酸化 銀 化学式。 酸化銀の熱分解の化学反応式の表し方について

中2理科「化学変化」だれでもわかる!化学反応式のつくり方

酸化 銀 化学式

銀と聞くと、白銀色をイメージする人が多いと思いますが、これは銀単体では白銀光沢色ですが、酸化する事で、暗褐色となります。 銀のアクセサリーなどが黒く偏食するのは、この現象がおきているからです。 銀イオンは、他の金属イオンと比較して細菌活性が高く、黄色ブドウ球菌を代表とするグラム陽性菌、大腸菌などに代表されるグラム陰性菌などの幅広い抗菌スペクトルを持っている成分です。 また他の抗菌剤と比較すると、耐性菌が出来ないと言われています。 ただ、銀の抗菌性については、結果として抗菌性を有しているが、そのメカニズムについては、未だに謎であり、諸説があります。 銀イオン説 銀イオンは、生体内に存在する、-SH、-S-、-NH 2、-NH-、-COOHなどに反応しやすく特に-SH、-NH 2、などアミノ酸、システインと共存させると抗菌性が低下する事から、細胞内に存在する酵素の活性を抑制する事で、微生物等の細胞膜を損傷させる事で、抗菌性有していると考えられている。 その理由としては、暗室では酸化銀の抗菌活性は、著しく低下するのに対して、可視光下では、活性が上昇し、SOD 活性酸素失活酵素 やカタラーゼ 過酸化水素水分解酵素 などの生体にある抗酸化酵素が存在すると抗菌活性が抑制される事が判明している。 酸化銀の効果、効能 酸化銀は、生物毒であり、抗菌性の高い成分です。 そのため、抗菌剤、殺菌剤、防腐剤、消臭剤としての働きもあり成分です。 酸化銀の毒性、副作用、安全性 酸化銀は、黄色ぶどう菌などのグラム陽性菌や大腸菌などのグラム陰性菌にとっては、細胞膜を破壊する毒となるが、人体に対しては、安全と言われている成分です。 そのため、100年位前の米国では、牛乳に銀のコインを入れて、殺菌・防腐目的で使用したとの記録が残っています。 また、食中毒を防止するためや、毒物の反応を見るために、中性ヨーロッパでは銀食器を利用していたり、藻類やパクテリアの繁殖を防ぐ目的で、飲料水やワインの保管に銀製のものを使用したり、創傷などに銀箔を貼ったりしたようです。 成分が含まれる製品一覧 成分が含まれるその他の商品一覧.

次の

酸化銀の熱分解の化学反応式の表し方について

酸化 銀 化学式

Key: NDVLTYZPCACLMA-UHFFFAOYSA-N 特性 Ag 2O 231. 具体的には、とアルカリ金属水酸化物等を用いて合成できる。 この反応ではが生成するが、これはすぐに分解して酸化銀 I と水になる。 875 構造と性質 [ ] と同一の結晶構造を持つ。 このために、化学反応によるものを除いてはあらゆる溶媒にほぼ不溶となっていると考えられる。 Ag 2O懸濁液は次のように酸と反応する。 それぞれジアンミン銀 I イオン、ビス チオスルファト 銀 I 酸イオンといったを生じる。 この場合は、硝酸銀とアルカリ水酸化物によって で調製されることが多い。 また、 Ag 4O 4と同様にに用いられる。 微細な電子回路の製造時に導電性材料として銀粉が用いられることがあるが、より粉末化の容易な酸化銀を用いて、加熱することで導電性の銀に変換する手法が開発されている。 脚注 [ ]• Salt Lake Metals. 2014年6月8日閲覧。 1998. Handbook of Chemistry and Physics 87 ed. Boca Raton, FL: CRC Press. 4—83. 1995. Handbook of Inorganic Compounds illustrated ed. CRC Press. 354. 2009. Chemical Principles 6th Ed.. Houghton Mifflin Company. A23. 2014年6月7日閲覧。 Janssen, D. ; Wilson, C. 1963. ; Collective Volume, 4, p. 547• Holleman, A. ; Wiberg, E. "Inorganic Chemistry" Academic Press: San Diego, 2001. Part 30. Acta Chemica Scandinavica 14: 717. monograph 8521• Advanced Inorganic Chemistry 2nd Ed. New York:Interscience. 1042• General Chemistry by , 1970 Dover ed. p703-704• 2015年4月6日閲覧。 , 2015年4月6日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 AgO• Ag 2O 3• アンモニア性硝酸銀水溶液 外部リンク [ ]• Demonstration experiment: Instruction and video• 2O 3• 2O 3• 2O 3• () 2O 3• 2O 3• 2O 3• () 2O 3• 2O 3• 2O 3• 2O 3• () 2O 3• () 2O 3• 2O 3• 2O 3• () 2O 3• 2O 3• 2O 3• 2O 3• () 2O 3• 2O 3• 2O 3• 2O 3• () 4O 6• 2O 3• () 2O 3• () 2O 3• () 2O 3• 2O 3• 2O 3• () 2O 3• () 2O 3• 2O 3• 2O 3• () 2O 3• 2O 3•

