自転車 1km。 1kmの距離は徒歩で何分掛かる?自転車ならどのくらい?

消費カロリーの参考例【健康を管理するカラダカラノート】

自転車 1km

仕事の都合で、片道18kmの仕事場まで愛車のPAS CITY-Xでここ3ヶ月程快適に通勤しています。 以下、説明の前に、 まず、こちらの片道100km越えの長距離RUNの実データをご覧下さい。 バッテリー2個を使用してますが、 PAS CITY-Xで、 からのある・平泉まで片道100km走った際の実際の走行データ。 サイクルアプリの停止検知機能をONにして、自転車が交差点などで停止している時のデーターを除いた実RUNのデータを取ってみると、途中、普通の自転車で走るには結構しんどいアップダウンがあるにもかかわらず、 片道104. 65kmを、途中のんびり走っている地点もあるににもかかわらず、無理せず漕いで平均時速21. また、こちらは 標高1610mの山岳道路。 《雪の回廊》の越えでからまで 片道107kmをCITY-Xで今年の春に走った時の走行データ。 さらに、こちらは (スタートは)から、 との県境。 標高900m、標高差760mの笹谷峠までの17. 83kmをノンストップ 56分35秒で一気に駆け登ってみたときの走行データ。 CITY-Xを購入して丸2年。 の世界で1時間で850mの標高差を登れればホビーレーサーだそうですが、通勤程度の運動しかしていない私でも1時間に同等の坂は楽に登れる、2年経っても安定の走りのCITY-Xですが、 以前の記事でも書きましたが 26インチ自転車と変わらない走りをする、国産ミニベロタイプの電動アシストの中でトップクラスのGD値を持つPAS CITY-Xの場合、 時速20kmで走行するのに1分間に回さなければいけないペダルの回転数は、 足や膝への負担も軽い、快適テンポの59回転と、20インチタイヤでありながら、ペダル一回転で26インチ並に進むギヤ比設定(GD値(ペダル一回転で進む距離)=5. 63m)のおかげで、街中でのミニベロの小回りの良さを持ちながら、平地での走りも壮快。 忙しくペダルを回さなくても、スポーツタイプの電動アシストと遜色のない走りをするので、少々の逆風でも軽く漕いで並の時速20〜21kmぐらいのスピードを1時間ぶっ続けでコンスタントに出し続けても快適そのもの。 (ちなみに、時速20〜21kmというのは、マの歴代最速記録、42. 195kmを2時間02分57秒で走り抜けたデニス・キ・キメットの平均スピードとだいたい同じぐらいですが、ママちゃりだと、瞬間的にはそれ以上のスピードは出せても、長距離となると、かなり一生懸命、夏場なら汗だくでペダルを回し続けないと出し続けられない感じのスピード域で、普通に見かける街中のママちゃりで時速12~17kmぐらいでしょうか。 ) 電動アシストの場合、法律上の制限により、下図のように時速10kmを超えると徐々にアシスト力が弱くなり時速24km以上はアシストが0になる仕組のため、自転車の走る際の抵抗等もあり、実質上、時速20〜21km越えぐらいからはほとんどアシストが効かない感じになりますので、それ以上のスピードで走ろうとすると、は、アシストが効かなくなった荷物と化したモーターやバッテリーを余分に積んだ単なる重たい自転車と化しますので、その重い自転車を自分の足で漕がなければなりません。 つまり、下り坂などで自然とスピードが出るような場合を除けば、電動アシストで時速20〜21km以上で走るというのは、楽をするために乗っている電動アシスト本来の使い方と真逆の、 の倍以上もある重さの車体を自分の足だけで漕ぐという、意味のない行為となりますので、 で楽に通勤したい場合、電動アシストの恩恵を感じられる実質的なアシスト限界スピード、時速20〜21km近辺を如何に楽に出し続けられるか、また、時速20〜21km近辺を足に負担のかからない快適テンポで楽々漕げてコンスタントに出せるような機種が、10km以上の長距離通勤に向いている電動アシストと言えると思います。 (ちなみに、時速20〜21km以上でコンスタントに走りたいなら、最初から余分な重量の電動なんて積んでないを使えば良いだけで。 ジョギングや軽いランニング並みの運動を要求される一般自転車で10km以上走るとなると使用する体力は、通勤でなくサイクリングと同じレベルになって来るので、仕事中にアクビなどしていると、周りから、会社に来るのは仕事より自転車に乗るのが目的なのでは?と勘違いされるレベルになって来ます。 しかも、10km以上となると全行程が走りやすい道路状態とも限らず、コースによっては山あり谷あり、逆風の中を10km以上ペダルを漕ぎ続けなければならない日もあれば、途中で雨に降られることもあり、逆風でも物ともしない電動アシストと違って、普通の自転車で10km以上となると、走り出したは良いが、仕事前にかなりの重労働を強いられることもあります。 ) そのような意味で、 時速20kmで走行するのに1分間に回さなければいけないペダルの回転数は、 足や膝への負担も軽い、快適テンポの59回転と、20インチタイヤでありながら、ペダル一回転で26インチ並に進むPAS CITY-Xのように、20インチの中でも走りの良いミニベロと、通勤・通学用やスポーツタイプの26インチや27インチの電動アシストに目を見張るようなこれといった走りの違いはほとんど無いと思いますので 人混みや街中の狭い歩道を走ることも多い通勤の場合、図体のデカい26インチや27インチより、走りが良いなら、小回りの効くミニベロの方が何かと便利なことが多かったりします。 また、電動アシストを購入する方で、非常に大事な購入ポイントでありながら見落としがちなのが、の走行可能距離にも影響する自転車本体の車体重量がありますが、車体が軽いミニベロの方が、一般的に26インチや27インチより、坂にも強くバッテリーも長持ちしたりと利点も多く• PAS CITY-X オートエコモード:112km 標準モード:86km 強モード:67km• PAS CITY-C オートエコモード:104km 標準モード:76km 強モード:60km• PAS スーパー オートエコモード:100km 標準モード:70km 強モード:57km• PAS CITY-S8 オートエコモード:99km 標準モード:64km 強モード:54km• PAS VIENTA5 オートエコモード:92km 標準モード:67km 強モード:58km• PAS -U 標準モード:90km 強モード:61km オートエコモードなし• PAS Brace XL オートエコモード:90km 標準モード:71km 強モード:60km• 3Ahのバッテリーを標準で搭載して、さらに強力になっているようで 小高い山の中腹にある自宅から片道18kmの道のり(高低差約70mで帰りの自宅近くは結構な上り坂になります)を1時間ぐらいの所要時間で、ここ3ヶ月間、毎日楽しく通勤しています。 しかも、先日、タイヤをBMXレーシング、スーパークロス向けの軽量タイヤに交換してからは、 【FASTRシリーズ・プロモーションビデオ】 from on. タイヤ外径が531mmと3. 81になり、毎分ペダルを約57回転( )で 時速20kmとなり、 さらに足や膝への負担も軽く (ハリア:5. 89、ジェッター:5. 80)、 走行スピードも時速1kmほどアベレージが気持ち向上するような感じで、 道路状態にもよりますが平地だと時速22kmぐらいまで無理せず走って割と出てしまうような感じで、走りも更に爽快になり、どこまででも漕いで行きたい感じで、最近では、この朝の通勤が趣味のひとつと化してしまい、走らないと調子が狂うほどの病み付きになってます(笑) なお、PAS CITY-Xのギアは3段ギアですが、電動アシストの場合、以前に6段変速の電動アシストを使ったことがある経験から極論をいうと、電動アシストに3段以上のギアは無くてもよく、機構を複雑にするだけで無駄な気がします。 