鼠蹊 ヘルニア。 鼠径ヘルニアとは?ー足の付け根に違和感や痛みを生じる疾患

クリニックでヘルニア手術、しかも日帰り!? 草創期から日帰り手術に携わったパイオニア|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

鼠蹊 ヘルニア

受診をご検討されている患者様へ 鼠径ヘルニア(脱腸)の診察から検査・診断までの流れ 鼠径ヘルニア(脱腸)は、ほとんどの場合、太ももの付け根(鼠径部)に「こぶ」や「しこり」といった出っ張りができるため、患者様ご自身で診断することができます。 また、外科医にとって鼠径ヘルニア(脱腸)の診断は通常は難しいものではありませんので、医療機関を受診していただければ鼠径ヘルニア(脱腸)であることは比較的簡単にわかります。 診察室では問診と患部の視診・触診を行います 明らかな出っ張りがある場合は、太ももの付け根(鼠径部)を見たり、触ってみて確認をします。 その時には、息んでお腹に力を入れてもらい、鼠径ヘルニア(脱腸)が出てくるかどうかも確認させていただきます。 その際に医師は「どこから」「どのくらい」「何が出ているのか」を判断しています。 しかし、診察時に明らかな出っ張りが確認されない時には診断がやや困難になります。 その際は、患者様ご本人や周りの方が出っ張りを確認した時の状況をお伺いします。 手術前には採血・心電図・呼吸機能検査を行います 手術前には、採血・心電図・呼吸機能検査(息を吸って吐いて)を行います。 これらは、手術を安全に受けていただく上で必要な検査です(ご年齢や喫煙の有無、病歴で加減することがあります)。 また、鼠径ヘルニア(脱腸)の情報を知るために太ももの付け根(鼠径部)のCT画像を撮影することがあります。 他院でのデータをすでにお持ちの方はお見せください。 CT検査を行う際は提携先のクリニックにて受けていただきます。 CTによる画像診断で、鼠径ヘルニアの種類もわかります 鼠径ヘルニア(脱腸)であることはわかった場合でも、それが「外鼠径ヘルニア」「内鼠径ヘルニア」「大腿ヘルニア」のどのヘルニアなのかをはっきりさせるためには、CT検査は有効です。 鼠径ヘルニア(脱腸)は、種類によっては下記のように「嵌頓(かんとん):腸が飛び出したまま元に戻らなくなった状態」になりやすい鼠径ヘルニアもありますので、事前にCT検査を受けて種類を確定させておくことで、手術の際に万全の準備ができます。 内鼠径ヘルニアは、「嵌頓(かんとん)」することは一般的に少ないと思います• 外鼠径ヘルニアは、男性の方が「嵌頓(かんとん)」する可能性が高い印象です• 大腿ヘルニアの場合、男女ともに「嵌頓(かんとん)」予防の手術をできるだけ早く行うべきと考えます うつ伏せの状態で撮影することで、ほぼ100%正確に診断できます 右の図は、鼠径部のCT画像です。 ヘルニアの分類(外鼠径・内鼠径・大腿型)も可能なため、「嵌頓(かんとん)」のリスクがどの程度かも推測することができます。 あれ?鼠径ヘルニア(脱腸)じゃないの? CT検査を受けることで、違う病気が見つかることも CT検査を受けるもう一つのメリットは、鼠径ヘルニア(脱腸)に間違えられやすい他の病気を診断できることです。 どの病気も太ももの付け根(鼠径部)が腫れるため、患者様ご自身で気づかれて医療機関を受診される場合が多いですが、一般的な外科外来では正しく診断してもらえずに患者さんが困っていることが時折見受けられます。 しかし、CT検査を行い、正しく読影すると診断可能なことも多いのでぜひご相談ください。 CT検査を行う際は提携先のクリニックにて受けていただきます。 鼠径ヘルニア(脱腸)に間違われやすい病気の例• 外性子宮内膜症• 結節腫• Nuck管水腫• 滑膜包炎• リンパ腫• リンパ節炎• 精索脂肪腫• 精巣腫瘍• 停留睾丸• 陰のう水腫• 鼠径ヘルニア(脱腸)の診察から検査・診断までの流れ.

