リンクアンドパートナー。 電話番号0354689902の詳細情報「株式会社 リンクアンドパートナーズ」

電話番号0354689902の詳細情報「株式会社 リンクアンドパートナーズ」

リンクアンドパートナー

ゼネラルリンクには大きな夢があります 会社の夢、それは「1000年続く社会機関を創る」ことです。 1000年続く社会機関とは、これからの新しい時代の中に生きる、新しい組織や人の集まりの形。 時代の変化に対応し、ひとりひとりが輝く夢を持ちながら、質の高いサービスや価値を提供する街です。 この大きく壮大な夢を目指してゼネラルリンクは進んでいます。 みんなにも共有・理解してもらいつつも、それとは別に、みんなの夢も大切にしてほしいと思います。 夢は、将来自分がなりたいものとは限りません。 「新しい事業をつくりたい」「こんな活動をしたい」など何でも良いです。 その夢を大切にすることが、会社の大きな夢の実現に繋がります。 目的地だけじゃなく、ともに歩む道も大切です 大きな夢を達成するには、みんなが同じ目的地を目指して進むことが大切です。 しかし、その場所へ辿り着くための道はいろいろあります。 左に行くか、右に行くか。 それともまっすぐ進むのか。 道のりはそれぞれの夢によって異なっても、目的地が同じであればいいのです。 そのなかで、会社が進む道とみんなの歩く道が1本でも多く重なるほど、経験や成長機会が増え、共に会社も成長します。 これから会社は、大きく成長するタイミングです。 多くの仲間と道を共有し、これまで以上に大きな成長を目指します。 ひとりひとりの夢のエネルギーが、大きな夢へ繋がります わたしたちは夢を大切にしているからこそ、社員が夢を生み育むことができるような、環境づくりや文化活動を推進しています。 カンボジアプロジェクトや部活動、ゼネラルバーなどもそのひとつです。 これらは、コミュニケーション活性化や、各々の知見を深めるためだけではなく、その先には「夢を持ってほしい」という願いがあります。 会社が抱く大きな夢を叶えるには、歩む道は果てしないですが、社員ひとりひとりの「夢」があれば、その道を歩み続けることができ、また、大きな夢へのエネルギーとなります。 ぜひ、一緒に1000年続く社会機関を目指し、歩んでいきましょう。

次の

アドバンテッジパートナーズ、やる気スイッチ運営会社を買収し、上場を目指す

リンクアンドパートナー

ゼネラルリンクには大きな夢があります 会社の夢、それは「1000年続く社会機関を創る」ことです。 1000年続く社会機関とは、これからの新しい時代の中に生きる、新しい組織や人の集まりの形。 時代の変化に対応し、ひとりひとりが輝く夢を持ちながら、質の高いサービスや価値を提供する街です。 この大きく壮大な夢を目指してゼネラルリンクは進んでいます。 みんなにも共有・理解してもらいつつも、それとは別に、みんなの夢も大切にしてほしいと思います。 夢は、将来自分がなりたいものとは限りません。 「新しい事業をつくりたい」「こんな活動をしたい」など何でも良いです。 その夢を大切にすることが、会社の大きな夢の実現に繋がります。 目的地だけじゃなく、ともに歩む道も大切です 大きな夢を達成するには、みんなが同じ目的地を目指して進むことが大切です。 しかし、その場所へ辿り着くための道はいろいろあります。 左に行くか、右に行くか。 それともまっすぐ進むのか。 道のりはそれぞれの夢によって異なっても、目的地が同じであればいいのです。 そのなかで、会社が進む道とみんなの歩く道が1本でも多く重なるほど、経験や成長機会が増え、共に会社も成長します。 これから会社は、大きく成長するタイミングです。 多くの仲間と道を共有し、これまで以上に大きな成長を目指します。 ひとりひとりの夢のエネルギーが、大きな夢へ繋がります わたしたちは夢を大切にしているからこそ、社員が夢を生み育むことができるような、環境づくりや文化活動を推進しています。 カンボジアプロジェクトや部活動、ゼネラルバーなどもそのひとつです。 これらは、コミュニケーション活性化や、各々の知見を深めるためだけではなく、その先には「夢を持ってほしい」という願いがあります。 会社が抱く大きな夢を叶えるには、歩む道は果てしないですが、社員ひとりひとりの「夢」があれば、その道を歩み続けることができ、また、大きな夢へのエネルギーとなります。 ぜひ、一緒に1000年続く社会機関を目指し、歩んでいきましょう。

次の

ランニングコストなしで始められる、完全成果報酬型 WEBブランディングサービス

リンクアンドパートナー

回答者 3. 5 配置される部署によって、差はあると思います。 営業からバックオフィスに異動しましたが、どちらも業務を調整し、連続休暇取得する事は可能でした。 大企業の部類に入る従業員規模に成長したのもあり、人材リソースは潤沢過ぎではなかろうかと、感じることが、ありました。 20日分は、翌年繰越可能で最大50日計算となり、完全消化する方が難しいと嘆く同僚が多かったです。 在籍当時自分は、毎年20〜30日消化が平均 離職する年に、49日消化しました。 働き方改革の影響もあり、さらに取得しやすい環境かと思います。 回答者 4. 0 吉田秀雄社長は、満州でのアジア初のラジオ広告放送を目の当たりにし、終戦直後の1946年、電通の経営方針に「商業放送の推進」を掲げ、商業放送の中心に広告を据え、その未来を描かれました。 その際、吉田社長は、放送の時代にふさわしく、経営層・社員の「人材の入れ替え」も大胆に行っています。 今、イノベーター層がすでに体験し始めている「トークンエコノミー」、ここにこそ、かつての商業放送の推進に並ぶような大きな可能性があります。 今こそ、電通の経営方針に「トークンエコノミーの推進」を掲げ、そこで広告が輝ける未来に投資をするとともに、経営層と社員層の「人材の入れ替え」を行って、輝かしい真の「電通」を再興していただきたい。

次の