目覚めて羽入と同じように行動出来るようになった -- 2011-05-08 日 12:47:15 昭和58年• 富竹と鷹野の死について聞いてしまった詩音に対して、魅音は何をしようとしたのか。 単なる口止めならその場で他言無用というのが普段の魅音の対応だろう。 何故捕らえた? 祭具殿に忍び込んだことを咎めた。 一度捕縛して何らかの制裁をするつもりだった? 詩音を捕らえた魅音「富竹と鷹野が殺された理由は一つ」やはり祭具殿のことに思える。 地下室で尋問された時の魅音の見方では、連続怪死事件はお魎が自分には相談せず実行しているという。 詩音の処罰も同様と考えた? 地下室では祭具殿侵入を知らなかった口ぶり「え、祭具殿に忍びこんだの?祟りに遭って当然だよ!」• 富竹と鷹野が該当し、詩音自身も分かるという条件は奉納演舞を抜け出したことか。 魅音「たぶん、実は侵入は4人いて後2人は鬼隠しに遭うんじゃ?」奉納演舞を抜け出した4人のうち残り2人は鬼隠し、つまり詩音はお魎の指示で失踪すると考えたのか。 いずれにせよ、祭具殿に侵入すれば祟りにあって当然という認識からして、魅音とお魎は事実を知れば詩音と圭一を殺した可能性が高いのではないか。 詩音と圭一が殺害されている世界もあるのか? 祟りにあって当然=自分達で祟りを実行する、ということでは無い。 「祟りを実行している何者か おそらくオヤシロ様の狂信者 」の動機となるに充分な行為ではないか、という推測。 実は山狗から情報を得ていた? L5のような聞いたらただですまない情報があったのか? 詩音の身の安全の確保• 直前の会話 お魎「あの若い者はちょっとでしゃばりすぎだった」 から、富竹たちは雛見沢の自然や野鳥の写真を撮って発表していたり、オヤシロさまの祟りについて調べまわったりして、目立ったため「標的にされた」のでは? と魅音が推測。 悟史の件もありさらに目立つと詩音も消されかねないので、詩音の身の安全を確保するために取り敢えず2人だけになって、厳重に釘を刺しておくつもりだった? お魎に無断で詩音を本家に泊めた言い訳として「次期頭首で詩音の監督者の自分」を演じていた? 老人達が祭具殿への侵入者に対して、異常に激昂したのは理由があるのか? 梨花にとっては大したことではないらしい。 古い言い伝え等を盲信している為か? 魅音とお魎の会話「オヤシロ様の怒りに触れた以上、 あの2人が死んだのは 仕方がない」• さらに地下室では魅音が詩音に対して、禁忌を犯すことの老人たちにとっての重大性を自ら説明している。 老人達は戦争中に満州で雛見沢出身の仲間が喉を掻き毟って死ぬ「オヤシロ様の祟り」を目撃している可能性が高いので、レナと同様に自らの経験でオヤシロ様を信じている?(祭囃し編)• オヤシロ様を軽んじている人間だと思われると、自分が不利益を被る 祟りの対象になる のではないかという 「正体不明の祟り実行者」への恐怖が蔓延していた? 北条家に対する態度に見られるように、周囲へのポーズとして激昂して見せた可能性は高い。 皆殺し編• 園崎家はこのイメージをブラフによって取り込んでいたが、実際には祟りの実態を把握してはいなかった。 祭具殿には「見られてはならない何か」があった? 「雛見沢を外部に開放し繁栄させる」ための努力を、「祭具殿の拷問具の存在発覚」でふいにされたくなかったため? 軽く人を担ぎ上げた? 詩音の謎。 」と地下祭具殿にて記述あり。 女性の力で楽に担ぎ上げられるのか? 真の鬼としての力か? 実は苦労したが見栄を張っただけ? 他編でも圭一などが異常身体能力を発揮している。 雛見沢症候群発症者はいわゆる「火事場の馬鹿力」的な人体リミッター解除の閾値が低い? 部活メンバーは 皆殺し・祭囃し・澪尽し編などにおいて、驚異的な身体能力を発揮している。 そのことから、部活メンバーはレベルが高い? 圭一は急性心不全で亡くなっている。 