大和証券 connect。 尼崎支店 塚口営業所

大和証券グループの新しいスマホ完結 資産運用サービス CONNECT_7/1提供開始、ポイント運用や優待評価もOK | ガジェット通信 GetNews

大和証券 connect

2020年7月よりサービスを開始する株式会社CONNECTは大和証券グループが生み出す新しい証券会社の形として、1株単位の取引を主体に、主にデジタルネイティブ世代に向けた金融サービスをスマートフォンで展開しています。 期的に「つづける」ことを応援する金融サービスの提供を目指しています。 ミンカブの持つ株式情報の収集技術と豊富な検証データを背景にした情報サービスを、CONNECTの金融サービスに組み合わせることで、網羅性、正確性、速報性を兼ね備えたサービスを実現し、個人投資家の取引機会を創出いたします。 ・「MINKABU テーマ別銘柄ソリューション」 国内株式・米国株式を横断し、「IoT」や「セルフレジ」「化粧品」など、幅広い投資テーマに基づいて投資銘柄を検索することが可能。 さらにテーマ内においても株価への感応度や寄与度をAIが判断し、数値化することで投資判断をサポートします。 ・「MINKABU キーワードソリューション」 銘柄コード・銘柄名だけではなく、その企業が保有するブランド名や商品名、グループ社名に関係するワードからも柔軟かつ高度な検索を実現します。 ・「MINKABU 株価分析ソリューション」 独自のアルゴリズムによる理論株価、アナリストのコンセンサス、個人投資家の予想を基に株価分析結果を提供します。 ・「MINKABU 株主優待データソリューション」 株主優待実施企業データを独自に収集し、さらに株主優待検索機能や株主優待を数値化した優待利回りなど、豊富なコンテンツを提供いたします。 PR ミンカブは、これからも「みんなの株式」をはじめとする投資家向け各メディアと、法人向けソリューションサービスを通して、多くの投資家の皆様に資する情報を生成し、その情報をお届けすることで、金融市場の発展に寄与してまいります。 また、ユーザーの投稿や閲覧のデータを集約して利用するクラウドインプットの仕組みとビッグデータを解析し瞬時にコンテンツを生成するAIを活用しながら、一般投資家のみならず金融機関向けにもソリューションパッケージとして情報の提供を行っています。 金融情報カバレッジの拡充・中期的グループ成長体制の構築を目指し、2019年12月にREIT情報ベンダーProp Tech plus株式会社を連結子会社化、2020年6月には投資信託に特化したSaaS型情報ベンダーロボット投信株式会社を連結子会社化いたしました。 社名 : 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド PR FX比較. tokyo: クレカ比較. tokyo: Japan REIT. 社名 : 株式会社CONNECT 所在地 : 東京都中央区京橋1丁目2番1号 設立 : 2019年4月1日 代表取締役社長 : 大槻 竜児 PR.

次の

大和証券グループのCONNECT、酒田五法が学べるゲームアプリ『大儲け!ギャルがカブでのランゲーム!? ~ 私とオバケと、ときどきゴリラ ~』をリリース

大和証券 connect

2日目以降も、「漫才のDENDO」、「博多屋台喜劇3部作 じぎょう浜一座、博多おっしょいズ、九州新喜劇 」など、劇場のオープンを記念したイベントを開催していく予定なのだとか! 当面の間はコロナウイルス感染予防対策として、客席数の販売は221席の販売となることも発表されました。 併せてオンラインチケットよしもとでご購入いただけるインターネットライブ配信(有料)も実施していくとのこと。 詳細はオンラインチケットよしもとの公式サイトでご確認くださいね。 なお吉本興業は、同劇場での新型コロナウイルス感染予防対策について、今後も状況をみながら柔軟に判断し、お客様に安心して劇場にお越しいただけるよう努力していくとしています。 ・お客様のソーシャルディスタンスの確保、手指消毒をお願い致します。 ・お客様情報登録、検温をお願い致します。 (BOSS E・ZO FUKUOKA入館時に実施します) ・ご入場、ご観劇、ご退場時はマスク着用をお願い致します。 ・劇場内は飲食不可となっております。 ・全公演、感染予防対策公演となります。 チケットご購入前に劇場公式サイト、または劇場スタッフにご確認ください。 外部サイト.

次の

福岡によしもと新劇場! 福岡PayPayドーム敷地内に13館目の常設直営劇場オープン

大和証券 connect

大和証券系の新しい証券会社、大和CONNECTですが、口座開設の受付が開始されているようです。 ただ、ほとんど話題にもなっておらず、ネット証券としての機能は限定的で、どうもこの取組が大和の思惑どおりに進むとは思いにくいです。 若い人がどんどん使うとも思いにくい。 総合的に考えるなら、楽天とかSBIの総合ネット証券の方がよほどよいかと思います。 まあ、若い人とか投資経験の浅い人ということなんだろうけど、想定しているターゲットも見えにくいです。 全般的には中途半端感があり、野村が撤退したジョインベスト証券のようにならないか、発足当初から不安感があります。 単元未満株式については、に掲載されていますが、リアルタイムで取引できます。 これはいいですね。 他社にないです。 が、固定的売買手数料ではなく、リアルタイムの株価の0. これは多分安くはない。 場合によっては利用する意味はあるかもしれませんが、積極的に利用しようと思えるほどでもないです。 ここの使い方は、私の場合で考えられるのは、家族に口座を開設してもらつて、優待クロスの家族名義での現物取得に利用するというぐらいです。 10回以内なら手数料はかからないということですから、低コストでの現物株保有の一つの方法にはなります。 うちの場合、娘二人は大和に口座はありますが、それ以外はなく、優待クロスは夫婦分のみでしか使っていませんので。 それ以外はとりあえず積極的に利用する意味が見出しにくいです。

次の