プレデター vs ネイビー シールズ。 『プレデターvsネイビーシールズ』 ついに名作『プレデター』がアサイラムの餌食に!なぜかエイリアン要素も!?|ニフティニュース

【映画】ネイビーシールズ VS エイリアン

プレデター vs ネイビー シールズ

製作会社はもはやおなじみのアサイラムなので、言わずもがな本家『プレデター』とは一切関係ない。 All Rights Reserved. ちなみに、本作の監督および撮影は、以前紹介したアサイラム映画『』の監督としてご存知ジャレット・コーンである。 彼はほかにも『バトル・オブ・アトランティス』や、『キング・アーサー 英雄転生』というアサイラム製モックバスター作品の監督として、どうも常習的な犯行に及んでいる。 困ったものだが、それはさておき今日はさっそく『プレデターvsネイビーシールズ』について語っていこう。 銃弾飛び交う中米のジャングルに、突如として未確認飛行物体が不時着。 調査に向かった米軍部隊は、謎の襲撃を受けて消息を絶った。 ネイビーシールズを率いるエイドリアン中佐と、技術兵のブルックス、そして血気盛んな隊員たちは、行方不明となったチームの捜索に乗り出す。 All Rights Reserved. 応援を待てという上層部の命に背いて、危険地帯を進んでいく一同。 未知の殺人光線による襲撃や、ブービートラップを乗り越えた先で彼らが見たものは、圧倒的科学力で人類などたやすくねじ伏せる、世にも恐ろしい宇宙人たちだった……。 というわけでこの『プレデターvsネイビーシールズ』だが、細かい設定は違えども、作品を観た印象としては「だいたい『プレデター』(1987年)といっしょ」で、そこに「ちょっとだけ『プレデター2』(1990年)をほうふつとさせる要素を乗せた」ような作品である。 All Rights Reserved. それではもうほぼ『プレデター』みたいなものではないか、と思われるかもしれないが、ほぼ『プレデター』である。 具体的には、宇宙人が手首でピポパポするガジェットを使ったり、スタイリッシュなアーマーとマスクの下からクリーチャー然とした醜い顔をのぞかせたり、『プレデター』じみた危険地帯の森や、『プレデター2』めいた狭く薄暗い通路で戦ったり……登場するものや展開に対してどうも既視感がぬぐえないのだ。 個々で見た場合は偶然の一致で片付けられようが、これだけ被っているともう言い逃れはできない。 All Rights Reserved. というより、本作の原題は『ALIEN PREDATOR(エイリアン・プレデター)』なので、アサイラム側も特に言い逃れはしていない、どころか完全に開き直っている。 それと、ドサクサに紛れて『エイリアン』にもケンカを売っている。 これはもうエイリアンvsプレデターvsアサイラムなる三つどもえの構図である。 実質的には2対1の形になるが。 それはまあ結構なことだが、その割には自分から積極的に戦いを挑んできたり、捕らえた人類を何かの内臓だか血に染まったロープだかよくわからないおぞましいもので木に縛っていたり、平和主義者どころか猟奇的犯罪者の傾向が見られる。 All Rights Reserved. が、あまりに本家『プレデター』シリーズをうわべだけ意識しすぎたためか、序盤から中盤にかけて、宇宙人が画面外から紫色の殺人光線をピュンピュン撃つばかりで一向に姿を見せないのは問題だ。 All Rights Reserved. オリジナルの『プレデター』と違って、あえて宇宙人が画面に映らないことで逆に緊張感が増している……なんてこともなく、また作品自体の進行ペースが遅め、かつ何かと台詞だけで状況を説明しがちなので、最初のうちは観ていて退屈を覚えるかもしれない。 一応宇宙人は中盤に差しかかったあたりでちゃんとその姿を現すと、以降はそこそこの頻度で出てきてくれるので、それまでは辛抱するしかないだろう。 All Rights Reserved. また、宇宙人と戦うネイビーシールズの隊員たちも、B級映画にはありがちなこととはいえ、あまりに行動がお粗末すぎる。 例を挙げると隊員の一人が、宇宙人の存在を抜きにしても反政府勢力がウロチョロしているというジャングルで、あからさまなブービートラップである見慣れない黒い球を素手で拾ってそのままドカンと死んでいるありさまだ。 All Rights Reserved. たぶん外宇宙の侵略者が地球をバカにするときに使うジョークなのだろう。 「あの名作がこうなるのか……」という差異を楽しむ方向で観ていけば、発言に責任は負わないが楽しめるはずだ。 文:知的風ハット 『プレデターvsネイビーシールズ』はCS映画専門チャンネル ムービープラスにて2020年2月放送.

