海外 ドラマ。 海外ドラマ歴代おすすめ絶賛人気ランキング81高評価名作だらけ

【2020】歴代海外ドラマおすすめランキングTOP67 最新の面白い作品から名作まで

海外 ドラマ

プリズンブレイク プリズンブレイクは、海外ドラマを観始めたキッカケになってる方も多いのではないでしょうか?男友達に、面白い海外ドラマ教えてって言われたら間違いなく最初に紹介する作品ですね。 刑務所には絶対に入りたくないけど、何故かカッコイイと思ってしまいますよね(笑)毎回、最終回なのかってぐらいドキドキする展開も最高すぎますね。 脚本家の人の発想力にも脱帽です。 シーズンが進むにつれて、イマイチになったと言われる方が多かったですが、個人的にはシーズン3とシーズン4のような展開も全然アリだと思っています。 タイトルに、プリズンと入ってるだけに刑務所からの脱走していないと不満に思っている視聴者さんは意外と、多かったですよね。 別に脱走に限定的にならなくてもいいですよね(汗)シーズン4のみんなで立ち向かって行く展開もいいですけどね。 トランスポーター トランスポーターは何でも運ぶプロの運び屋を主人公にしたカーアクション映画です。 愛車はドイツのアウディA8でこれがまたセダンなんですけどめちゃくちゃかっこいいんです。 そのアウディで高額の報酬をもらうかわりに時間厳守でどんな物でも運び届けます。 主人公は自分ルールを決めており依頼人の名前を聞かない、契約厳守、依頼品を見ないとゆうことをしています。 主人公は特殊部隊に5年におりいろんな格闘術をもっています。 ドライビングテクニックもめちゃめちゃすごいです。 それでいて主人公はいつもスーツを着ててクールでよりいっそうかっこいいです。 依頼を受けてやばい物を運ぶようにいわれて運んでいるときにカーチェイスになり命を狙われることが多いです。 格闘シーンもよくありますが主人公はめちゃめちゃ強いです。 鍛えぬかれた肉体で格闘するのですが、服を脱ぐときにネクタイを緩めるんですがそのシーンがすごいかっこいいのです。 とにかく強いです。 女性に対してもクールでどこまでも紳士でかっこいいです。 スピード感のあるドラマで見てて飽きませんし、見たあとにスッキリします。 人気があり、レンタルで借りようとしてもいつもいくつかは借りられています。 見たことない人もぜひ一回は見て見た方がいいと思います。 すごいオススメの海外ドラマです。 出来れば字幕で見てよりリアルな海外ドラマで見てほしいです。 ウォーキングデッド もともとホラー系のドラマや映画が好きで、その中でもゾンビ映画が大好きでいろいろな作品を観てきました。 ウォーキングデッドはゾンビ映画の良い所がギュッと凝縮された海外ドラマとなっていて、その世界観にどっぷりとハマってしまいました。 ウォーキングデッドは簡単に言ってしまうと、ゾンビが溢れかえる世界で必死で生きていくというストーリーですが、ただ単にゾンビから逃げて生き抜くのではなく、さまざまな人間模様が描かれているのが最大の魅力だと思います。 食べ物が不足した世界では物資を奪おうとする悪い人も当然でてきます。 そんな中で主人公のリック率いる仲間たちが、生きるために協力し合い戦う物語は観ている方も自然とドラマの世界に引き込まれていきます。 ウォーキングデッドの中で1番お気に入りのシリーズはシーズン4の刑務所を拠点としている時の話です。 強烈な悪役キャラの総督との戦いも一旦終わり、穏やかな生活に戻りつつあったところでの疫病の発生は観ている側もハラハラとした内容になっています。 普通の世界では直ぐに治る病気でも、ゾンビの世界では生死に関わるという恐ろしさや、仲間同士の信頼関係など上手く描かれていてシーズン4はとても面白かったです。 ウォーキングデッドで1番好きなキャラはダリルです。 シーズン1から観ている人たちの中ではダリルファンも多いでしょう。 最初の頃は暴力的で誰も信用できないという感じで孤立していましたが、リックと出会い徐々に仲間を大切にする頼りがいのある存在に変わっていくところが良いです。 今後のダリルの物語にも期待しています。 