生理前 38度の熱。 生理前になると毎回発熱してしまうので苦痛に感じています

相談、熱、38度、仕事

生理前 38度の熱

産婦人科専門医。 長門クリニック勤務。 女性特有の月経や更年期にまつわる悩みの助けとなること、また、妊娠出産期を安心安全に過ごすお手伝いすること、を念頭に置いて日々診療しています。 女性の基礎体温は、生理周期によって変化します。 生理中は、基礎体温が下がるのが一般的です。 そのはずなのに、「生理前から微熱が続く」「生理中に体温が上がる」ということがあると、不安になりますよね。 そこで今回は、生理中の体温はどう変化するのかや、生理中に微熱が続くときの原因などをご説明します。 生理中は体温が下がるの? 女性の基礎体温は生理周期にあわせて変化しており、排卵をはさんで、大きく2つの時期にわけられます。 生理開始から排卵日までは、基礎体温が低い「低温期」で、排卵後から次の生理開始までは、基礎体温が高い「高温期」です。 つまり通常、生理が始まると、基礎体温は下がります。 一般的に、低温期と高温期の体温の差は、約0. 3~0. 低温期と高温期の差が0. 関連記事 生理中に体温が上がって微熱が続くこともある? 先にもご説明したとおり、生理が始まると基礎体温は下がります。 生理中に基礎体温が上がることは、基本的にはありません。 そうはいっても、体温は寝不足や体調不良など、体の状態によって左右されやすいものです。 体調がすぐれないときは、生理中でも体温が上がることがあるかもしれません。 生理中に体温が上がるのが1~2日ほどでおさまり、そのあと低温期に入るようであれば、それほど心配する必要はないでしょう。 しかし、生理中ずっと体温が上がり続けるときや、毎月の生理のたびに熱が出るようなときは、「子宮内膜症」が疑われます。 子宮内膜症とは、通常子宮のなかだけにあるはずの子宮内膜が、子宮以外の場所にできてしまう病気のことです。 子宮内膜症になると、生理中の発熱の他に、強い生理痛や排便痛、排尿痛などがみられることがあります。 生理中に体温が上がるだけでなく、このような症状がみられるときは、子宮内膜症を疑って、病院を受診することをおすすめします。 病院で検査をし、子宮内膜症であることがわかったら、薬の服用や手術などで治療を行います。 早めに治療を行うことが大切です。 関連記事 生理中に微熱が続くときは妊娠の可能性も? 生理が始まっても生理前からの高温期が続き、微熱っぽいときは、妊娠している可能性もあります。 そもそも生理周期に合わせて基礎体温が変化するのは、排卵後から生理前にかけて分泌される「プロゲステロン」というう女性ホルモンの影響によるものです。 プロゲステロンが分泌されている間は、高温期が続きます。 通常、プロゲステロンなどのホルモンの分泌が減少することで生理が来るので、生理が始まると基礎体温が下がるのです。 しかし妊娠すると、プロゲステロンの分泌が続き、高温期の基礎体温が維持されます。 妊娠初期症状として、微熱っぽさを感じる人もいます。 妊娠すると通常、生理は起こりませんが、生理だと思っていた出血が、着床出血である可能性もあります。 着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床したときに起こる、微量の出血のことです。 出血量や期間は人それぞれなので、生理との見分けがつけにくく、自分ではなかなか判断できないこともあります。 生理中なのに高温期が続き、妊娠が思い当たる場合は、一度妊娠検査薬で検査をしてみることをおすすめします。 陽性の結果が出たら、産婦人科を受診しましょう。

