君に届け 最終回。 最終回を迎えた名作少女漫画『君に届け』を振り返る

『君に届け』、見事すぎる完結!最高のピュアラブコメでした!

君に届け 最終回

テレビアニメ化や実写映画化もされた椎名軽穂さんによる大人気少女漫画『君に届け』が、約12年におよぶ連載に幕を下ろします。 最終回が掲載されるのは、2017年11月13日発売の『別冊マーガレット 12月号』(集英社)。 公式サイトに簡単なあらすじが書いてあるのですが、明らかになっているのは 「主人公の爽子(さわこ)が地元を離れる日がやってくる」という点だけ。 どんな結末を迎えるのか楽しみなような、寂しいような……。 爽子と風早(かぜはや)くんの出会いから12年もの月日が経っていた(現実世界では)のかと思うと、万感の思いがしますっ。 でも本当は優しくて前向きでけなげで、 こんなにいい子がこの世にいるのか!ってくらいにピュアなんです。 誤解されやすい爽子を始めから受け入れ、屈託なく接してくれたのが、いつもみんなの輪の中心にいる人気者の 風早くん。 爽子はひそかに好意を抱きますが、一方通行の恋だと思っていました。 なんて優しい世界なんだろうって、しみじみしたものですよ……。 【ネットにはたくさんの声が】 『君に届け』をずっと読んできたという人はもちろん、かつて読んでいたという人たちも、最終回のニュースにさまざまな思いを抱いているようです。 ツイッターには以下、たくさんのコメントが寄せられていました。 「ついにきちゃったのか……!! 挙げられていたのは 「爽子と風早くんの恋愛事情」を筆頭に、 「爽子と親友ギャルズたちの友情」、 「教師のピンとあやねの関係」、 「龍と千鶴の未来」などでして、たしかにどれも見どころですよね~! 【爽子も風早くんも3歳しか年取ってないのか…】 泣いても笑っても、あと1回で最終回。 それにしても改めてビックリするのは、3年間の高校生活を12年で描いたという点ですよねぇ。

次の

【君に届いて7年】『君に届け』がついに完結でファン号泣「これが始まった時はまだ中学生。今は子持ちの主婦」

君に届け 最終回

ついにクライマックスを迎えた「君に届け」 最初から最後まで感動巻でした。 卒業、それぞれの旅立ちが切ない最終巻。 長い連載もついに完結。 この作品が連載始まったのって私が高校生の頃。 その頃からずっと大好きで、ついに完結になってしまって少し寂しい。 気が付けば私は年頃の姪っ子にこの作品を紹介するくらい大人になっていて、けれどこの作品を読む時だけは、爽子達と同じ高校生だった頃を思い出せるような気持ちになれます。 ついに青春から大人への一歩を踏み出した爽子達の旅立ちが描かれた30巻、大いに感動させられました。 君に届けの中で使われる言葉は本当に優しくて、素直に胸に届きます。 一巻から読み返しても、何度も同じところで涙してしまう。 高校3年間という時間を、丁寧に描いた大好きな作品です。 3年間でのキャラ達の成長も素敵。 ピン先生が爽子達と入れ替わりで入学してきた新入生に「幼っ(おさなっ)!」と驚くシーンがあるのですが、高校の3年間って確かに一気に子供から大人になる期間でもあるよなぁと納得してしまった。 爽子の変化はもちろん著しいのですが、風早も一巻と三巻では身長も体格も表情も大人っぽくなってて全然違います。 完結した今、改めて読み返すと色んな発見もできて面白いです。 青春を過ごした仲間達で地元に残るのはちづだけ。 ほかの皆はそれぞれ地元を離れて行ってしまったけれど、大学では新しい出会いに笑顔。 駆け足で時間が流れて、ラストは風早の元に爽子が「ただいま」と、帰ってきておしまい。 という感じでした。 本編はこれにて完結のようですが、実は番外編もあるのだとか。 コミックとして発売するかな? 大学生となり、大人になった爽子達がどうなるのか知りたかったので、番外編も楽しみです。 君に届け、最終巻あらすじ 一足早く、風早の大学合格が決まりさっそく部屋探しに動いたのは風早父。 そして、爽子は胡桃と一緒に合格発表を見に行く。 結果は二人とも合格。 それぞれの進路が決まり、新たな生活をするべく旅立ちの準備が始まる。 まず、旅立ったのは龍。 「帰ってきたら結婚な」 見送りのちづに伝えたのはそんな言葉。 やのちんは、旅立ちの日を爽子達に告げずに旅立とうとするが、駅ではちづと爽子が見送りに来ていた。 結局涙無くして旅立てない。 風早の引っ越しの準備を手伝いたいと、爽子は風早のアパートへ。 新しい生活を始める風早は爽子が作ったシーサーをお守り代わりに飾ってくれて。 風早の暮らす部屋に自分のスペースをもらったような気持ちになる爽子。 けれど、帰宅の時間が近づき、離れたくないという気持ちが溢れた爽子は、これまでにないくらい大胆な行動に出る。 「帰らない」 自分の意志で、母にそう電話で告げた爽子は宿泊の許可をもらい風早のアパートに泊まる。 離れることに不安になっているわけじゃないけれど、離れたくない。 そんな気持ちを風早に伝える爽子。 『距離なんか 1ミリもいらない』 その夜、爽子は風早の隣で幸せをかみしめた。 爽子の旅立ちの日、 見送りに来てくれたのはちづ。 「ついに最後のひとりの見送りだよ!」 友達になれて良かった、ちづの言葉で見送られた爽子の元へ駆けつけたのは風早。 風早は手紙と自分のアパートの合いかぎを爽子に渡す。 「だいすきだ! なにがあっても」 それから時が経ち。 爽子は「ただいま!」と風早の胸に飛び込むのだった。 おしまい。