次の

【中学2年理科】酸化銀の熱分解のポイント

酸化 銀 化学式

こんにちは。 ぼくは。 中学2年の男子です。 今、理科で、化学反応式とか、化学反応と課に付いて、勉強しているのですが、酸化銀の熱分解のところがいまいちよくわかりませんので、教えていただきたいと思っています。 まだ、イオンとかは習っていません(分解のところだけです)。 酸化銀の化学式は、Ag2Oですよね?これを熱分解したときの化学反応式であらわすと、なぜAg2Oではなく、2Ag2Oになるのでしょうか?授業で、分解したときに、Ag2Oだけだと、O(酸素)が1つで存在できないので、酸化銀の分子をもう1つ持ってきてO2を作るからだ、と先生が言っていました。 僕は、それが理解できません。 2Ag2と、4Agと、Ag4は、全部同じだと思うのですが、これだとだめですか?また、その理由を教えてください。 大変醜くすみませんが、ご回答よろしくお願いします。 中学2年生だということを考慮して、例を出して説明します。 頭に「スーパーのお惣菜パック」を思い浮かべてください。 厳密な説明をするとおそらく理解しきれないでしょうから、今はあなたの疑問を解消するための説明をします。 Ag2O とは「Ag 2個とO 1個がパックになっている」という意味です。 (基本的に、小さな数字は「その直前に書いてある原子」が何個あるのか、を表します) で、前に書いてある大きな数字は「そのパックが何個あるのか」を表すので、あなたの書いてあるように2(Ag2O)という解釈であっているのですよ。 Ag のように別にパックにする必要がないものまで「Ag2」と書く必要はありませんよね。 なぜかというと、Agは1個だけで存在できるものだからです。 こういう金属については、1個だけでも問題なく存在できるのですが H2のように、2個セットじゃないと存在できないものもあるわけです。 蛇足になるのかもしれませんが パックを作らなければならないものについても パックの中身は決まっているのです。 勝手に変えることはできません。 Oについては、「O 2個いり」(このパックを「酸素分子」「酸素ガス」といいます) 「O 3個いり」(このパックを「オゾン分子」と呼びます)は作れますが 「O 4個いり」とか「O 5個いり」というのは決して作れません。 この回答への補足 ご回答ありがとうございます。 せっかくご回答いただいたのですが、いまいちよくわかりませんでした。 【1】 >Agのように別にパックにする必要がないものまで「Ag2」と書く必要はありませんよね。 なぜかというと、Agは1個だけで存在できるものだからです。 >Agは2個いりとか4個いりとかいうパックを作れませんから 4Ag以外の書き方は誤りになるのです。 Agが、1つでも存在できると言う事はわかりました。 1)1つで存在できても、パック? にしてもよいのではないでしょうか? 2)それとも、1つで存在できるものは、絶対にパックにできないと言う決まりがあるのでしょうか? ・・・・・・思ったのですが、銀って、Agがたくさん集まって(パック)できているのですよね?なのであれば、パックにしてもよいのではないしょうか? 【2】 この、補足を書いていながら、少しわかったかもしれません。 次のようなことであっているのでしょうか? >Ag のように別にパックにする必要がないものまで「Ag2」と書く必要はありませんよね。 つまり、『Ag2』は、『2Ag』ということで合ってますね? 大変恐縮に思いますが、ご回答いただきたいと思います。 よろしくお願いします。 1)1つで存在できてもパックにしていいんじゃないの? 2)1つで存在できるものはパックにしてはいけないのか? 