ダウントンアビー このドラマは、今から100年ほど前の英国貴族と、貴族に使える使用人たちを描いたドラマです。 シーズン1〜6まであり、人気の高い作品です。 魅力のひとつは、美しい城と庭園、そして衣装です。 本物のイギリスの貴族のお城でロケをし、徹底した時代考証をし、時代を反映した衣装を手作りしているので、目の保養になる事はたしかです。 物語は主人公のひとりである、伯爵の娘・メアリーの婚約者が、タイタニック号で亡くなるところから始まります。 タイタニックと聞いて、おおよその時代背景は想像できるかと思います。 婚約者が亡くなったため、メアリーは新たな結婚相手を見つけることになるのですが、当時の英国では、伯爵の長女は相続をすることができず、限嗣相続という、血族の男子のみに継承されることになっていました。 本当は亡くなった婚約者が次の伯爵となる予定でしたが、今度の次期伯爵を探してみると、なんと貴族ではない、弁護士をしている男性でした。 現代で考えると、弁護士と言うのは立派な職業ですが、当時の貴族社会では、職業を持つこと自体、考えられない事でした。 伝統的な伯爵一家と、次の伯爵となる平民との交流がここから始まります。 さて、この伯爵家には3人の娘がいます。 長女メアリー、次女イーディス、三女シビルです。 メアリーとイーディスはなにかと反目しあい、非常に険悪な仲です。 時にはとんでもない事件を起こしてしまいますが、視聴者はこのふたりのピリピリとした雰囲気を楽しめるでしょう。 ロマンスもサスペンスも楽しめるダウントンアビーは、ここ数年で私の中のイチオシのドラマです。 スパルタカス 現在では海外ドラマの数が多いので非常に悩むことになります。 しかしインターネットで評価の高い海外ドラマには名作もあります。 個人的に好きな海外ドラマは『スパルタカス』という作品で、全ての面で優れた内容だと思います。 この海外ドラマは過激な印象が強いので、基本的には大人たちが楽しむ作品です。 しかし作品の世界観に触れることができれば確実に興奮します。 私は古代の世界を舞台にしたドラマや映画を頻繁に見ます。 そこには過去の名作も数多く含まれているのです。 そして『スパルタカス』は現代の中で生み出された傑作だと思っています。 この海外ドラマが面白い理由は過激な演出にあります。 例えば登場人物たちが容赦なく悲劇を経験する部分は面白いです。 特に主人公は大切な恋人や仲間を失うので共感できます。 そしてこの海外ドラマは過剰な演出も素晴らしいと思います。 具体的にはスローモーションを多用したモダンな映像美が魅力的です。 また戦闘シーンでは鍛え抜かれた俳優たちの演技も楽しめます。 こういった要素の他にもドラマチックなストーリーが魅力的だと感じます。 このドラマには盛り上がる部分が非常に多いので、まさに時間を忘れるような感覚を覚えます。 そして話の密度も濃いので見る価値があります。 私は『スパルタカス』という海外ドラマを男性に見て欲しいと思います。 特に刺激が足りないと思う男性にはこの作品がお勧めです。 その他にもヨーロッパの歴史が好きだという人間にも面白い要素があります。 フレンズ ニューヨークを舞台にしたフレンズが大好きです。 登場人物全員に個性があり、ポジティブなストーリーは何度見てもあきません。 時代を超え多くの人から愛される作品だと思います。 レイチェルとロスがフォーカスされた構成ではありますが、シーズンごとにフィービーやモニカの恋愛模様もとても面白く描かれています。 ブラピやブルースウィルス、ショーンペンなどの豪華大物ゲストの出演もあり飽きません。 特に好きなシーンは、ユダヤ教徒であるロスが息子のベンにハヌカーを教えるシーンで、本当はレンタル衣装屋でサンタの服を借りようとしたけれど、既になくロスはアルマジロの着ぐるみを借りてベンの前に現れました。 ベンやチャンドラーから奇妙な目つきで見られ亀男と呼ばれてしまいます。 セリフがなくてもこのシーンを見るだけで何度も爆笑してしまいます。 レイチェルとジョーイの交際に嫉妬したロスが自宅でお祝いパーティーを提案し、料理を出したり変なテンションでパーティーを楽しむロスがとても面白いです。 