綿流し編のラストとの関連性は? 綿流し編の詩音? は圭一のベッドから現れた時に爪が剥がれていた。 なにかのヒント? 爪がはがれているのは、井戸に落下していた「魅音」だったのでは? 園崎の「けじめ」というヤツでは? それに、「やっぱりダメ」と言っていたことから、拷問部屋で圭一を生かしたセリフに対応していると思われる。 1年前の詩音が記憶として? (罪滅し編)• 本当の姉妹はその時点で2人とも死亡しているので、幻覚であることはほぼ間違いない。 爪を剥がす拷問については、地下へ連れられて行った時の圭一の記憶から流入か? 女王感染者の梨花が先祖の幽霊(羽入)を見れるように、L5発症者も幽霊が見えるのかも知れない• 昭和56年に急死した梨花の父親や厄醒し編における沙都子等も同様に急性心不全で死亡したことになっており、 山狗の関与が示唆されている カケラ紡ぎ「生贄第三号」「古手夫妻怪死事件」など。 これと同様か? そもそも目明し編では大災害は起こっておらず、圭一が 山狗や鷹野らにとって不都合なことを知っていたとは考えられない。 山狗や鷹野らが詩音の殺害の動機を正確に理解しているとは考えにくく、彼らが 園崎家が終末作戦に関する情報を知って梨花の殺害を実行した、それを圭一が詩音を通じて知ったと判断しても不思議ではない。 梨花の死体は古井戸に捨てられており、 L5発症を促す警報フェロモンが地下祭具殿に残ってる為、圭一はそれを吸って発症した?(警報フェロモン説)• 詩音の病院で聞いたドンドン!!と扉をたたく音の正体は? 魅音の亡霊が「よくも圭ちゃんを!」なんて形で具現化? L5の進行による自己妄想? 詩音は自分の鏡像に魅音を重ねて一人二役の人格障害まで起こしたくらい。 梨花宅でのハシゴのシーンのように、意識しないまま自分の内心を行動に出してしまう例さえある。 L5症状の亜形として無意識に一人二役を演じ、魅音として壁や扉を叩いて詩音を責める、なんてことを実行していたんじゃ? 究極のマッチポンプ• 羽入の気配? 病院の人たち? 魅音は、詩音が祭具殿を侵したことを知っていたのではないでしょうか。 だから祭具殿を侵したのが4人だと分かるのでは? -- むぅ・・・ 2012-06-06 水 01:11:20• 皆殺し編で、富竹鷹野と梨花が祭具殿の見学の時に、羽入が地団駄を踏んだ際に富竹がそれを感じとる?ような描写がありました。 梨花もそれについて言っていた気がします -- K 2010-07-25 日 10:28:09• ループのせいでごちゃごちゃになった可能性があります -- ん 2010-06-20 日 12:39:55• 圭一は宵越し編の時は生きてないんじゃね?しかし、宵越し編では幽霊が存在してるので、幽霊ってのは同意。 -- 2010-06-20 日 07:42:44 詩音のノート• TIPS「ノートの冒頭」に、なぜ悟史の失踪が書かれている?このノートは悟史失踪以前からの記述ではないのか?• 200ページ目の日記の謎。 TIPS「幸せのノート」にて、「生まれてきてごめんなさい」の記述あり。 しかし、日記自体は199ページ目までが公開されたが上記の台詞は登場していない。 魅音の亡霊だと詩音が思い込んだつまり宵越しのときの記憶 -- ん 2010-06-19 土 23:58:54 本編中で「生まれてきてごめんなさい」の台詞が登場したのはベランダから落下して、死ぬ直前だった。 この後に200ページ目を書くことはできない。 ならば、この200ページ目が書かれたのはいつ? ベランダから落下した後も実は生きていて生きている間に書いた? 本当にこれは可能なのだろうか。 部屋に居た時に199ページ目、200ページ目を書いて、それから圭一を刺しに行った? 可能性は高いが、多くの命を奪った事を悔やんでの「生まれてきてごめんなさい」のはずなのに、この後に魅音を逆恨みして犯行を重ねるという違和感。 