次の

鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)|オリンパス おなかの健康ドットコム

鼠蹊 ヘルニア

【症状】隙間が大きい場合はの症状などを引き起こす 隙間が小さい場合は、ヘルニア部分が膨れている以外は無症状です。 隙間が大きければ、ヘルニア内に小腸などが入り込んでしまい、腸の動きが悪くなっての症状(嘔吐や下痢、便秘、元気や食欲の低下など)を起こし 、ときに腸が絞扼(こうやく:しめつけること)され、ヘルニア部分の色が赤くなったり、熱をもったりします。 この時、ヘルニア部分を押しても元に戻らず、痛がることもあります。 妊娠時やでは、子宮が飛び出すこともあります。 【原因】先天的に起こる場合と事故などによる外傷によって起こる場合がある そけいヘルニアは、先天的に起こる場合と事故などの外傷や腹圧の上昇によって起こる場合があります。 先天的な原因は明らかになっていませんが、遺伝が関与していると考えられています。 後天的に起こる場合でも、生まれつきそけい部に異常があり、これが素因となっていると考えられています。 【治療】経過観察を行う場合もあるが、外科手術が推奨される ヘルニアが小さければ経過観察(大きさや症状に変化がないかを定期的に確認する)を行う場合もありますが、 妊娠や過度の肥満によってヘルニアが拡大する可能性があるため、外科手術が推奨されます。 腸や子宮、膀胱といった腹腔内(お腹のなかの)臓器がヘルニア内にはまり込んでいる場合は、外科手術が必要となります。 【予防】予防は困難。 早期発見・早期治療が重要 そけいヘルニアは予防が難しい病気です。 そのため、早期発見と早期治療が何よりも大切です。 足の付け根の付近に異常なしこりや膨らみがあれば、そけいヘルニアの可能性があるので、動物病院で検査を受けさせることをおすすめします。

次の

鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)|オリンパス おなかの健康ドットコム

鼠蹊 ヘルニア

【症状】隙間が大きい場合はの症状などを引き起こす 隙間が小さい場合は、ヘルニア部分が膨れている以外は無症状です。 隙間が大きければ、ヘルニア内に小腸などが入り込んでしまい、腸の動きが悪くなっての症状(嘔吐や下痢、便秘、元気や食欲の低下など)を起こし 、ときに腸が絞扼(こうやく:しめつけること)され、ヘルニア部分の色が赤くなったり、熱をもったりします。 この時、ヘルニア部分を押しても元に戻らず、痛がることもあります。 妊娠時やでは、子宮が飛び出すこともあります。 【原因】先天的に起こる場合と事故などによる外傷によって起こる場合がある そけいヘルニアは、先天的に起こる場合と事故などの外傷や腹圧の上昇によって起こる場合があります。 先天的な原因は明らかになっていませんが、遺伝が関与していると考えられています。 後天的に起こる場合でも、生まれつきそけい部に異常があり、これが素因となっていると考えられています。 【治療】経過観察を行う場合もあるが、外科手術が推奨される ヘルニアが小さければ経過観察(大きさや症状に変化がないかを定期的に確認する)を行う場合もありますが、 妊娠や過度の肥満によってヘルニアが拡大する可能性があるため、外科手術が推奨されます。 腸や子宮、膀胱といった腹腔内(お腹のなかの)臓器がヘルニア内にはまり込んでいる場合は、外科手術が必要となります。 【予防】予防は困難。 早期発見・早期治療が重要 そけいヘルニアは予防が難しい病気です。 そのため、早期発見と早期治療が何よりも大切です。 足の付け根の付近に異常なしこりや膨らみがあれば、そけいヘルニアの可能性があるので、動物病院で検査を受けさせることをおすすめします。

次の