次の

質問!ITmedia

生理前 38度の熱

生理前に「体がゾクゾクして熱っぽい」と感じたことはありませんか?風邪のひきはじめの症状と似ていますが、もしかすると女性特有の疾患であるPMS(月経前症候群)の症状によるものかもしれません。 実は生理の3~10日前になると、基礎体温が37度以上になる女性は少なくないとのこと。 熱があるせいで仕事や家事に集中できなかったり、プライベートに支障がでたりすることもあります。 熱と一緒に頭痛や腹痛、腰痛に悩まされることもあり、精神的に不安定になってしまいがちです。 生理がはじまったら熱がひいて、生理前になるとまた熱っぽくなるという繰り返しに、うんざりしている女性も多いはず。 毎月やってくる生理とうまく付き合っていくためにも、熱がでる原因と対策を一緒に見ていきましょう。 生理前に出る熱の原因 生理前になると熱がでるのは、女性ホルモンのプロゲステロンが関係しています。 熱の原因になっているプロゲステロンについて詳しく見ていきましょう。 プロゲステロンの分泌と生理周期の関係 女性の体温は、生理周期によって上がったり下がったりするのが特徴。 生理がはじまってから排卵日までを「低温期」、排卵が過ぎて次の生理がはじまるまでの2週間を「高温期」と呼びます。 PMSになると高温期に基礎体温を上昇させる働きのあるプロゲステロンが普通の人よりも多く分泌されるので、熱がでてしまうのです。 プロゲステロンが多く分泌される理由 生理前にプロゲステロンが多く分泌される理由は、子宮内の温度と基礎体温を保って妊娠しやすい環境に整えるため。 熱がでるのは排卵が正しく行われており、妊娠しやすい体づくりがされている証でもあります。 ただ、PMSの人は症状がキツイので、妊娠しやすい体づくりのためだと分かっていてもつらいですよね。 少しでもつらさを和らげるために、対策法をしっかり知っておきましょう。 自律神経の乱れ PMSに悩まされている女性の多くが、身体的なつらい症状によって多くのストレスを抱えているもの。 ストレスがたまってしまうとホルモンバランスが崩れて、自律神経が乱れる原因にもなります。 自律神経の乱れてしまうと、体温調節がうまくできなくなり、38度以上にまで発熱してしまう可能性があるのです。 妊娠に向けた身体づくり 微熱が出る原因には、女性ホルモンの一つ「プロゲステロン」が関係しています。 女性の体は、排卵が終わるとプロゲステロンがホルモン分泌を活発化させ体温が上昇。 その結果、体全体の体温が上がります。 なぜ体温を上昇させるのかというと、受精したてほやほやの小さい受精卵を温めて守るため。 体温を上昇させることで妊娠に向けた体づくりを行なっているのです。 生理前に出る熱の対策 生理前に出る熱のつらさを和らげるための対策法をご紹介します。 熱が出ないよう根本的に改善したいという人も、一緒に確認していきましょう。 体を温めて基礎体温を上げる 普段から体温が低いと、少し熱があがっただけでもつらくなってしまいます。 そのため、体を温める食べ物や飲み物を積極的に摂ることが大切です。 体を冷やしてしまうコーヒーや紅茶、緑茶、チョコレートは控えましょう。 食事以外にも、血流やリンパのめぐりを良くしてくれる半身浴やウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動も体温をあげてくれるのでおすすめです。 基礎体温を毎日つける 基礎体温を普段から計って、自身の生理周期を把握しておくことが大切です。 生理周期を把握しておけば、「そろそろ生理がくるから体を冷やさないようにしよう」と事前に対策することができます。 基礎体温をつけることで妊娠しやすいタイミングも分かるので、妊活を考えている女性にもおすすめです。 根本的に改善したいならクリニックへ 毎月生理前に熱がでてしまうと、体はもちろん精神的にもまいってしまいます。 「いつものことだから」と無理して我慢せずに、専門のクリニックに相談してみましょう。 1人ひとりの症状に合わせて、最適な治療法を提案してくれます。 食事や生活習慣の改善がカギとなる生理前の熱は、1人で頑張るよりも専門の医師と二人三脚で取り組んだほうが継続しやすく、根本的な対策につながりますよ。 リラックスできる環境を作って自律神経を整える 自律神経の乱れが発熱の原因につながっているからこそ、ストレスを発散させることが大切です。 無理をせずにゆっくり休むのはもちろん、1人になれる時間を作るのもポイント。 好きな香りのアロマを焚いたり、ストレッチやマッサージをしたりリラックスできる環境を整えましょう。 読書やカラオケ、ドライブなどの趣味に没頭するのも良いストレス発散になりますよ。 サプリメントでホルモンバランスを整える サプリメントを上手に活用することでホルモンバランスを整える効果が期待できます。 ストレスを解消させる 体にストレスがかかると自律神経が乱れ、PMSによる微熱を引き起こす原因に。 カラオケやドライブ、スポーツなど、自身に合ったストレス解消法を見つけてうまく発散させ、PMSを悪化させるストレスをため込まないようにしましょう。 ほとんどの場合生理前の微熱はPMSが原因なことが多いのですが、不安に感じたり症状が重くなったりする場合は、念のためクリニックで医師に診てもらいましょう。 PMSに精通した医師が1人ひとりの症状に合ったサプリメントや薬を処方してくれるので、症状を根本から改善することができます。 医師に悩みを打ち明けることで、気持ちも楽になれるのでおすすめです。