メキシコ料理のファフィータを作り、キッチンからロスは鍋つかみなしでファフィータを持ってきます。 とても熱いと言いながら平気な顔で鍋を持ってきます。 鍋つかみがないことをレイチェルに言われても笑っているロスがとてもコミカルに描かれていて爆笑してしまいます。 またレイチェルとロスの間にできた赤ちゃんエマを笑わすために二人でのりのりでラップを歌うシーンも面白いです。 デスパレートな妻たち デスパレートな妻たちが好きです。 好きなキャストは、主要キャスト全てです。 ウィステリア通りに住む主婦たちのドタバタサスペンス、コメディ要素を多く含む話で、主要キャストはスーザン、リネット、ブリー、ガブリエルです。 その他にも豪華キャストで様々な出演者がいるのですが、何が面白いかというと主婦目線で様々な話が進んでいくので、女性の持っている嫌な部分や弱い部分、コミカルな部分が余すところなく表現されています。 殺人事件などが起こるサスペンス的要素もあるのですが、とにかく常にコメディ要素や洒落が効いた部分があり、ファッションや文化的な要素も盛り込まれています。 ウィステリア通りは比較的裕福な家庭が多く、アメリカの生活にあこがれている方が見ても楽しめると思います。 衣食住すべてが日本と異なりますし、主要キャスト四人の全てに共感できると思います。 一応キャストの中でも主役扱いなのはスーザンで、おっちょこちょいでちょっと空気が読めないけど憎めないのが特徴です。 私は個人的にはスーザン以外の三人が好きです。 ブリーは完璧すぎる位完璧な主婦で、上品で知的なところが魅力です。 リネットは、子供がたくさんいる女性なら誰でも共感できる部分がたくさんあり、子育てや仕事も頑張りつつ、女性らしさも 失いたくないという葛藤が良く描かれています。 ガブリエルはもとモデルで、打算的なのですが可愛くて憎めないところがある、魅力的なキャラクターです。 四人が繰り広げるドタバタサスペンスは、誰が見ても楽しめると思います。 オースティンアンドアリーズ ディズニーチャンネルで放送されているドラマです。 オースティンというある意味リア充そのもののボーカルの男の子と、内気で人前にでることなんて考えられないけれど抜群の作曲作詞能力のあるアリーという女の子という正反対の二人が出会い、コンビを組みます。 曲は作れないけれどパフォーマンス能力の高いオースティンと、いい曲は作れるけれど歌えないアリーはお互いの欠点を補いつつ最高の音楽コンビに成長していきます。 アリーの親友のバイトを転々としているトリッシュやオースティンの親友のちょっとおタクで映画監督希望のデズなど味のあるキャラクターに囲まれたシチュエーションコメディです。 音楽のコンビをくんでいるわけなのでエピソードごとにアメリカンポップスの王道をいくようなさまざまな曲が披露されてそれもまた楽しいです。 最初はyoutubeなどのインターネットの動画投稿から徐々にメジャーデビュにシフトしていくあたり今の世の中を感じさせます。 クリエイティブな人々にとってはインターネット環境ってチャンスのかたまりだよな〜とおもいました。 アメリカンな学生生活もたのしそうですし、オースティンを演じているアメリカの本物のアイドルのロスリンチがとにかくかっこよくて可愛いです。 アリーを演じているローラマラノもキュートで明るい気持ちになりたいときにはぴったりのドラマでした。 恋、歌、成功、友情と盛りだくさんでとても楽しめます。 フィアー・ザ・ウォーキングデッド 『ウォーキングデッド』のスピンオフ作品でウォーカーが蔓延する前日譚となっている。 主人公は進路指導カウンセラーのマディソン。 シングルマザーで家族内に問題を抱えているが何とか家族をまとめようと頑張っている。 前日譚なのでウォーカーより人間の方が多いので軍や政府は機能していてウォーカーを掃討したり閉じ込めたりしている。 しかし各地で暴動や略奪が始まり都市部は壊滅状態に陥る。 だんだんと荒廃していく世界でマディソン一家はどう生き延びていくのか? 本編とはまた違った視点で観れるので面白いです。 