今のところは「ダメだ」と理解してください。 それと、銀はたくさん集まっていますがそれはパックになっているわけではありません。 この話をするとややこしいから出来る限りしたくなかったのですが 酸化銀も、別にパックではありませんからね。 酸素ガス O2 これは明確に「Oが2個で1パック」と言えるものなのです。 こういうものを分子といいます。 銀や酸化銀は、ダラダラと際限なくモノが集まっている状態でして 「どこまでで1パック」というのは事実としてはよくわかりません。 でも、それでは考えづらいだろうということで、最小構成単位を「1パック」という風に呼ぶことにしたわけです。 最小構成単位とは、もしその巨大なモノをバラバラにして「すべてが同じモノ」になるように分けたとしたら、それは何であるか?ということです。 これは最小構成単位、という制限がついていますから Ag2 を認めるわけにはいかないのです。 Ag2 はまだAgにわけることができるからです。 Ag2は2Agではありません。 何度も言いますが。 Ag2とは、やはり「銀2個を1パック(1区切り)と呼ぶ」という明確な意図がありますから、「どっちも銀2個あるやんか」という意味で一緒だというのは暴論です。 銀は1個で1区切りにしなければならないものですから、Ag2という書き方は誤りです。 ゆとり時代の教育課程を見ていないので、かなりきつい内容になるかもしれません。 2Ag2,4Ag, Ag4の違いについて、 金属などの場合に「組成式」という化学式で表記する場合があります。 詳細は略しますが、ある順番に、原子記号を並べて、表記する化合物1モルあたりの割合を示す方法です。 このような場合には、金属Mとその結合物Oとすると、「M2O2」というように書き表します。 この書き方が「Ag2O」になります。 反応式で、生成物または原料の分量として、何モルが生成する又は使用するという分量を示す場合があります。 この分量を示す数値が「2Ag2O」のように「Ag2O」の前に書いてある数字です。 原料として2モル必要だから、「2Ag2O」と書くことになります。 金属では「金属化合物」という一連の化合物があるのですが、これは、高校以下では学びません。 だから、ご質問のような疑問点が発生するのです。 「Ag2」と「Ag4」は、Ag2分子が結合した「金属化合物」とAg四分子が結合した「金属化合物」を示します。 O2 酸素分子 とかO3 オゾン分子 のような状態を取っている銀化合物を意味します。 これら金属化合物は、中学校では学びません。 学ぶのは「金属」だけです。 したがって、組成式の書き方、「4Ag」という書き方だけ使います。 A ベストアンサー 以下の3つの事実があります。 1金属は、空気中の酸素と反応し、酸化物になる性質を持つ。 その性質には強い弱いがあり、速やかに反応するものや長時間かけて反応するもの、 何も無ければほぼ反応しないものなどがある。 2化学反応は温度が高いほど速やかに進行する。 つまり、100度温度が上がれば1000~59000倍に、 200度温度が上がれば100万倍~35億倍に早くなる。 過熱すると酸素との化学反応も早くなり、速やかに酸化物へと変化するようになる。 3金属は高温では酸化物ではなく単体でいたほうが安定である。 もちろん金属ごとにその性質の違いがあるが、1と関連して、 常温で速やかに酸素と結びつく=酸素と強く結合する性質のものは超高温を必要とする 逆に常温ではあまり結びつかない=酸素との結合が弱いものは ちょっと過熱した状態でさえ、酸素と結びつくよりも離れていた方が安定になる。 これらの現象が相まっておこります。 