どういう事かというと、電動アシストの場合、モーターによるアシストがあるので、通常使うのはトップスピードのギアと、少々坂がきつくなって来たら使う中間のギアと、普通の自転車なら立ち漕ぎしたって上れないかもの超激坂の時に使うローギアの3つぐらいしかギアを細かくあちこち入れ直すのも面倒くさいですし経験上使いません。 電動アシストの制御に一般的に使われている踏力比例式制御方式と呼ばれる必要に応じて必要な力を出してくれる電動によるサポート自体が無段階のギアみたいな物ですから、正直言って、6段、8段あろうが自分の足だけで漕いでる訳ではないので間の他のギアはお飾りで、まず使う事はなく正直なくてもいいんですよね。 しかも、上で書いたように時速21km〜22km以上は実質上アシストが効かなくなるので、自分の足だけで漕ぐために電動アシストに乗っている訳ではないので、超高速用のギアがあったとしてもそんなギアなんて使いません。 (笑) 電動アシストのアシスト力が法律が改正されアシスト比率を大きく出来れば電動アシストの理想は、激坂でも、足りない力は電動側がサポートしてくれトップスピードギアで上れる変速ギア無しシングルギアのピストバイクだと個人的には思っているので、(実際、そういう製品が最近出て来ていますが、現在の法律で認められているアシスト力の範囲だと、激坂を上る際に全くの変速ギア無しだと力不足の気がします)、一般自転車のようにギアが多ければ走りが楽だと思うのは、多分、大きな勘違いで、電動の場合、Simple is Bestでギアが3段あれば必要十分だと思います。 その意味で、PAS CITY-Xの3段ギアは、上で書いたと、中間およびローギアが上手い具合にバランスが取れていると思います。 (しかも、3段のうち一番下のローギアは余程の激坂でもない限り使わないギアで、通常は、3段のギアのうち、2つのギアのみで十分足ります。 「PAS CITY-Xの実際の走行データ」 ということで、私の下手な説明より、走行記録を見れば走りの良さが一目瞭然なので、PAS CITY-Xでの実際の通勤時の走行データから。 行きコース時 【走行データ】• 走行距離 :18.50km• 獲得標高 :登り90m 下り138m• 平均時速 :17.96km• 最高時速 :36.60km• 走行時間 :1時間1分 50秒 帰りコース時 【走行データ】• 走行距離 :17.72km• 獲得標高 :登り87m 下り55m• 平均時速 :17.33km• 最高時速 :32.48km• 走行時間 :1時間1分 21秒 通勤の行きと帰りで、一部、経路が異なるので、若干、帰りの際の距離が短くなってますが、約18km。 全般登り基調の帰りコースでも、その日は帰りは少々逆風だったにもかかわらず、コンスタントに時速20キロ前後のスピードを出し続け、1時間ちょいで走り切っているのがわかります。 また、速度グラフで、極端にスピードが落ちている部分は交差点とか信号待ちなどで、走行時、時速20km以上で、全般、走っているのに、平均速度が20km以下なのは、その関係で、 なお、私が使っているPAS CITY-Xはバッテリー容量が8. 7Ahの2016年モデルですので、片道18km、往復36kmちょい越えぐらいが、1回の充電で、一般的な多少アップダウンがある平地だと全行程強モードで往復出来る限界に近いぐらいになりますが 12. 3Ahの大容量バッテリーを搭載した最新のPAS CITY-Xですと、片道18km、往復36kmも全然余裕のバッテリー容量となりますので、コンパクトなミニベロタイプの電動アシストと侮れないのが、 PAS CITY-Xとなります。 【おまけ】 最新のPAS CITY-Xの購入時のバッテリーの寿命の間に走れる距離は、たぶん地球一周4万キロ。 毎日36kmの往復を繰り返したとしても、3年以上走らないと寿命にならないほどの性能になるのではないかと思います。 memomemokun.