次の

『プレデターvsネイビーシールズ』 ついに名作『プレデター』がアサイラムの餌食に!なぜかエイリアン要素も!?

プレデター vs ネイビー シールズ

プレデター関係ないです。 原題が ALIAN PREDATOR なだけ。 何かと間違えさせようとしてる意図が丸見えで素敵ですね。 あー死にそうってとこでやっぱりやられてくれたり、無駄にもめるシーンでセリフがあるので時間稼ぎしてる感じです。 なかなか敵が出てこないので このまま最後まで出てこなかったらまさに見えない敵! すげぇ、その設定とか思ったんだけど出てきちゃった。 なんかもっさり動いてるし武器も貧相。 背は高い。 顔ブサイク。 宇宙船とかは薄暗い設定 女兵士燃えるとこはっぽい。 きっと素材集の炎 でも銃が加熱するとこは安い。 身体の中に入る爆弾も安い。 撃たれて血がでるとこは傷口が難しい。 レーザーはAEのデフォ• 臆する事なく堂々とエイリアンとプレデターの名前を使用するのは流石アサイラム。 多分「エイリアンとプレデターじゃないです!エイリアンプレデターなんです」という逃げ道なんでしょうけど。 まあ邦題も普通にプレデター使ってるし問題ないのでしょう アサイラムの映画なのでツッコミ必須なのですが、まずネイビーシールズの作戦本部がショボい…。 作戦本部なのに対応者が1人だけってそんなんあるの?ネイビーシールズというよりも傭兵軍団の印象の方が強いです。 一方的に攻撃を受ける事が多く、アクションらしいアクションは終盤くらいしかない…。 戦いに向かう道中がお喋りばかりの、緊張感無しのピクニック気分はアサイラムお得意の牛歩戦術…。 VFXのショボさはアサイラムなのでまあこんなもの…。 敵の正体をもっと聞き出せって…だからエイリアンって言ってんじゃん!あの状態でしつこく聞かれる立場分かれよ 笑 というか未知の飛行物体が見えているのに、エイリアンの可能性を全く考えないとかホントに精鋭部隊ネイビーシールズなのか…。 プレデターとの戦いよりも会話シーンと仲間割れがメイン…。 プレデターも終盤まで出し惜しみ…出てもプロテクター感満載で萎える。 しかし、仮面を脱ぐとオリジナルとそこまでかけ離れてなかったり…。 とにかくネイビーシールズ側の登場人物がバカばかりで萎える…。 隊長も大概だけど、言うこと聞かない隊員ばかりでどうしようもない…。 速攻で退場すると思っていた人が生き残るのは意外性があって良かった。 グロシーンも割りとちゃんとしてました。 アサイラム作品、B級SFアクションと割り切れば観れない事はないですが、暇潰し程度なので面白さを期待して観るものでは決してないです。