ほら、鉄の精錬も高温にして行っているでしょう。 いろいろな理由がありますが、高温ほど単体のほうが安定するというのも理由の一つです。 以下の3つの事実があります。 1金属は、空気中の酸素と反応し、酸化物になる性質を持つ。 その性質には強い弱いがあり、速やかに反応するものや長時間かけて反応するもの、 何も無ければほぼ反応しないものなどがある。 2化学反応は温度が高いほど速やかに進行する。 つまり、100度温度が上がれば1000~59000倍に、 200度温度が上がれば100万倍~35億倍に早くなる。 過熱すると酸素との化学反応も早くなり、速やかに酸化物へと変化するようになる。 wikipedia. wikipedia. ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。 以下の運指は、間違っていませんか? お教え下さいますでしょうか。 ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。 以下の運指は、間違っていませんか? お教え下さいますでしょうか。 炭酸水素ナトリウムは重曹として料理に使っているものです。 水に溶けなければ使うことはできません。 溶けるものの間で比較して炭酸水素ナトリウムの方が溶けにくいといっているのです。 (溶解度の数値で言うと3倍弱の違いです。 ) 酸性とかアルカリ性を考える時の濃度は通常もっと薄いです。 pHという量で酸性とかアルカリ性を表していると言うのは知っておられると思いますが食塩とか炭酸ナトリウムとかの溶解度を考えている濃度よりもかなり薄いです。 水酸化ナトリウムの水溶液はアルカリ性です。 水溶液1Lの中にNaOHが4g溶けている状態でpH=13です。 このpHの値は強いアルカリ性を表しているものです。 でも100g中に0.4g溶けているという数字で考えるとかなり薄いということが分かります。 この程度の濃度で考える限り炭酸ナトリウムも炭酸水素ナトリウムも溶け方に違いはありません。 (炭酸水素ナトリウムは水100gに10gほど溶けます。 ) この程度の濃度で考えていて溶解度がずっと小さければアルカリ性の強さには響いてきます。 (水溶液の混合で沈殿が生じるような化合物の場合と考えていいでしょう。 ) NaOHやCa OH 2と同じような形をした化合物が沢山あります。 たいていの金属はこの形の化合物を作ります。 水に溶けにくいものが多いです。 水に溶けなければ水酸化物イオンOH-がでてきませんからアルカリ性は弱いという事になります。 水酸化物の溶解度と水溶液のアルカリ性の強さは連動しています。 溶解度の大きい水酸化物は周期表の左側2列の中にある金属元素の化合物です。 (それ以外のところにはありません。 ) Mg OH 2は水に溶けにくいです。 弱塩基であると分類しています。 炭酸ナトリウムNa2CO3の水溶液はかなり強い目のアルカリ性になります。 でもCaCO3は水に溶けにくいですから水溶液のアルカリ性は非常に弱いです。 (普通はCaCO3の水溶液を考えるなんてことはしませんね。 でもいくらか溶けているということで言うと水溶液があります。 炭酸水素ナトリウムは重曹として料理に使っているものです。 水に溶けなければ使うことはできません。 溶けるものの間で比較して炭酸水素ナトリウムの方が溶けにくいといっているのです。 (溶解度の数値で言うと3倍弱の違いです。 ) 酸性とかアルカリ性を考える時の濃度は通常もっと薄いです。 pHという量で酸性とかアルカリ性を表していると言うのは知っておられると思いますが食塩とか炭酸ナトリウムとか...

次の