次の

初心者用掲示板 What のおへや

生理前 38度の熱

はじめに PMS(月経前症候群)の症状でよく知られているのが微熱です。 軽い顔の火照りや熱っぽさが特徴的です。 しかし中には、微熱からはじまり高熱に至ってしまう場合も見受けられます。 発熱してしまう原因とその解決策を見ていきましょう。 体験者• 氏名:ナオミさん(仮名)• 年齢:20代• 家族構成:両親と3人暮らし(独身)• 症状:生理前になると発熱してしまいひどい時には38度を超える高熱になることが悩み お悩み 毎月の発熱が苦痛です 生理前になると発熱し、ひどい時は38度を超えることもあるので生理前になると苦痛でなりません。 そのため、休日に彼氏とデートの約束をしていても、あまり体調が良くないため断ることもしばしばあります。 実は以前に、彼からのデートの約束を断るのは悪いと思い無理をして一緒に外出した際に、途中で体調が悪くなって動けなくなってしまった経験があるからなのです。 あまりにも体調がひどい時は、朝に目覚ましが鳴ってもベッドから起き上がることができず、仕事を休んでしまうこともあります。 このような状態が続いているために同居している両親からも大変心配されています。 高熱からくる複合的な症状が悩み 生理前になると必ず微熱が出るのですが、体が非常にだるく顔が火照ったような状態になるのです。 特に夕方から夜にかけてひどくなることが多く、仕事を終えて家に帰り熱を測ってみると38度を超えていることがあります。 その時は関節も痛くなり食欲も無く、まるで風邪をひいてしまったかのように感じます。 なるべく温かいものを食べて市販の鎮痛剤を飲みベッドに横になるようにしているのですが、体のだるさが取れず気力も失せてしまいます。 月によっては熱っぽいだけで済むこともあるのですが、高熱が出てしまう時は本当につらいです。 解決策:黄体期のホルモンバランスを整えましょう 生理前は体温が高くなりやすいために微熱が出る人も少なくありません。 熱に関する症状は個人差が大きく、37度ぐらいから38度を超える熱が出る人と様々です。 女性は誰でも生理前になると基礎体温が上昇する 「黄体期」と呼ばれる期間に入ります。 黄体期は、身体が自然と妊娠しやすい環境に保たれる時期であり、これは黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用により引き起こされます。 その一方で、黄体期にはホルモンバランスが急激に変化してしまうので自律神経が乱れ、体温調節ができなくなります。 そのため、発熱を引き起こし、ひどい場合には高熱となってしまうのです。 生理前時期の微熱程度であればそれほど心配をする必要はないのですが、あまりにも高熱が出る場合には婦人科を必ず受診するようにして下さい。 PMS(月経前症候群)とは異なる原因で発熱が起こっている可能性もあります。 微熱程度の症状の場合には、黄体ホルモンに直接作用してくれるチェストベリーを含んだ「 」などのサプリメントを摂取することで改善に効果が期待できるはずです。 普段の生活でチェストベリーを定期的に摂取することにより、ホルモンバランスを日頃から安定させてあげることも症状緩和には大変重要となるでしょう。

次の