お墨付き 類語。 「大体」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

お墨付き・折り紙つきの違いとそれぞれの意味とは?

お墨付き 類語

スポンサーリンク お墨付きの由来 それではいよいよ「お墨付き」の由来を調べていきましょう! お墨付きは、かつて、戦国大名や幕府が諸侯や家臣に与えた証明書(墨で 花押(かおう)という図案のような署名を押した文書)に由来します。 花押とは、 いわば日本版のサインというべきもので、こういうやつですね。 出典:愛知県中小企業団体中央会 花押は、墨で描くものとは別に、花押をハンコに彫刻したものを墨で押印する「 花押型(かおうがた)」と呼ばれるものも広く使用されていました。 花押を書いたものや、花押型をポン!と押した文書のことを「お墨付き」と呼ぶ、と言われれば、公的に保証や承認されたものという意味がピンと来る気がします。 なーるほどですね! お墨付きの類語 ところで、お墨付きと似た意味の言葉で「折り紙つき」や「太鼓判」というものがありますよね。 これはどういう由来なのでしょうか? ついでに調べてみました。 折り紙つきの由来 「折り紙つき」の「折り紙」は、あの正方形の紙で鶴とか手裏剣とかを作る遊びではありません。 では何かというと、 ここでいう折り紙とは、平安末期より公式文書や贈呈品の目録として用いられてきた、上質の和紙を横半分に折った文書のことです。 江戸時代には美術品や刀剣などの鑑定書に使われるようになり、確かな品質が保証されているものを「折り紙つき」と言うようになりました。 現代では「あの人の実力は折り紙つきだ」というように、物だけでなく人についても「折り紙つき」と言うようになっています。 なーるほど!由来はお墨付きと似ていますね。 太鼓判の由来 次に「太鼓判」の由来です。 太鼓判とは元々、太鼓のように大きい判のことをいい、転じて 絶対に確実であるという保証のことを指します。 かつて甲州を治めていた武田家が 甲州金という地域通貨を作りましたが、この甲州金の縁のデザインが太鼓の膜の留め金のようなデザインの装飾をしており、この装飾のことを「 太鼓判」といい、その価値が保証されたということです。 つまり「太鼓判を押す」ことが転じて「価値を保証する」という意味になったんですね。 へぇ~なるほど。 言葉にはすべてしかるべき由来があるんですね! お墨付きを英語で言うと? このように純粋な日本語である「お墨付き」。 これを英語で言うとすれば、何と言うのでしょうか? 最も近いのは「 endorsement」でしょう。 「 endorsement」は、英和辞典っぽくいうと、「公式な承認・支持」といった意味です。 「 endorse」の名詞で、 元々は「小切手の裏側にサインすること」という意味があります。 小切手はサインしなければ使えませんから、小切手の使用に承認を与えるということで、お墨付きに似ていると言えるのではないでしょうか。 まとめ いかがでしたか? 「お墨付き」の意味や由来、そして類語である「折り紙つき」「太鼓判」の由来についてもご紹介しました。

次の

太鼓判の意味や由来とは?使い方の例文や類語も紹介!

お墨付き 類語

折り紙つき 折り紙つきとは、 物に対して使うものです。 物を作った時に付ける文書や、 鑑定書のことを言います。 平安時代から、贈呈品を送るときには、その物が 確かな品質を持っていることを示すために、 公式文書や目録として作られた、文書のことです。 主に、美術品や刀剣など、名のある名手が作ったものや、酒蔵などの有名所の名が刻まれているものなど、 確かな保証がされているものことを 「折り紙つき」と言います。 「折り紙つき」は物に対して使うものですが、 最近では、 腕や品質が確かなものを指す言葉として、 人に使われることもあります。 料理の腕前など、その人の持っている技量や能力、技術が優れいているという意味で使われます。 「この刀は折り紙つきだ」など お墨付きと折り紙つきの違い 由来にあるように・・・ お墨付きは 人に対して。 折り紙つきは 物に対して。 ということでしたが・・・ もっと明確には、 折り紙つきの場合は確実な品質を持って確かなものであるという証明。 ですが・・・ お墨付きの場合は、上位の信頼と認識によって得られるものであって、 もし、お墨付きをくれた上位よりも、 更に上がいた場合には、効果が消えてしまったり意味がなくなったりします。 そんな感じです。 お墨付きの場合、それをくれた人によっても効果が少し違ってくるんです。 注意! お墨付き・折り紙つきは、良い意味で使う言葉です。 悪いものに使う場合は、 「札付き」を使います 札付きのワル。 など、悪いことをすると定評の人を指します。 いろいろありましたが、覚えておいて損はないと思います。 会社なんかで間違えると、恥ずかしくなっちゃうこともありますからね。 でも、そんな時は百聞は一見にしかず、ということで勇気をだして聞いてみるといいでしょうね。

次の

お墨付き・折り紙つきの違いとそれぞれの意味とは?

お墨付き 類語

「折り紙をつける」の意味 「折り紙をつける」とは、 人や物の価値が確かであることを保証することを意味します。 価値があることを表現する際、ただ、「すごい」とか「間違いない」と言っても、なかなか信憑性が伝わらない時ってありますよね。 そういった時、「折り紙をつける」と言うことによって、書面による保証も付けられるというニュアンスが加わり、保証することの意味が強まります。 また、そういった価値が保証できるものを「折り紙付き」と言い、「その実力は折り紙付き」という表現が使われたりします。 「折り紙をつける」の語源・由来 「折り紙をつける」と聞くと、「なぜ、折り紙なんだろう」と思う方も多いかと思います。 しかし、ここでの「折り紙」は私達が普段、 日本の伝統的な遊びで使う折り紙とは別のものです。 正しくは、 紙を半分に折った文書のことを指し、元々は、平安時代の末期から、公式文書や贈呈品の目録として使われていました。 そして、江戸時代になると、美術品や刀剣などの鑑定書として使われるようになり、確かな物であることを保証する書き付けとして折って保存されたのです。 そこから転じて、人や物の価値を保証することを折り紙をつけると表現するようになりました。 この絵は、最高級の名画であると 折り紙をつけられた作品である。 家の中にある壺を鑑定士に観てもらったところ、1千万円の価値があると、 折り紙をつけてもらった。 彼の身体能力の高さは、私が 折り紙をつけます。 「折り紙をつける」の類語 「折り紙をつける」には以下のような類語があります。 「太鼓判を押す」 「太鼓判を押す」にも、 人や物の質が絶対に良いことを保証するという意味があります。 太鼓判とは、元々、戦国時代の武将、武田氏が鋳造した「甲州金」の一分金 いちぶきん を指し、太鼓判のような大きな印判を押すことによって、価値を保証するという意味が生まれました。 語源は違いますが、「折り紙をつける」も「太鼓判も押す」も同じような意味で使えます。 「お墨付きを与える」 「お墨付きを与える」は、 権力や権威のある人が、保証を与えることを意味します。 元々は、室町時代や江戸時代に、将軍や大名から臣下に与えられた領地の保証を行うための文書を作成する際、署名の代わりに使用された花押 かおう が墨で記されていたことが由来となった慣用句です。 「お墨付きを与える場合は、品質や価値を保証するという意味とは若干異なり、信頼性を保証する際によく使われます.

次の