で責任転嫁等により魅音のせいとして凶行に走ったと考えられるのでは? 犯行を重ねる以前に200ページ目を書いていた。 最後の最後は199ページ目? 1から始まって199まで進み最後が200、と思い込むのは誰にでもありそうなので、意図的なミス・リードとして ひぐらしの特徴として 有効。 案外、一番最初に反対側から書いたことを詩音自身も忘れて放置してたとか• 何に対しての「生まれてきてごめんなさい」だったのか• 地下祭具殿脱出後から背後の気配を感じ始めるまでの間? それを書いたのは本当に詩音か? 詩音の死後 もしくは生前 に別人が実際に書いた200ページ目という可能性は? 詩音の認識障害だった? 綿流し編では、葛西が隣室での乱闘を聞いて駆けつけているため、詩音は自室に戻って日記を書いたあとに発狂し転落したものと思われる。 目明し編でも同様だとすれば、詩音は転落したときの自分の状況を誤認している可能性がある。 大石の元へ届けられた幸せのノート。 このノートを届けたのは誰? 詩音本人が救出された後に届けに行った? 詩音の精神状態を考えると不自然。 詩音の近くに居た葛西が詩音の死後、届けた? 葛西がわざわざ警察に協力する理由とは? 葛西が見つけて、詩音の両親が届けた? 上と同じ。 警察に協力する理由とは? 園崎家や園崎組は体面を気にしてるので表向きは警察に協力出来ない 世間的には詩音にせよ魅音にせよ娘が殺人犯なのは確定してる ヤクザ的に考えると詩音のノートを警察に提出すると「身内を警察に売った」と思われて面子が潰れる 茜や葛西が事件の解決を希望していた場合、匿名希望でポストに投函するのが無難• 羽入が200ページ目を書き加えて届けた? 鑑識が現場検証の証拠品として押収し、爺さまのコネで大石のところに届けられた? そういえば、目明し編のどこかで詩音が「鬼婆が私が生まれた時私の首に手をかけた」と言っていたような...。 ある意味詩音も被害者ですね。 詩音と被害者の皆さんのご冥福をお祈りします・・・。 -- 無口な腹話術師 2011-10-19 水 21:12:55• -- 2011-09-19 月 00:15:54• 悟史君に一途な気持ちは私にもわかります。 女の子は惚れた男の子に対してああやこうやするじゃないですか。 詩音のはそれがやり過ぎちゃった感じだと思うんです。 目明しの場合、未来の妹? 沙都子 でさえ容赦なく殺してるし。 人殺しは良くないと思います。 でも、一途な気持ちだけは同情できます。 -- 2011-09-10 土 18:36:22 悟史について• 綿流し編と合わせると悟史は井戸の底にいなかった事になる、どこにいるのか? ぬいぐるみを買い、入江に車で送ってもらう途中、L5になったので診療所の地下で眠っている 祭囃し編• 黒幕に別の場所で処理された? 叔母殺しの犯人は悟史で、自分の犯行が発覚することを恐れ、自らの意思で失踪した? 大石いわく、鑑識の時に入江が被害者を明言しなかったのはなぜか? 入江は直感的に悟史が犯人だと推定、ここで北条玉枝の名を出せば因果関係から すぐに悟史に捜査の手が伸びることを懸念したため。 どの道検死ですぐに身元は割れるのだが• 魅音はなぜ北条兄妹を部活に入れた?• 村八分や虐待を少しでも忘れられるように、とのことだが、それだと部活の内容がおかしい• 勝つためには何でもあり、負けたりいかさまにはまった相手に対して見下すような厳しいことを言う、負ければスクール水着で下校など、非常に精神的に厳しい内容。 昔から知っている梨花はともかく、精神的にダメージを追っている北条兄妹、転校生直後のレナ・圭一も混ぜてやるのには妥当な内容とは思いにくい。 祭囃し編では羽入に対し、魅音自ら「やめといたほうがいい」と警告している 祭囃し編• 配慮しているふりをして、さらに北条姉妹を攻撃する意図があった?