そして本編と同じくウォーカーが蔓延した原因は今のところ謎 笑 まだ世界が崩壊しきっていないので、こちらでは是非原因を突き止めてほしいです。 LOST シドニー発ロサンゼルス行きのオーシャニック815便が南太平洋の島に墜落してしまいます。 生存者は48人! すぐに救助隊がくるであろうと楽観視していたものの救助隊は現れず島では夜になると怪現象が起きたり、ジャングルには何故か北極熊が生息している 笑 生存者の中の一部の人物にスポットを当ててストーリーは進んで行く。 外科医のジャックや詐欺師のソーヤー、殺人犯で護送中のケイト…様々な過去を持つ人物達が島でどう生き延びるのか? そして、この島…ただの島ではございません! 色々と秘密があり、それを解き明かしていくところが見所! 宗教的なテーマが多いので、そちらも調べてから観てみると、より深く面白い作品として楽しめます! 今までに面白いと思った海外ドラマ 21-30 24TWENTY FOUR これも皆さんご存知ですよね!凄く話題になった『24TWENTY FOUR』です。 日本ではレンタルビデオによって人気が爆発。 アメリカの連邦機関CTUロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーがテロリストと戦う様を描いた海外ドラマ。 この作品の特徴は1話1時間、24話構成となっている。 24時間で全てを解決するので非常にテンポが速く、かつ複雑にストーリーが進行していく。 1シーズン毎にジャックがCTUを休職しては復帰、もしくは何処かに逃亡しているが無理矢理事件に巻き込まれるのは彼が頼られているのか、はたまた不運なのか…と 笑 ジャックが主人公の『24』は色々とやりきったのか『24レガシー』というタイトルで主人公がエリックに変わり新作が制作されているので、こちらも注目です! キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き タイトルの付け方が弱冠古いな〜と思っていたら意外にもシーズン8は2016年制作でした 笑 ミステリー作家のリック・キャッスルは書く小説が必ず売れる人気作家。 その彼の小説を模倣した殺人事件が起きます。 事件についてリックに事情聴取にきたニューヨーク市警の刑事ケイト・ベケットに出会い暇を持て余した彼は事件解決のため…と協力を申し出る。 それ以降も『相談役』といって無理矢理ケイト達の捜査に参加してシーズン8までやってきました 笑 シーズン9も制作予定でしたがキャンセルされて8がファイナルシーズンとなっています。 人気があるのにキャンセルとは大人の事情でしょうか? 笑 グリー オハイオ州ライマにあるウィリアム・マッキンリー高校のグリークラブ 合唱部 が舞台となっている。 このグリークラブは廃部の危機におちいっていた。 主人公のウィルは同校の卒業生でグリー部のスターだった。 自分が活躍していた時のグリークラブのように栄光を取り戻そうとクラブの顧問となる。 しかし、その道は険しいものだった…部員は少ないし他のクラブからの嫌がらせもあります。 しかし、そんな困難にも負けないでクラブ存続のために州大会の優勝を目指します。

次の

海外ドラマ歴代おすすめ絶賛人気ランキング81高評価名作だらけ

海外 ドラマ

海外ドラマ「ホームカミング」とは?Amazonオリジナル 帰還兵の支援施設をめぐる謎を描いた、ミステリアスなドラマ。 Amazon制作のオリジナル作品です。 かつて、米軍帰還兵をサポートする施設「ホームカミング」で、カウンセラーとして働いていた主人公ハイディ。 現在は、ウェイトレスとして新たな人生を送っていましたが、国防省の監査員がハイディの元を訪れことをきっかけに、過去に隠された恐ろしい真実に気づき始めます。 次第に深まる謎と疑惑。 そして、少しずつ明らかになっていく意外な真相に、驚きの連続。 計算された絶妙なストーリーと、見ごたえあるドラマ性に、目が離せない面白さ。 クオリティの高い、深くハマれる作品です。 できれば、何も知らないで見たほうが、おもしろいと思います。 