次の

『君に届け』、見事すぎる完結!最高のピュアラブコメでした!

君に届け 最終回

(別冊マーガレット12月号 集英社) つい先日、別冊マーガレット(集英社)2017年12月号においての金字塔である『君に届け』がついに完結。 作者は椎名軽穂。 あしかけ12年ほど『君に届け』の連載が続いたらしい。 少女漫画や恋愛漫画としては異例の長期連載。 完結を記念してかAmazonのKindleや楽天koboなどでは『君に届け』の最初の数巻が期間限定で無料ダウンロードできました。 そこで 今回ドル漫では『君に届け』の最終話・最終回のネタバレ感想をざっくりレビューしたいと思います。 黒沼爽子と風早くんが大学生に… 結論から書いちゃうと、『君に届け』の最終回は蛇足っちゃ蛇足に近い内容。 最終話以前に主人公の黒沼爽子と風早くんは大学に進学することが決定。 黒沼爽子は都会の札幌の大学へ進学、一方、風早くんは地元の大学へ進学。 二人は恋人同士ではあるもの、それぞれの道を歩む。 (別冊マーガレット12月号 集英社) そして風早くんが遅れて駅に登場。 さり気なく吉田千鶴はフェードアウトし、黒沼爽子を見送る瞬間にはキス(画像は割愛)。 永遠の別れでもないと思いますが、風早くんは「だいすきだ!なにがあっても」とニッコリと笑顔で黒沼爽子を送り出す。 黒沼爽子は直前に渡された手紙を読んで、更に号泣。 これまでの楽しかった記憶が蘇る。 黒沼爽子と風早たちは様々に環境が変化していく中でも、二人の恋心は変わらず続く。 また吉田千鶴たちとの友達関係も変わらず続く。 そして数ヶ月後、再び地元に戻ってきた黒沼爽子は風早くんに抱きついて完結…という流れでラストが締めくくられます。 君に届け・最終話の感想評価・評判・口コミまとめ 以上、恋愛漫画『君に届け』の最終回・最終話のネタバレ感想でした。 余韻が残ると言えば余韻が残るような終わり方ですが、これだと先程も書いたように「蛇足」以上でも以下でもなかった内容。 「これまでの流れ的にはそうなるだろうな…」という延長線上の結末。 大学には進学したけれども、結局高校生の範疇に留まってる印象。 もう少し大胆に時間軸を数年後などに進めて、ある程度は成長させた二人を描いても良かったのかも知れない。 いずれスピンオフ漫画的な復活がある可能性はありますが、大学生や社会人、夫婦編の『君に届け』を描いても面白いかも知れない。 高校生から読み始めた読者は今現在はアラサー。 結果的にそれでも『君に届け』は売れ続けていたから、方向性としては正解ではあるんでしょうが、あくまで個人的に「二人の恋物語」だけで十分だった気がする。 サブキャラのせいで黒沼爽子のキャラが薄まっただけ。 とりあえず今回完結した『君に届け』ですが、最終30巻の発売は来年2018年3月あたりになるらしい。 毎回思うんですが雑誌連載が完結したら、単行本や電子コミックを何故サクッと発売しないんでしょうか。 はてさて。 ファンがそこまで半年近くも待たされなければいけない理由が知りたいところ。

次の