よそ者だったレナ、圭一も実は追い出したかった? 梨花について• 暇潰し編と同様、昭和57年の被害者は北条叔母だと知っていた。 詩音が魅音と入れ替わっているのには気づいていたのか? 少なくとも気づいていた気配はないようだ。 他の世界でのループの記憶から、最初から知っていた。 しかし気づいていると詩音にばれると目を付けられることから、気づいていないふりをしていた? 魅音の家に攻め込む時に、回覧板に書いてあった醤油を分けてもらうという理由を使った訳。 単に魅音 詩音 を少しでも油断させるため• これはもしもの時にレナ、もしくは他の者に気づいてもらう予防線だったのではないか? 自分が居なくなった場合、二次的に沙都子へ被害が及ぶ事は知っていたのか? この時の魅音 詩音 がそれ位に危険な存在である事は知らなかった? そもそも沙都子が狙われるという想像をしていなかった? 梨花が双子の入れ替わりに気付いているか否かとも関連してくる• 梨花は自分が死んだ後については記憶が無いので、全く知らなかった? 皆殺し編• もし知っていたのならば、沙都子を守る為の対策をしていないのはなぜ? 何も知らなかった沙都子はともかく、梨花が沙都子以外に行く所を伝えなかったのはおかしい• 圭一に迫る危険を考えてすぐ行動せざるを得なかったので、そこまで考える時間的余裕が無かった? 自分が死ねばこの世界と関係がなくなるから、死んだ後のことはどうでもいいと思っていた? 梨花の注射は何のためのものだったのか。 綿流し編で約束していたとおり、魅音 詩音 に狙われている圭一を助けようとしたもの。 梨花に注射したときに即死していないことから毒ではなくどちらかといえば詩音を大人しくさせるためのもの、アルコール辺りか? 綿流し編で大石が糖尿病疑惑を持ち出した事から中身はインスリン? 鬼隠し編の富竹や圭一と同じ症状なのでそういう症状を誘発させる薬? でも、そういう場合は死体に痕はつかないのか? 梨花がH173またはC120を詩音に注射しようとした? 恐らくは詩音を正気に戻すため? であれば注射の薬はC120? 入手は診療所? 沙都子に渡していた分の注射? 注射された梨花の症状は健常者のもの? それとも女王は宿主を害さない? C120ならば特に害は無いので、注射された後に梨花が異様なまでに苦しむ理由が無い。 それに自殺方法として「首を何度も刺し、手でこじあける」というのは妥当ではない。 だとすれば富竹に注射された薬と同じで、梨花が詩音に注射されたのはL5を発症し、首が異常に痒くなるH173の確率が高い 痒い首を紛らわす為に刺したと考えられる。 但し入手方法は謎。 自殺方法は「梨花が富竹を殺した」と思わせるための作者の過度の伏線と思われる。 よって注射器の中身はC120と推定。 単に自殺方法として喉を突き、その結果として喉をかきむしっただけ L5発症を装う作者のトラップ という可能性は。 21日の夕方に自殺したのに、スタッフロール中の死亡日が22日になっているのは何故? 作者のミス• 古井戸の中で蘇生した?• 警察の中の東京過激派の回し者が終末作戦実行の時間を確保しようとして梨花の死亡時刻を遅く偽装した?• 警察の検死で死亡が確定した時間• 多分そうだと思う。 それに梨花ちゃんは詩音を助けようとしたんじゃないかなー。 -- 2012-09-13 木 22:27:30• あの注射器って毎日沙都子が注射しているやつじゃないのかな・・・? -- 2011-05-07 土 21:45:41• 富竹ジロウ 本名不明 喉を掻き毟り自殺? 園崎お魎 園崎詩音に殺害される。 古手梨花 園崎詩音に殺害される? 公由喜一郎 園崎詩音に殺害される。 北条沙都子 園崎詩音に殺害される。 園崎魅音 園崎詩音に殺害される。 ひぐらしのなく頃に粋 -- 2020-02-19 水 13:58:56• 梨花ちゃん、沙都子、魅音などを殺した犯人は詩音。 -- 2013-02-10 日 09:19:33• 梨花は自作では? -- 2011-11-21 月 13:57:06• ひぐらしの主要キャラで一番多く人殺してんの詩音じゃね? -- 2011-10-13 木 03:02:10• 魅音と詩音がごっちゃになってたけど、これみて理解出来ました。 -- 幽鬼 2010-10-31 日 16:18:22• 北条玉枝は、アニメ版でみると明らかに悟史がバットで撲殺しています -- 2010-10-10 日 17:02:25• よくここまで集めましたね。 凄いです。 -- 中村寛子 2010-07-13 火 20:21:36 タイムチャート• 昭和57年 「昭和57年」 day1 初日 聖ルチーア学園脱走 葛西が車で興宮へ 「明けて朝」 day2 翌日 興宮のマンションから魅音に電話 同日? 「くけけけ」電話は捜索後の深夜か? 本編8話で唯一 1つのカケラでの惨劇が終わってすぐに次のカケラに場面が切り替わる。 そのラストシーンはおそらく罪滅し編 の冒頭。 K1の固有結界【けいいちのこゆうけっかい】 能力 「このボケナスどもがああああぁああぁあ!!!!」 「お前らはわかっていない!! わかっていない!!!!」 「そもそも全裸には萌えがない!!! 服は脱がしても靴下は脱がすな!! たとえお天道様が西から昇ることがあろうとも!! 絶対絶対これは萌え業界の鉄則だあああぁあああ!!! いいかよく聞けモンキーども。 ホモサピエンスと動物の違いは何か。 そう、衣服の着用だ。 つまりヒトは衣服があって初めてヒトなのだ!!! それを全部脱がすことでしか欲情できない貴様らはヒト以下!! 動物と同じだあああぁ!! 貴様全員を矯正するッ!! 歯を食いしばれええぇええぇえ!!!」 「先ほどAVの脱衣シーンを引き合いに出したな。 例えばここに『コスプレHビデオ』があったとする。 コスプレと一言に言ってもその裾野は広すぎる。 なおセーラーかブレザーかの好みの違いは制服にカテゴライズするものとする。 勿論、ブルマーかスパッツかの違いも同様!! スク水も紺か白かの違いはあれどカテゴリーは同じ扱いだ!!!どうだ、これだけでも甘美な響きがするであろう?!! ではお前ら3人がこれらの内の一つずつが好みであったと仮定しよう!!おいノッポ!!お前は制服だ!デブ!お前は体操服、そしてチビはスク水だ!!!頭に思い描け、時間は3秒!!!描けたか?妄想くらい自在に出来ろ、気合が足りんやり直せッ!!!ではお前らの望む衣装が登場するHビデオがここにあるぞ、あると思え、あると信じろ気合を入れろ!!返事は押忍かサーイエッサーだ!!!馬鹿者それでも軍人かッ!!!! よおし描けたようだな次に進むぞ。 それらの萌え衣装が、貴様らの馬鹿げた欲情に従い一糸纏わぬ姿にひん剥かれたと思うがいい、だがおいお前らよく考えろ!!!全部脱いだらもうそりゃコスプレHじゃないぞッ?!?!最近そういう詐欺紛いなAVが増えているが実に嘆かわしい!!服を全部剥いだらもうそれは文明人ではない、動物だ!!全裸にしか欲情できない貴様らは犬、猿、雉だ!!キビダンゴでももらって鬼ヶ島へでも失せろ!!!ゲットバックヒアー!! ちなみに最近の東西雪解けに従いロシア系AVが大量に上陸しているな。 そんなことも知らんのか愚か者!!制服系とロシア系を組み合わせたロシア美少女女子高生などという、ゲッター2が抜けて三神合体できないような水と油な組み合わせが出ているようだが、本官は断じて認めたりはしないぞッ!!!制服は日本の文化だ芸術だ!!!毛唐に日本の和の心など分かりはしない!!!貴様ら聞いているのか、軟弱スルメどもがああぁ!!!歯を食いしばれ、今日は徹底的にしごく!!!貴様らが自分の妄想でご飯三杯行けるまで今日は寝られないと思ええ!!!はいいぃいい指導指導指導ぉおおッ!!!!」.

次の