次の

自転車で1kmは何分かかる?徒歩10分は自転車だとどれくらい?|ナマコログ

自転車 1km

79 kcal 1km 41. 90 kcal 1km 46. 70 kcal 1km 57. 28 kcal 1km 54. 76 kcal 1km 46. 23 kcal 1km 41. 22 kcal 1km 25. 33 kcal 1km 25. 44 kcal 1km 25. 32 kcal 腹筋 1分間 8. 44 kcal 1回 0. 56 kcal 1分間に 15回した場合 スクワット 1分間 6. 33 kcal 1回 0. 42 kcal 1分間に 15回した場合 腕立て 1分間 4. 22 kcal 1回 0. 42 kcal 1分間に 10回した場合 サッカー 1分間 7. 49 kcal バスケット 1分間 13. 20 kcal ゴルフ 1分間 4. 38 kcal テニス 1分間 7. 55 kcal 運動名 時間あたり kcal 単位あたり kcal 補足 クロール 1分間 15. 84 kcal 1m 0. 26 kcal 25mを25秒で泳いだ場合 平泳ぎ 1分間 8. 97 kcal 1m 0. 17 kcal 25mを30秒で泳いだ場合 体操 1分間 2. 90 kcal ヨガ 1分間 3. 59 kcal Wii Sports 1分間 5. 49 kcal 入浴 1分間 3. 22 kcal 炊事 1分間 2. 53 kcal 身支度 1分間 1. 47 kcal 洗濯機 1分間 2. 53 kcal 洗濯干す 1分間 3. 06 kcal 掃き掃除 1分間 3. 43 kcal 掃除機 1分間 2. 58 kcal 階段昇降 1分間 5. 28 kcal 1段 0. 08 kcal 1分間に30段ずつ昇降した場合 事務仕事 1分間 1. 58 kcal 自動車運転 1分間 1. 上記はあくまで参考程度に考えてください。

次の

トラック・レース

自転車 1km

アマチュアなのでバラバラ ピストのギア比は、本来、非常にシビアに検討し決めることですが、アマチュアレースでは1パターンで通す人も多くなります。 ギア板が高価なのと、交換が面倒くさいのが理由です。 以下に競技内容別のギア比目安を書きましたが、かなり狭い範囲で見聞きしたことなので、参考程度に考えてください。 もちろん、どれも脚力で大きく個人差が出ます。 基準は、普段ロードに頻繁に乗っていて、一般大勢のアマチュアにしては良い結果を出そうと考えている人です。 これに加えて、若い人は軽めで、年配の人は重めになる傾向があります。 回転力の差がギア比になって表れます。 普段しっかりとロードに乗っている人なら、これでスプリント、1kmTTと何でも対応できるギア比です。 ただ、重いからといってギアを軽くしても、回転力がなければタイムは変わらないどころか遅くなります。 回転力をつけるにはもちろん軽いギアが有効なのですが、レースでタイムを狙うとなると不利になります。 若い高校生は軽いギアでもすごいタイムを出しますが、大人のアマチュアだとなかなか難しいと思います。 重ければ速くなるわけではありません。 やはり回転力がないとハロンはタイムが出ません。 個人追い抜きは人によりけりですが、1kmTTより前ギアを1つか2つほど小さくするのが一般的かと思います。 スクラッチやポイントレースは、1kmTTと同じ人もいれば、個人追い抜きよりさらに軽い人もいます。 集団系レースは軽すぎると逆につらい 競輪やスクラッチ、ポイントレースなど大勢で走るレースは、自分が集団内にいると空気抵抗が少ないためギアが軽く感じます。 長距離だからといって軽くし過ぎると、ペダルの踏み応えがスカスカになってスピードの変化についていけなくなります。 競輪は、時速50kmあたりまで先導車を風除けに列になって走るため、スプリントのギア比より重くします。 前1枚くらいの人もいれば、かなり重くする人もいます。 脚質や作戦にもよります。 基本的に1kmTTやスプリントのギア比を中心に、個人の長距離は軽め、競輪を除く集団レースは軽め、競輪は重めだと思います。 【Yahoo! オークションで検索】 【Yahoo! ショッピングで検索】 【海外自転車通販「Wiggle」で検索】 【海外自転車通販「CRC」で検索】 カテゴリ:.

次の