意外性と驚きを楽しむドラマですね。 今作は、ポッドキャストの同名フィクション番組をベースに、Amazonがオリジナル作品としてドラマ化。 作者のエリ・ホロウィッツとミカ・ブルームバーグは、今作でも脚本を担当しています。 そして、製作総指揮と全10話の監督は、あの「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」のクリエイター、サム・エスメイル。 も~、今回もサム・エスメイル節、炸裂!(笑) 独創的でスタイリッシュでシュールな演出と世界観は健在! 必見です! もし今作でハマった方は、「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」も、ぜひぜひ。 さらにディープでシュールな、おもしろさ!(笑) 「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」の作品概要など、詳しくはこちら。 キャストとしては、 主人公ハイディ・バーグマンに、「マグノリアの花たち」「プリティ・ウーマン」「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツ。 最近では、「オーシャンズ11」でも大活躍。 個人的には、「ノッティングヒルの恋人」が大好き!(笑) 今作では、製作総指揮にも名を連ねています。 そして、国防総省の監査員トーマス・カラスコに、「ボードウォーク・エンパイア」「」のシェー・ウィガム。 ハイディの上司コリンに、「アントマン」「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」でおなじみ、ボビー・カナヴェイル。 ジュリア・ロバーツ、シェー・ウィガム、ボビー・カナヴェイルの3人は、本当に素晴らしかったです! ジュリア・ロバーツは、今作でゴールデングローブ賞をはじめ、数々の賞にノミネートされました。 実力派俳優たちの圧倒的な演技は必見です! また、帰還兵ウォルター・クルーズに、「運命の銃弾」のスティーブン・ジェームズ。 帰還兵シュライヤに、「シェイムレス 俺たちに恥はない」のジェレミー・アレン・ホワイト。 施設の従業員クレイグに、「Girls/ガールズ」アレックス・カルポスキー。 ハイディの恋人アンソニー役を演じるのは、「シェイムレス 俺たちに恥はない」「ピュア・ジーニアス ハイテク医療の革命児」のダーモット・マローニー。 ・・・なんですけど。 映画「ベスト・フレンズ・ウェディング」では、主演のジュリア・ロバーツの相手役マイケルを演じていました。 二人のシーンは、かつて映画を見た人は、ちょっと複雑な思いかもしれませんね。 また「え?そうなの?知らない」「どこかで見た感じしてた」「そうだっけ?覚えてない」という人も多いかと思いますが・・・。 その感覚。 まさに、このドラマの内容。 ・・・サム・エスメイル、そういうとこ姑息。 (笑) さらに。 ハイディの母エレンには、大ベテランのシシー・スペイセク。 「キャリー」「歌え! ロレッタ愛のために」「ロンリー・ハート」などなど、数多くの映画作品で知られ、アカデミー賞だけでも6度ノミネートされてる、すごい人。 近年では、「ビッグ・ラブ」「BLOODLINE ブラッドライン」「キャッスル・ロック」などのドラマ作品にも出演しています。 今作では、出番こそ少ないですが、存在感はさすがでしたね。 制作者からキャストまで、実力者とクセ者(笑)がそろった今作。 注目です! ドラマ「ホームカミング」は、Amazonオリジナルドラマで、現在シーズン2まで配信されています。 シーズン1は、2018年制作。 各話30分程度の全10話です。 各話が短いので見やすいですが・・・濃いです。 (笑) なお、第10話の最後の最後に、おまけがあります。 お見逃しなく。 現在、Amazonプライム・ビデオで、シーズン2まで配信中です。 (紹介している作品は、2019年2月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はAmazon公式ホームページにてご確認ください。 ) Amazonmプライム・ビデオ公式サイトは、こちら。 くれぐれも、ご注意ください。 このドラマは、何も知らないで見たほうが楽しめると思います。 「ホームカミング」あらすじ 時は2018年4月10日。 米軍帰還兵の社会復帰を支援する、帰国移行支援センター「ホームカミング」に、若い兵士ウォルター・クルーズがやってきます。 担当のカウンセラーは、ハイディ・バーグマン。 ハイディとウォルターは、カウンセリング通じて心を通わせていくのですが・・・。 それから4年後。 施設を辞めたハイディは、母エレンと同居しながら、ウェイトレスとして新たな人生を送っていました。 そこに、施設へ寄せられた苦情を調査するため、国防省の監査員トーマス・カラスコがやってきます。 施設での出来事や、辞職した理由を聞かれるハイディでしたが・・・。 それが、きっかけとなり、過去に隠された恐ろしい真実に気づき始めます。 支援センター「ホームカミング」で何があったのか? すべてが繋がった時、予想もしなかった驚くべき真相が明らかになるのでした。 ・・・というようなストーリーです。 くれぐれも、ご注意ください。 計算されたストーリーと演出と演技に驚愕!としか書けない秀作ドラマ! 見終えた後は、深い余韻に浸りながら、ただただ、面白かった!スゴかった! それだけ。 これは、全話を見ないと味わえないと思います。 監督サム・エスメイルの演出は、今回もキレッキレ! ワールド大爆発!(笑) シンメトリー(左右対称)や俯瞰(真上から見た図)、ドローンや長回しを多様した、不思議で不穏な世界観。 無機質で冷たくて。 リアルなんだけど、現実味のないシュールさ。 そして、あの縦長の構図。 相変わらず、クセが強すぎるぜ(笑)・・・と、思いきや。 それだけで終わらず。 あまり意味を感じなかった、施設内の風景映像でさえ、実は・・・という驚き。 「ストーリーでビビるかもしれないけど、映像演出で、もっとビビらせてやるからねっ!」という感じですかね。 (笑) 全話、エンドロールまで気が抜けない、さすがの演出! 期待以上でした。 ・・・これ、普通の監督が、普通に演出していたら、わかりやすいかもしれないけど、こうも驚いたり、見入ったりはしなかった気がしますね。 シナリオも、素晴らしかったと思います。 序盤から、じわりじわりと深まっていく謎。 その中で描かれていく人間性も、ドラマとしては、すごく見ごたえがあって、よかったです。 ・・・ライジング。 (笑) 映画ネタも多めで、楽しかったですね。 ・・・なんですが。 意外と、決定的にドキドキハラハラするような大事件って、さほどなくて。 正直、中盤あたりは、やや刺激に欠け、停滞気味に感じましたね。 ハイディとウォルターの関係とか、上司コリンとの電話で少しずつ明らかになることとか、それはそれで面白かったんですけど。 ドラマ性を深く描くのが中心で、セリフも多め。 ドライブ旅行のエピソードとか、ちょっと長かったかなあ。 やはり、サム・エスメイルのオリジナルストーリーではないし、脚本家も違うので、映像演出はスゴいけど、こんなものかな? というのが、正直な気持ち。 各話30分程度と短いですが、もしかしたら、途中で飽きちゃう人もいるかもしれませんね。 でも! だが! しかし! 甘かったです!私!(笑) やっぱり、それで終わるわけはなかった! 終盤に差し掛かる第7話からは、もう一気にスイッチオン!(笑) 怒涛の展開! 結局、それまでのものは前フリ。 それが意外すぎる形で、次々と繋がっていって驚愕の連続! え!?それも!?あれも!?おおお! 現在のホームカミングで繰り広げられるエピソードは、演出も素晴らしくて、緊張感も満点! スピード感があってドキドキ! そして、明らかになる真相。 施設での最後の日に、ハイディに何があったのか? 見ごたえありましたね。 ドラマ性としても、あの第7話冒頭のウォルターのサッパリとした表情が、恐ろしい。 ぞぞぞ・・・。 ハイディの苦悩はもちろんですが、監査員トーマス・カラスコの葛藤も、すごくよかったです! さらに、すべての謎が解けて・・・だけでは、終わらず。 