次の

プレデターvsネイビーシールズ あらすじ

プレデター vs ネイビー シールズ

育児で外出がしづらい人の強い味方、Netflix。 今回は 「ネイビーシールズ VS エイリアン」を観たよ! もうタイトルの時点でアレですね、 ハズレだと覚悟して挑まないと最後まで見ていられない雰囲気がプンプン漂っています。 うん、まさにそのとおりの作品だったよ!(笑) この「ネイビーシールズVSエイリアン」は邦題で、原題は「Alien Warfare(エイリアンとの戦闘)」。 これまたややこしいことに、「プレデターVSネイビーシールズ」が邦題で「Alien Predator(エイリアン捕食者)」が原題っていう、まったく別の作品も存在します。 こちらは自分は見たことないですが、お察しのとおりこちらもクソっぽいです(笑) とりあえずあらすじ! 完全ネタバレです。 クリスとマイクは兄弟。 この二人が所属する凄腕の特殊部隊があった。 しかし過去に中東での人質救出ミッションの際にマイクの勇み足で人質の命を失ってしまい、それ以来二人の関係性は微妙なものとなってしまっていた。 そんなとき、ジャングルの奥地にある極秘の研究施設で事件が発生する。 100人の研究員が働いているはずなのに、一瞬でその姿が見えなくなり、音信不通になったというのだ。 軍の上層部から命令を受けて、特殊部隊はたった四人でその施設に潜入行動を行う。 施設内でたった一人の生存者である女性研究員と出会う。 彼女が言うには、この施設は地球外の物質を研究していて、その物質の放つエネルギーによって研究員は全て一瞬で蒸発、自分はたまたま隔離された部屋にいたため無事でいられた、とのこと。 隊員たちはとりあえず物体を回収しようと考えるが、通信機は作動しなくなり、さらに外部から何者かの攻撃を受ける。 なんとその物体を回収しようとやってきたエイリアンたちだった。 隊員たちは施設に籠ってエイリアンたちを迎え撃つことに。 エイリアンは人型でバリアーや瞬間移動を使いこなしながら銃火器を使用してくる強敵。 体温で人の存在を認知することや高周波に反応する性質を利用して戦いを繰り広げる。 隊員の一人がエイリアン達に捕まってしまうが、女性研究員が物質とのコンタクトに成功。 その物質はエイリアンの子供が入ったゆりかごのようなものであったことがわかる。 隊員はゆりかごと人質交換を行い、エイリアンはそのまま地球外へ帰って行くのであった。 めでたしめでたし。 2019年に作られた映画とは思えないぐらいのチープさにびっくりです。 登場キャストの数はめちゃくちゃ少ないし、部隊はほぼ研究施設の建物の中のみ。 テレビ映画だったとしても、とにかくお金のかかってなさが目に見えてひどい(汗) 一番気になるのはエイリアンのビジュアルのしょぼさですね。 なんかダンボール工作で作ったみたいなアーマー姿で、あきらかに人が入っていますよってわかるやつ。 戦隊モノに出てくる戦闘員よりデザインが貧相だよ。。。 しかも空間にバリアーを張って銃弾を防いだり、壁を透視して向こう側をのぞいたり、壁を通り抜けるような瞬間移動をするような特殊能力を持っているにも関わらず、 なんか弱いんですよね彼ら。 劇場版のドラえもんを観て「あの道具使えば一発で解決じゃん!」って思う感覚に近いものがある。 もっとうまいこと特殊能力使えよって思って、こっちがヤキモキするわ!(笑) ストーリー展開も、なんだかねぇ。 冒頭でわざわざ時間をかけて兄弟の関係が気まずくなってしまう描写をしていますが、あんまり有効に使われないままでなんとなく最後にはお兄ちゃんが威厳を発揮したね、ぐらいで終わってます。 なんか脚本仕上がった後にスポンサーから「売れる作品にするためにヒューマン要素も入れましょう!」って言われて後からしぶしぶ足したみたいな、そんなクオリティのヒューマン要素。 そんな雑なヒューマン要素いらーん!(笑) そもそも、宇宙からきた謎の物質を研究している100人規模の極秘施設が緊急事態ってときに、なんでたった4人で正面から潜入させられるのって話。 ネイビーシールズ、ブラック企業っぷりハンパない(爆) B級映画好きでもちょっといだだけない、完全なネタ映画でした。 制作側はコレ作ってる最中、どういう感情だったんだろうか。。。。 はーい、次いきましょー!• 関連する記事• 2019. 16 育児でなかなか外出できない人の強い味方、Amazonプライム。 今回は「パニック・マーケット」を見たよ! 前[…]• 2019. 13 育児の強い味方、Netflix。 今日は「PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星」を見たよ! サメが出てくるB[…]• 2019. 03 育児で外出がしづらい人の強い味方Netflix。 今回は「ダイナソー in L. 」を観たよ! タイトルか[…]• 2019. 11 育児で外出できない人の強い味方、Netflix。 今日は「サンクタム」を観たよ! 2011年の[…]• 2019. 19 育児で外出しづらい人の強い味方、Netflix。 今回は「遊星からの物体X」を観たよ! 原題は「The Th[…]• 2019. 14 育児の最高の味方Netflix。 今日は「ミスト」です! スティーブンキング原作で公開が2007年と昔の映画ですが、 トラ[…].

次の