最後まで、人間ドラマとして、しっかりと描いていて。 ハイディと母親とのシーンや、トロッターさんのエピソード、そして最後の最後・・・。 見終えた後は、深い余韻。 色々と考えさせられるものも多かったです。 結局、全10話、というよりも、5時間くらいの長編映画を10分割したような構成だったと思います。 7・8・9話がクライマックスで、10話が結末、という感じでしょうかね。 キャストの演技も素晴らしかったです。 トーマス・カラスコ役シェー・ウィガムや、上司コリン役ボビー・カナヴェイルも、さすが。 とはいえ、やっぱりジュリア・ロバーツがスゴかった! 大げさではなく、抑え目だけど感情が伝わってくる演技だったと思います。 あの微妙の表情・・・。 さすがでしたね。 シナリオも演出も演技も、すべてが緻密に計算され、少しずつ繋がっていく面白さ。 それが分かった時の驚き。 そして、深い余韻。 クオリティの高い、素晴らしいドラマだと思います。 シーズン2も配信中。 果たして内容は? 個人的には、メチャクチャおもしろかったです! も~、どっぷりハマって堪能! なかなかクセが強くて(笑)乗り切れないと、途中でやめてしまいたくなるかもしれませんが。 ぜひぜひ、最後の最後まで見てほしいですね。 【追記:2020. 22】 シーズン1では、一応、最終話できれいに終わっていますが。 シーズン2も制作されています。 ただ、まったく新しい物語で、ジュリア・ロバーツは出演していません。 (製作総指揮として参加) 果たして、今度はどんなストーリー展開になるのか? シーズン2にも、期待したいと思います。

次の

海外ドラマ

海外 ドラマ

com ALL RIGHTS RESERVED ゾンビ海外ドラマおすすめ人気ランキング いつも普通のランキングばかりなので今回はちょっと風変わりなゾンビ海外ランキングをお届けします。 需要あまりなさそうだけど・・・・・。 私はあまり好みではないのですが! もうめちゃくちゃ怖いダークで本格的なゾンビ・ホラー・スリラードラマという感じなので本当にダークなゾンビドラマをお求めの方におすすめします。 あまりに人気だったことからこれをアメリカも作り、アメリカ版の海外ドラマTHE RETURNED もありますが、シーズン1だけで打ち切られてしまいました。 ゾンビ海外ドラマ 9位 よみがえり~レザレクション ABC *普通の世界にて死者が突然蘇って・・・・ミステリー系ゾンビドラマ ゾンビと闘うとかではなく、死んでしまった愛する者達が突如蘇り、家族と感動の再会を果たし・・というところから始まります。 調べてみたら私があまりはまれなくなった頃からやはり視聴率がぐんぐん落ちていたようです。 com ALL RIGHTS RESERVED ゾンビ海外ドラマ 8位 死霊のはらわたリターンズ あの死霊のはらわたのテレビシリーズ化(しかも主演は映画版とおなじ!!)で、シーズン3まで放送されましたが無念にも打ち切られてしまった面白すぎるめちゃくちゃグロイ、ギャグホラー系海外ドラマ。 展開はシリアスなんだけど、超コメディタッチなので笑えて怖くない!でもグロすぎて笑えない時もある・・ ハラハラ衝撃展開やグロさを楽しみつつも、笑えるドラマをお求めの方におすすめ! ゾンビメインのドラマというわけではないんですが、死者がよく蘇るゾンビ状態な何かがよく登場しますし、実際ゾンビドラマおすすめランキングでは英語圏の記事でよく名前が挙げられるのでこのランキングでも入れてみました。 ゾンビ海外ドラマ 7位 ゾンビアットホーム BBC 多くの賞を受賞している異色のゾンビドラマで、一度はゾンビだった人々が、人間として社会復帰を果たすみたいな内容となっています。 日本にはとっくに上陸しているため、視聴後感動絶賛している方が少なくない良質なドラマでおすすめです! ただ、残念ながら既に打ち切られてしまい、存在が薄くなってきている今日このごろ・・・。 オーストラリアの海外ドラマは初という方でもすんなり入り込める面白さ、衝撃展開にきっと夢中になります。

次の